プロフィール (Profile)

添嶋 裕嗣 (Soejima Yuji)

氏名 (Name) 添嶋 裕嗣 (Soejima Yuji)
職名 (Job title) 教授 (Professor)
連絡先(TEL) 0994-46-4930
連絡先(FAX) 0994-46-4930
連絡先(E-Mail) このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
個人ウェブサイト (URL)  
学歴 (Education) 鹿児島大学 医学部 1983年3月卒業
学位 (Degree) 医学博士 (鹿児島大学 1995年12月)

職歴 (Academic & Professional Experience)

1983年 6月 鹿児島大学医学部第一内科研修医
1997年 1月 鹿児島大学医学部第一内科 助手
1997年 7月 英国ロンドン大学聖ジョージ病院医学校心理学部 客員研究員
1999年 4月 日置市民病院内科・心療内科
2007年 4月 鹿児島刑務所医務課法務技官(医師)
2009年 4月 鹿屋体育大学体育学部 准教授
2015年 2月 鹿屋体育大学スポーツ生命科学系 教授

専門分野 (Research Areas)

  • 心身医学(Psychosomatic Medicine, Mind-body Medicine)
  • 行動医学 (Behavioral Medicine)

主な研究内容 (Main research contents)

研究キーワード (Research Interests)

  • 行動医学
  • 心身相関
  • 生活習慣病
  • 動脈硬化
  • ストレス認知
  • ストレス対処

所属学会 (Association Memberships)

  • 日本内科学会
  • 日本心身医学会(評議員)
  • 日本行動療法学会
  • 日本心療内科学会

資格 (Qualification)

  • 医師免許 (医籍登録番号 第277874号)
  • 日本心身医学会心身医療「内科」専門医 (第465号)
  • 日本心療内科学会心療内科専門医 (第057号)
  • 臨床心理士 (財団法人日本臨床心理士資格認定協会 登録番号16692)

競技歴 (Achievement as a competitor)

  • 準硬式野球部 (鹿児島大学) 1977年4月~1983年3月

受賞歴 (Award)

実技指導歴 (Achievements as a coach)

論文等 (Published Papers)

2016年
  1. 添嶋裕嗣;大学生の睡眠状態:主観的健康状態、抑うつ及び健康関連QOLとの関係,平成27年度第44回九州地区大学保健管理研究協議会報告書,67-72,2016.3
  2. 赤嶺卓哉、高田 大、萬久博敏、藤井康成、添嶋裕嗣、田口信教;膝関節症例の身体機能に対する水中運動療法の効果-全身・部位別体組成測定を含めて,整形外科と災害外科,65(2):7-9,2016.3
2015年
  1. 赤嶺卓哉、高田大、藤井康成、添嶋裕嗣、田口信教;腰痛症例の身体機能に対する水中運動の効果-全身・腰椎骨密度測定を含めて-,整形外科と災害外科,64(4):813-816,2015.9
  2. 黒川剛、高田大、松村勲、吉田剛一郎、添嶋裕嗣、藤井康成、田口信教、赤嶺卓哉;若年女性スポーツ選手における種目別の骨密度についての研究-低荷重性競技を中心に-,九州・山口スポーツ医・科学研究会誌,27:22-25,2015.7
2014年
  1. 赤嶺卓哉,高田大,松村勲,小山田和行,坂中美�歐,木葉一総,長島未央子,吉田剛一郎,添嶋裕嗣;体育大学女性スポーツ選手における競技種目別・部位別の骨密度についての調査研究,鹿屋体育大学学術研究紀要,48:1-9,2014.3
2013年
  1. Nagashima M, Soejima Y, Saito K ; Glutamine and exercise. Journal of Physical Fitness and Sports Medicine. 2:1-5. 2013.9
  2. 添嶋裕嗣,長島未央子,齊藤和人;加圧空気チェンバー入室が感染患者の酸化ストレスと血液流動性におよぼす影響,CAMPUS HEALTH,50:286-288,2013.5
  3. Munemoto T, Masuda M, Nagai N, Tanaka M, Soejima Y ; Prolonged post-hyperventilation apnea in two young adults with hyperventilation syndrome. BioPsychoSocial Medicine. 7:9-0. 2013.4
2012年
  1. 齊藤和人,長島未央子,添嶋裕嗣;黒酢の抗酸化力,日本血流血管学会誌,4:8-16,2012.12
  2. 添嶋裕嗣,長島未央子,齊藤和人;高気圧空気チェンバー (HBA) 入室が血清VEGFとレプチン濃度に及ぼす影響,日本血流血管学会誌,4:21-24,2012.12
  3. 長島未央子,添嶋裕嗣,齊藤和人;黒酢の摂取が中高齢女性の血液流動特性におよぼす影響,日本血流血管学会誌,4:27-31,2012.12
  4. 添嶋裕嗣,前田久美子,藤井康成,齊藤和人;大学生の主観的健康状態の変化:入学時と半年後の比較,CAMPUS HEALTH,49:97-103,2012.5
  5. 斎藤和人,添嶋裕嗣,長島未央子,藤井康成,前田久美子;小型臨床検査装置BBxの有用性について,CAMPUS HEALTH,49(1):141-143,2012.2
2011年
  1. 斎藤和人,添嶋裕嗣;全血細孔通過時間と酸化ストレスに及ぼす高気圧エアー・チェンバーの入室時間の影響,International Healthy Baric Association協会誌,20:1-8,2011.5
  2. 添嶋裕嗣,前田久美子,斎藤和人,藤井康成;大麻・違法薬物に関する体育大学生の意識,CAMPUS HEALTH,48:348-350,2011.2
2010年
  1. 添嶋裕嗣,斎藤和人,藤井康成;健康チェック票THIによる体育大学新入学生の主観的健康状態の評価,研究論文集-教育系・文系の九州地区国立大学間連携論文集,4(1):19-25,2010.9
  2. 赤嶺卓哉,田巻弘之,與谷謙吾,坂下一平,藤井康成,高田 大,添嶋裕嗣,吉田剛一郎,福永哲夫;中高年女性の身体組成・骨密度に及ぼす体幹・下肢健康(貯筋)運動の影響,九州・山口スポーツ医・科学研究雑誌,22:24-29,2010.6
  3. 添嶋裕嗣,斎藤和人,藤井康成;健康チェック票 THI による体育大学新入学生の主観的健康状態パワーの評価,鹿屋体育大学学術研究紀要,(40):19-25,2010.3
2006年
  1. 野添新一,添嶋裕嗣;虚血性心疾患とうつ病, 成人病と生活習慣病,36,273-277,2006
2004年
  1. 添嶋裕嗣; 巻頭言-超高齢社会の心身医学を期待する, 心身医学, 44,393,2004
2003年以前
  1. 添嶋裕嗣; Review Article-冠動脈疾患と心理社会的因子, 心身医学, 41,231-239,2001
  2. Soejima Y, Steptoe A, Nozoe S, Tei C; Psychosocial and clinical factors predicting resumption of work following acute myocardial infarction in Japanese men, International Journal of Cardiology,72,39-47,1999

著書 (Books etc)

2005年
  1. 2005,野添新一,添嶋裕嗣, メンタルヘルス事典(分担執筆:第VI部メンタルヘルスへのアプローチ, 49行動療法), 同朋舎メディアプラン
2003年
  1. 2003,添嶋裕嗣,現代心療内科学(分担執筆:生活習慣病), 永井書店

学会発表 (Presentation at an academic meeting)

2015年
  1. 添嶋裕嗣、齊藤和人;加圧空気チェンバー反復入室が血液流動性に及ぼす影響,第22回日本ヘモレオロジー学会,2015.11
  2. 添嶋裕嗣;セミナーI 大学生の睡眠状態:主観的健康状態、抑うつ、および健康関連QOLとの関連,第45回九州地区大学保健管理研究協議会,2015.8
  3. 添嶋裕嗣;体育大学新入学生の睡眠状態:抑うつ及び健康関連QOLとの関連,第56回日本心身医学会,2015.6
2014年
  1. 武井美智子,添嶋裕嗣,山中隆夫;「地域医療現場における心身医学の役割」:地方開業医の視点から見た心身医学の立場と課題,第53回日本心身医学会九州地方会,2014.1
2013年
  1. 添嶋裕嗣,齊藤和人,小牧梨沙,藤井康成;若年女子運動選手の血清脂質は運動種目により異なる,第51回全国大学保健管理研究集会,2013.11
  2. 齊藤和人,添嶋裕嗣,長島未央子,藤井康成,小牧梨沙;血圧測定と同時に血圧脈波を解析するオシロメトリック血圧測定器(PASESA)の有用性について,第51回全国大学保健管理研究集会,2013.11
  3. 添嶋裕嗣,長島未央子,松村勲,齊藤和人;女子長距離選手の赤血球変形能および心機能,第13回日本AS学会・第7回血流血管学会合同学術集会,2013.11
  4. 長島未央子,松村勲,添嶋裕嗣,齊藤和人;大学女子陸上長距離選手におけるトレーニング量の違いと酸化ストレスおよび血液流動性の変化,第13回日本AS学会・第7回血流血管学会合同学術集会,2013.11
  5. 渡邊裕文,添嶋裕嗣,長島未央子,齊藤和人;運動前の加圧空気圧チェンバー入室が運動後の疲労に与える影響,第50回全国大学保健管理研究集会,2013.9
2012年
  1. 添嶋裕嗣,長島未央子,齊藤和人;加圧空気圧チェンバー (HBA)入室が感染患者の酸化ストレスと血液流動性におよぼす影響,第50回全国大学保健管理研究集会,2012.10
  2. 長島未央子,黒川 剛,添嶋裕嗣,齊藤和人;鍛錬者における長時間自転車運動実施時の血中アミノ酸動態,第67回日本体力医学会,2012.9
  3. 添嶋裕嗣,長島未央子,齊藤和人;加圧空気チェンバー(HBA)入室が運動選手の血液流動性におよぼす影響,第67回日本体力医学会,2012.9
  4. 添嶋裕嗣,齊藤和人;黒酢摂取が中高齢女性の血液流動性におよぼす影響,第12回日本抗加齢医学会,2012.6
  5. 添嶋裕嗣;大学生の主観的健康状態の変化:入学時と半年後の比較,第53日本心身医学会,2012.5
2011年
  1. 添嶋裕嗣,長島未央子,斎藤和人;高気圧空気チェンバー(HBA)入室が血清VEGFとレプチン濃度に及ぼす影響,第5回日本血流血管学会,2011.11
  2. 斎藤和人,添嶋裕嗣,長島未央子,藤井康成,前田久美子;小型臨床検査装置BBxの有用性について,第49回全国大学保健管理研究集会,2011.9
2010年
  1. 添嶋裕嗣,前田久美子,斎藤和人,藤井康成;大麻・違法薬物に関する体育大学生の意識,第48回全国大学保健管理研究集会,2010.10
  2. 豊倉怜奈,岩重正一,武井美智子,添嶋裕嗣,山中隆夫,高山巌;退院後再燃し,再入院に至ったうつ病患者に対する一考察,第51回日本心身医学会総会,2010.6
  3. 胸元孝夫,添嶋裕嗣,上床勇揮,増田彰則,中別府良昭,宮田昌明,鄭忠和;慢性疲労症候群(CFS)患者に対する和温療法前後の脳血流の変化,第51回日本心身医学会総会,2010.6
  4. 添嶋裕嗣;健康チェック票THIによる体育大学新入生の主観的健康状態の評価.第51回日本心身医学会総会,2010.6
  5. 豊倉怜奈,岩重正一,武井美智子,添嶋裕嗣,山中隆夫,高山巌;うつ病の治療により改善した耳管開放症の一例,第49回日本心身医学会九州地方会,2010.2
  6. 岡本眞理子,武井美智子,豊倉怜奈,佐々木浩介,岩重正一,添嶋裕嗣,山中隆夫,高山巌;チーム医療により短期間でうつの改善が見られたDV被害女性の一例;第49回日本心身医学会九州地方会,2010.2
  7. 佐々木浩介,豊倉怜奈,岩重正一,武井美智子,添嶋裕嗣,山中隆夫,高山巌;病棟内での自己主張訓練がうつの改善に役立ったと思われる2症例,第49回日本心身医学会九州地方会,2010.2
2009年
  1. 添嶋裕嗣,上床勇揮,胸元孝夫,増田彰則,鄭忠和;慢性疲労症候群に対する和温療法の効果-治療前後のデータを比較して-,第1回日本心身医学5学会合同集会,2009.6
  2. 増田彰則,胸元孝夫,添嶋裕嗣,平畠光代,江口優子,蔵内まゆみ,鄭忠和;慢性疲労症候群に対する革新的治療法:和温療法の効果,第1回日本心身医学5学会合同集会,2009.6
2008年
  1. 上床勇揮,胸元孝夫,添嶋裕嗣,増田彰則,鄭 忠和; 慢性疲労症候群に対し和温療法を用いて有効であった一例, 第47回日本心身医学会九州地方会,2008
2007年
  1. 添嶋裕嗣; シンポジウム「各診療科における心身医療の現状と問題点」-心筋梗塞患者の社会復帰を通して心身医療を考える, 第3回鹿児島心身医療研究会,2007
2004年
  1. 添嶋裕嗣; パネルディスカッション「市町村合併と国保直診」-新市における当病院の役割を考える, 第12回鹿児島県国保地域医療学会,2004
  2. 添嶋裕嗣,野添新一,鄭 忠和; 保健・医療・福祉統合化の中での心療内科医の役割, 第43回日本心身医学会九州地方会,2004

その他社会活動 (Social Contribution)

  • 【各種自治体委員会】
    鹿児島県日置市障害者自立支援審査会会長(2006年7月~2007年3月)
    鹿児島県日置市次世代育成支援対策地域協議会委員(2006年4月~2007年3月)
    鹿児島県日置地区特別支援連携協議会委員(2005年4月~2007年3月)
    鹿児島県日置地区学校保健連絡協議会副会長(2005年4月~2007年3月)
    鹿児島県日置市障害児就学指導委員会会長(2005年4月~2007年3月)
    鹿児島県日置広域連合介護認定審査会委員(2001年4月~2007年3月)
  • 【学校医】
    鹿児島県日吉町立日置小学校(2000年4月~2005年3月)
    鹿児島県日吉町立住吉小学校・日吉中学校(2000年4月~2007年3月)
  • 【講演会】
    メンタルヘルスセミナー「ストレスと病気のお話—心と体の関係を学びましょう」(鹿児島県日置市、2006年12月)
    日置市役所職員研修会「ストレスと健康管理」(鹿児島県日置市、2006年11月)
    こころの健幸セミナー「ストレスとその対処法について」(鹿児島県日置市、2005年10月)
  • 【新聞紙上連載(南日本新聞)】
    「ストレスドクター:生活習慣病」(2009年3月)
    「ストレスドクター:バセドウ病」(2008年12月)
    「ストレスドクター:腸閉塞」(2008年9月)
    「ストレスドクター:発作恐怖とバイオフィードバック」(2008年6月)
    「ストレスドクター:血圧の異常」(2008年3月)
    「ストレスドクター:大病後のうつ」(2007年10月)
    「ストレスドクター:心筋梗塞」(2007年8月)
    「ストレスドクター:心因性嘔吐症」(2007年5月)
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて