4月から9月に給付奨学金の振込があった学生は、下記を参考にして手続きを行ってください。

こちら

20200923 canoe

令和2年9月18~22日に木場潟カヌー競技場で行われた第56回全日本カヌー学生選手権大会において、本学カヌー部が2種目で優勝、男子はカナディアン部門で2位、総合成績で3位に輝きました!全日本選手権に引き続き多数の選手が入賞し、素晴らしい成績を残しました!ご声援いただきました皆様、誠にありがとうございました。

――橋沼新さんコメント(カヤックシングル200m優勝)
「今持っている実力を発揮し、優勝でき安心しています。自分だけではここまで成長することができなかったと思います。支えてくれた方々、応援してくれた方々本当にありがとうございました」

――田中智貴さんコメント(カナディアンペア200m優勝)
「実力を発揮し、優勝することができてよかったです。来年は1000mでも優勝し、総合優勝を目指します」

――岩永紘明さんコメント(カナディアンペア200m優勝)
「スタートは決して良くはありませんでしたが、自分たちの武器であるパワーをいかし、後半追い上げ、なんとか勝ち切ることができました。来年も優勝できるよう日々努力します。応援ありがとうございました」

20200923 canoe2

【入賞者】

種目

順位

氏名

K-1-200m

優勝

橋沼新

K-2-200m

5位

下川拓樹・佐々木敬恒

K-4-1000m

4位

下川拓樹・安藤久騎・佐々木敬恒・内田海斗

C-1-200m

2位

岩男凌

4位

鈴木涼太

C-1-1000m

5位

吉田俊吾

8位

髙比良海斗

C-1-Relay

2位

池口黎於・吉田俊吾・髙比良海斗・下屋敷泰成

C-2-200m

優勝

田中智貴・岩永紘明

4位

石川義活・ 北崎健介

C-2-1000m

2位

下屋敷泰成・横山瑞紀

3位

池口黎於・原田雅功

C-4-1000m

2位

下屋敷泰成・横山瑞紀・髙比良海斗・吉田俊吾

WK-2-200m

3位

溝口朋美・髙野真緒

WK-1-500m

2位

林田薫

男子総合

3位

鹿屋体育大学

男子カナディアン総合

2位

鹿屋体育大学

学生各位

 

令和2年度後期小クラス懇談会は、10月2日~10月7日の期間に実施します。

なお、今回は一斉開催とせず、各小クラス、ゼミナールにより実施日時・実施方法が異なりますので、各指導教員の指示に従ってください。

 

学生課学生企画係

令和2年9月17日鹿屋体育大学では、令和2年度前期末学位記授与式を挙行しました。
今回の対象者は3名でしたが、そのうち出席できたのは論文博士学位記を取得したイオニアス・ヨルギオス・フダラキスさん1名で、松下雅雄学長から「本学で学んだことを活用しながら、頑張ってください」とはなむけの言葉がありました。

ギリシャ国籍の国費留学生として、修士課程及び博士後期課程の5年間を本学山本正嘉教授の下で学んだフダラキスさんは、令和2年3月に満期退学し、このたび論文博士学位記を取得しました。山本教授もその才能と努力ぶりにお墨付きを与えながら「本当によく頑張っていました。英語表記するとDoctor of Philosophyという博士のPhilosophyの語源はギリシャ語。ギリシャ出身のフダラキス君にその博士号を授与できたことは、ギリシャに恩返しできたようでとても意義深く、感慨深い」と喜びいっぱいの様子で語りました。
また、フダラキスさんは、「山本先生やゼミの仲間たちに支えられて楽しく、有意義な5年間でした。山本先生から教わった選手一人ひとりにあったトレーニングを丁寧に考えること。次の研究や将来の研究者へも引き継げるような細やかな分析や記録にすることを今後も研究や指導の根幹にして頑張ります」と喜びと今後の抱負を話しました。


令和2年度前期末学位記授与式集合写真

前列左から松下学長、フダラキスさん、山本教授
後列左から森司朗理事、前谷嘉一理事

今年度の蒼天祭(学園祭)につきまして、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、中止することといたしましたので、お知らせいたします。

何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて