卒業生インタビュー

このページでは様々な業界で活躍する卒業生を紹介しています。

※所属や肩書はインタビューや寄稿同時のものです。

20210714og hoshikawa

ほしかわ・まさこ。京都府生まれ。1990(平成2)年3月、鹿屋体育大学体育学部体育・スポーツ課程卒業。東京大学教育学研究科博士課程単位取得後退学。2000年から国立スポーツ科学センター創設にかかわり、現在同センタースポーツ研究部副主任研究員、鹿屋体育大学客員准教授。

今や水泳、陸上の長距離など標高の高い土地でのトレーニングが当たり前になってきた。さらには良い雪質を求めて海外の標高の高い山でトレーニングをする冬の競技の選手たちもいる。こうした酸素の薄い土地でトレーニングする選手たちには一つの悩みが付きまとう。眠りが浅くなってしまうのだ。一般人ならば慣れるまで待っていればいいが、アスリートとなるとそうはいかない。そうした選手にアドバイスをする睡眠の専門家、それが星川雅子さんだ。

東京の北区西が丘にある国立スポーツ科学センターの低酸素宿泊室で海外出発前に高地順化を目的に宿泊をする選手たち一人一人に星川さんは的確な睡眠アドバイスを送る。この担当に抜擢された裏には生理学に精通し、脳波も取れて、呼吸もわかって低酸素の研究にかかわっていたことがあったようだ。アスリートたちのトレンドとしてリカバリーを重視するようになってきている現在、日々の睡眠へのアドバイスのニーズも高まっている。さらにはリオ五輪の前から時差調整も星川さんの専門分野となっている。

高校時代にあこがれの体育の教員がいたことから、将来は自分も体育教員になりたいと体育大学に進むことを決めた。どの大学にするかを決める段階で母親のアドバイスが決定的となった。「先生がたくさんいて、学生が少ない大学であれば、先生が一人当たりにかける時間が長いから、あなたも何とかなるかもしれない。運動神経よりも学問で身を立てたほうがあなたに向いていると思う」というものだったのだ。母親は大学の教員だった。鹿屋体育大学はできたばかりで魅力的な教員がそろっており、これも母親が鹿屋を勧める要素になったという。

京都の嵐山から鹿屋へ来てみると、そこは緑が多く、海も近く、陽の光も溢れ、道行く人が互いに声をかけあうおおらかさがあった。思っていることをストレートに口に出す人々に習慣も気を楽にさせてくれたという。そんな環境に加え、大学が創設期だったこともあり、学生と教員があれをやってみようこれもやってみようと大学を作っていく楽しみのようなものもあったそうだ。星川さん自身もフェンシング部を創設した。今思い出して一番よかったことは自分がやりたいことを先生たちが尊重してくれて一生懸命になってくれたことだったという。大きな大学と違って、1年生から3年生の体育学実験で呼吸、筋電図、筋力測定と様々なことに挑戦できたこと、さらには芝山秀太郎先生(平成12~20年、第5代学長)や竹倉宏明先生のもとで、コツコツと研究する楽しみを覚えていった。こうした経験が、今の仕事につながっているという。

大学卒業後、自分がやりたいことをさらに進めるために東京大学大学院教育学研究科の修士、博士課程と進み、1996年に鹿屋体育大学のスポーツ科学講座助手として戻ってくる。4年間を鹿屋で過ごし、将来は大学の教員になろうと考えていたちょうどその頃、日本スポーツ科学センター創設のための募集が目に留まった。チャレンジしてみると、専門性を持つ秀でた多くの応募者たちを押しのけて見事合格。センター創設のための機材の選択など、その準備段階からかかわることになった。多くの応募者たちの中からなぜ自分が選ばれたのか当時の浅見俊雄センター長に聞いてみると、「少人数で多くの競技団体をサポートするときに、やれることが多い人が欲しかった」と言われた。鹿屋体育大学で多くの測定技術を学び、さらには助手としてもそれをブラッシュアップしたからこそ希望の仕事に付けたと星川さんは振り返る。

星川さんのもう一つの強みは、相手にわかりやすい表現ができることかもしれない。アスリートに測定結果を説明する資料を作る時も、ひとこと言葉を伝える時も、相手によって微妙にニュアンスを変えて表現することができる。その能力は鹿屋体育大学の芝山先生からも認められ、アスリートのそばにいる仕事を勧められたという。小さな気遣いが実り、伝えたことによってアスリートに成功がもたらされたとき、星川さんは無上の喜びを感じるという。

若き日によきアドバイザーに支えられた経験は、今、アドバイスをする立場となって見事に開花している。

(スポーツ文化ジャーナリスト 宮嶋泰子)

”地元に貢献したい!”

「日常生活即剣道」。普段の生活がそのまま剣道の試合の結果にでる、と鹿屋体育大学の剣道部時代に指導教員だった故國分國友先生(範士八段)から教わった言葉をいつも大事にしてきたと言う。取材中、内倉康孝さんから幾度となく飛び出した「恩返しをしたい」という言葉から、鹿屋体育大学での4年間がいかに充実していたかが伝わってきた。「株式会社おおすみ観光未来会議」でのチーフディレクターとしての任務を終えて、この4月に派遣元の鹿屋市役所に戻った。地元を愛し、剣道を愛し、鹿屋体育大学の卒業生であることを誇りに、常にチャレンジ精神を忘れない。穏やかななかにもゆるぎない闘志をいつも胸に秘めている―そんな気がした。

武道館の前で写真にうつる内倉さん

うちくら・やすたか。1970(昭和45)年6月18日生まれ。鹿児島県鹿屋市出身。1993年3月、鹿屋体育大学体育学部武道課程卒業。同年4月、鹿屋市役所入庁。剣道教士七段。現在鹿屋市立田崎中学校剣道部外部指導者、田崎武道館代表、鹿屋市剣道連盟理事長、鹿児島県剣道連盟理事。主な競技歴は全九州学生剣道選手権大会優勝。全日本学生剣道東西対抗試合優秀選手。全日本学生地域対抗剣道大会優勝。

―剣道はいつから始めたのですか。

内倉 小学2年生です。私が生まれ育った鹿屋市の田崎地区は当時剣道が盛んで、小学校に入るとほとんどの子どもたちが剣道を習っていました。町内放送で団員募集が流れたのを聞いて、自分が剣道をする姿を思い浮かべて入団を決めたことを今でも鮮明に覚えています。

―鹿屋体育大学に進学したいと思ったのは?

内倉 小学校の高学年の時に鹿屋に国立で唯一の体育大学ができるという話を聞き、当時の剣道の道場の先生から「内倉は鹿屋体育大学に行くんだぞ」と刷り込まれました。家から通える大学で、剣道ができるっていいなあと思っていましたが、中学3年生の時に1期生で剣道部の濱田臣二先輩に家庭教師に来ていただき、さらに行きたいと思うようになりました。

―念願かなって進学できていかかでしたか。

内倉 今の私があるのは鹿屋体育大学に入ったことと、剣道をしたお陰だと思っています。剣道は上下関係が厳しい世界ですが、鹿屋体育大学は指導者を育成する大学ということで、「自分のことは自分でする」というのが基本でした。かといってみんなちゃんとわきまえていたので、とても良好な関係を築くことができました。剣道も学問も志を高く持てば持つほどやりがいのある大学だったと思います。

―学生時代の思い出は?

内倉 剣道部、特に同期の仲間と稽古に励み、遊んだ日々はかけがえのない時間でした。い自宅から通っていたので鹿児島弁のイントネーションが抜けず、部員を注意しているときもアクセントが変だと叱っているのに笑われたり、休み時間に鹿児島弁講座を開いていたので、同期に内倉のおかげでヒアリングはできるようになったと言われたこと。ほかにも田口信教先生に泳いでみせてとお願いして、「俺の泳ぎはひとかき50万だぞ」と言って泳いでくださり、「ほ~これがオリンピック金メダリストの泳ぎか」と思ったことや、楽しかった相撲の授業などいろんなことがありました。思い出は尽きません。

―鹿屋市役所に入ろうと思ったのは?

内倉 最初は教員志望でしたが、地元の大学に行かせてもらったので、地元に貢献したいという思いもあり鹿屋市役所を希望しました。また、両親が高齢で一人っ子だったこともあり、地元での就職を考えました。

―3月まで株式会社おおすみ観光未来会議に出向されていました。内倉さんが提案された鹿屋体育大学での真剣試し斬りを取り入れた「武道ツーリズム」が印象に残っています。

内倉 コロナの前はインバウンドが注目されていましたので、真剣試し斬りは外国人に剣道に興味をもっていただく最初の切り口としてインパクトがあると思って、剣道部の前阪茂樹先生に相談したところ、快く協力していただきました。鹿屋体育大学の剣道部は全国でも有名で、多くの一流選手を輩出しています。道場も立派で、ここでの体験は貴重で価値が高く、個人的にも「おおすみの武道ツーリズム」に非常に高い可能性を感じています。

―4月から鹿屋市役所に戻られました。今後の目標は?

内倉 これまでの経験や知識を生かして、鹿屋市民が安全で安心して楽しく暮らせるよう、市役所の先輩からいただいた「向き・不向きよりも前向き」の言葉で心機一転、また新たな気持ちで行政の仕事に取り組んでいきたいと思っています。剣道は途中10年ほど親の介護や娘のPTAの活動で離れておりました。7段に合格して10年経たないと8段の受験資格がないので、6年後に挑戦します。今後も仕事をしながらではありますが、青少年の剣道の指導と育成にも取り組んでいこうと思っています。今年は開学40周年を迎えます。今後も「体育大OB・剣道」をひとつのキーワードとして、地元の発展のために頑張ってまいります。

(取材・文/西みやび)

※所属およびインタビュー内容は、取材当時のものです。

"中学生時代の夢を実現!アスレチックトレーナーとして活躍中"

20201118 oboginterview nishikawa

ほそかわ・しょうへい。1989(平成元)年12月13日生まれ。広島県福山市出身。2012年3月、鹿屋体育大学体育学部スポーツ総合課程卒業。2017年5月 University of Nebraska OmahaにてAthletic Training修士号を取得 卒業後、同年7月より公益社団法人日本ウエイトリフティング協会でアシスタントナショナルコーチとしてユースからシニアまで各カテゴリーのナショナル選手に対し、国内合宿や国外試合でのサポート活動に従事。

体育大学の学生の大多数が「プロ選手になりたい」「オリンピックに出たい」等、子どもの頃からそのスポーツでトップに上る夢を持っていたと思う。しかし怪我に泣いたり、自分の限界を感じて夢を諦めてしまったりと現実の壁に阻まれてしまうケースがほとんどだろう。それでも卒業後はスポーツに関わる仕事をしていきたいと望む人は少なくない。今回ご紹介する細川翔平さんもそんな一人だ。現在は日本ウエイトリフティング協会に所属するアスレチックトレーナ(AT)として、日本代表選手の海外遠征にも帯同している。

ATにあこがれたのは中学時代。 Jリーグの下部組織でサッカーをしていた時に捻挫をしてしまい、その時にたまたま診てくれたATに心を動かされたという。弱気になっていた心に寄り添い励ましてくれたことがとてもうれしく、それが、その仕事にあこがれを抱くようになったきっかけだった。

鹿屋体育大学に一般で入学し、フットサルやサッカーをしながら、2年生の時にはすでに学生トレーナーとして活動を開始。さらには大学教員の紹介でテキサスで仕事をするATについて現場見習いを2週間体験することに。この経験が決定的だった。さらに夢が大きく膨らみ、「鹿屋を卒業したら米国に留学してATの資格を獲得したい」と決意したのだった。

しかしすんなりと事は進まなかった。大学卒業後、留学資金調達のために1年間アルバイトをしながら英語の勉強に励み、ネブラスカ大学のオマハ校に進むはずだった。しかし英語は好きで得意なはずだったのに、現地に行ってみたら「何を話しているのか全く分からない」状態。再び現地で英語の勉強とATになるための準備に明け暮れることになった。

ネブラスカ大学のオマハ校には伝統的に日本からの留学生も多く、世界中から学生が集まっている。さらには周辺にアイスホッケーやバスケットボールの強豪校やチームがあって豊富な実習経験を積むことができる。環境としては最高の場所だ。米国に渡ってから語学学校を経て準備期間のコミュニティーカレッジでのAT体験授業、さらには大学院を卒業してATの資格を取るまでに細川さんは米国に4年間暮らしたことになる。「要領が悪くて人よりはかなり時間がかかってしまった」というが、その時間は無駄ではなかったようだ。さまざまな人と出会いながら友情をはぐくみ、目標に向かって一つ一つ課題をクリアーしながら努力を続ける粘り強さと探求心が細川さんの持ち味なのだから。実はその基礎は鹿屋で作られたという。

鹿屋体育大学での良さは、東京に比べて情報量が少ない反面、これだと決めたことに集中してやり遂げることができたことにあったという。日本全国から集まった仲間の地方色や一人一人の個性に驚きながらも知見を広め自分なりの価値観を作りたいと励んだ日々、そしてその環境の中で興味を持ったことを徹底的に行えたという自負が今の細川さんを支えている。その力がネブラスカに行って一層磨かれたのだ。

さらに帰国後すぐに日本ウエイトリフティング協会に所属するという幸運にも恵まれた。

「就職は縁と運とプラス・アルファーですね。本当に幸運でした」と振り返る。ウエイトリフティングの競技の知識がほとんどないに等しかった状態で、いきなり振られた仕事が2017年6月に東京の大田区で行われた世界ジュニア選手権大会。右も左もわからぬまま、ただただ一生懸命見て覚え、資料で復習する日々を続け、徐々にその面白さにのめりこんでいったという。さらにはその年の12月、米国アナハイムの世界選手権に通訳兼ATとして日本代表チームの一員として派遣されたのだ。「入ったばかりでこんな重責を担うなんて普通ではないことだよと皆に言われました」と細川さんはいうが、その大抜擢の裏には彼の仕事に対する真摯な態度があってのことと推察される。アナハイムでは二人の選手が目の前でメダルを獲得し、改めてサポートする喜びと感動を肌で感じたという。

アスリートが怪我をしないように本格練習に入る前後のストレッチメニューを考えたり、傷害からの復帰の過程をサポートしたりと、アスリートに寄り添いながらサポートする重要な役割を担うAT。

夢は、かつて中学生だった時に親身になってくれたATのように、携わる一人一人の選手に寄り添って自分が受け取ったATのバトンを次の人に渡せるようになることだという。

 

(スポーツ文化ジャーナリスト 宮嶋泰子)

※所属およびインタビュー内容は、取材当時のものです。

「自分の身長ぐらいにはなっているかな?と思ってきたんですけど、2~3mありますね!」。鹿屋体育大学在学中に女子自転車競技で日本新記録を出すたびにキャンパス内に植樹した記念樹の数は、現在確認できるだけでも15本。成長した樹木に手を添えて、卒業以来初めて訪れたキャンパスで満面の笑顔をみせた。大学4年生の時にはロンドンオリンピック代表選手に選ばれ、卒業後も女子自転車競技界の第一人者として活躍した。2018全日本選手権自転車競技大会トラックの女子スプリントで、10連覇を達成した日に電撃引退を発表。現在は電通九州に入社し、元アスリートとしての目線を生かしながら新たな活躍の場を広げている。常に志を高く持ち、自身の力で道を切り拓いてきた。もうひとつの大輪を咲かせるべく、新たな挑戦の日々は続く。

前田佳代乃さん

まえだ・かよの。平成3年1月13日、兵庫県西宮市生まれ。兵庫県立西宮高校から鹿屋体育大学に進学。4年生の平成24年、ロンドンオリンピック代表選手に選出される。平成25年3月、鹿屋体育大学スポーツ総合課程卒業。卒業後は京都府自転車競技連盟所属選手として活動。2018年9月、全日本選手権自転車競技大会トラック種目女子スプリント決勝で10連覇を達成し、引退。日本オリンピック委員会の「アスナビNEXT」を利用し、2019年2月1日付けで電通九州に入社し、現在に至る。

―自転車を始めたきっかけはお父様だそうですね。

前田 父が職場の有志でつくる自転車部に所属していたので、大会の応援に行った際に子どものレースもあることを知って小学校2年生から始めました。2006年に兵庫国体があったのですが、兵庫県ではそのときに高校生になる小学生を強化する特別強化事業というのがあって、小学生の頃から週末は明石公園陸上競技場を自転車で走るようになりました。このときの経験が人生の転機につながったと思っています。

県立西宮高校には自転車部がなくて、“一人自転車部”だったそうですが、高校時代から第28回アジア自転車競技選手権大会ジュニア部門500m個人タイムトライアルで優勝するなど、頭角を現していました。鹿屋体育大学に進学したのは?

前田 将来は体育の教師になりたいという漠然とした思いがあり、親も国立大学ということで乗り気でした。ほかの大学からも推薦で声がかかっていたのですが、親に4年間自転車で頑張る気があるのだったら、自転車競技に打ち込める環境のところに行った方がいいんじゃないかと言われて、自分でもその通りだと思ったんです。でも鹿屋は思っていた以上に遠くて。職員さんが話す鹿児島弁がわからず、まるで外国に来たようでAO入試のために訪れた初日から衝撃を受けました。

―4年生のときにロンドンオリンピック代表選手に選ばれ、卒業式では答辞を読むなど大活躍でした。卒論の内容も優秀だったと聞いています。

前田 課外活動やナショナルチームでの活動がメインの生活で、遠征で大学を不在にすることも多かったのですが、教員免許も取りましたし、卒論も頑張りました。自分では4年間学問も手は抜かなかったつもりです。何のために学費を払って大学に行っているかということを常々家族に言われていたこともあり、学業優先という意識は常にありました。前田明先生が担任だったというのも大きかったと思います。「みなさんAO入試で入ってきていますけど、もちろん勉強も頑張りますよね」って、入学式の初日に言われて、「あ、やられた」と思ったことは今でも覚えています(笑)。

―大学卒業後も京都府自転車競技連盟所属選手として活躍しました。

前田 大学4年生の時にオリンピックに出たこともあって、多少なりとも自分に競技者としての責任が発生したと考えるようになりました。当時は女子の自転車競技の短距離選手がまだ少なくて自分自身がとても苦労したので、自分の経験を引き継げる下の世代が出てきてバトンを渡せるまでは頑張ろうと決めました。競輪選手でなくてもナショナルチームで活躍できるということは、少しなりとも示すことができたかなと思っています。

―2018年、女子スプリントの10連覇達成後の突然の引退宣言で世間を驚かせました。

前田 やっとあとを任せられる若い後輩が出てきたんです。それと自転車だけが自分の人生ではないということをずっと思っていて、自転車というものが自分からなくなったとき、あなたそれだけのひとだったのねってなるのは嫌だなと思っていました。なので、次に何をやるか決めていない状態で辞めたんですよ。

―日本オリンピック委員会(JOC)が実施している、引退したトップアスリートのセカンドキャリア支援「アスナビNEXT」を利用して2019年2月に電通九州に採用されたそうですね。

前田 そういう制度があると知って、自分で電話しました。行動力だけはあるので(笑)。元選手としての経験や選手目線を今の職場で生かし、自分もまた成長できたらと思っています。

―最後に今後の抱負を。

前田 電通九州では現在世界水泳の仕事をしています。2022年に世界中から選手が来てくれて、あの大会はいい大会だったと言ってもらえるように、推進室のチームの一員としてまっとうしたいです。実は自転車競技の審判員の資格を取りました。自分を育ててくれた自転車の業界には、これからもかかわっていきたいですね。

(取材・文/西みやび)

※所属およびインタビュー内容は、取材当時のものです。

"「泳ぐだけがプールじゃない」コロナ禍に負けないアイディアマン"

20201118 oboginterview nishikawa

にしがわ・じゅんや。昭和57年〇月、香川県丸亀市生まれ。平成16年鹿屋体育大学体育学部体育・スポーツ課程卒業。200m自由形でアテネ五輪代表選考会に出場。香川県記録更新(10年間保持)。水泳のインストラクター、システムエンジニアを経て、平成22年からプール専門の水中フォトグラファーとして活動を始める。平成27年7月、株式会社Rockin’Poolを設立し、代表取締役に就任。

コロナ拡大で縮小を余儀なくされた最たるもの、それがスポーツ業界だろう。その中で、飛ぶように売れたのがプールマスクマンと呼ばれるビニール製のマスク。水泳教室で水に浮かぶ子供たちとインストラクターの距離は近い。「何か口を覆うものが欲しい」という現場からの要望に応え、試行錯誤の末に作られたのがこのマスクだ。指導者が大きな声で呼びかけても、呼気の飛沫がプールの中で他の人に直接かからないのはもちろんのこと、これを着用したまま四泳法で泳いでもずれずにお手本を見せることができるという。ヤフーニュースやテレビの番組でも取り上げられ、今では大手のスポーツクラブの水泳インストラクターはほとんどといっていいほど着用している。その発明者が西川隼矢さんだ。

西川さんは鹿屋体育大学の水泳部ではアテネ五輪の金メダリスト柴田亜衣さんと同学年だった。西川さんは自分自身を「思っていることをすぐ口に出してしまうタイプで、コーチの指導におとなしく従う選手ではなかった」という。鹿屋のプールで鏡を見ながら自らの泳ぎをチェックして自分流の泳ぎを追求することが好きだったそうだ。

大学で印象に残っているのは田口信教教授の授業だった。田口教授はミュンヘンオリンピック平泳ぎで金メダルを獲得したことで知られているが、実は水泳の実力だけではなく、その後の人生でも多くのアイディアを花咲かせている。私自身、40年ほど前、大学ができて間もなくの頃、田口教授のアイディアで作られた低圧の流水プールや、光るペースメーカーを底につけたプールなどをニュース番組で取材をさせていただいたことがある。当時世界的に見てもこれだけの施設を持っていたのは鹿屋体育大学だけだったと思う。

田口教授は授業で、「特許を取りなさい。私はこんなものを作って特許を持っている」と披露されたという。それを聞いた西川さんは、「特許をとることはハードルが高いことではない、いつかは特許をとれるようになりたい」と強く思うようになったそうだ。田口教授の授業で、西川さんは自分のアイディアを形にしていくことの面白さを心に植え付けられたようだ。

西川さんは大学卒業後、スポーツクラブの水泳インストラクターを経験。もっと稼ぎたいと3年後にはシステムエンジニアの仕事をゼロから始め、その後脱サラをして自分の会社を設立。苦しい時はアルバイトを掛け持ちしながらも、あふれるプール愛を抑えきれず、様々なプールコンテンツのアイディアを実現化してきた。

プールを単なる泳ぐだけの場所にしておくのはコストパフォーマンスが悪すぎると考え、まず取り掛かったのが、プールに浮かべてエクササイズをするプールノというボードの製作と販売だ。水上で行うバランスボールエクササイズといったらわかりやすいだろうか。水の上で揺れるボードの上で行うエクササイズでインナーマッスルが鍛えられ、さらに童心に返って楽しめると好評で、今では多くのスポーツクラブに取り入れられている。バランスを崩しドボンと水の中に落ちる感覚は眠っていた子供時代の記憶を呼び覚ましてもくれるようだ。

さらには水中バーチャルリアリティーのエクササイズも始めた。水中で両手にはめたグローブを使ってバーチャルリアリティーで次々に出現する的を打ち砕くもので、水の抵抗もあってかなりの全身エクササイズになる。子供向けかと思いきや、なんとターゲットは中高年層という。

そのほかにもプール専門カメラマンとしての仕事もある。今では多くの広告のための画像づくりも引き受けている。見慣れていたはずの水の中の映像が、カメラで切り取った瞬間に見違えるようなアートになっていたり、子どもたちの水中での表情が見たことのないような笑顔だったりと、撮影しながら多くの発見をするという。

「香川県記録を引っ提げて鹿屋体育大学に入学し、見事に天狗の鼻を折られた」という西川さんだが、あふれるようなプール愛の持ち主で、「プールにより多くの人に来てもらい、楽しんでもらえる場所にすること」こそが、自分の仕事ときっぱり言い切る。競泳の記録や結果だけではない本当の水の楽しみを人々に知ってもらいたいとアイディアで勝負をするのも鹿屋体育大学で出会った人たちのおかげだ。

プールマスクマンで得た資金をもとに、さらに新アイディアでプール産業を大きくしていきたいと西川さんは夢を追う。

 

(スポーツ文化ジャーナリスト 宮嶋泰子)

※所属およびインタビュー内容は、取材当時のものです。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて