監査室の設置目的

国立大学法人鹿屋体育大学における業務及び会計に関する内部監査の企画・実施、監事及び会計監査人による監査業務との連携の下に、本法人の業務の適正かつ効果的な執行に資する。

監査室の業務

  • 業務及び会計の内部監査に関すること。
  • 監事及び会計監査人による監査への協力に関すること。
  • その他学長が必要と認める監査業務に関すること。

監査室の体制

  • 監査室は、学長の下に置かれ、室長及び室員から構成される。
  • 監査の実施にあたり、必要と認めたときは、室員以外の法人の職員を監査員又は監査補助員として指名することができる。

監査室に関する要項

内部監査の対象・種類・方法

内部監査は、本学の業務及び会計活動全般について行う。ただし、役員の業務及び教員が行う教育研究の個々の内容は、直接内部監査の対象としない。

  1. 業務監査 業務活動の合法性、合理性及び効率性について、書面監査及び実地監査を行う。
  2. 会計監査 財務会計処理の正確性、合法性、合理性及び効率性について、書面監査及び実地監査を行う。

内部監査の区分

  1. 定期監査 事前に定められた内部監査計画に基づいて行う監査。
  2. 臨時監査 学長が必要と認めた場合に実施する監査。

内部監査に関する要項