本学スポーツ生命科学系所属の藤田英二(Eiji Fujita)准教授が、現在派遣中である長期海外研修先(Exercise Medicine Research Institute, Edith Cowan University, Australia)の受け入れ教員であるDennis R. Taaffe教授の指導を受けて投稿した論文が、このたびオープンジャーナルの科学誌PLOS ONEに受理されました。

今回PLOS ONEに受理された論文は、近年中高齢者への健康づくり運動として注目を集めているノルディックウォーキングのポール操作の習熟度が、運動中のエネルギー消費量などに与える影響について調査した成果をまとめたものです。ノルディックウォーキング熟練者(インストラクター)は、健康づくり運動としてノルディックウォーキングを行っている中高齢者よりもポールを強く押し込んで推進力としていることによって、運動中のエネルギー消費量を増加させており、その強さがエネルギー消費量の増加量と関係していることが明らかとなりました。これらの結果は、ノルディックウォーキングを健康づくり運動として指導する際の重要な知見となり、より効果の高い運動の実施につながることが期待されます。

なお、この研究は、日本学術振興会が行う大学等研究機関が、海外のトップクラスの研究機関と世界水準の国際共同研究を行うことを通じて、相手側への若手研究者の長期派遣と相手側からの研究者招へいの双方向の人的交流を展開する取組を支援するための『国際的な活躍が期待できる研究者の育成事業(旧:頭脳循環を加速する戦略的国際研究ネットワーク推進プログラム)』の助成を一部受けて行われたものです。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて