令和3年10月22~24日に広島県中央森林公園で開催された、第24回全日本選手権個人タイムトライアル・ロードレース大会における”タイムトライアル”と第89回全日本自転車競技選手権大会ロードレースにおける”ロードレース”に出場し、”タイムトライアル女子U23”で見事優勝した石上夢乃さん(スポーツ総合課程・3年)のコメントを紹介します!

石上さん所属の自転車競技部は令和3年のインカレ(第76回全日本大学対抗選手権自転車競技大会)において大学対抗となる総合成績で優勝するなど好調中!今後の活躍がますます期待されます。

20211028 jitensyaTT
メダルを手に笑顔の石上夢乃さんと疾走中の石上さん(写真:酒井健作/FABtroni+camera)

石上さん喜びのコメント

タイムトライアルとロードレースに出場し、どちらも優勝を目標に挑みました。
1日目のタイムトライアルでは無事優勝することができ、2日目のロードレースでは、常にアタック(集団から抜け出そうとする動き)が繰り返され、反応し振り回される展開でした。レースの半分をきったところで、先頭グループから千切れてしまい、追走する形になってしまいましたが、最後まで踏み続け2位でゴールできました。
昨年1年間は、原因不明の体調不良に悩まされ、大会成績が残らず競技を引退したいと思うことが多々ありましたが、1年かけて地道にトレーニングし、全日本選手権という大舞台で成績を残すことができ、とてもうれしいです。
学生競技も残すところ1年となり、来年は鹿児島でのインカレとなります。最後の年こそ、優勝して終われるようにこれからのトレーニングに励みたいと思います。
応援ありがとうございました。また、引き続きよろしくお願いします。

令和3年10月4日、本学において、令和3年度国立大学法人鹿屋体育大学と鹿屋市との連携協議会が開催されました。本協議会は、相互の人的・知的資源の交流・活用を図り、緊密な連携・協力関係の構築を目的とした連携協定に基づき、毎年度実施しているもので、今年度は新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、Web会議を併用して開催されました。

協議会の冒頭で、松下雅雄鹿屋体育大学長より、新型コロナワクチン接種への支援及び鹿屋体育大学開学四十周年記念式典への出席について、お礼の言葉が述べられました。また、中西茂鹿屋市長からは、スポーツ合宿やBlue Windsの取り組みを継続して実施し、さらに連携を深めていきたいとの挨拶がありました。

協議会では、スポーツ合宿まちづくり推進事業やBlue Winds事業等、鹿屋体育大学と鹿屋市がそれぞれ主催・企画している連携事業について報告され、例年どおりの事業の実施が困難な中で、10月以降は新型コロナウイルス感染症のまん延防止等重点措置も解除されるため、感染防止対策を講じながら、実施に向けて積極的に取り組むことが確認されました。また、新たに鹿屋市が検討している連携事業について、意見交換が行われました。

20211027 kanoyashirenkei

令和3年10月23~24日、鹿屋市が主催する「令和3年度スポーツフェスタinかのや」が市内各地で開催され、24日は本学体育施設も会場となり多くの市民らが訪れました。

「昨年も訪れ体験したのが楽しくて!」と総合体育館で開催された「ボッチャ体験」に今年も参加していたご家族は、お互いの一投ごとに一喜一憂し合っていました。

武道館で開催された「オリンピック競技の空手を体験しよう!」にみっちり2時間参加できた5歳の男の子は「お腹すいた~」といいながら「楽しかった。(できることがあったら)またやってみたい」と笑顔で感想を教えてくれ、「男の子らしくかっこいいので将来空手をやって欲しい」というお母さんの思いが少し届いたようでした。

また、東京2020オリンピックの活躍で話題沸騰中のスケートボードも「スケボー体験」コーナーが設けられ、日ごろ夢中になっているゲームのキャラクターのようにスケボーをしたいと参加した兄弟などが、プロテクターとサポーターの皆さんにしっかり囲まれながらもボードに乗り、動く楽しさから体験していました。

全10種目約200名が、広い鹿屋体育大学構内で思い思いの種目にチャレンジでき、笑顔と歓声がきこえるスポ―ツの秋を楽しみました。

20211025 1
(左から)「硬式野球体験」、「MORI ALL WAVE KANOYAによる親子ソフトボール体験」

20211025 2
「ボッチャ体験」、「スケボー体験」、「カヌー体験」

20211025 3
「オリンピック競技の空手を体験しよう!」、「ストリートダンス体験」

鹿屋体育大学広報室が主催し、(公財)鹿屋体育大学体育・スポーツ振興教育財団に協賛いただいて動画コンテストを開催します!!
奮ってご応募ください。

募集要項

 ●基本コンセプト

  ・本学の教育・研究、課外活動、学生生活など本学のPR動画

 ●動画に盛り込んでほしいイメージ

  ①生き生きと躍動感のあるもの
  ②笑い(楽しさ)の伝わるもの
  ③本学や当該課外活動の特色がよく表れているもの
  ④本学のイメージアップにつながるもの

 ●作品の時間

  ・3~5分

 ●応募資格

  ・在学生
  ・教職員

 ●応募方法手順

  ①課外活動、ゼミ、仲間や個人で作品を制作し
  ②準備が(ある程度)できたら以下お問い合わせ先へ連絡
  ③提出前に遵守事項について確認して、ご応募いただきます。

 ●応募期間

  令和3年10月25日(月)~令和3年12月17日(金)15時
   *時間内でお願いします。

 ●表彰

  ・最優秀賞1組 表彰と副賞(10,000円相当)
  ・入賞  数組 表彰と副賞(3,000~7,000円位)

応募作品規定

 ●応募は一人1点とする。
 ●3~5分以内で、mp4/mov/wmv で提出する。
 ●分かりやすさのためテロップで動きやその動作、映像の紹介を入れる。
 ●他のコンテスト等に提出していないもの
 ●公序良俗に反するもの、第三者を誹謗中傷・プライバシーを侵害、法令違反、著作権法等に違反または犯罪行為に結びつく恐れのないもの
 ●このコンテスト作品制作において第三者と問題・紛争が起きた場合にはご応募者の責任で解決するものとし、本学は一切の責任は負いません。

 

お問い合わせ先

 LINEWORKS 広報係

 総務課広報係(広報室)
 kouhou@nifs-k.ac.jp

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて