previous arrow
next arrow
Slider

単に水泳競技の用に供するのみでなく、泳ぎについての運動力学、運動生理学的見地から科学的に教育研究活動が行い得るよう最新鋭の機器を備えた施設です。

1階は、水泳、シンクロナイズドスイミング、高飛び込み競技や50m長水路(8レーン)、25m短水路(8レーン)のほか、実験研究用レーン(3レーン:ミラー、ペースメーカー等の実験用器材を設置)、飛び込み台(5m、3m、1m)、可動式床(水深0m~2m調整可)、水泳フォームをあらゆる角度から分析できる加減圧調整可能流水プール、データ解析室等の設備を備えている。

また、2階はミーティングルームのほか、上部からもビデオ撮影及び見学ができるキャットウォークも設置されています。

なお、水温は常時27ºCに調整され、薬注や減菌が自動的にできる循環濾過装置も設置されています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて