プロフィール (Profile)

Ogita Futoshi

氏名 (Name) 荻田 太 (Ogita Futoshi)
職名 (Job title) 教授 (Professor)
連絡先(TEL) 0994-46-4931
連絡先(FAX) 0994-46-4931
連絡先(E-Mail) このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
個人ウェブサイト (URL)  
学歴 (Education) 鹿屋体育大学 体育学部 スポーツ課程 1988年3月卒業
鹿屋体育大学大学院 体育学研究科 修士課程体育学専攻 1990年3月修了
学位 (Degree) 体育学修士 (鹿屋体育大学 1990年3月)
Ph.D (Vrije Universiteit 2000年5月)

職歴 (Academic & Professional Experience)

1990年 4月 日本女子体育大学附属基礎体力研究所 助手
1992年 8月 鹿屋体育大学体育学部 助手
2001年 9月 鹿屋体育大学体育学部 助教授
2006年 4月 鹿屋体育大学体育学部 教授
2012年 8月 鹿屋体育大学体育学部教授(兼)学長補佐 

専門分野 (Research Areas)

  • 運動生理学:呼吸循環系調節・エネルギー代謝 (Exercise Physiology:cardiorespiratory adjustment and aerobic and anaerobic energy metabolism during exercise)

主な研究内容 (Main research contents)

  • スポーツを科学する
    現在行っている研究内容をわかりやすく説明しています。
    平成29年度版 (PDF)
    平成28年度版 (PDF)
    平成27年度版 (PDF)
    平成26年度版 (PDF)
    平成25年度版 (PDF)
  • RENKEI (連携)
    企業等の皆様と連携協力 (共同研究や受託研究等)可能な事項を掲載しています。
    最新年度版 (PDF)
  • 【エネルギー供給能力の限定要因とそのトレーナビリティに関する検討】
    有酸素性・無酸素性エネルギー供給能力を制限している限定要因を、筋肉の代謝能力、循環系の酸素運搬能力の観点から検討するとともに、それらを効果的に改善し得るトレーニング法の開発に取り組んでいる。
  • 【水泳運動中の生理学と力学に関する研究】
    水泳運動中のエネルギー供給動態、技術の指標としての推進効率、水泳中の動的抵抗など、生理学的指標、力学的指標の定量を試み、それらの改善とパフォーマンスとの関係について、コンピューターシミュレーションを用いながら検討している。

研究キーワード (Research Interests)

  • 有酸素性エネルギー供給能力
  • 無酸素性エネルギー供給能力
  • 高強度トレーニング
  • 高地 (低酸素)トレーニング
  • エネルギー供給動態
  • 呼吸循環系調節
  • 水泳運動

所属学会 (Association Memberships)

  • 1989年 1月 トレーニング科学研究会(編集委員1991年~2002年,編集委員長2003年~2007年,学会会長2007年~現在に至る)
  • 1989年 4月 日本体育学会(編集委員2006年5月~2009年3月)
  • 1990年 4月 日本体力医学会(評議員2000年9月~現在に至る,渉外委員2009年4月~現在に至る)
  • 1990年 4月 日本生理学会(評議員2003年9月~現在に至る)
  • 1993年 4月 日本運動生理学会(評議員2003年7月~現在に至る)
  • 1997年11月 日本水泳・水中運動学会(諮問委員1997年11月~現在に至る,編集委員長2004年~現在に至る)
  • 1998年 1月 アメリカスポーツ医学会
  • 2005年11月 アジアスポーツ医学会(科学委員会委員2005年11月~2009年11月)
  • 2006年 2月 ヨーロッパスポーツ科学会

資格 (Qualification)

競技歴 (Achievement as a competitor)

受賞歴 (Award)

実技指導歴 (Achievements as a coach)

論文等 (Published Papers)

2018年
  1. Kurobe,K., A.Kousaka, F.Ogita, N.Matsumoto; Comparison of carbohydrate metabolism between land and aquatic exercise following glucose ingestion, Clin. Physiol.Funct Imaging, 38(2):227-232, 2018.3
  2. 角川隆明,萬久博敏,荻田太; 水中モーションキャプチャと圧力分布計測を用いたクロール中に発揮される推進力の分析, 鹿屋体育大学学術紀要, 55:113-121, 2018.3
  3. Narita,K., F.Ogita, M.Nakashima, H.Takagi; Comparison of Active Drag Using the MRT-Method and the MAD-System in Front Crawl Swimming, Proceedings of International Sports Engineering Association 2018, doi:10.33 90/proceedings2060287, 2018.2
2017年
    1. Tsunokawa,T., T.Tsuno, H.Mankyu, H.Takagi H, F.Ogita.; The effect of paddles on pressure and force generation at the hand during front crawl, Hum.Mov.Sci., 57:409-416, 2017.10
    2. Ogita,F.; Beneficial effects of hypoxic exercise on cardiovascular and metabolic risk markers., Adapt.Med., 9:114-118, 2017.9
    3. 角川隆明,津野天平,萬久博敏,荻田太,高木英樹; 水中モーションキャプチャと圧力分布計測を用いた手部に働く流体力の分析, 鹿屋体育大学学術紀要, 55:17-25, 2017.6
    4. Tamaki,H., K.Yotani, F.Ogita, K.Hayao, K.Nakagawa, K.Sugawara, H.Kirimoto, H.Onishi, N.Kasuga, N.Yamamoto; Electrical stimulation of denervated rat skeletal muscle ameliorates bone fragility and muscle loss in early-stage disuse musculoskeletal atrophy, Calcif.Tissue.Int., 100(4):420-430, 2017.4
    5. Nakagawa,K, H.Tamaki, K.Hayao, K.Yotani, F.Ogita, N.Yamamoto, H.Onish; Electrical stimulation of denervated rat skeletal muscle retards capillary and muscle loss in early stages of disuse atrophy, Biomed.Res.Int., doi:10.1155/2017/5695217, 2017.4
2016年
  1. 荻田太; 水抵抗を測る, 体育の科学,66(4):276-279,2016.4
  2. Nishiwaki,M., R.Kakami, K.Saito, H.Tamaki, F.Ogita; The effects of exercise training under mild hypoxic conditions on body composition and circulating adiponectin in postmenopausal women, Clin. Physol. Funct. Imaging,36:468-475,2016.11
  3. 荻田 太; スポーツウェアの動作性, 臨床スポーツ医学,34(4):374-379,2016.11
  4. Kurobe,K., A.Kousaka, F.Ogita, N.Matsumoto; Comparison of carbohydrate metabolism between land and aquatic exercise following glucose ingestion, Clin. Physol. Funct. Imaging, in press
  5. Nakagawa,K, H.Tamaki, K.Hayao, K.Yotani, F.Ogita, N.Yamamoto, H.Onishi; Electrical stimulation of denervated rat skeletal muscle retards capillary and muscle loss in early stages of disuse atrophy, BioMed Research International, in press
  6. 荻田太;特殊機器を用いた水泳スプリントトレーニング,体育の科学,66(2):100-104,2016.2
2015年
  1. Tamaki,H., K.Yotani, F.Ogita, K.Sugawara, H.Kirimoto, H.Onishi, N.Kasuga, N.Yamamoto; Effect of electrical stimulation-induced muscle force and streptomycin treatment on muscle and trabecular bone mass in early-stage disuse musculoskeletal atrophy; J.Musculoskelet.Neuronal Interac. 15(3):270-278. 2015.9
  2. Goto, K., T.Morishima, K.Kurobe, Z.Huang, F.Ogita; Augmented carbohydrate oxidation under moderate hypobaric hypoxia equivalent to simulated altitude of 2500 m. Tohoku J.Exp.Med. 236(3):163-168. 2015.7
  3. Kurobe,K., Z.Huang, M.Nishiwaki, M.Yamamoto, H.Kanehisa, F.Ogita; Effects of resistance training under hypoxic conditions on muscle hypertrophy and strength. Clin.Physol.Funct.Imaging. 35(3):197-202. 2015.5
  4. Ogita,F;New insight into exercising under hypoxia to improve and prevent cardiovascular and metabolic risk factor. Adv.Exerc.Sports Physiol. 21(1):25-26. 2015.4
2014年
  1. 荻田太;低酸素における高強度トレーニングの効果,第17回高所トレーニング国際シンポジウム2013 in Hida-Ontake, Gihu総集編,25-28, 2014.10
  2. Ogita,F., M.Nishiwaki, K.Kurobe, Z.Huang, H.Tamaki, K.Yotani, K.Saito; Effects of intermittent hypobaric hypoxic exercise for four weeks on cardiovascular responses. Adaptive Med.6(3):124-130. 2014.9
  3. Tamaki,H., K.Tomori2 K.Yotani, F. Ogita, K. Sugawara, H. Kirimto, H. Onishi, N.Yamamoto, N. Kasuga; Electrical stimulation of denervated rat skeletal muscle retards trabecular bone loss in early stages of disuse musculoskeletal atrophy. J.Musculoskelet.Neuronal Interact. 14(2):220-228. 2014.6
  4. Ogita,F., Z.Huang, K.Kurobe, G.Ozawa, A.Nagira, K.Yotani, N.Taguchi, H.Tamaki; Effects of sprint interval training on metabolic, mechanical characteristics and swimming performance. Proceedings of XIIth International Symposium on Biomechanics and Medicine in Swimming.435-457. 2014.4
  5. Onodera,S., A.Yoshioka, S.Hayashi, T.Saito, T.Wada, M.Murata, Y.Tsuchida, Y.Takagi, F.Ogita, H.Hara; Changes in heart rate during headstand in water. Proceedings of XIIth International Symposium on Biomechanics and Medicine in Swimming. 458-462. 2014.4
  6. Moriyama,S., F.Ogita, Z.Huang, K.Kurobe, A.Nagira, T.Tanaka, H.Takahashi, Y.Hirano ; Intra-abdominal pressure during swimming. Int.J.Sports Med. 35(2):159-163. 2014.2
  7. 與谷謙吾,荒川真理,幸篤武,桐本光,荻田太,田巻弘之;事前ジャンプ動作による選択的全身反応時間の効果,トレーニング科学,25(2):157-164,2014.2
  8. 森山進一郎,金沢翔一,山縣慧子,北川幸夫,荻田太,高橋英幸,平野裕一;クロール全力泳における泳速度およびストローク指標と腹腔内圧の関係,日本運動生理学雑誌,21(1):9-15,2014.2
  9. Ohira,T., T.Ohira, F.Kawano, T.Shibaguchi, H.Okabe, K.Goto, F.Ogita, M.Sudoh, R.R.Roy, V.R.Edgerton, R.Cancedda, Y.Ohira ; Effects of gravitational loading levels on protein expression related to metabolic and/or morphologic properties of mouse neck muscles. Physiol.Rep. 2(1):1-12. 2014.1
2013年
  1. 與谷謙吾,中本浩揮,柳楽晃,幸篤武,桐本光,北田耕司,荻田太,田巻弘之;咀嚼動作を用いた光刺激に対する反応トレーニングが音刺激の反応時間へ及ぼす影響,日本生理人類学会誌,18(4):165-169,2013.11
  2. 與谷謙吾,中本浩揮,柳楽晃,荻田太;光刺激を用いた反応トレーニング並びにその後の脱トレーニングに伴う視覚-運動関連時間の変化,九州体育・スポーツ学研究,28(1):27-32,2013.11
  3. Onodera,S., A.Yoshioka, K.Nishimura, H.Kawano, K.Ono, T.Matsui, F.Ogita, H.Hara ; Water exercise and health promotion. J.Phys.Fitness Sports Med. 2(4):393-399. 2013.11
  4. 荻田太;中心循環から見たHITの特徴,体育の科学,63(9):701-706,2013.9
  5. Tamaki,H., K.Yotani, F.Ogita, H.Takahashi, H.Kirimto, H.Onishi, N.Yamamoto ; Changes over time in structural plasticity of trabecular bone in rat tibiae immobilized by reversible sciatic denervation. J.Musculoskelet.Neuronal.Interact. 13(3):251-258.2013.9 
  6. Ogita,F ; Effects of intermittent hypobaric hypoxic exercise on cardiovascular adaptations. J.Phys.Fitness Sports Med. 2(3):341-345,2013.8
  7. 荻田太;水泳の低酸素トレーニング,体育の科学,63(5):393-398,2013.5
  8. Yotani,K., H.Tamaki, H.Kirimoto, A.Yuki, K.Kitada, S.Maesaka, Ogita F ; Response time and muscle activation patterns of the upper limbs during different strikes in kendo . Arch. Budo. 9(2):101-107. 2013.5
  9. 荻田太;低酸素トレーニングとアネロビックキャパシティ,体育の科学,63(4):313-318,2013.4
2012年
  1. 黒部一道,黄忠,西脇雅人,荻田太.ペダリング負荷と速度の異なる組合せによるトレーニングプロトコールが最大無酸素性パワーと間欠的運動パフォーマンスに及ぼす影響.九州体育・スポーツ学研究26:27-34, 2012.
  2. 黒部一道、黄忠、西脇雅人、山本正嘉、金久博昭、荻田太.異なるレベルの低酸素環境における小筋群のレジスタンス運動に対するホルモン応答.日本運動生理学雑誌.
  3. Ogita,F. Effects of hypobaric hypoxic exercise on cardiovascular adaptation. Proceedings of International Symposium in NIFS 2012 "Hypoxic Training and Metabolic Syndrome": 35-47, 2012.
  4. Nishiwaki,M., F.Ogita. Effects of low-intensity exercise in acute and chronic mild hypoxia on arterial stiffness. Proceedings of International Symposium in NIFS 2012 "Hypoxic Training and Metabolic Syndrome": 24-34, 2012.
  5. Kurobe,K., Z.Huang, A.Nagira, M.Yamamoto, F.Ogita. Influence of resistance training under moderate hypoxia on muscle thickness and strength. Proceedings of International Symposium in NIFS 2012 "Hypoxic Training and Metabolic Syndrome": 49-57, 2012.
  6. Kawakami, R., M.Nishiwaki, H.Tamaki, K.Saito, F.Ogita. Effects of exercise training under hypobaric hypoxic conditions on insulin sensitivity in postmenopausal women. Proceedings of International Symposium in NIFS 2012 "Hypoxic Training and Metabolic Syndrome": 93-104, 2012.
  7. Nagira,A. Kurobe,K., Z.Huang, E.Fujimoto-Takai, T.Tanaka, F.Ogita. Effects of intermittent hypobaric hypoxic swimming on metabolic risk makers in aged spontaneously diabetic Goto-Kakizaki rats. Proceedings of International Symposium in NIFS 2012 "Hypoxic Training and Metabolic Syndrome": 105-115, 2012.
  8. Fujimoto-Takai, E., S.Yonetsu, Nagira,A. Kurobe,K., Z.Huang, H.Takekura, F.Ogita. Effects of hypobaric hypoxic exercise on insulin sensitivity in spontaneously diabetic Torii rats. Proceedings of International Symposium in NIFS 2012 "Hypoxic Training and Metabolic Syndrome": 116-125, 2012.
2011年
  1. Nishiwaki,M., R.Kawakami, K.Saito, H.Tamaki, H.Takekura, F.Ogita. Vascular adaptations to hypobaric hypoxic training in postmenopausal women. J.Physiool.Sci. 61:83-92, 2011.
  2. 西脇雅人,黒部一道,黄忠,小澤源太郎,柳楽晃,齋藤和人,田巻弘之,福岡義之,荻田太.低酸素環境下での片脚運動が動脈スティフネスに及ぼす影響−運動脚と対照脚における血管の応答−.健康医科学26:89-101, 2011.
  3. 黄忠,黒部一道,西脇雅人,小澤源太郎,田中孝夫,山本正嘉,荻田太.一流競泳選手における榮パフォーマンスの限定要因に関する検討.トレーニング科学23:263-274,2011.
2010年
  1. 矢野琢也,前田明,荻田太,浜岡隆文.水中歩行運動時における摂取飲料の違いが尿生成および発汗による体液損失に与える影響.日本運動生理学雑誌17:1-8,2010.
  2. Keisho Katayama, Kazushige Goto, Koji Ishida, Futoshi Ogita. Substrate utilization during exercise and recovery at moderate altitud. Metabolism59: 959-966, 2010. 
  3. 荻田太,田中孝夫,田口信教.競泳用水着の材質・機能の違いが水泳中の抵抗、エネルギー消費量に与える影響,デサントスポーツ科学31:31-41, 2010.
  4. Ozaki, H., W.F.Brechue, M.Sakamaki, M.Nishiwaki, N.Aoki, F.Ogita, T.Abe. Metabolic and cardiovascular responses to upright cycle exercise with leg blood flow reduction. J.Sports Sci.Med. 9: 224-230, 2010.
  5. Ogita, F., Z,Huang, K.Kurobe, G.Ozawa, N.Taguchi, T.Tanaka. Effects of recently developed swimwear on drag during front crawl swimming. Biomechanics and Medicine in Swimming XI. eds., P.-L. Kjendile, R.K.Stallman, J.Cabri, Nordbergtrykk, Oslo, Norway :211-213, 2010. 
  6. Huang, Z., K.Kurobe, M.Nishiwaki, G.Ozawa, T.Tanaka, N.Taguchi, F.Ogita. Relationship between propelling efficiency and swimming performance in elite swimmers. Biomechanics and Medicine in Swimming XI. eds., P.-L. Kjendile, R.K.Stallman, J.Cabri, Nordbergtrykk, Oslo, Norway : 201-203, 2010. 
  7. Wakayoshi, K., T.Shiraki, F.Ogita, M.Kitajima. Determination and validity of critical velocity in front crawl, arm stroke and leg kick as an index of endurance performance in the competitive swimmer. Biomechanics and Medicine in Swimming XI. eds., P.-L. Kjendile, R.K.Stallman, J.Cabri, Nordbergtrykk, Oslo, Norway: 236-238, 2010.
2009年
  1. Ogita,F. Effects of high-intenisty training under hypobaric hypoxic conditions o metabolic capacity and exercise performance. 2009 China Duoba International Forum on Altitude Training and Health, proceeding : 32-44, 2009. 
  2. 西脇雅人,川上諒子,齊藤和人,田巻弘之,竹倉宏明,福岡義之,荻田太.閉経後女性の動脈スティフネスと最大下運動時における血圧応答の関係,トレーニング科学21:297-309, 2009.
  3. Ogita,F. Effects of hypobaric hypoxic training on the adaptation for cardiovascular function. The 12th International Symposium on Altitude training 2008 Tokyo Proceedings: 35-41, 2009.
  4. 荻田太,黄忠,黒部一道,西脇雅人,小澤源太郎,田中孝夫,田口信教.新型競泳用水着が水泳運動中の抵抗指標に及ぼす影響,スポーツパフォーマンス研究1:238-250, 2009.
  5. 矢野琢也,前田明,荻田太,浜岡隆文.水中歩行運動時における摂取飲料の違いが尿生成および発汗による体液損失に与える影響.日本運動生理学雑誌17:1-8,2010.
2008年
  1. 恒吉玲代,永山寛,涌井佐和子,濱岡隆文,齊藤和人,図子浩二,井上尚武,荻田太,前田明,和田智仁,隅野美砂輝,吉武裕;地域在宅高齢者における「閉じこもり」と身体活動状況および体力,体力科学,57,433-442,2008.
  2. Ogita,F;Effects of high-altitude training and the possible mechanism.The 11th International Symposium on Altitude training 2007 in Fere-Ontake Proceedings:38-44,2008.
  3. 荻田太;エンデュアランストレーニングこれまでとこれから―最大酸素摂取量―,トレーニング科学,21(1):109-124,2009.
2007年
  1. 與谷謙吾,田巻弘之,荻田太,桐本光,北田耕司,竹倉宏明;剣道の引き面及び引き小手動作における上肢の反応時間と筋活動様式;鹿屋体育大学学術研究紀要,36,33-40,2007
  2. Shi,M.,X.Wang,T.Yamanaka,F.Ogita.K.Nakatani,T.Takeuchi;Effects of anaerobic exercise and aerobic exercise on biomarkers of oxidative stress.,Environmental Health and Preventive Medicine,12,202-208,2007
  3. 與谷謙吾,今泉英徳,桐本光,北田耕司,田巻弘之,荻田太,竹倉宏明;竹刀を用いた光刺激に対する引き技動作の筋電図反応時間及び打撃動作時間の分析,日本生理人類学会誌,12,139-146,2007
  4. Ogita,F,T.Tanaka,N.Taguchi;A contribution of sports science for improving sports performance -Top Athlete Support System in Kanoya-,2007 KNSU International Sports Science Symposium.Contribution of Sports Science to Sports Performance,135-146,2007
  5. 田巻弘之,荻田太,竹倉宏明,齋藤和人;若年成人から始まる運動週間の有無と心血管系の機能的構造的差異の検討,第22回健康医科学研究助成論文集,22,79-86,2007
2006年
  1. 田巻弘之,北田耕司,桐本光,與谷謙吾,荻田太,竹倉宏明,芝山秀太郎;筋活動様式の違いが筋疲労と翌日の静的仕事に及ぼす影響,日本生理人類学会誌,11,19-24,2006
  2. 桐本光,後藤純信,小竹直樹,北田耕司,荻田太,田巻弘之;静的足関節底屈持続時の筋放電活動様式と活動交代出現時の膝窩動脈血流変化,体力科学,55,393-402,2006
  3. Onodera S., K.Nishimura, K.Ono, K.Seki, D.Nishioka, T.Okamoto, E.Oyanagi, N.Senoh, H.Kawao, F.Ogita, H.Toussaint; Changes in cross sectional area of inferior vena cava during arm cranking exercises in water,Biomechanics and Medicine in Swimming X,10,161-163 ,2006
  4. Wakayoshi.K.,C.Takano,F.Ogita;Deternination and application of interval swim critical velocity and critical rest time in the 50m interval swim training.,Biomechanics and Medicine in Swimming X,10,321-324,2006
  5. F.Ogita;Energetics in competitive swimming and application for training.,Biomechanics and Medicine in Swimming X,10,117-121,2006
  6. F.Ogita,T.Tanaka,H.Tamaki,A.Wagatsuma,T.Hamaoka,H.M.Toussaint;Metabolic and mechanical characteristics of olympic female gold medalist.,Biomechanics and Medicine in Swimming X,10,194-197,2006
  7. Wagatsuma A.,H.Tamaki,F.Ogita;Sequential expression of vascular endothelial growth factor,Flt-1,and KDR/Flk-1 in regenerating mouse muscle,Physiological Res.,55,633-640,2006
2005年
  1. 荻田太;生活習慣病の改善・予防に対する低酸素トレーニングの可能性,トレーニング科学,17,195-200,2005
  2. Wagatsuma A.,H.Tamaki,F.Ogita;Capillary supply and gene expression of angiogenesis- related factors in murine skeletal muscle following denervation,Exp.Physiol.,90,403-409,2005
  3. 荻田太;水泳のエナジェティクス;バイオメカニクス研究,9,274-289,2005
  4. Wagatsuma A.,H.Tamaki,F.Ogita;Expression of vascular endotherial growth factor and its receptor in heart tissue following short-term swimming training,IJSHS,3,91-99,2005
2004年
  1. 田巻弘之,荻田太,竹倉宏明,斎藤和人,倉田博,芝山秀太郎,北田耕二,中澤公孝;静的筋収縮時の生理的振戦による筋放電活動並びに循環系応答の変化,日本生理学雑誌,65,397-405,2004
  2. 田巻弘之,北田耕二,桐本光,我妻玲,荻田太,竹倉宏明,芝山秀太郎;異なる負荷強度での等尺性収縮持続時の協働筋の活動様式,日本生理人類学会誌,9,7-12,2004
  3. 荻田太,田巻弘之,前田明,我妻冷;競泳パフォーマンスの限定要因に関する検討-MADシステムを用いた力学的・代謝的解析より-,デサントスポーツ科学,25,122-130,2004

著書 (Books etc)

 
  1. 荻田太(宮村実晴編);身体運動と呼吸・循環機能(1部呼吸機能 8.低酸素と酸素借),真興交易(株)医書出版部,共著,2012.8
  2. Ogita,F.:Training energy systems, WORLD BOOK OF SWIMMING from Science to Performance, Nova Science Publishers, Inc., New York, pp256-276, 2011.
  3. 荻田太:エナジェティクスを改善するトレーニングの考え方,スプリントの科学,日本トレーニング科学会編,朝倉書店,東京,pp57-67,2009年11月,共著(分担箇所は単独執筆),運動生理学・トレーニング科学,著書
  4. 2008,荻田太,呼吸循環系とトレーニング効果,トレーニング科学最新エビデンス,安部孝編,講談社
  5. 2007,荻田 太(担当部分は単著 本自体は共著) ,新版これでなっとく使えるスポーツサイエンス(トレーニングの原理原則 他) ,講談社
  6. 2006,荻田太,宮地元彦,第4章運動と呼吸、第5章運動と循環、改訂版運動生理学の基礎と発展,フリースペース
  7. 2005,荻田太,水泳と実践生理学、認水泳コーチ用新水泳コーチ教本第2版,財団法人日本水泳連盟編,大修館書店
  8. 2004,荻田太(鹿屋体育大学スポーツトレーニング教育研究センター編) ,水中の身体機能を測る、スポーツ選手と指導者のための体力・運動能力測定法、トレーニング科学の活用テクニック,大修館書店
  9. 2004,荻田太(浅野勝巳、小林寛道 編著) ,12章低圧シミュレータによる水泳選手のトレーニング、運動生理学シリーズ6高所トレーニングの科学,杏林書院

学会発表 (Presentation at an academic meeting)

2018年
  1. Ogita,F.; Physiological adaptations to high-intensity exercise training, TaiSPO 2018 Fitness Trend Seminar, 2018.3
  2. Narita,K., F.Ogita, M.Nakashima, H.Takagi; Comparison of Active Drag Using the MRT-Method and the MAD-System in Front Crawl Swimming, International Sports Engineering Association 2018, 2018.3
2017年
  1. 小野寺昇,玉里祐太郎,和田拓真,吉田升,濱田大幹,斎藤辰哉,村田めぐみ,荒谷友里恵,高原皓全,吉岡哲,山口英峰,片山敬章,荻田太; タンデム自転車エルゴメータを用いた受動ペダル運動時の心拍数と酸素摂取量の変化, 第 80 回日本体力医学会中国・四国地方会, 2017.12
  2. 荻田太; 低酸素における生理学的メカニズムについて, 第20回高所トレーニング国際シンポジウム, 2017.11
  3. 大和谷健太,荻田太,與谷謙吾; 1分程度の競技種目のパフォーマンス向上を目指したトレーニングプロトコールの開発, 第30回日本トレーニング科学会大会, 2017.10
  4. 角川隆明,萬久博敏,成田健造,高木英樹,荻田太; クロール泳における泳速度の変化と上肢動作で発揮される推進力との関係, 2017年日本水泳・水中運動学会年次大会, 2017.10
  5. 荻田 太,與谷謙吾,田巻弘之; 低圧低酸素環境下における短時間高強度間欠的運動が耐糖能、血中脂質、身体組成に及ぼす影響, 第72回日本体力医学会大会, 2017.9
  6. 與谷謙吾,花井詩織,幸篤武,荻田 太,田巻弘之; 反応トレーニングに伴う反応時間、並びに鼓膜音への影響, 第72回日本体力医学会大会, 2017.9
  7. 田巻弘之,與谷謙吾,荻田 太,早尾啓志,中川弘毅,玉越敬悟,高橋英明,桐本 光,大西秀明,山本智章,春日規克; 前脛骨筋の伸張性収縮の実施が脛骨骨幹端骨量および骨梁構造に及ぼす影響, 第72回日本体力医学会大会, 2017.9
  8. 中山貴文,坂本将基,荻田太,井福裕俊; 起立性低血圧者における立位時の血圧調節; 第72回日本体力医学会大会, 2017.9
  9. 中川弘毅,田巻弘之,早尾啓志,與谷謙吾,荻田 太,玉越敬悟,高橋英明,大西秀明,山本智章,春日規克; 筋機能並びに膜透過性亢進からみた伸張性筋収縮の繰り返し効果, 第72回日本体力医学会大会, 2017.9
  10. 早尾啓志,田巻弘之,中川弘毅,與谷謙吾,荻田 太,玉越敬悟,高橋英明,大西秀明,山本智章,春日規克; 伸張性収縮の反復的介入が筋線維膜透過性に及ぼす影響, 第72回日本体力医学会大会, 2017.9
  11. Ogita,F.; Beneficial effects of hypoxic exercise on cardiovascular and metabolic risk markers, Eighth Cross-Strait Symposium oh Hypoxia and Dietetics, 2017.9
  12. 荻田太; 低酸素環境下での運動トレーニングがもたらす効果, 第21回酸素ダイナミクス研究会, 2017.9
  13. 藤田英二,荻田太; サポートタイツが階段昇降時の大腿四頭筋活動水準、酸素摂取量、および自覚的運動強度に与える影響, 日本体育学会第68回体育学会, 2017.8
  14. 荻田太,塩川勝行,與谷謙吾; 間欠的運動時の運動強度漸増・漸減が代謝特性に及ぼす影響,日本体育学会第68回体育学会, 2017.8
  15. Ogita,F., K.Yotani, K.Goto, K.Katayama, H.Tamaki; Effects of cycling exercise and aquatic exercise in hypobaric hypoxia on vascular adaptations and glucose tolerance, 22th Annual Congress of European College of Sport Science, 2017.7
  16. Onodera,S., N.Yoshida, Y.Tamari, T.Wada, S.Hayashi, T.Wakimoto, H.Yamaguchi, A.Yoshioka, K.Katayama, F.Ogita; Comparison of physiological stress between the front saddle cyclist and the rear saddle cyclist during a five-hour endurance tandem-bicycle rac, 22th Annual Congress of European College of Sport Science, 2017.7
  17. Moriyama, S.Kanazawa, Y.Kitagawa, Y.Shibata, F.Ogita; Effects of voluntary abdominal bracing and hollowing maneuvers during swimming on IAP and performance, 22th Annual Congress of European College of Sport Science, 2017.7
  18. Hayao,K., H.Tamaki, K.Nakagawa, K.Yotani, K., F.Ogita, K.Tamakoshi, H.Takahashi, H.Onishi, N.Yamamoto, N.Kasuga; The effect of repeated bouts on sarcolemmal permeability and muscle force production after eccentric contractions in rat skeletal muscle, 22th Annual Congress of European College of Sport Science, 2017.7
  19. 田巻弘之,高橋英明,玉越敬悟,與谷謙吾,荻田 太; 不動初期の高齢ラットに対する電気刺激誘発性筋収縮が脛骨骨幹部の機械的特性に及ぼす影響, 第25回日本運動生理学会大会, 2017.7
  20. 荻田 太,與谷謙吾,田巻弘之; 低圧低酸素環境下における短期間の高強度間欠的運動が血圧と動脈スティフネスに及ぼす影響, 第25回日本運動生理学会大会, 2017.7
  21. 荻田太; 低酸素環境下における持久力向上のためのトレーニング, ARIHHP ヒューマン・ハイ・パフォーマンスフォーラム 2017,2017.1
2016年
  1. 早尾啓志,田巻弘之,中川弘毅,帆苅美咲,板垣萌花,荻田 太,山本智章,大西秀明; 伸張性筋収縮の反復による錘外及び錘内筋線維の膜透過性に及ぼす影響, 日本基礎理学療法学会第21回学術大会,2016.5
  2. Ogita,F., K.Yotani, K.Shiokawa, N.Taguchi, H.Tamaki; Effects of sprint interval training under hypobaric hypoxic conditions on metabolic capacity and high-intensity exercise performance, 21th Annual Congress of European College of Sport Science,2016.7
  3. Onodera,S., S.Hayashi, T.Wada, N.Yoshida, Y.Tamari, M.Murata, H.Yamaguchi, A.Yoshioka, K.Katayama, F.Ogita; Changes in relative exercise intensity during a two hours endurance race using a tandem-bicycle for exercise, 21th Annual Congress of European College of Sport Science,2016.7
  4. Moriyama, S.Kanazawa, Y.Kitagawa, Y.Nagano, Y.Shibata, F.Ogita; Comparison of intra-abdominal pressure in maximal arm stroke, leg kick and whole body swimming, 21th Annual Congress of European College of Sport Science,2016.7
  5. 荻田太; 短時間高強度運動がもたらす生理学的効果, 第24回日本運動生理学会大会,2016.7
  6. 荻田太,塩川勝行,與谷謙吾,田巻弘之; 低酸素環境が休息時間の異なる間欠的運動時の代謝特性に及ぼす影響, 第24回日本運動生理学会大会,2016.7
  7. 小野寺昇,吉田升,和田拓真,玉里祐太郎,林聡太郎,松本希,吉岡哲,山口英峰,片山敬章,荻田太; 3時間のタンデム自転車走行時の相対的運動強度, 第24回日本運動生理学会大会,2016.7
  8. 荻田太,塩川勝行,與谷謙吾,田口信教; 30秒程度で疲労困憊に至る持続的運動と同一強度における間欠的スプリント運動時の代謝特性の比較, 日本体育学会第67回大会,2016.8
  9. 田巻弘之,與谷謙吾,荻田太,桐本光,大西秀明,山本智章,春日規克; 下肢不動にした脛骨骨幹端骨梁における類骨形成に及ぼす電気刺激誘発生筋収縮の効果, 第71回日本体力医学会大会,2016.9
  10. 高松良輔,田巻弘之,帆苅美咲,早尾啓志,中川弘毅,與谷謙吾,荻田太,山本智章,春日規克,大西秀明; 下肢不動初期の高齢期ラット骨格筋に対する低頻度電気刺激の効果, 第71回日本体力医学会大会,2016.9
  11. 帆苅美咲,田巻弘之,高松良輔,早尾啓志,中川弘毅,與谷謙吾,荻田太,山本智章,春日規克,大西秀明; 伸張性収縮の反復回数の違いが筋線維膜透過性の増大に及ぼす影響, 第71回日本体力医学会大会,2016.9
  12. 中川弘毅,田巻弘之,早尾啓志,與谷謙吾,荻田太,山本智章,大西秀明,春日規克; 伸張性収縮による筋線維膜透過性の亢進と形態的変化の特徴, 第71回日本体力医学会大会,2016.9
  13. 早尾啓志,田巻弘之,中川弘毅,與谷謙吾,荻田太,山本智章,大西秀明,春日規克; 伸張性筋収縮の反復が錘内筋線維の形態に及ぼす影響, 第71回日本体力医学会大会,2016.9
  14. 荻田太,黒部一道,黄忠,與谷謙吾,田巻弘之; 低圧環境下で行う運動のタイプが糖処理能、血中脂質、身体組成に与える影響, 第71回日本体力医学会大会,2016.9
  15. Ogita,F; High intensity intermittent training: Benefits on physical performance and obesity-related metabolic health, Joint Conference of Taiwan Society for Sports Nutrition and Chinese Taipei Association for the Study of Obesity,2016.10
  16. 森山進一郎,金沢翔一,荻田太; 異なる泳速度によるバタフライにおける腹腔内圧の変化, 第29回日本トレーニング科学会,2016.10
  17. 荻田太; 競泳競技における高地トレーニングの実践と効果, 第27臨床スポーツ医学会学術集会,2016.11
  18. 荻田太; 低酸素環境における水泳トレーニング, 第19回高所トレーニング国際シンポジウム2016 in Gifu,2016.11
  19. 荻田太; 低酸素環境における水泳トレーニング, 第19回高所トレーニング国際シンポジウム2016 in Gifu,2016.11
2015年
  1. 田巻弘之,與谷謙吾,荻田太,中川弘毅,桐本光,大西秀明,山本智章,春日規克;高齢期における不動性骨萎縮に対する電気刺激誘発性筋収縮の効果,第2回日本基礎理学療法学会学術集会,2015.11
  2. 早尾啓志,田巻弘之,中川弘毅,與谷謙吾,荻田太,山本智章,大西秀明;伸張性収縮による筋線維膜透過性の増大に対するstreptomycin投与の効果,第2回日本基礎理学療法学会学術集会,2015.11
  3. 松永拓朗,田巻弘之,中川弘毅,早尾啓志,與谷謙吾,荻田太,山本智章,大西秀明;不動初期の電気刺激誘発性筋収縮が脛骨骨幹部の力学的特性に及ぼす影響,第2回日本基礎理学療法学会学術集会,2015.11
  4. 中川弘毅,田巻弘之,早尾啓志,與谷謙吾,荻田太,山本智章,大西秀明;伸張性筋収縮及びstreptomycin投与の脛骨骨量並びに三次元骨梁構造に及ぼす影響,第2回日本基礎理学療法学会学術集会,2015.11
  5. 荻田太,山中大祐,田口信教;抵抗測定装置における固定板間隔の違いが泳速-抵抗関係および最大推進パワーに及ぼす影響,2015年日本水泳・水中運動学会年次大会,2015.10
  6. 荻田太;指導現場と科学をつなぐ,2015年日本水泳・水中運動学会年次大会,2015.10
  7. 中川弘毅,田巻弘之,大西秀明,早尾啓志,與谷謙吾,荻田太,山本智章;低頻度電気刺激誘発性筋収縮は不動初期の筋毛細血管数の減少を防止する,第15回新潟医療福祉学会学術集会,2015.10
  8. 田巻弘之,與谷謙吾,荻田太,早尾啓志,中川弘毅,桐本光,大西秀明,山本智章;筋骨格系の組織細胞における免疫組織化学と蛍光標識の方法,第15回新潟医療福祉学会学術集会,2015.10
  9. 荻田太;指導現場と科学をつなぐ,日本水泳水中運動学会,2015.10
  10. 荻田太;Research facilities and swimming research inNational Institute of Fitness and Sports. University of Taipei. 2015.10
  11. 荻田太,與谷謙吾,齊藤和人,田巻弘之;低圧環境下における短期間運動トレーニングの間欠的反復実施が心血管応答および動脈スティフネスに及ぼす影響,第70回日本体力医学会大会,2015.9
  12. 荻田太;低酸素環境下での水中運動がメタボリックシンドロームの危険因子改善に与える効果,第70回日本体力医学会大会,2015.9
  13. 與谷謙吾,中本浩揮,幸篤武,田巻弘之,荻田太,前阪茂樹,石川昌紀;競技経験、並びに性差における視覚?運動関連時間の検討,第70回日本体力医学会大会,2015.9
  14. 田巻弘之,與谷謙吾,荻田太,中川弘毅,桐本光,大西秀明,春日規克;下肢不動ラットにおける脛骨骨幹部の力学的特徴と筋電気刺激の効果,第70回日本体力医学会大会,2015.9
  15. 荻田太;低酸素環境下での水中運動がメタボリックシンドロームの危険因子改善に与える効果,第70回日本体力医学会大会,2015.9
  16. 荻田太,與谷謙吾,田口信教;簡便な定量法における水泳運動時推進効率の妥当性?従来式直接定量法との比較より-,日本体育学会第66回大会,2015.8
  17. 小野寺昇,林聡太郎,西村一樹,河野寛,山口英峰,片山敬章,荻田太;タンデム自転車エルゴメータを用いた片脚ペダリング運動時の心拍数、酸素摂取量、ペダル踏力の関係,日本体育学会第66回大会,2015.8
  18. 荻田太,與谷謙吾,田巻弘之;低圧低酸素環境下における短期間運動トレーニングの間欠的反復実施が血圧と動脈スティフネスに及ぼす影響,第23回日本運動生理学会大会,2015.7
  19. Ogita,F., K.Yotani, N.Taguchi, H.Tamaki; The relationship between changes in brachial-ankle pulse wave velocity and blood pressure after short-term hypobaric hypoxic training. 20th Annual Congress of the European College of Sport Science. 2015.6
  20. Onodera,S., T.Saito, S.Hayashi, T.Murata, K.Nishimura, A.Yoshioka, K.Katayama, F.Ogita; Cardiorespiratory responses and pedal force during one-legged exercise with a tandem-bicycle ergometer. 20th Annual Congress of the European College of Sport Science. 2015.6
  21. Moriyama,S., S.Kanazawa, Y.Kitagawa, H.Natsui, Y.Shibata, F.Ogita; Effects of hand paddle on intra-abdominal pressure during maximal front crawl swimming. 20th Annual Congress of the European College of Sport Science. 2015.6
  22. Kurobe,K., A.Kousaka, F.Ogita, N.Matsumoto; Comparison of carbohydrate metabolism between land and aquatic exercise following glucose ingestion. Annual meeting of American College of Sports Medicine. 2015.5
2014年
  1. 田巻弘之,中川弘毅,與谷謙吾,荻田 太,菅原和広,桐本 光,大西秀明,山本智章,春日規克: 機械伸展活性化チャネル阻害は電気刺激誘発性筋収縮による不動性骨萎縮防止効果を減弱する,第1回 日本基礎理学療法学会学術集会・日本基礎理学療法学会 第4回学術大会 合同学会,2014.11
  2. 中川弘毅,田巻弘之,荻田 太,山本智章,大西秀明:低頻度電気刺激誘発性筋収縮が不動初期の筋毛細血管の形態に及ぼす効果,第1回 日本基礎理学療法学会学術集会・日本基礎理学療法学会 第4回学術大会 合同学会,2014.11
  3. 拝野紗生子,田巻弘之,中川弘毅,荻田 太,山本智章,大西秀明:不動初期の下肢骨格筋錘内筋線維の形態に及ぼす低頻度電気刺激誘発性筋収縮の影響,第1回 日本基礎理学療法学会学術集会・日本基礎理学療法学会 第4回学術大会 合同学会,2014.11
  4. 村中まいか,鷲野壮平,高山史徳,萬久博敏,與谷謙吾,荻田太:試合期における流水プールでのスプリントトレーニングの実践と効果の検証,第27回日本トレーニング科学会大会,2014.11
  5. Ogita,F: "High-intensity interval training in hypoxia~ which is more beneficial for aerobic or anaerobic metabolism? ~",第18回高所トレーニング国際シンポジウム2014東京,2014.10
  6. Ogita,F:Endurance and specific swimming training, and swimming suits. 2014 International Forum on Sports Science Industry. 2014.9
  7. 荻田太,與谷謙吾,黒部一道,黄忠,柳楽晃,西脇雅人,田巻弘之:低圧低酸素トレーニングによる動脈スティフネスの運動時血圧の変化との関係,第69回日本体力医学会大会,2014.9
  8. 黒部一道,甲阪絢佳,荻田太,松本直幸:様式の異なる有酸素性運動がグルコール摂取後の代謝応答に及ぼす影響,第69回日本体力医学会大会,2014.9
  9. 柳楽晃,與谷謙吾,高山史徳,鷲野壮平,田巻弘之,荻田太:低圧環境下における短期間の運動トレーニングの間欠的反復実施が若齢ラットのインスリン感受性に及ぼす影響,第69回日本体力医学会大会,2014.9
  10. 與谷謙吾,中本浩揮,幸篤武,桐本光,前阪茂樹,荻田太,田巻弘之:運動誘発電位潜時における競技経験、性差、並びに体格の影響討,第69回日本体力医学会大会,2014.9
  11. 田巻弘之,與谷謙吾,荻田太,桐本光,大西秀明,山本智章,春日規克:高齢ラットの廃用性骨量低下を軽減する筋電気刺激の効果,第69回日本体力医学会大会,2014.9
  12. 荻田太,與谷謙吾,田口信教,黒部一道,黄忠,柳楽晃:球技選手の走パフォーマンス向上を目指したスプリント走トレーニングの効果,日本体育学会第65回大会,2014.8
  13. Ogita,F., A.Nagira, K.Yotani,K, N.Taguchi, H.Tamaki: Effects of repetitive short-term hypoxic training on metabolic risk factors. 19th Annual Congress of European College of Sport Science. 2014.7
  14. Onodera, S., K.Katayama, F.Ogita, T.Saito, S.Hayashi, M.Murata, T.Wada, M.Goto, Y.Watanabe, A.Yoshioka, K.Nishimura: Maximal cardiorespiratory responses in exhaustive tandem-bicycle ergometer exercise -comparison of the subjects with the different peak oxygen uptake. 19th Annual Congress of European College of Sport Science. 2014.7
  15. 荻田太:競技力向上を目指した高強度トレーニング,第22回運動生理学会大会,2014.7
  16. 荻田太,與谷謙吾,柳楽晃,黒部一道,黄忠,西脇雅人,田巻弘之:短期間の低圧低酸素トレーニングによる脈波速度と血圧変化との関係,第22回運動生理学会大会,2014.7
  17. 田巻弘之,與谷謙吾,荻田太,春日規克:電気刺激による筋収縮が不動性骨量低下の軽減に及ぼす影響と機械的伸展活性化チャンネルの関与,第22回運動生理学会大会,2014.7
  18. 森山進一郎,黄忠,黒部一道,柳楽晃,高橋英幸,平野裕一,荻田太:ハンドパドルの装着が最大下クロール泳の腹部内圧に及ぼす影響,第22回運動生理学会大会,2014.7
  19. Ogita,F., Z.Huang, K.Kurobe, G.Ozawa, A.Nagira, K.Yotani, N.Taguchi, H.Tamaki:Effects of sprint interval training on metabolic, mechanical characteristics and swimming performance. XIIth International Symposium on Biomechanics and Medicine in Swimming. 2014.4
  20. Onodera,S., A.Yoshioka, S.Hayashi, T.Saito, T.Wada, M.Murata, Y.Tsuchida, Y.Takagi, F.Ogita, H.Hara: Changes in heart rate during headstand in water. XIIth International Symposium on Biomechanics and Medicine in Swimming. 2014.4
  21. Moriyama,S., S.Kanazawa, K.Yamagata, Y.Kitagawa, F.Ogita: Comparison of intra-abdominal pressure between trained and recreational swimmers during maximal front crawl swimming. XIIth International Symposium on Biomechanics and Medicine in Swimming. 2014.4
2013年
  1. 荻田太;海外での研究活動という選択,第26回日本トレーニング科学会大会アフターカンファレンス,2013.11
  2. 荻田太;低酸素環境における高強度トレーニングの効果,第17回高所トレーニング国際シンポジウム2013 in Hida-Ontake, Gifu,2013.10
  3. 田巻弘之,友利幸之介,與谷謙吾,高橋英明,菅原和広,桐本光,大西秀明,荻田太,山本智章,春日規克;除神経後の電気刺激誘発性筋収縮張力が脛骨骨梁構造維持に及ぼす影響,第68回日本体力医学会大会,2013.9
  4. 柳楽晃,與谷謙吾,山中大祐,田巻弘之,荻田太;同一酸素分圧で異なる気圧環境下における運動が若齢ラットのインスリン感受性に及ぼす影響,第68回日本体力医学会大会,2013.9
  5. 荻田太,與谷謙吾,柳楽晃,山中大祐,黒部一道,西脇雅人,田巻弘之;低圧環境下における短期間運動トレーニングの間欠的反復実施が耐糖能、血中脂質、体脂肪に与える影響,第68回日本体力医学会大会,2013.9
  6. 荻田太;競泳競技における高地トレーニング効果,第68回日本体力医学会大会,2013.9
  7. 荻田太,與谷謙吾,田中孝夫,田口信教,柳楽晃,黒部一道,西脇雅人,田巻弘之;低圧環境下における競泳スプリントトレーニングが力学的指標およびストローク指標に及ぼす影響,日本体育学会第64回大会,2013.8
  8. 荻田太,新たな低酸素トレーニング-心血管・代謝性危険因子の予防改善を目指して-,日本体育学会第64回大会,2013.8
  9. 黒部一道,黄忠,柳楽晃,山本正嘉,荻田太;運動時のみの低酸素吸入が運動後代謝に及ぼす影響,日本体育学会第64回大会,2013.8
  10. Onodera, S., K.Katayama, F.Ogita, T.Saito, A.Yoshioka, K.Nishimura, H.Kawano, S.Hayashi, T.Wada, M.Murata, Y.Takagi, K.Furumoto, T.Iida, K.Seki, H.Yamaguchi ; Cardiorespiratory responses in exhaustive tandem-bicycle ergometer exercise. 18th Annual Congress of European College of Sport Science. 2013.7
  11. Ogita,F., K.Kurobe, Z.Huang, A.Nagira, M.Nishiwaki, K.Yotani, T.Tanaka, H.Tamaki ; Effects of exercise type performed under hypobaric hypoxic conditions on blood pressure and vascular adaptations. 18th Annual Congress of European College of Sport Science. 2013.7
  12. Yotani,K., H.Tamaki, H.Nakamoto, A.Yuki, H.Kirimoto, H.Takahashi, K.Kitada, F.Ogita ; Effect of relaxation response time based on different tonic levels. 18th Annual Congress of European College of Sport Science. 2013.7
  13. 荻田太,與谷謙吾,黒部一道,西脇雅人,田巻弘之;低圧低酸素環境下における短期間運動トレーニングの間欠的反復実施が耐糖能に及ぼす影響,第21回日本運動生理学会大会,2013.7
  14. Tamaki,H., K.Tomori, K.YOtani, F.Ogita, H.Takahashi, H.Kirimoto, H.Onishi, N.Yamamoto, N.Kasuga ; Electrical stimulation of denervated rat skeletal muscle slows trabecular bone loss in early stages of disuse atrophy. 2nd Joint Meeting of the International Bone Mineral Society and The Japanese Society for Bone and Mineral Research. 2013.5
2012年
  1. Ogita,F. Effects of hypobaric hypoxic exercise on cardiovascular adaptation. Book of abstracts, International Symposium in NIFS 2012 "Hypoxic Training and Metabolic Syndrome": 22-24, 2012.
  2. Nishiwaki,M., F.Ogita. Effects of low-intensity exercise in acute and chronic mild hypoxia on arterial stiffness. Book of abstracts, International Symposium in NIFS 2012 "Hypoxic Training and Metabolic Syndrome": 19-21, 2012.
  3. Kurobe,K., Z.Huang, A.Nagira, M.Yamamoto, F.Ogita. Influence of resistance training under moderate hypoxia on muscle thickness and strength. Book of abstracts, International Symposium in NIFS 2012 "Hypoxic Training and Metabolic Syndrome": 26-27, 2012.
  4. Kawakami, R., M.Nishiwaki, H.Tamaki, K.Saito, F.Ogita. Effects of exercise training under hypobaric hypoxic conditions on insulin sensitivity in postmenopausal women. Book of abstracts, International Symposium in NIFS 2012 "Hypoxic Training and Metabolic Syndrome": 34-35, 2012.
  5. Nagira,A. Kurobe,K., Z.Huang, E.Fujimoto-Takai, T.Tanaka, F.Ogita. Effects of intermittent hypobaric hypoxic swimming on metabolic risk makers in aged spontaneously diabetic Goto-Kakizaki rats. Book of abstracts, International Symposium in NIFS 2012 "Hypoxic Training and Metabolic Syndrome": 36-39, 2012.
  6. Fujimoto-Takai, E., S.Yonetsu, Nagira,A. Kurobe,K., Z.Huang, H.Takekura, F.Ogita. Effects of hypobaric hypoxic exercise on insulin sensitivity in spontaneously diabetic Torii rats. Book of abstracts, International Symposium in NIFS 2012 "Hypoxic Training and Metabolic Syndrome": 40-41, 2012.
  7. 荻田太.低圧トレーニングがもたらすメタボリックシンドローム改善効果.国際健康気圧協会研究会協会誌:5-8, 2012.
  8. Ogita,F. Effects of hypobaric hypoxic exercise on cardiovascular adaptation. Book of abstracts, International Symposium in NIFS 2012 "Hypoxic Training and Metabolic Syndrome": 22-24, 2012.
2011年
  1. Yotani,K., H.Tamaki, H.Kirimoto, A.Yuki, K.Kitada, F.Ogita, H.Takekura. Effect of reaction time in visual response training. Book of Abstracts, 16th Annual Congress of European College of Sport Science : 77, 2011.
  2. Huang, Z., K.Kurobe, G.Ozawa, A.Nagira, T.Tanaka, T.Taguchi, H.Takekura, F.Ogita. Factors of influencing propelling efficiency in competitive swimming. Book of Abstracts, 16th Annual Congress of European College of Sport Science : 343, 2011.
  3. Kurobe,K., Z.Huang, A.Nagira, M.Yamamoto, H.Takekura, F.Ogita. Effects of timing for hypoxic exposure on growth hormone response after resistance exercise. Book of Abstracts, 16th Annual Congress of European College of Sport Science : 545, 2011.
  4. Ogita,F., K.Kurobe, Z.Huang, G.Ozawa, A.Nagira, M.Nishiwaki, T.Tanaka, H.Tamaki, H.Takekura. Effects of intermittent hypobaric hypoxic exercise of 5 days on blood pressure and vascular adaptations. Book of Abstracts, 16th Annual Congress of European College of Sport Science : 546, 2011.
  5. 荻田太,柳楽晃,西脇雅人,田口信教,田中孝夫,與谷謙吾,田巻弘之.低圧環境下における競泳スプリントトレーニングがエネルギー供給能力および最大推進パワーに与える効果.日本体育学会第62回大会予稿集:126, 2011.
  6. 與谷謙吾,田巻弘之,幸篤武,北田耕司,荻田太.反応トレーニングに伴う視覚ー運動関連時間の変化が上肢筋電図反応時間に与える影響.日本体育学会第62回大会予稿集:132, 2011.
  7. 荻田太.Evidence-Based Know Howの構築を目指して~鹿屋体育大学水泳部における実践例の紹介~.第24回日本トレーニング科学会大会プログラム・抄録集:12, 2011.
  8. 荻田太.競技力向上を目指した高強度トレーニング ーエアロビックからアネロビックまでー.日本女子体育大学附属基礎体力研究所加賀谷淳子メモリアルフォーラム(第22回公開研究フォーラム):5, 2011.
  9. 黒部一道,黄忠,柳楽晃,芝野広一,西脇雅人,金久博昭,山本正嘉,荻田太.レジスタンストレーニング運動後の低酸素曝露がホルモン応答に及ぼす影響.体力科学60:746, 2011.
  10. 森山進一郎,黄忠,黒部一道,柳楽晃,荻田太,田中孝夫,高橋英幸,平野裕一.クロール泳における異なる流速による腹腔内圧の変動特性.体力科学60:835, 2011.
  11. 與谷謙吾,田巻弘之,幸篤武,桐本光,北田耕司,荻田太.光刺激に対するスポーツ競技者及び非競技者の反応時間分析.体力科学60:835, 2011.
  12. 後藤一成,黒部一道,黄忠,森嶋琢真,荻田太.低圧環境下における耐糖能および食欲調節ホルモンの分泌動態の特性黒部一道.体力科学60:748, 2011.
  13. 荻田太,黒部一道,黄忠,柳楽晃,森寿仁,與谷謙吾,田巻弘之.低圧環境下での運動トレーニングにともなう心血管応答および動脈スティフネスの経時的変化.体力科学60:747, 2011.
  14. OgitaF., K.Yotani, K.Kurobe, M.Nishiwaki, H.Tamaki. Time course of blood pressure and arterial stiffness to intermittent hypobaric hypoxic exercise training. Adv.Exerc.Sports Physiol.17: 46, 2011.
  15. Tamaki,H., H.Kirimoto, A.Yuki, K.Yotani, F.Ogita. Effects of voluntary wheel running on trabecularbone architecture in old rats. Adv.Exerc.Sports Physiol.17: 73, 2011.
  16. Onodera,S., A.Yoshioka, H.Yamaguti, K.Seki, K.Nishimura, K.Katayama, F.Ogita. Suitability of modified tandem-bicycle ergometer. Adv.Exerc.Sports Physiol.17: 79, 2011.
  17. 荻田太.Evidence-Based Know Howの構築を目指して~鹿屋体育大学水泳部における実践例の紹介~.第24回日本トレーニング科学会大会プログラム・抄録集:12, 2011.
  18. 荻田太.競技力向上を目指した高強度トレーニング -エアロビックからアネロビックまで-.日本女子体育大学附属基礎体力研究所加賀谷淳子メモリアルフォーラム(第22回公開研究フォーラム):5, 2011.
2010年
  1. Ogita, F., Z,Huang, K.Kurobe, G.Ozawa, N.Taguchi, T.Tanaka. Effects of swimwear developed in 2008 on drag during front crawl swimming. XIth Interntional Symposium for Biomechanics and Medicine in Swimming, 2010.6.19. The Norwegian School of Sport Science (Oslo, Norway)
  2. Huang, Z., K.Kurobe, M.Nishiwaki, G.Ozawa, T.Tanaka, N.Taguchi, F.Ogita. Relationship between propelling efficiency and swimming performance in elite swimmers. XIth Interntional Symposium for Biomechanics and Medicine in Swimming, 2010.6.18. The Norwegian School of Sport Science 
  3. Wakayoshi, K., T.Shiraki, F.Ogita, M.Kitajima. Determination and validity of critical velocity in front crawl, arm stroke and leg kick as an index of endurance performance in the competitive swimmer. XIth Interntional Symposium for Biomechanics and Medicine in Swimming, 2010.6.18. The Norwegian School of Sport Science 
  4. Ogita,F., K.Kurobe, Z.huang, G.Ozawa, M.Nishiwaki, H.Tamaki, T.Tanaka. Effects of intermittent hypobaric hypoxic exercise of 5 days on metabolic risk markers in healthy men. 15th Annual Congress of European College of Sport Science. 2010.6.25. Adam & Eve Hotel (Antalya, Turkey)
  5. Kurobe,K.,, Z.Huang, G.Ozawa., H.Tamaki, F.Ogita. Effects of resistance training in hypoxic condition on muscle hypertrophy and muscle strength. 15th Annual Congress of European College of Sport Science, 2010.6.25. Adam & Eve Hotel (Antalya, Turkey)
  6. Yotani,K., H.Tamaki, A.Yuki, H.Kirimoto, K.Kitada, F.Ogita, H.Takekura. Identification of visual-motor related time and the effect of response-training using transcranial magnetic stimulation. 15th Annual Congress of European College of Sport Science, 2010.6.25. Adam & Eve Hotel (Antalya, Turkey)
  7. 荻田太.「競泳スポーツバイオメカニクス最前線」力学的指標から見た競泳パフォーマンスの評価.第59回九州体育・スポーツ学会.2010.8.29. 鹿児島女子短期大学(鹿児島県)
  8. 荻田太,田中孝夫,田口信教,小澤源太郎.競泳スプリントトレーニングが最大推進パワーおよびストローク指標に及ぼす影響.日本体育学会第61回大会. 2010.9.9. 中京大学(愛知県)
  9. 荻田太,小澤源太郎,黄忠,黒部一道,柳楽晃,田中孝夫,田口信教.スプリントトレーニングにおけるパフォーマンス向上の要因解析.日本水泳・水中運動学会2010年次大会.2010.11.20. 新潟医療福祉大学,NSG 学生総合プラザSTEP(新潟県)
  10. 西脇雅人,黒部一道,黄忠,齋藤和人,田巻弘之,山本正嘉,荻田太.低酸素環境下における一過性の片脚運動が運動脚と対照脚の動脈スティフネスに与える影響.第65回日本体力医学会大会. 2010.9.16.千葉商科大学(千葉県)
  11. 與谷謙吾,田巻弘之,幸篤武,北田耕司,桐本光,荻田太,竹倉宏明.反応トレーニングに対する視覚−運動関連時間並びに単純反応時間への効果.第65回日本体力医学会大会. 2010.9.16.千葉商科大学(千葉県)
  12. 黒部一道,黄忠,西脇雅人,田巻弘之,荻田太.低酸素環境下におけるレジスタンストレーニングがトレーニング期間中のホルモン応答に及ぼす影響.第65回日本体力医学会大会. 2010.9.17.千葉商科大学(千葉県)
  13. 田巻弘之,幸篤武,與谷謙吾,桐本光,菅原和弘,地神裕史,椿淳裕,大山峰生,大西秀明,北田耕司,荻田太,春日規克,竹倉宏明. パルス磁気刺激時の骨内磁場強度分布とラット下肢骨への反復刺激の影響.第65回日本体力医学会大会. 2010.9.17.千葉商科大学(千葉県)
  14. 矢野琢也,前田明,荻田太,濱岡隆文.40分間の中等度強度での水中歩行運動時における水分摂取と尿生成について.第65回日本体力医学会大会, 2010.9.18.千葉商科大学(千葉県)
  15. 荻田太,黒部一道,黄忠,西脇雅人,與谷謙吾,田巻弘之.異なる低圧環境下における短期間のトレーニングが血圧および動脈スティフネスに与える影響.第65回日本体力医学会大会, 2010.9.18.千葉商科大学(千葉県)
  16. 西脇雅人,黒部一道,黄忠,小澤源太郎,柳楽晃,荻田太.一過性の低酸素環境下での自転車運動が動脈スティフネスに及ぼす影響. 第18回日本運動生理学会大会.2010.7.31.鹿児島大学(鹿児島県)
  17. 黒部一道,黄忠,小澤源太郎,柳楽晃,西脇雅人,荻田太.低酸素環境下における筋力トレーニングが頸動脈スティフネスに及ぼす影響. 第18回日本運動生理学会大会.2010.8.1.鹿児島大学(鹿児島県)
  18. 荻田太,黒部一道,黄忠,小澤源太郎,柳楽晃,西脇雅人,田巻弘之.低圧環境下における短期間のトレーニングが心血管応答に与える影響. 第18回日本運動生理学会大会.2010.8.1.鹿児島大学(鹿児島県)
  19. 田巻弘之,桐本光,菅原和弘,地神裕史,椿淳裕,大西秀明,與谷謙吾,幸篤武,荻田太.経頭蓋磁気刺激装置を用いた単一パルス刺激時の骨内磁場強度の分布. 第18回日本運動生理学会大会.20108.1.鹿児島大学(鹿児島県)
  20. magai, K., K.Kurobe, H.Zhong, Y.Sato, F.Ogita, T.Abe. Time course of metabolic and cardiovascular responses to 40% of VO2max-intensity cycle exercise with leg blood flow reduction. 11th International Sport Sciences Congress. 2010.11.10.WOW Kremlin Palace(Antalya, Turkey)(学会賞)
  21. 昇,白優覧,藤原有子,片山敬章,荻田太,吉岡哲,河野寛,西村一樹,山口英峰,関和俊,高橋康輝,松枝千尋,飯田智行,荒金圭太,斎藤辰哉,野瀬由佳,高木祐介,松本希,金原皓全,古本佳代.二人乗り自転車エルゴメータ運動時の心拍数と酸素摂取量変化.第66回日本体力医学会中国・四国地方会.2010.11.20. 徳島大学(徳島県)
  22. 黒部一道,小澤源太郎,柳楽晃,西脇雅人,田中孝夫,荻田太.水泳運動における推進効率とエネルギー消費量,ストローク指標,推進面積との関連性.第23回日本トレーニング科学会大会.2010.12.18. 福岡大学(福岡県)(学会賞)
  23. 黒部一道,黄忠,小澤源太郎,西脇雅人,田中孝夫,荻田太.強度一定,強度漸減,強度漸増プロトコールにおける間欠的運動時の代謝特性.第23回日本トレーニング科学会大会.2010.12.18.福岡大学(福岡県)
  24. 一郎,甲斐裕子,荻田太,高橋英幸,平野裕一.4週間のコアトレーニングがスイマーの姿勢およびパフォーマンスに及ぼす影響.第23回日本トレーニング科学会大会.2010.12.18. 福岡大学(福岡県)(学会賞)
2009年
  1. Kurobe,K.,, Z.Huang, G.Ozawa., H.Tamaki, F.Ogita.: IGF-I and hormonal responses to arm curl exercise under different hypoxic conditions.14th Annual Congress of European College of Sport Science, 2009年6月
  2. Yotani,K., H.Tamaki, I.Sakashita, A.Yuki, H.Kirimoto, K.Kitada, F.Ogita, H.Takekura.: Reaction time analysis for Kendo strikes in response to light signals using electromyography and a transcranial magnetic stimulator. 14th Annual Congress of European College of Sport Science,2009年6月
  3. Ogita,F., M.Nishiwaki, R.Kawakami, H.Tamaki, T.Tanaka, H.Hamaoka. : Effects of intermittent hypobaric hypoxic exercise on cardiovascular responses during moderate exercise in post menopausal women. 14th Annual Congress of European College of Sport Science,2009年6月
  4. 西脇雅人,荻田太.: 低圧低酸素環境下での水中運動が閉経後女性の動脈スティフネスおよび反応性充血時の血管系に与える影響.第17回日本運動生理学会大会,2009年7月
  5. 荻田太,西脇雅人.: 低圧低酸素環境下における短期間のトレーニングが糖処理能、血中脂質、体脂肪に与える影響.第17回日本運動生理学会大会,2009年7月
  6. Onodera,S.,T.Shiromoto, H.Shiromoto, K.Nishimura, K.Seki, A.Yoshioka, T.Takahara, F.Ogita. : Rrelationship between blood presure and atomospheric pressure in the Japanese elderly.the XXXVI International Congress of Physiological Sciences (IUPS2009) Function of Life,2009年7月
  7. Ogita,F. : Effects of high-intenisty training under hypobaric hypoxic conditions o metabolic capacity and exercise performance. 2009 China Duoba International Forum on Altitude Training and Health,2009年8月
  8. 荻田太,田中孝夫,田口信教.: 低圧環境下における持続的・間欠的スプリント運動時の代謝特性.日本体育学会第59回大会,2009年8月
  9. 西脇雅人,荻田太.: 低圧トレーニングが内臓脂肪、血中アディポネクチン濃度および動脈スティフネスに与える影響.九州体育・スポーツ学会第58回大会,2009年9月
  10. 田巻弘之,與谷謙吾,河原一仁,行方功史,坂下一平,北田耕司,桐本光,荻田太,竹倉宏明.: 疲労誘発性生理的振戦に伴う下腿三頭筋群化放電及びその前後の血圧並びに心拍数の変動.第64回日本体力医学会大会,2009年9月
  11. 西脇雅人,黒部一道,齋藤和人,田巻弘之,福岡義之,荻田太.: 運動トレーニングに伴う動脈スティフネス低下が最大下運動時の血圧応答に与える影響.第64回日本体力医学会大会,2009年9月
  12. 與谷謙吾,坂下一平,行方功史,河原一仁,幸篤武,北田耕司,桐本光,田巻弘之,荻田太,竹倉宏明.: 経頭蓋磁気刺激を用いた視覚-運動関連時間の同定と反応トレーニングの効果.第64回日本体力医学会大会,2009年9月
  13. 坂下一平,與谷謙吾,河原一仁,行方功史,幸篤武,北田耕司,桐本光,田巻弘之,荻田太,竹倉宏明.: 下腿三頭筋の予備緊張が足関節底屈反応動作における時間的要素に及ぼす影響.第64回日本体力医学会大会,2009年9月
  14. 行方功史,與谷謙吾,河原一仁,坂下一平,田巻弘之,荻田太,竹倉宏明.: ボール位置の差異によるトーキック時の下肢筋放電活動及び動作時間の検討.第64回日本体力医学会大会,2009年9月
  15. 河原一仁,與谷謙吾,坂下一平,行方功史,幸篤武,北田耕司,桐本光,田巻弘之,荻田太,竹倉宏明.: 下腿三頭筋における電気機械的遅延と足関節底屈動作の時間分析.第64回日本体力医学会大会,2009年9月
  16. 荻田太,黒部一道,西脇雅人,田巻弘之,浜岡隆文.: 異なる低圧環境下における短期間のトレーニングが糖処理能,血中脂質,体脂肪に与える影響.第64回日本体力医学会大会,2009年9月
  17. 片山敬章,後藤一成,石田浩司,荻田太.: 準高所環境での有酸素運動がエネルギー代謝に及ぼす影響.第64回日本体力医学会大会,2009年9月
  18. 黄忠,田中孝夫,田口信教,荻田太.: 女子一流選手競泳選手における推進効率と各泳距離のパフォーマンスとの関係.日本水泳・水中運動学会2009年次大会,2009年11月
  19. 荻田太,黄忠,田中孝夫,田口信教.: 新型競泳用水着が水泳運動中の抵抗指標に及ぼす影響.日本水泳・水中運動学会2009年次大会,2009年11月
  20. 小澤源太郎,西脇雅人,黄忠,黒部一道,田中孝夫,田口信教,荻田太.: 低圧環境下における競泳スプリントトレーニングの効果.第22回日本トレーニング科学会大会,2009年12月
  21. 黒部一道,黄忠,小澤源太郎,西脇雅人,荻田太.: 低酸素環境下におけるレジスタンストレーニングが血圧およびカテコールアミンに与える影響.第22回日本トレーニング科学会大会,2009年12月
2008年
  1. Nagashima, M., K.Saito, F.Ogita;Effects of maximal exercise on oxidative stress and the blood filtration time in athletes.50th ICHPER/SD Anniversary World Congress 2008, 2008.
  2. Yotani, K., H.Tamaki, F.Ogita, H.Takekura, H.kirimoto, K.Kitada, A.Yuki;EMG reaction time and muscle activity patterns in the upper limbs for Kendo strikes.13th Annual Congress of European College of Sport Science, 2008.
  3. Yano, T., A.Maeda, Ogita, F., T.Hamaoka.The effects of cafeine and water intake on body fluid loss through urine production and sweat loss during 200-m underwater walking.13th Annual Congress of European College of Sport Scienc, 2008.
  4. Ogita, F., M.Nishiwaki, R.Kawakami, H.Tamaki, T.tanaka, K.Saito;Effects of exercise training at different hypobaric hypoxic conditions on cardiovascular adaptations.13th Annual Congress of European College of Sport Science, 2008.
  5. Ogita, F., H.Tamaki, M.Nishiwaki, R.Kawakami;Effects of aquatic exercise under a hypobaric hypoxic condition on cardiovascular functions in postmenopausal women.第16回運動生理学会大会, 2008.
  6. 矢野琢也, 前田明, 荻田太, 濱岡隆文;水中運動時におけるグリセリン含の水分摂取が身体に与える影響.日本体育学会第59回大会, 2008.
  7. 荻田太, 田中孝夫, 田口信教;競泳スプリントトレーニングが水泳運動中のエネルギー供給能力に及ぼす影響.日本体育学会第59回大会, 2008.
  8. 矢野琢也, 荻田太, 前田明, 濱岡隆文;水中運動時におけるグリセリン摂取の影響.第63回日本体力医学会大会, 2008.
  9. 坂下一平, 橋本ちさと, 與谷謙吾, 荻田太, 竹倉宏明, 田巻弘之, 桐本光, 北田耕;野球の打撃動作における上肢筋の筋放電活動調節様式.第63回日本体力医学会大会, 2008.
  10. 田巻弘之, 與谷謙吾, 坂下一平, 橋本ちさと, 荻田太, 竹倉宏明, 北田耕司, 桐本光;疲労誘発性生理的振戦に伴う下腿三頭筋群化放電及びその前後のコヒーレンス変化.第63回日本体力医学会大会, 2008.
  11. 橋本ちさと, 與谷謙吾, 坂下一平, 幸篤武, 荻田太, 竹倉宏明, 田巻弘之, 北田耕司, 桐本光;生活習慣病自然発症ラットにおける骨組織構造の解析.第63回日本体力医学会大会, 2008.
  12. 西脇雅人, 川上諒子, 黒部一道, 齊藤和人, 福岡義之, 田巻弘之, 荻田太;閉経後女性における動脈スティフネスと運動時の血圧応答の関係.第63回日本体力医学会大会, 2008.
  13. 荻田太, 西脇雅人, 川上諒子, 黒部一道, 田巻弘之, 齊藤和人;低圧環境下でのトレーニングが閉経後女性における反応性充血時の血管径および心血管応答に与える影響.第63回日本体力医学会大会, 2008.
  14. 恒吉玲代, 永山寛, 涌井佐和子, 濱岡隆文, 齊藤和人, 前田明, 図子浩二, 井上尚武, 荻田太, 吉武裕;高齢者における体力の加齢変化と日常の身体活動の変化との関係ー横断的研究からー.第63回日本体力医学会大会, 2008.
  15. 與谷謙吾, 坂下一平, 橋本ちさと, 幸篤武, 荻田太, 竹倉宏明, 田巻弘之, 桐本光, 北田耕司;筋電図反応時間及びMEP潜時を用いた剣道打突動作の検討.第63回日本体力医学会大会, 2008.
  16. 荻田太;低圧環境とアクアフィットネス.(シンポジスト) 第63回日本体力医学会大会, 2008.
  17. Ogita, F., M.Nishiwaki, R.Kawakami, H.Tamaki, K.Saito;Effects of intermittent hypobaric hypoxic exercise on circulatory responses during moderate exercise and vasodilative function.11th Asian Federation of Sports Medicine in Tehran, 2008 .
  18. Ogita, F.;High-altitude training for athletes and exercise therapy.(シンポジスト) , 11th Asian Federation of Sports Medicine in Theran, 2008 .
  19. Ogita, F.;Effects of hypobaric hypoxic training on the adaptation for cardiovasculr function.(シンポジスト) , The 12th International Symposium on Altitude Training 2008 Tokyo, 2008.
  20. 荻田太, 黄忠, 田中孝夫, 田口信教;女子自由形一流選手における力学的特性.日本水泳・水中運動学会2008年次大会, 2008.
  21. 黄忠, 田中孝夫, 荻田太;一流選手競泳選手における推進効率の定量化.日本水泳・水中運動学会2008年次大会, 2008.
  22. 黒部一道, 黄忠, 西脇雅人, 荻田太;低酸素環境下における局所筋運動がホルモンと成長因子に及ぼす影響.第21回日本トレーニング科学会大会, 2008.
  23. 西脇雅人, 黄忠, 黒部一道, 荻田太;異なる低圧低酸素環境下での水中運動が糖処理能力に及ぼす影響.第21回日本トレーニング科学会大会, 2008.
2007年
  1. 荻田太, 田巻弘之, 川上諒子, 西脇雅人, 小田啓之, 青木範一;低圧環境下における短期間の運動がメタボリックシンドローム予防・改善に与える効果 -糖・脂質代謝に着目して-, 第19回日本トレーニング科学会大会, 2007
  2. Ogita, F., T.Tanaka, N.Taguchi.;A contribution of sports science for improving sports performance -Top Athlete Support System in Kanoya-.(シンポジスト) , 2007 KNSU International Sports Science Symposium, 2007
  3. 荻田太;激運動時の呼吸循環応答.(特別講演) , 第58回トレーニングカンファレンス, 2007
  4. Tamaki, H., K.Yotani, F.Ogita, H.Takekura.;Alterations of trabecular bone architecture and muscle atrophy after sciatic neurectomy in rat proximal tibiae., 12th Annual Congress of European College of Sport Science, 2007
  5. Ogita, F., M.Nishiwaki, R.Kawakami, H.Oda, N.Aoki, H.Tamaki, Ta.Tanaka, N.Taguchi, K.Saito.;Effects of intermittent hypobaric hypoxic exerciseon cardiovascular functions during exercise.12th Annual Congress of European College of Sport Science, 2007
  6. Onodera, S., K.Nishimura, K.Ono, K.Seki, Y.Ishida, T.Takahara, M.Kremenik, K.Takahashi, H.Hara, F.Ogita, H.M.Toussaint.; Increases in Venous Return during the prone position in water.12th Annual Congress of European College of Sport Science, 2007
  7. Ogita, F., M.Nishiwaki, R.Kawakami, H.Oda.;Effects of aquatic exercise under different levels of hypobaric hypoxic condition on cardiovascular functions, 日本運動生理学会, 200
  8. Onodera, S., K.Nishimura, S.Yoshioka, F.Ogita, H.Hara.;Increases in venous return during the prone position in water, 第15回日本運動生理学会大会, 2007
  9. 西脇雅人, 川上諒子, 松本達, 青木範一, 小田啓之, 黒部一道, 田巻弘之, 齊藤和人, 荻田太;低圧トレーニングが中高年者の反応性充血時の血管系及び心血管応答に与える影響, 第62回日本体力医学会大会, 2007
  10. 松本達, 小田啓之, 西脇雅人, 黒部一道, 青木範一, 川上諒子, 田巻弘之, 荻田太;負荷と収縮頻度の組み合わせが最高血流量の発現条件に及ぼす影響, 第62回日本体力医学会大会, 2007
  11. 恒吉玲代, 涌井佐和子, 永山寛, 前田明, 井上尚武, 荻田太, 濱岡隆文, 吉武裕;加齢に伴う体力および身体活動量の変化, 第62回日本体力医学会大会, 2007
  12. 田巻弘之, 與谷謙吾, 荻田太, 竹倉宏明, 北田耕司, 桐本光, 幸篤武;坐骨神経凍結麻痺法を用いた一過性の下肢不活動によるラット脛骨骨梁の構造的可塑性, 第62回日本体力医学会大会, 2007
  13. 川上諒子, 西脇雅人, 松本達, 小田啓之, 青木範一, 黒部一道, 田巻弘之, 齊藤和人, 荻田太;低圧トレーニングが閉経後女性の生活習慣病危険因子に与える影響, 第62回日本体力医学会大会, 2007
  14. 與谷謙吾, 田巻弘之, 荻田太, 竹倉宏明, 桐本光, 北田耕司;剣道の引き技動作における反応時間と上肢筋活動パターン, 第62回日本体力医学会大会, 2007
  15. 荻田太, 西脇雅人, 川上諒子, 小田啓之, 青木範一, 松本達, 黒部一道, 田巻弘之, 齊藤和人;異なる低圧環境下における運動トレーニングが反応性充血時の血管系および心血管応答に与える影響, 第62回日本体力医学会大会, 2007
  16. 荻田太;低圧・低酸素環境下での運動と酸素ダイナミクス, 第12回酸素ダイナミクス研究会, 2007
  17. 中村夏実, 藤原昌, 山本正嘉, 荻田太, 前田明;速時計を用いた水上ローイングにおける身体運動量定量化の試み, 第62回日本体力医学会大会, 2007
  18. 矢野琢也, 荻田太, 前田明, 濱岡隆文;水中運動時における水分摂取並びにカフェイン摂取の影響について, 日本体育学会第58回大会, 2007
  19. 中村夏実, 藤原昌, 山本正嘉, 荻田太, 前田明;負荷漸増ローイングエルゴメータ漕における身体運動量と生理学的パラメータとの関係, 日本体育学会第58回大会, 2007
  20. 西脇雅人, 小田啓之, 田巻弘之, 田中孝夫, 田口信教, 荻田太;低圧環境下における水中運動が中年者の心血管応答に及ぼす影響, 日本体育学会第58回大会, 2007
  21. 荻田太, 田巻弘之, 田中孝夫, 田口信教, 小田啓之, 西脇雅人;女子エリート競泳選手の競泳成績と代謝的・力学的指標との関係, 日本体育学会第58回大会, 2007
  22. 荻田太;低圧環境における高強度運動とそのトレーニング効果.(シンポジスト) , 日本体育学会第58回大会, 2007
  23. 小野寺昇, 西村一樹, 小野くみ子, 関和俊, 吉岡哲, 石田恭生, 高原皓全, 飯田智行, 西村正広, 山口英峰, 高橋康輝, 松井健, 荻田太, 原英喜;水の物理的特性と水中運動に関する最新知見(特別講演) , 第62回日本体力医学会大会, 2007
  24. Onodera, S., K.Nishimura, K.Ono, K.Seki, A.Yoshioka, Y.Ishida, T.Takahara, M.Kremenik, K.Takahashi, H.Hara, F.Ogita; Effects of stroke volume during supine position in water.10th Asian Federation of Sports Medicine in Pattaya, 2007
  25. Ogita, F.;Effects of high-altitude training on energy metabolism and its physiological mechanism.(シンポジスト) , The 11th International Symposium on Altitude Training 2007 in Gero-Ontake, 2007
  26. 黒部一道, 黄忠, 西脇雅人, 荻田太;高負荷低頻度および低負荷高頻度自転車トレーニングが短時間高強度運動パフォーマンスに及ぼす影響, 第20回日本トレーニング科学会大会, 2007
  27. 黄忠, 西脇雅人, 黒部一道, 田中孝夫, 荻田太;女子エリート競泳選手における代謝的・力学的指標の変化と泳成績との関連, 第20回日本トレーニング科学会大会, 2007
  28. 荻田太;呼吸循環系とトレーニング効果(特別講演) , 第20回日本トレーニング科学会大会, 2007
  29. 西脇雅人, 黒部一道, 黄忠, 荻田太;低圧低酸素環境下でのトレーニング及び脱トレーニングが中年者の心血管応答に与える影響, 第20回日本トレーニング科学会大会, 2007
2006年
  1. 荻田太, 西脇雅人, 川上諒子, 小田啓之;低圧環境下での水中運動が心血管応答に与える効果, 日本体育学会第57回大会, 2006
  2. 矢野琢也, 岡田昌義, 前田明, 荻田太, 濱岡隆文;水中運動時における水分摂取が、尿生成に与える影響について, 第61回日本体力医学会大会, 2006
  3. 荻田太, 我妻玲, 田巻弘之, 小田啓之, 青木範一, 西脇雅人, 川上諒子;ウォーミングアップが短時間高強度運動時の代謝・循環応答および運動成績に及ぼす影響, 第14回日本運動生理学会大会, 2006
  4. Tamaki H., K.Yotani, F.Ogita, H.Takekura;Plasticity of trabecular bone architecture following denervation and subsequent reinnervation in rat proximal tibiale, 11th Annual Congress of European College of Sport Science, 2006
  5. 小野寺昇, 西村一樹, 高橋康輝, 荻田太, 原英喜;水中ハンドエルゴメーター運動における推移の違いが腹部大静脈横断面積に及ぼす影響, 日本体育学会第57回大会, 2006
  6. 矢野琢也, 濱岡隆文, 荻田太, 前田明;水中運動時の水分摂取が尿生成に及ぼす影響について, 日本体育学会第57回大会, 2006
  7. 輿谷謙吾, 荻田太, 田巻弘之, 竹倉宏明, 桐本光;剣道の引き動作における上肢の筋放電活動の特徴, 第61回日本体力医学会大会, 2006
  8. 田巻弘之, 輿谷謙吾, 荻田太, 竹倉宏明, 北田耕司, 桐本光;筋内埋入微小ワイヤー電極の力学的組織学的検討, 第61回日本体力医学会大会, 2006
  9. 恒吉玲代, 涌井佐和子, 永山寛, 前田明, 井上尚武, 荻田太, 濱岡隆文, 吉武裕;地域在住高齢者における「閉じこもり」と体力および日常の身体活動量, 第61回日本体力医学会大会, 2006
  10. 我妻玲, 田巻弘之, 荻田太;除神経に伴う血管新生関連因子の発現変化, 第61回日本体力医学会大会, 2006
  11. 荻田太, 田巻弘之, 我妻玲, 青木範一, 小田啓之, 西脇雅人, 川上諒子;高強度間欠的運動時の心拍出量, 第61回日本体力医学会大会, 2006
  12. Ogita F., H.Oda, N.Aoki, M.Nishiwaki, R.Kawakami, H.Tamaki;Effects of high-intensity intermittent training on metabolic and circulatory responses during 30s-lasting exhaustive exercise, 9th Asian Fedderation of Sports Medicine, 2006
  13. Ogita F.;Altitude trainig -New Insight-, 9th Asian Fedderation of Sports Medicine, 2006
  14. 北島正樹, 若吉浩二, 高橋篤史, 高橋繁浩, 野村照夫, 荻田太;インターバルトレーニングにおけるCritical Combinationの決定及び運動処方モデルへの応用, 2006年日本水泳・水中運動学会年次大会, 2006
  15. 川上諒子, 西脇雅人, 小田啓之, 青木範一, 我妻玲, 田巻弘之, 荻田太;異なる低圧低酸素環境下における水中運動が糖処理能及び血中脂質に及ぼす影響, 第61回日本体力医学会大会, 2006
  16. Ogita F., M.Nishiwaki, R.Kawakami, A.Wagatsuma, H.Tamaki, T.Tanaka, K.Saito;Effects of training frequency under a hypobaric hypoxia on cardiovascular functions, 11th Annual Congress of European College of Sport Science, 2006
  17. 青木範一, 小田啓之, 川上諒子, 西脇雅人, 我妻玲, 田巻弘之, 荻田太;高強度運動トレーニングが間欠的運動パフォーマンス及び代謝循環応答に及ぼす影響, 第61回日本体力医学会大会, 2006
  18. 小田啓之, 青木範一, 川上諒子, 西脇雅人, 田巻弘之, 我妻玲, 荻田太;高強度運動トレーニングが持続的運動時の運動パフォーマンス及び代謝循環応答に及ぼす影響, 第61回日本体力医学会大会, 2006
  19. 西脇雅人, 川上諒子, 小田啓之, 青木範一, 我妻玲, 田巻弘之, 荻田太;異なる低圧低酸素環境下における水中運動が心血管応答に及ぼす影響, 第61回日本体力医学会大会, 2006
  20. Ogita F.;Energetics in competitive swimming and application for training, Biomechanics and Medicine in Swimming, 2006
  21. Onodera S., K.Nishimura, K.Ono, K.Seki, D.Nishioka, T.Okamoto, E.Oyanagi, N.Senoh, H.Kawao, F.Ogita, H.Toussaint;
    Changes in cross sectional area of inferior vena cava during arm cranking exercises in water, Biomechanics and Medicine in Swimming, 2006
  22. Ogita F., T.Tanaka, H.Tamaki, A.Wagatsuma, T.Hamaoka, H.M.Toussaint;Metabolic and mechanical characteristics of olympic female gold medalist, Biomechanics and Medicine in Swimming, 2006
  23. Wakayoshi K., C.Takano, F.Ogita;Determination and application of interval swim critical velocity and critical rest time in the 50m interval swim training, Biomechanics and Medicine in Swimming, 2006
2005年
  1. Onodera S., H.Kawano, K.Nishimura, K.Ono, N.Seno, T.Kawaoka, K.Seki, T.Okamoto, D.Nishioka, F.Ogita, M. Miyachi, H. Hara, H.Toussaint; Changes in the cross sectional area of inferior vena cava during standing in water., 10th Annual Congress of European College of Sport Science (Book of Abstracts:235、2005) , 2005
  2. Ogita F., A.Wagatsuma, H.Tamaki;Effects of a sprint-training under a hypobaric hypoxic condition on high-intensity exercise performance., 第13回日本運動生理学会大会, 2005
  3. Ogita F., N.Kotake, A.Wagatsuma, H.Tamaki;Effects of the intensity of aquatic exercise under a hypobaric hypoxic condition on cardiovascular functions., 10th Annual Congress of European College of Sport Science (Book of Abstracts:235、2005) , 2005
  4. Tamaki H., F.Ogita, H.Takekura, K.Saito;Functional significance of enhanced physiological tremor during prolonged static muscle contractions., 10th Annual Congress of European College of Sport Science (Book of Abstracts:235、2005) , 2005
  5. 田巻弘之, 我妻玲, 荻田太, 竹倉宏明;坐骨神経切除及び凍結麻痺により不活動したラット脛骨の骨梁構造変化, 第60回日本体力医学会大会, 2005
  6. 荻田太, 我妻玲, 田巻弘之, 浜岡隆文, 齋藤和人;低圧環境下における運動トレーニングの頻度が運動時の心血管応答に及ぼす影響, 第60回日本体力医学会大会, 2005
  7. 我妻玲, 田巻弘之, 荻田太;加齢に伴うVEGFとKDR/Flk-1の発現変化, 第60回日本体力医学会大会, 2005
  8. 輿谷謙吾, 今泉英徳, 我妻玲, 前阪茂樹, 荻田太, 田巻弘之, 桐本光, 北田耕司;剣道の引き面及び引き小手動作における上肢の筋活動様式, 第60回日本体力医学会大会, 2005
  9. 今泉英徳, 輿谷謙吾, 我妻玲, 前阪茂樹, 荻田太, 田巻弘之, 桐本光, 北田耕司;光刺激に対する剣道の引き技動作の反応時間及び打突動作時間の分析, 第60回日本体力医学会大会, 2005
  10. Futoshi OGITA;Current system for medical and scientific care for top athlete in Japan, 4th European Sports Medicine Congress, 2005
  11. 荻田太, 我妻玲, 田巻弘之;高強度間欠的運動トレーニングが30秒程度で疲労困憊に至る運動中の代謝・循環応答に及ぼす影響, 第56回日本体育学会大会, 2005
  12. 荻田太, 田巻弘之, 浜岡隆文, 田中孝夫;オリンピック金メダル女子競泳選手の力学的および代謝的特性-インカレ優勝チーム選手との比較より-(学会賞受賞) , 第18回日本トレーニング科学会, 2005
  13. 荻田太, 田巻弘之, 我妻玲, 田中孝夫;大学一流選手における競泳パフォーマンスと代謝的・力学的要因との関係, 2005年日本水泳・水中運動学会年次大会, 2005
2004年
  1. 桐本光, 河野眞, 小竹直樹, 我妻玲, 荻田太, 田巻弘之;異なる膝関節角度、負荷強度における下腿三頭筋の放電閾値角度, 作業療法学会, 2004
  2. Tamaki H., H.Kirimoto, N.Kotake, A.Wagatsuma, F.Ogita;Plasticity of tabecular bone architecture in the proximal tibia following sciatic nerve freezing rats, 第12回日本運動生理学会, 2004
  3. Wagatsuma A., N.Kotake, F.Ogita, H.Kirimoto, H.Tamaki;Capillary supply and gene expression of angiogenesis-related factors in murine skeletal muscle following denervation;第12回日本運動生理学会, 2004
  4. Kirimoto H., N.Kotake, A.Wagatsuma, H.Tamaki, F.Ogita, H.Nisizono, K.Kitada;Cross-correlation of electromyogram patterns in bilateral homonymous muscles during low-level sustained contractions, 第12回日本運動生理学会, 2004
  5. Ogita F., A.Yamamoto, N.Kotake, H.Kirimoto, A.Wagatsuma, H.Tamaki;Effects of hypobaric hypoxia on performance and energy release during short-lasting high-intensity exercise, 第12回日本運動生理学会, 2004
  6. Kotake N., A.Yamamoto, H.Tamaki, A.Wagatsuma, F.Ogita;The effect of the difference in circulatory responses to one- and two-legged plantar flexion on exercise performance, Eurpean College of Sport Science, 2004
  7. Ogita F., A.Yamamoto, N.Kotake, H.Tamaki, A.Wagatsuma, N.Shima;Effects of aquatic exercise under a hypobaric hypoxic condition on cardiovascular function, Eurpean College of Sport Science, 2004
  8. Wagatsuma A., H.Tamaki, N.Kotake, H.Kirimoto, F.Ogita, H.Takekura;Capillary supply and gene expression of angiogenesis-related factors in murine skeletal muscle following sciatic nerve transaction, 16th International Congress of the IFAA, 2004
  9. 小竹直樹, 桐本光, 我妻玲, 田巻弘之, 斎藤和人, 荻田太;異なる強度における律動的掌握運動中の血管径, 第59回日本体力医学会, 2004
  10. 田巻弘之, 桐本光, 小竹直樹, 我妻玲, 荻田太, 竹倉宏明, 北田耕司;筋収縮および静止時の筋内埋入微小ワイヤー電極の組織学的検討, 第59回日本体力医学会, 2004
  11. 桐本光, 小竹直樹, 我妻玲, 田巻弘之, 荻田太, 倉田博, 西薗秀嗣, 北田耕司;静的足関節底屈持続時の筋放電活動様式とEMG/最大筋力比ならびに活動交代時の血流変化, 第59回日本体力医学会, 2004
  12. 我妻玲, 小竹直樹, 荻田太, 桐本光, 田巻弘之;骨格筋再生過程におけるVEGF、KDR/Flk-1、Flt-1の発現, 第59回日本体力医学会, 2004
  13. 荻田太, 小竹直樹, 桐本光, 我妻玲, 田巻弘之, 斎藤和人;低圧環境下での水中運動における運動強度の違いが心血管機能の改善に及ぼす影響, 第59回日本体力医学会, 2004
  14. 荻田太, 小竹直樹, 我妻玲, 田巻弘之, 古川拓生;異なる運動強度、運動時間、休息時間を組み合わせた間欠的運動の代謝特性, 日本体育学会第55回大会, 2004
  15. 小野寺昇, 西村一樹, 荻田太;大腿部阻血が腹部大静脈形態に及ぼす影響, 日本体育学会第55回大会, 2004
  16. Kotake N., F.Ogita, A.Wagatsuma, H.Tamaki, T.Tanaka;Effects of moderate-altitude exposure with sea level training on maximal oxygen uptake and swimming performance, 5th ICHPER-SD Asia, 2004

その他社会活動 (Social Contribution)

    • 【講演会】
      [ 2009年1月 ] 日本水泳連盟コーチ講習会「トレーニング科学」:広島
      [ 2009年2月 ] 指宿市教育委員会スポーツ少年団研修会「子どもの体力づくり」:指宿
      [ 2009年2月 ] 日本水泳連盟コーチ講習会「トレーニング科学」:東京
      [ 2009年3月 ] 鹿屋市・鹿屋市教育委員会講演:命と健康(生命倫理) ネットワークin鹿児島オープンセミナー「メタボリックシンドローム予防改善のための新たな運動処方」:鹿屋
      [ 2008年8月 ] 文部科学省:鹿児島県教育委員会主催子どもの体力向上推進フォーラム「子どもの体力向上について」:鹿児島市
      [ 2008年8月 ] 日本障害者スポーツ協会主催中級スポーツ指導者養成講習会「身体のつくり」: 「準備運動・整理運動」:鹿児島市
      [ 2008年10月 ] 日本水泳連盟コーチ講習会「トレーニング科学」:大阪
      [ 2008年11月 ] 日本水泳連盟コーチ養成講習会(初級) 「運動生理学・バイオメカニクス」:東京
      [ 2007年 2月 ] 日本水泳連盟コーチ講習会講師「トレーニング科学」:神戸
      [ 2007年7月 ] 鹿児島県体育協会スポーツ指導者研修会「青少年に対する科学的トレーニング」:鹿児島市
      [ 2007年8月 ] 鹿児島市健康福祉局健康福祉部健康づくり推進課市民講座「水中運動を活用した健康作り」:鹿児島市
      [ 2007年10月 ] 日本水泳連盟コーチ講習会「トレーニング科学」:福岡
      [2007年10月 ] 日本水泳連盟コーチ講習会「トレーニング科学」:札幌
      [2007年10月 ] 中国水泳連盟オリンピック合宿講習会「競泳における科学的トレーニング」:北京
      [ 2007年12月 ] 日本水泳連盟コーチ養成講習会(初級) 「運動生理学・バイオメカニクス」:東京
      [2006年10月 ] 日本水泳上級コーチ講習会講師「競泳におけるトレーニング科学」:大阪
      [ 2006年10月 ] 日本水泳上級コーチ講習会講師「競泳におけるトレーニング科学」:東京
      [ 2006年10月 ] 日本水泳連盟コーチ講習会講師「トレーニング科学」:東京
      [ 2006年10月 ] 川崎医療福祉大学大学院特別講義「高強度運動時の代謝応答と高強度トレーニングの効果」:倉敷
      [ 2006年11月 ] 日本水泳連盟コーチ養成講習会(初級) 「運動生理学・バイオメカニクス」:東京
      [2005年1月 ] 日本水泳連盟コーチ講習会講師「トレーニング科学」:東京
      [ 2005年11月 ] 日本水泳連盟コーチ養成講習会(初級) 「運動生理学・バイオメカニクス」:東京
      [ 2005年11月 ] 日本水泳連盟コーチ養成講習会(上級) 「最先端の専門的トレーニング科学」:東京
      [ 2005年11月 ] 鹿屋体育大学蒼天祭学術講演「競泳科学の最前線 柴田亜衣選手金メダルの秘密」:鹿屋
      [ 2004年10月 ] 日本水泳連盟コーチ講習会講師「トレーニング科学」:福岡
      [ 2004年11月 ] 鹿屋体育大学蒼天祭学術講演「無限の可能性―低酸素トレーニング-」:鹿屋
    • 【公開講座】
      [ 2007年6月 ] かごしま県民大学連携講座:こどもの運動・スポーツ指導者養成講座「発育発達にともなう生理機能の変化と青少年期のトレーニング~運動生理学的見地から~」
      [ 2006年6月 ] かごしま県民大学連携講座:こどもの運動・スポーツ指導者養成講座「発育発達にともなう生理機能の変化と青少年期のトレーニング~運動生理学的見地から~」
      [ 2005年6月 ] かごしま県民大学連携講座:こどもの運動・スポーツ指導者養成講座「発育発達にともなう生理機能の変化と青少年期のトレーニング~運動生理学的見地から~」
      [ 2004年5月~10月 ] 鹿屋体育大学公開講座:「楽しく泳ぐ健康水泳教室」
    • 【その他社会活動】
      日本トレーニング科学会会員(2003年11月から2007年11月まで編集委員長、運営委員、2007年11月から学会会長、現在に至る)
      日本体育学会会員(2006年5月より英文機関紙の編集委員となり、現在に至る)
      日本体力医学会会員(2000年9月より学会評議員となり、現在に至る)
      日本生理学会会員(2002年4月より学会評議員となり、現在に至る)
      日本運動生理学会会員(2002年7月より学会評議員となり、現在に至る)
      日本水泳水中運動学会会員(1997年11月より諮問に委員、2004年11月より編集委員長(2007年まで)、2007年11月より編集委員となり、現在に至る)
      アメリカスポーツ医学会会員
      ヨーロッパスポーツ科学会会員
      アジアスポーツ医学会会員(2005年11月より科学委員となり、現在に至る)
      国立スポーツ科学研究所機関誌編集委員
      日本水泳連盟医・科学委員(2001年4月より、現在に至る)
      日本オリンピック委員会科学スタッフ(競泳) (2001年4月より、現在に至る)
      日本オリンピック委員会専任強化コーチエリートBスタッフ(2006年10月から2007年6月まで)
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて