プロフィール (Profile)

小森 大輔 (Komori Daisuke)

氏名 (Name) 小森 大輔 (Komori Daisuke)
職名 (Job title) 講師 (Senior Assistant Professor)
連絡先(TEL) 0994-46-4982
連絡先(FAX)  
連絡先(E-Mail) このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
個人ウェブサイト (URL)  
学歴 (Education) 鹿屋体育大学大学院 体育学研究科 修士課程 修了
学位 (Degree) 修士(体育学)

職歴 (Academic & Professional Experience)

2009年4月 活水女子大学健康生活学部食生活健康学科 助教
2012年4月 活水女子大学健康生活学部食生活健康学科 講師
2013年4月 鹿屋体育大学スポーツ・武道実践科学系 助教
2017年10月 鹿屋体育大学スポーツ・武道実践科学系 講師

専門分野 (Research Areas)

  • 陸上競技跳躍種目(走幅跳)

主な研究内容 (Main research contents)

研究キーワード (Research Interests)

  • プライオメトリックス
  • 陸上競技
  • 跳躍種目
  • トレーニング
  • 技術指導

所属学会 (Association Memberships)

  • 日本体育学会
  • 日本バイオメカニクス学会
  • スポーツパフォーマンス研究会

資格 (Qualification)

  • 教員免許状(小学校一種、中・高の一種・専修、保健体育)

競技歴 (Achievement as a competitor)

  • 第91回日本陸上競技選手権大会 [3位]
  • 第75回日本学生陸上競技対校選手権大会 [3位]
  • 2007全日本学生陸上競技チャンピオンシップ [1位]
  • 2008日本学生陸上競技個人選手権大会 [1位]
  • 第71回シンガポールオープン [4位]

受賞歴 (Award)

実技指導歴 (Achievements as a coach)

  • 鹿屋体育大学陸上競技部 跳躍・混成ブロックコーチ 2013年4月

論文等 (Published Papers)

2018年
  1. 青柳唯,金高宏文,小森大輔,加藤忠彦; 大学女子棒高跳競技者における異なるポール湾曲率を導いた踏切・フォロースルー動作の事例分析-動作改善の取組過程及び動作分析を通して-,スポーツパフォーマンス研究,10:127-144,2018.6
  2. 濱中良,近藤亮介,瓜田吉久,小森大輔,金高宏文; 三段跳における跳躍比率を手掛かりにした跳躍の類型化:12m-16m台の競技記録を有する男子三段跳競技者を対象とした階層クラスター分析より,陸上競技研究,113:29-36,2018.5
  3. Takai Y, Nakatani M, Aoki T, Komori D, Oyamada K, Murata K, Fujita E, Akamine; Body shape indices are predictors for estimationg fat-free mass in male athletes, PLOS ONE, 1-12, 2018.1
2017年
  1. 濱中良,永原隆,松尾彰文,小森大輔,加藤忠彦,近藤亮介,金高宏文; 三段跳における助走歩数が跳躍パフォーマンスに及ぼす影響:単一事例による実験的検討, スポーツパフォーマンス研究,9:512-527,2017.11
  2. 小森大輔,中谷深友紀,高井洋平,濱中良,加藤忠彦,近藤亮介; 平台車を用いた体幹トレーニングが体幹筋群の筋厚に及ぼす影響-陸上競技における跳躍・混成種目を専門とする競技者を対象として-, スポーツパフォーマンス研究,9:197-210,2017.4
  3. 小森大輔,宮下菜央,松村勲,瓜田吉久,金高宏文,近藤亮介;走幅跳における傾斜ボックスを用いた踏切動作の改善事例-意図的な動作改善が苦手な大学女子走幅跳競技者の指導実践より-, スポーツパフォーマンス研究,9:211-226,2017.4
  4. 山口大貴,金高宏文,黒川剛,小森大輔,永原隆,近藤亮介; 自転車競技における股関節漕ぎペダリングドリルの導入が一定パワー発揮時の実施感やペダリング動作及び回転踏力に及ぼす影響, スポーツパフォーマンス研究,9:157-170,2017.3
  5. Yohei Takai, Miyuki Nakatani, Takuya Akamine, Katsuyuki Shiokawa, Daisuke Komori, Hiroaki Kanehisa; Effect of Core Training on Trunk Flexor Musculature in Male Soccer Players, Sports Medicine International Open 2017;1:E147-E154
2016年
  1. 本山清喬,小森大輔,金高宏文,西薗秀嗣; フライングスプリットにおける前脚の膝関節と足関節の位置関係の違いが下肢の関節トルクに及ぼす影響,スポーツパフォーマンス研究,8:302-317,2016.8
  2. 本嶋良恵,小森大輔,北川淳一,前田明; 踏切面の違いが体操競技選手および陸上競技跳躍・混成選手のリバウンドドロップジャンプ遂行能力および跳躍動作に及ぼす影響,体育学研究,61:1-10,2016.6
  3. 黒木晋次,本山清喬,松村勲,小森大輔,瓜田吉久,金高宏文; 槍投げにおける目標を狙った立ち投げ練習の動作課題-投擲時の動作課題が槍の初速度に及ぼす影響を手がかりに-,スポーツパフォーマンス研究,8:128-138,2016.4
  4. 松村勲,金高宏文,小森大輔,中畑敏秀,瓜田吉久,田中克典; 大学女子駅伝におけるトレーニング戦略の一事例 第28回全日本大学女子駅伝で6位初入賞(シード権獲得)を果たした事例をもとに,スポーツパフォーマンス研究,8:152-164,2016.4
  5. 小森大輔,近藤亮介,松村勲,瓜田吉久,金高宏文; 立五段跳における目標跳躍比率を用いた跳躍練習の即時的効果-3・4歩目の跳躍歩の延伸を目指した1事例の検討-,スポーツパフォーマンス研究,8:88-99,2016.3
  6. 松村勲,龍崎唯一,金高宏文,瓜田吉久,小森大輔; 長距離走の持続走トレーニングにおけるランニング方略の評価法の提案,ランニング学研究,27(2):1-9,2016.2
2015年
  1. 小森大輔,近藤亮介,本山清喬,小森智美,松村勲,瓜田吉久,金高宏文; インラインスケートを用いた立五段跳トレーニングの即時的効果,スポーツパフォーマンス研究,7:213-227,2015.7
2014年
  1. 小森大輔,図子浩二,小森智美; 腕の振り込み動作の改善を目的としたリバウンドジャンプの指導法,スポーツパフォーマンス研究,6:11-22,2014.3
2013年
  1. 中畑敏秀,上田敏斗美,前田昌隆,松村勲,小森大輔,瓜田吉久; 大学女子中距離ランナーにおける姿勢アライメント改善に向けての取り組み-足舟状骨疲労骨折術後の再受傷防止と疾走技術の改善を目指して取り組んだ事例から-,スポーツパフォーマンス研究,5:146-162,2013.6
2012年
  1. 小森大輔、図子浩二、小西麻耶子、小森智美; リバウンドジャンプ初心者のための指導法-姿勢づくりに着目して- スポーツパフォーマンス研究.4:161-170.2012
2009年
  1. 小森大輔、図子浩二; 腰の動きに注目した走幅跳の踏切技術の改善法 スポーツパフォーマンス研究.1:1-7.2009

著書 (Books etc)

学会発表 (Presentation at an academic meeting)

2018年
  1. 宮下奈央,金高宏文,小森大輔; 立五段跳における総跳躍距離伸長に及ぼす要因を探る-2ヶ月間の単一事例の取組から-,第4回 日本スポーツパフォーマンス学会大会,2018.7
2017年
  1. 青柳唯,加藤忠彦,小森大輔,瓜田吉久,金高宏文; 女子棒高跳における世界トップ選手と日本選手の技術的ポイントの違いを探る-ポールの湾曲・起こし回転と踏切動作に着目して-, 第3回 日本スポーツパフォーマンス学会大会, 2017.7
  2. Takai Y, Nakatani M, Shiokawa K, Komori D; Effect of core training with wheeled platform on trunk muscle hypertrophy in soccer players, World conference on science and soccer, 2017.5
2016年
  1. 濱中良,加藤忠彦,中野裕登,小森大輔,金高宏文; 拡散レーザーを用いたステップ計測の可能性 走高跳と三段跳の場合, 第24回日本バイオメカニクス学会,2016.9
  2. 本山清喬,西薗秀嗣,加藤忠彦,小森大輔,金高宏文,高橋仁大; ステップアップスにおける台高と動作様式の違いが下肢関節トルクに及ぼす影響:単一事例による検討, 第29回日本トレーニング科学会大会,2016.10
  3. 濱中良,永原隆,松尾彰文,小森大輔,加藤忠彦,近藤亮介,金高宏文; 三段跳における助走歩数が跳躍パフォーマンスに及ぼす影響, 第2回日本スポーツパフォーマンス学会大会,2016.8
  4. 中谷深友紀,高井洋平,堀尾郷介,小森大輔,金久博昭; 下肢および腹部の筋厚におけるサッカー選手と陸上競技跳躍・混成選手の違い, 日本体育学会第67回大会,2016.8
2015年
  1. 松村勲,金高宏文,小森大輔,中畑敏秀,田中克典; 大学女子駅伝におけるトレーニング戦略の一事例-九州地区で初のシード権を獲得した事例より-,第1回日本スポーツパフォーマンス学会大会,2015.7
2014年
  1. 本嶋良恵,小森大輔,北川淳一,前田明; 競技種目の違いが弾性面上でのドロップジャンプ遂行能力と跳躍動作に及ぼす影響,九州体育・スポーツ学会第63回大会,2014.9
2013年
  1. 近藤亮介,金高宏文,小森大輔,瓜田吉久,松村勲; 立五段跳の総跳躍距離向上に関連する動作要因の検討 相関及び主成分分析を用いた主観的動作評価観点の抽出,第64回日本体育学会,2013.8
2011年
  1. 小森大輔、図子浩二; 身体に重りを付加し台から跳び降りる高強度ドロップジャンプエクササイズの負荷特性, 日本体育学会第62回大会, 2011
2009年
  1. 中島一、図子浩二、小森大輔; 地面反力を高めるトレーニングが野球の打撃におけるヘッドスピードに及ぼす効果, 第22回日本トレーニング科学会, 2009
2008年
  1. 小森大輔、図子浩二,石井泰光、中島一; 身体に重りを負荷したリバウンドジャンプエクササイズの負荷特性, 第20回日本バイオメカニクス学会, 2008
  2. 中島一、図子浩二、石井泰光、小森大輔; 野球の打撃におけるヘッドスピードを高めるための踏み出し脚の重要性, 第20回日本バイオメカニクス学会, 2008

その他社会活動 (Social Contribution)

  • 財団法人長崎県体育協会競技力委員会委員(平成23年度、平成24年度)
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて