教育研究の組織(系)

学問の進展に即応した横断的・弾力的な活動が行えるよう、次の3系を置いています。

スポーツ・武道実践科学系

スポーツ・武道における人間の限界への挑戦と身体知の教育及び継承を目指して、身体運動の理論、トレーニング及び稽古の理論、コーチング及び身体知伝承の理論を実践的・統合的に構築するとともに、先進的・汎用的な指導法や指導者養成システムを開発し、トップレベルの競技者の輩出やスポーツ・武道を実践的に指導できる専門家を育成するための教育研究を行います。

スポーツ・武道実践科学系 所属の教員紹介 ≫

スポーツ生命科学系

健康な身体から限界へ挑戦する身体を対象とし、身体が運動に適応する仕組みの解明を目指して、スポーツ活動や長期間のトレーニングが身体の生命機能に及ぼす影響・効果を、身体を構成している細胞レベルから組織・器官レベルに至るまで自然科学的実験・調査法を用いて考究し、「スポーツ活動と生命・健康科学」に関する様々な自然科学的課題を解決できる専門家を育成するための教育研究を行います。

スポーツ生命科学系 所属の教員紹介 ≫

スポーツ人文・応用社会科学系

生涯スポーツ、競技スポーツ及び健康づくりの推進による国民の活動的なスポーツライフの実現を目指して、スポーツ・健康の意義や価値、スポーツ活動の普及・マネジメントなどについて人文・応用社会科学的な観点から考究し、豊かな教養を有し、スポーツライフを理論的、実践的に企画・運営、推進できる専門家を育成するための教育研究を行います。

スポーツ人文・応用社会科学系 所属の教員紹介 ≫

 

学内教育研究施設

国際交流センター

留学生への支援、外国語に関する専門的教育及び研究を推進し、国際交流の進展に寄与することを目的としています。

海洋スポーツセンター

錦江湾に面した鹿屋市高須に位置し、海洋スポーツに関する理論教育・実技指導及び研究活動を行うほか、広く海洋スポーツに関する研修会・講習会の開催、課外活動等にも活用し、実践的指導者の養成、競技力の向上及び生涯スポーツとしての底辺拡大を目指しています。

また、諸外国の海洋スポーツに関する指導者の受け入れなど国際交流にも資することを目的としています。

スポーツトレーニング教育研究センター

発育発達段階に応じた科学的なトレーニング方法の開発・研究を行うとともに、スポーツトレーニング指導者の養成とその資質の向上を図るための各種教育活動を実践し、一流競技スポーツの振興に貢献することを目的としています。

またスポーツトレーニング指導者の養成、資質向上を目的とした研修会・講習会の開催、国際交流にも資することを目的としています。

生涯スポーツ実践センター

生涯スポーツに関する実践指導と学際的な研究・教育を広く地域社会との連携を図りながら行うことを目的に設置されました。

主に人々の各ライフステージにあった運動・スポーツプログラムの開発指導、地域のスポーツ振興や健康づくり、地域スポーツクラブの育成支援、生涯スポーツ指導者の育成支援、運動・スポーツプログラムの地域社会効果測定などに関した実践研究分野についての連携研究を推進しています。

アドミッションセンター

入学者選抜制度全般についての調査研究と大学説明会等の入試広報活動を行うとともに、アドミッションオフィス入学試験(AO入試)の企画・実施に関する業務を行うことを目的に設置されました。

アドミッションオフィス入学試験(AO入試)では、本学のアドミッションポリシーに基づき、競技力の高い学生を募集しています。

スポーツ情報センター

情報通信技術を用いた教育及び研究を行うとともに、本学の情報処理機能の高度化と内外ネットワークとの連携を推進することを目的としています。

高速の学内 LANを基盤に、各種ネットワークサービス、ネットワークビデオ放送、ビデオデータベースなどを提供しています。
また、ビデオ撮影・編集や3次元動作分析可能なスタジオ設備を有し、学内の様々な研究を支えています。

スポーツパフォーマンス研究センター

競技力向上を中心としたスポーツパフォーマンス研究を推進することを目的としています。

50mに渡りフォースプレートが埋め込まれた走路を始めとした最先端研究設備を備え、陸上、テニス、野球、サッカーなどの多様なスポーツパフォーマンス計測に対応可能です。

保健管理センター

学生及び教職員の保健管理に関する専門的な業務を行っている施設であり、心身の健康の保持増進を図るため相談に応じています。

主な業務として、健康診断及びその結果に基づいての事後措置・健康に関する日常の生活指導及び各種応急措置、そして必要に応じて専門機関への紹介も行っています。