プロフィール (Profile)

エルメス・ディビット (David Elmes)

氏名 (Name) エルメス・ディビット (David Elmes)
職名 (Job title) 准教授 (Associate Professor)
連絡先(TEL) (81)0994-46-4897
連絡先(FAX) (81)0994-46-4897
連絡先(E-Mail) elmesd※nifs-k.ac.jp
メールアドレスは「※」を「@」に変換してください
個人ウェブサイト (URL)  
学歴 (Education) セルカーク カレッジ (カナダ) 総合文化-1987年卒業
レスブリッジ大学 (カナダ)教育学部-英語、社会-1989年卒業
南クイーンズランド大学(オーストラリア)言語学修士-2005年修了
学位 (Degree) 応用言語学修士(南クイーンズランド大学)

職歴 (Academic & Professional Experience)

  • 中学・高校教員(英語、社会)、コンソート中学・高校(コンソート市、カナダ)
  • 代用教員(英語、社会、体育)、 カルガリー教育委員会(カルガリー市、カナダ)
  • 英会話・塾教員(英語)、エース・ランゲージ・スクール(会津若松市、日本)
  • 中学英語教師(ALT)、フォー・シーゾンズ外語学院(浜松市、日本)
  • 講師(英語)外国語教育センター、浜松大学(浜松市、日本)
  • 非常勤講師(英語)共通教育センター、鹿児島大学(鹿児島市、日本)
  • 講師(英語)国際交流センター、鹿屋体育大学(鹿屋市、日本)

専門分野 (Research Areas)

  • 英語コミュニケーション

主な研究内容 (Main research contents)

  • スポーツを科学する
    現在行っている研究内容をわかりやすく説明しています。
    平成25年度版 (PDF)
  • RENKEI (連携)
    企業等の皆様と連携協力 (共同研究や受託研究等)可能な事項を掲載しています。
    最新年度版 (PDF)
  • コーチ・選手相互行為

研究キーワード (Research Interests)

所属学会 (Association Memberships)

資格 (Qualification)

競技歴 (Achievement as a competitor)

受賞歴 (Award)

実技指導歴 (Achievements as a coach)

論文等 (Published Papers)

2018年
  1. David Elmes; Coach-Player Communicatons: An Analysis of Top-Level Coaching Discourse at a Short-Term Ice Hockey Camp, Humanities & Social Sciences Reviews, 6(2):44-51, https://doi.org/10.18510/hssr.2018.626,  2018
2016年
  1. David Elmes; Coach-player communications: An analysis of player mindset at an elite level ice hockey camp, RJSPスポーツパフォーマンス研究, 8:252-283, 2016.6
2015年
  1. David Elmes; REAL English 1. Applying research in coach player communications. RJSPスポーツパフォーマンス研究, 7:159-170, 2015.7
  2. David Elmes; スポーツ競技関連の英語教材の作成「Creating sports-based English teaching materials」. 鹿屋体育大学学術研究紀要, 50:31-40, 2015.3
  3. David Elmes; An example of the descriptive and procedural genres in EFL learning. National Institute of Fitness and Sports, International Exchange and Language Education Center『言語と文化』, 12:45-51, 2015.3
  4. Katsumi Mori、Daniel Rhind、Misia Gervis、Mike Callan、Hiroki Nakamoto、David Elmes、Koji Hamada、Misato Sakanaka、Isamu Nakamura、Rie Yamada; 我が国におけるスポーツ指導者による子どもに対する虐待及び体罰の現状と子ども保護制度の必要性「The present state of abuse or corporal punishment involving children and sports authority figures and the necessity for a child protection system in sports in Japan」. 鹿屋体育大学学術研究紀要, 50:17-24, 2015.3
2014年
  1. David Elmes ; Real English 2. Applying research in coach player interactions. 『言語と文化』.11:27-44. 2014.3
2013年
  1. David Elmes ; Real English 1. Applying research in coach player interactions.『言語と文化』.15-26.2013.3
  2. David Elmes ; The relationship between language and culture.鹿屋体育大学学術研究紀要.46:11-18.2013.3
2012年
  1. David Elmes ; A guide to applying for JSPS grants-in-aid.2011 JALT 年次国際大会発表記録集.12-23.2012.7
  2. David Elmes ; In Considering Foreign Language Teaching vs Immersion.鹿屋体育大学外国語教育センター研究報告.9:35-40.2012.3
  3. David Elmes ; How New Words Enter into a Language.鹿屋体育大学学術研究紀要.44:1-6.2012.3
2011年
  1. David Elmes ; Language, Dialects and Society.言語と文化.8.2011.3

著書 (Books etc)

 

学会発表 (Presentation at an academic meeting)

2018年
  1. David Elmes; Coach-Player Communications: An Analysis of Top-Level Coaching Discourse at a Short-Term Ice Hockey Camp, 2018 International Symposium on Social Sciences and Management (ISSSM), 2018.2
2017年
  1. David Elmes; Coach-Player Communications: An analysis of top-level coaching discourse at a short term ice hockey camp, North American Society for the Psychology of Sport and Physical Activity (NASPSPA), 2017.6
2012年
  1. David Elmes;An introduction to research on coach-player communications,九州英語教育学会,2012.12
2011年
  1. Gregory O'Dowd , David Elmes ; A guide to applying for JSPS grants-in-aid,全国語学教育学会,2011.11

その他社会活動 (Social Contribution)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて