70177830

プロフィール (Profile)

北川 淳一 (Kitagawa Junichi)

氏名 (Name) 北川 淳一 (KITAGAWA Junichi)
職名 (Job title) 教授 (Professor)
連絡先(TEL) 0994-46-4976
連絡先(FAX) 0994-46-4976
連絡先(E-Mail) kit※nifs-k.ac.jp
メールアドレスは「※」を「@」に変換してください
個人ウェブサイト (URL)  
学歴 (Education) 順天堂大学 体育学部 体育学科 1980年7月卒業
順天堂大学大学院 体育学研究科 修士課程保健・体育学専攻 1984年3月修了
学位 (Degree) 体育学学士  (順天堂大学 1980年7月)
コーチ学修士 (順天堂大学 1984年3月)

職歴 (Academic & Professional Experience)

専門分野 (Research Areas)

  • 体操競技 (Gymnastics)
  • なわとび (Rope skipping)
  • トランポリン (Trampoline)

主な研究内容 (Main research contents)

  • スポーツを科学する
    現在行っている研究内容をわかりやすく説明しています。
    平成30年度版 (PDF)
    平成29年度版 (PDF)
    平成26年度版 (PDF)
    平成25年度版 (PDF)
    平成24年度版 (PDF)
  • RENKEI (連携)
    企業等の皆様と連携協力 (共同研究や受託研究等)可能な事項を掲載しています。
    最新年度版(PDF)
  • 体操競技における着地は重要であるにもかかわらず、確実に静止するための技術が解明されていない。オリンピックなどの国際試合の一流選手でも平均50%の静止率であることからもその難しさが伺える。研究内容は、着地時に重心が体の中心から外れているときにどう調整して中心に戻すかの調整力を追求するものである。なわとびやトランポリンはこの調整力のトレーニングに最適であり、筋力強化にもなるので、現在その関係を研究中である。

研究キーワード (Research Interests)

所属学会 (Association Memberships)

資格 (Qualification)

競技歴 (Achievement as a competitor)

  • 第1回全日本中学校体操大会…跳び箱 [ 優勝 ] (1970年8月)
  • 国民体育大会千葉…個人総合 [ 4位 ] (1973年10月)
  • 第34回全日本学生選手権大会…個人総合、鞍馬、跳馬、平行棒、鉄棒 [ 優勝 ] (1978年8月)
  • アジア大会 タイ (バンコック) …跳馬、平行棒、鉄棒 [ 優勝 ] (1978年12月)
  • ユニバーシアード大会 メキシコ…団体 [ 2位 ] (1979年8月)
  • NHK杯 兼モスクワ・オリンピック最終予選会…個人総合 [ 5位 ] (1980年5月) モスクワオリンピック代表選手決定
  • オリンピック代替大会 アメリカ…鉄棒 [ 優勝 ] (1980年8月)
  • ユニバーシアード大会 ルーマニア…平行棒、鉄棒 [ 3位 ] (1981年8月)

受賞歴 (Award)

実技指導歴 (Achievements as a coach)

  • 【鹿屋体育大学 体操競技部コーチ (1984年4月~現在)】
    第54回全日本学生選手権…団体総合1部 男子 [ 7位 ] (2000年8月)
    第54回全日本学生選手権…団体総合1部 女子 [ 2位 ] (2000年8月)
    第57回全日本選手権…男子跳馬 [ 4位 ] (2003年11月)
    第58回全日本学生選手権…女子床 [ 1位 ] (2003年8月)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて