プロフィール (Profile) 

髙井 洋平 (Takai Youhei)

氏名 (Name) 髙井 洋平 (Takai Youhei)
職名 (Job title) 准教授 (Associate Professor)
連絡先(TEL) 0994-46-4992
連絡先(FAX) 0994-46-4992
連絡先(E-Mail) このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
個人ウェブサイト (URL)  
学歴 (Education) 早稲田大学 人間科学部 スポーツ科学科 2004年卒業
早稲田大学大学院 人間科学研究科 修士課程 2006年修了
早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科 博士後期課程 2009年修了
学位 (Degree) 博士(スポーツ科学)(早稲田大学大学院スポーツ科学研究科 2009年3月)

職歴 (Academic & Professional Experience)

2009年 4月 産業技術総合研究所 特別研究員
2010年 4月 鹿屋体育大学スポーツトレーニング教育研究センター 助教
2013年11月 鹿屋体育大学スポーツ生命科学系 講師
2016年11月 鹿屋体育大学スポーツ生命科学系 准教授

専門分野 (Research Areas)

  • 運動生理学 (Exercise Physiology)
  • トレーニング科学 (Training Science)

主な研究内容 (Main research contents)

  • 子ども・高齢者の身体組成および筋機能とその可塑性に関する研究
  • アスリートの身体組成および筋機能とその可塑性に関する研究
  • サッカーにおける戦術分析に関する研究

研究キーワード (Research Interests)

  • トレーニング
  • 加齢
  • 体力

所属学会 (Association Memberships)

  • 体力医学会
  • 体育学会

資格 (Qualification)

競技歴 (Achievement as a competitor)

受賞歴 (Award)

実技指導歴 (Achievements as a coach)

論文等 (Published Papers)

2018年
  1. 高井洋平; サッカーの戦術・パフォーマンス分析に関する科学的研究とその応用, Strength & Conditioning Journal, 25(9):4-12, 2018
  2. 甲斐智大,堀尾郷介,青木竜,高井洋平; 大学サッカー選手における試合時の移動を改善させるフィードバック方法の事例, スポーツパフォーマンス研究, 10:127-139, 2018
  3. 原村未来,高井洋平,吉本隆哉,中谷深友紀,藤田英二,山本正嘉; 小・中学生男子における5分間の自体重負荷ジャンプトレーニングが全身持久力に与える効果, スポーツパフォーマンス研究, 10:127₋139, 2018
  4. Kai T, Horio K, Aoki T, Takai Y; High-intensity running is one of the determinants for achieving score-box possession during soccer matches, Football Science, 15:61-69, 2018
  5. 吉本隆哉,高井洋平,土江寛裕,千葉佳裕,原村未来,舟橋毅,金久博昭; ミニハードルテストのタイムは疾走時のピッチと関連するか?, トレーニング科学, 29(3), 2018
  6. Nagahara R, Takai Y, Kanehisa H, Fukunaga T; Vertical impulse as a determinant of combination of step length and frequency during sprinting, International Journal of Sports Medicine, 39(4):282-290, 2018
  7. Nagahara R, Takai Y, Haramura M, Mizutani M, Matsuo A, Kanehisa H, Fukunaga T; Age-related differences in spatiotemporal variables and ground reaction forces during sprinting in boys, Pediatric Exercise Science, 24:1-10, 2018.2
  8. Takai Y, Nakatani M, Aoki T, Komori D, Oyamada K, Murata K, Fujita E, Akamine T, Urita Y, Yamamoto M, Kanehisa H.; Body shape indices are predictors for estimating fat-free mass in male athletes., PLoS One, 13(1):e0189836, 2018.1
2017年
  1. 水谷未来,高井洋平,前田明; 大学サッカー選手におけるボールを蹴る方向の事前提示の有無がキック動作および正確性に及ぼす影響, 九州体育・スポーツ学研究, 32(1):43-51, 2017.4
  2. Takai Y, Nakatani M, Akamine T, Shiokawa K, Komori D, Kanehisa H. Effect of core training on trunk flexor musculature in male soccer players. Sports Med Int Open, 1:1-6, 2017
  3. 小森大輔,中谷深友紀,高井洋平,濱中良,加藤忠彦,近藤亮介.平台車を用いた体幹トレーニングが体幹筋群の筋厚に及ぼす影響-陸上競技における跳躍・混成種目を専門とする競技者を対象として-.スポーツパフォーマンス研究,9:197-210, 2017
  4. 赤嶺卓哉,安部孝,藤田英二,高井洋平,添嶋裕嗣,藤井康成,中谷深友紀,原村未来,金久博昭,川西正志,福永哲夫.中高年における生涯運動歴の全身身体組成・骨密度に及ぼす影響-DXA法による測定を含めて-.整形外科と災害外科,66(2):353-355,2017
  5. 勝亦陽一,設楽佳世,飯田悠佳子,鳥居俊,高井洋平,平野裕一; 中学生期におけるトップ野球選手の成熟度, 発育発達研究,74:26-33,2017.3
  6. Takai Y, Kai T, Horio K, Nakatani M, Haramura M, Aoki T, Shiokawa K, Kanehisa H; Lean body mass index is an indicator of body composition for screening prospective young adult soccer players, Football Sci.,14:8-14,2017.1
  7. Haramura M, Takai Y, Yoshimoto T, Yamamoto M, Kanehisa H; Cardiorespiratory and metabolic responses to body mass-based squat exercise in young men, J Physiologica Anthropol,36(1)14,2017.1
  8. 原村未来,高井洋平,山本正嘉,金久博昭; 筋活動水準との関連でみた自体重負荷でのスクワットとフロントランジにおける呼吸循環および代謝応答の違い, 体力科学,66(1):101-110,2017.1
2016年
  1. Yoshimoto T, Takai Y, Fukunaga Y, Fujita E, Yamamoto M, Kanehisa H; Effects of school-based squat training in adolescent girls. J Sports Med Phys Fitness. 56(6), 678-683, 2016
  2. Aoki T, Takai Y, Yoshitake Y, Kanehisa H; Unilateral horizontal and lateral jump performances are associated with the competitive level of collegiate soccer players. Gazz Med Ital. 175(12), 528-535, 2016
  3. Tayashiki K, Takai Y, Maeo S, Kanehisa H; Intra-abdominal pressure and trunk muscular activities during abdominal bracing and hollowing. International Journal of Sports Medicine. 37(2):134-143, 2016
  4. Nakatani M, Takai Y, Akagi R, Wakahara T, Sugisaki N, Ohta M, Kawakami Y, Fukunaga T, Kanehisa H. Validity of muscle thickness-based prediction equation for quadriceps femoris volume in middle-aged and older men and women. Eur J Appl Physiol. 116(11-12):2125-2133, 2016.6
  5. Kamijo K, Takeda Y, Takai Y, Haramura M. The relationship between childhood aerobic fitness and brain functional connectivity. Neroscience Letters, 632:119-123, 2016.6
  6. Yoshimoto T, Takai Y, Kanehisa H. Acute effects of different conditioning activities on running performance of sprinters. SpringerPlus, 5, 1203, 2016.5
  7. Nakatani M, Takai Y, Fukunaga Y, Fujita E, Yamamoto M, Kanehisa H. Relationship between body mass index and body composition in Japanese children and adolescents. Medical Research Archives, 4(5):1-13, 2016.5
2015年
  1. 吉本隆哉,髙井洋平,藤田英二,福永裕子,山本正嘉,金久博昭.発育期男子における50m走の疾走速度に与える身体組成,力発揮能力および跳躍能力の影響.体力科学,64(1):155-164,2015
  2. 甲斐智大,髙井洋平,青木竜.サッカーの勝敗によるOrientated control play の回数および出現率の違い.スポーツパフォーマンス研究,7:22-29,2015
  3. Yoshimoto T, Takai Y, Ishii Y, Kanehisa H, Yamamoto M; Effect of a single jump practice on vertical jump performance. JAE. 4, 3, 2015
  4. Kamijo K, Takeda Y, Takai Y, Haramura M; Greater aerobic fitness is associated with more efficient inhibition of task-irrelevant information in preadolescent children. Biological Psychology. 110:68-74. 2015
2014年
  1. 原村 未来,髙井 洋平,松村 勲,奥島 大,福永 裕子,山崎 利夫,隅野 美砂輝,山本 正嘉,前田 明.女子長距離選手との比較からみたマラソン世界選手権入賞経験のある女子選手の形態および生理学的特性.スポーツパフォーマンス研究,6:99-112,2014
  2. Kageyama M, Sugiyama T, Takai Y, Kanehisa H, Maeda A. Kinematic and kinetic profiles of trunk and lower limbs during baseball pitching in collegiate pitchers. J Sports Sci Med. 13(4):742-750, 2014
  3. Fukunaga Y, Takai Y, Yoshimoto T, Fujita E, Yamamoto M, Kanehisa H. Effect of maturation on muscle quality of the lower limb muscles in adolescent boys. J Physiologica Anthropol. 32(1):1,2014
  4. Yoshimoto T, Takai Y, Fukunaga Y, Fujita E, Kanehisa H, Yamamoto M ; Effect of maturation on sprint and jump performances in adolescent boys. Gazz Med Ital (in press). 2014.3
  5. Yoshitake Y, Takai Y, Kanehisa H, Shinohara M ; Muscle shear modulus measured with ultrasound shear-wave elastography across a wide range of contraction intensity. Muscle Nerve (in press). 2014.3
  6. Takai Y, Ohta M, Akagi R, Kato E, Wakahara T, Kawakami Y, Fukunaga T, Kanehisa H ; Applicability of ultrasound muscle thickness measurements for predicting fat-free mass in elderly population. J Nutr Health Aging (in press). 2014.3
  7. 水谷未来,亀田麻依,山崎大嗣,髙井洋平,前田明;大学サッカー選手におけるインステップキックの異なるボール速度が正確性に与える影響,トレーニング科学(印刷中),2014.3
  8. Maeo S, Yoshitake Y, Takai Y, Fukunaga T, Kanehisa H ; Neuromuscular adaptations following 12-week maximal voluntary co-contraction training. Eur J Appl Physiol. (in press). 2014.3
  9. Maeo S, Yoshitake Y, Takai Y, Fukunaga T, Kanehisa H ; Effect of short-term maximal voluntary co-contraction training on neuromuscular function. Int J Sports Med. 35(2):125-134. 2014.2
  10. Maeo S, Takahashi T, Takai Y, Kanehisa H ; Is muscular activity level during abdominal bracing trainable? A comparison study between bodybuilders and non-athletes. J Sports Sci Med. 13(1):221-222. 2014.1
2013年
  1. Maeo S, Takahashi T, Takai Y, Kanehisa H ; Trainability of muscular activity level during maximal voluntary co-contraction: comparison between bodybuilders and nonathletes. PLoS One. 8(11). 2013.11
  2. Maeo S, Takahashi T, Takai Y, Kanehisa H ; Trunk muscle activities during abdominal bracing: Comparison among muscles and exercises. J Sports Sci Med.12(3):467-474,2013.9
  3. Takai Y, Ohta M, Akagi R, Kato E, Wakahara T, Kawakami Y, Fukunaga T, Kanehisa H ; Validity of ultrasound muscle thickness measurements for predicting leg skeletal muscle mass in healthy Japanese middle-aged and elderly individuals. J Physiologica Anthropol. 32(12). 2013.9
  4. Takai Y, Fukunaga Y, Fujita E, Mori H, Yoshimoto T, Yamamoto M, Kanehisa H;Effects of body mass-based squat training in adolescent boys.J Sports Sci Med.12:60-65.2013.3
  5. Fukunaga Y, Takai Y, Yoshimoto T, Fujita E, Yamamoto M, Kanehisa H;Influence of maturation on anthropometry and body composition in Japanese junior high school students.J Physiologica Anthropol.32:5-5.2013.3
2012年
  1. Nakamoto H, Yoshitake Y, Takai Y, Kanehisa H, Kitamura T, Kawanishi M, Mori S; Knee extensor strength is associated with Mini-Mental State Examination scores in elderly men, Eur J Appl Physiol, 112, 1945–1953, 2012
  2. 吉本隆哉,髙井洋平,藤田英二,福永裕子,金高宏文,西薗秀嗣,金久博昭,山本正嘉;小・中学生男子の下肢筋群の筋量および関節トルクが走・跳躍能力に与える影響, 体力科学, 61(1), 79-88, 2012
  3. 小松崎朋子,髙井洋平,金久博昭,山本正嘉; アジリティエクササイズが直線走および方向転換走のタイムに与える一過性の影響, レーニング科学, 23(4), 321-328, 2012
2011年
  1. Takai Y, Katsumata Y, Kawakami Y, Kanehisa H, Fukunaga T; Ultrasound method for estimating the cross-sectional area of the psoas major muscle, Med Sci Sport Exerc, 43(10), 2000-2004, 2011
  2. Yoshitake Y, Takai Y, Kitamura M, Kawanishi M, Kanehisa H; Body mass-based exercise in middle-aged and older women, Int J Sports Med, 32(12), 924-928, 2011
  3. Akagi R, Takai Y, Ohta M, Kanehisa H, Fukunaga T, Kawakami Y; Size-strength relationships of elbow flexors and extensors are not affected by age or gender, Eur J Sport Sci, 11(4), 277-282, 2011
  4. 橋本亜季,中村夏美,髙井洋平,山本正嘉; 大学カヌースプリント競技・カヤック選手の形態的特徴および力発揮能力と競漕タイムとの関係, スポーツトレーニング科学, 12, 1-7, 2011
2010年
  1. Akagi R, Takai Y, Kato E, Wakahara T, Ohta M, Kanehisa H, Fukunaga T, Kawakami Y. Development of an equation to predict muscle volume of elbow flexors for men and women with a wide range of age. Eur J Appl Physiol, 108(4): 689-94, 2010.
  2. Asaka M, Usui C, Ohta M, Takai Y, Fukunaga T, Higuchi M. Elderly oarsmen have larger trunk and thigh muscles and greater strength than age-matched untrained men. Eur J Appl Physiol, 108(6): 1239-45, 2010.
2009年
  1. Takai Y, Ohta M, Akagi R, Kanehisa H, Kawakami Y, Fukunaga T. Sit-to-stand test to evaluate knee extensor muscle size and strength of the elderly. A novel approach. J Physiol Anthropol, 28(3): 123-128, 2009
  2. Akagi R, Takai Y, Kato E, Fukuda M, Wakahara T, Ohta M, Kanehisa H, Kawakami Y, Fukunaga T. Relationships between muscle strength and indices of muscle cross-sectional area determined during maximal voluntary contraction in middle-aged and elderly individuals. J Strength Cond Res, 23(4): 1258-62, 2009.
  3. 設楽佳世, 髙井洋平, 太田めぐみ, 若原卓, 川上泰雄, 金久博昭, 福永哲夫. 光学3次元人体形状計測法に基づく体表面積の推定式の開発, 体力科学, 58(4), 463-74, 2009.
  4. Akagi R, Takai Y, Ohta M, Kanehisa H, Kawakami Y, Fukunaga T. Muscle volume compared to cross-sectional area is more appropriate for evaluating muscle strength in young and elderly individuals. Age Ageing, 38(5): 564-9, 2009.
2008年
  1. Takai Y, Sawai S, Kanehisa H, Kawakami Y, Fukunaga T. Age and sex differences in the levels of muscular activities during daily physical actions. IJSHS, 6, 169-81, 2008
  2. Sawai S, Takai T, Saegusa K, Yoshioka T, Fukunaga T. Levels of muscular activity in different parts of the body during basic nursing actions. IJSHS, 6, 1-14, 2008
2007年
  1. 勝亦陽一, 髙井洋平, 太田めぐみ, 佐久間淳,川上泰雄, 福永哲夫. 大学野球選手にみられる筋量および筋量分布の特徴が投球スピードに与える影響. スポーツ科学研究, 4, 75-84, 2007.
2005年
  1. 髙井洋平,杉崎範英,竹下香寿美,川上泰雄,福永哲夫. 自重によるシットアップ及びスクワット動作における筋活動水準. スポーツ科学研究, 2, 9-19, 2005.

著書 (Books etc)

2018年
  1. 高井洋平 (福永哲夫, 山本正嘉 編著); 体育・スポーツ分野における実践研究の考え方と論文の書き方 第3部 サッカーを対象とした実践研究, pp.96-108, 市村出版, 2018

学会発表 (Presentation at an academic meeting)

2017年
  1. 高井洋平,甲斐智大,瀧剛志.優勢領域を用いたサッカーのスペースを利用した攻撃の検出とその応用.スポーツ情報処理時限研究会,2017.11
  2. 原村未来,高井洋平,山本正嘉.子どもの自体重負荷運動における動作様式の違いが呼吸循環応答および筋活動水準に与える影響.第72回日本体力医学会大会,2017.9
  3. Takai Y, Nakatani M, Shiokawa K, Komori D. Effect of core training with wheeled platform on trunk muscle hypertrophy in soccer players. World Conference on Science and Soccer, 2017. 5
  4. Nakatani M, Murata K, Kanehisa H, Takai Y. Site-related difference in muscle size influences ballistic power-generating capability of elbow flexors. 22nd Annual Congress of the European College of Sport Science, 2017.5
  5. Kai T, Takai Y, Wada T, Kanehisa H, Fukunaga T; Propulsive acceleration and velocity of 1 vs. 1 in soccer with relation to wins and losses, 5th NSCA International Conference,2017.1
  6. Haramura M, Takai Y, Yamamoto M, Kanehisa H; Differences in cardiorespiratory responses body mass-based squat exercise beween boys and adult men, 5th NSCA International Conference,2017.1
2016年
  1. 永原隆,原村未来,水谷未来,高井洋平,松尾彰文; 小中学生の加速疾走における時空間変数と地面反力の変化, 第24回日本バイオメカニクス学会大会,2016.9
  2. 吉本隆哉,堂脇純二,吉浦知子,高井洋平,山本正嘉,金久博昭; ジュニア期のスプリンターにおける最大疾走速度の体力的要因, 第71回日本体力医学会大会,2016.9
  3. 原村未来,高井洋平,山本正嘉,金久博昭; 自体重負荷運動における動作様式の違いが呼吸代謝特性に与える影響, 第71回日本体力医学会大会,2016.9
  4. 吉本隆哉,高井洋平,土江寛裕,千葉佳裕,原村未来,舟橋毅,金久 博昭; 陸上競技短距離走選手におけるスプリントパフォーマンスとミニハードルエクササイズのタイムとの関係, 日本体育学会第67回大会,2016.8
  5. 鈴木 雅,坂本真嗣,弘中邦佳,原村未来、中谷深由紀,亀田麻依,水谷未来,高井洋平,前田 明; ボディビル世界チャンピオンのスクワットにおける意識の違いが筋放電パターンに及ぼす影響, 第2回日本スポーツパフォーマンス学会大会,2016.8
  6. 甲斐智大,堀尾郷介,青木 竜,高井洋平; 大学サッカー選手のGlobal Positioning System(GPS)データの活用は,試合時の移動を質的・量的に改善させる, 第2回日本スポーツパフォーマンス学会大会,2016.8
  7. 中谷深友紀,高井洋平,堀尾郷介,小森大輔,金久博昭; 下肢および腹部の筋厚におけるサッカー選手と陸上競技跳躍・混成選手の違い, 日本体育学会第67回大会,2016.8
  8. 高井洋平,甲斐智大,堀尾郷介,中谷深友紀,青木竜,塩川勝行,金久博昭; 大学男子サッカーにおける将来有望な選手の身体組成の評価指標, 日本体育学会第67回大会,2016.8
  9. Kamijo K, Takeda Y, Takai Y, Haramura H.; The Association between Childhood Aerobic Fitness and Source Memory Function, 63th ACSM Annual Meeting,2016.5
  10. 髙井洋平,堀尾郷介,甲斐智大,石井泰光,青木竜;大学サッカー選手の競技水準が試合時の移動距離に与える影響,第13回日本フットボール学会,2016.3
  11. 甲斐智大,堀尾郷介,青木竜,髙井洋平;相手ゴールを向いてボールを受けるプレーと試合時の高強度での移動距離との関係,第13回日本フットボール学会,2016.3
2015年
  1. 原村未来,髙井洋平,吉本隆哉,金久博昭,山本正嘉;若齢男性における自重負荷スクワット運動中の筋活動水準および有酸素性代謝特性,第28回日本トレーニング科学会大会,2015.11
  2. 堀尾郷介,甲斐智大,中谷深友紀,青木竜,髙井洋平;サッカー選手におけるシーズン中のフィジカルトレーニングが試合での走行回数および距離に与える影響,第28回日本トレーニング科学会大会,2015.11
  3. 甲斐智大、青木竜、堀尾郷介、金久博昭、髙井洋平;サッカーの試合での攻撃場面の違いがスプリントの回数に与える影響,第28回日本トレーニング科学会大会,2015.11
  4. 中谷深友紀,堀尾郷介,髙井洋平,金久博昭;男子サッカー選手における異なるフィジカルトレーニングが大腿前後部の筋肥大の部位差に与える影響,第28回日本トレーニング科学会大会,2015.11
  5. 吉本隆哉,舟橋毅,髙井洋平,山本正嘉,金久博昭;Visual analog scale(VAS)を用いた垂直跳動作の質的評価は可能か? 第28回日本トレーニング科学会大会,2015.11
  6. Takai Y, Horio K, Kai T, Aoki T; Physiological responses and physical activity in small-sided games for collegiate soccer players. 20th Annual Congress of the European College of Sport Science. 2015.6
  7. Horio K, Takai Y, Aoki T, Kai T, Yamamoto M; Effect of playing level on match-play activity profile in collegiate soccer. 20th Annual Congress of the European College of Sport Science. 2015.6
  8. Kai T, Takai Y, Horio K, Aoki T, Kanehisa H, Yamamoto M; Quantification of number and appearance ratio of a ball control play facing opponent's goal in soccer. 20th Annual Congress of the European College of Sport Science. 2015. 6
  9. Nakatani M, Takai Y, Akagi R, Wakahara T, Sugisaki N, Ohta M, Kawakami Y, Fukunaga T, Kanehisa H; Applicability of ultrasound muscle thickness measurements for predicting quadriceps femoris muscle volume in middle-aged and elderly population. 20th Annual Congress of the European College of Sport Science. 2015. 6
  10. Haramura M, Takai Y, Yoshimoto T, Yamamoto M, Kanehisa H; Metabolic profile of body mass-based squat exercise in healthy young men. 20th Annual Congress of the European College of Sport Science. 2015.6
2013年
  1. 髙井洋平,高橋拓巳,中本浩揮,金久博昭;ドロップジャンプにおける動作遂行時の予測の有無が体幹および下肢筋群の筋活動に与える影響,日本体育学会第64回大会,2013.8
  2. 田屋敷幸太,髙井洋平,前大純朗,金久博昭;ブレイシングおよびドローイング時の腹腔内圧、体幹筋群の筋厚および筋活動水準,日本体育学会第64回大会,2013.8
  3. 吉武康栄,髙井洋平,金久博昭;随意的共収縮中における拮抗筋間の活動パターン,日本体育学会第64回大会,2013.8
  4. 水谷未来,亀田麻依,山崎大嗣,髙井洋平,前田明;大学サッカー選手のインステップキックにおけるボール速度と精確性との関係,日本体育学会第64回大会,2013.8
  5. 蔭山雅洋,杉山敬,福永裕子,髙井洋平,金久博昭,前田明;野球選手における体力特性が投球速度に与える影響 中学生、高校生、大学生の年齢別の特徴について,日本体育学会第64回大会,2013.8
  6. 高橋拓巳,髙井洋平,金久博昭;ドロップジャンプにおける動作遂行の予測の有無がパフォーマンスに及ぼす影響,日本体育学会第64回大会,2013.8
  7. 中谷深友紀,福永裕子,髙井洋平,藤田英二,山本正嘉,金久博昭;発育期における身体組成とBody Mass Index (BMI)との関係,日本体育学会第64回大会,2013.8
  8. 原村未来,髙井洋平,福永裕子,奥島大,森寿仁,奥島大,山本正嘉,前田明;実業団に所属する陸上競技女子長距離選手の体力特性の縦断的変化,日本体育学会第64回大会,2013.8
  9. 吉本隆哉,髙井洋平,金久博昭,山本正嘉;事前のミニハードルドリルにより陸上競技短距離選手の疾走能力は改善する,日本体育学会第64回大会,2013.8
  10. Mizutani M, Takai Y, Maeda A ; Ball distribution using the instep kick in collegiate soccer players. The 31st Conference of the International Society of Biomechanics in Sports. 2013.7
  11. Maeo S, Takahashi T, Takai Y, Kanehisa H ; Trunk muscle activities during abdominal bracing: comparison among muscles and exercises. 18th ECSS Annual Congress. 2013.6
  12. Tayashiki K, Takai Y, Maeo S, Yamamoto M, Kanehisa H ; Association between intra-abdominal pressure and muscle activity levels of trunk muscles. 18th ECSS Annual Congress. 2013.6
  13. Maeo S, Takahashi T, Takai Y, Kanehisa H ; Muscular activity during maximal voluntary co-contraction in bodybuilders. 60th ACSM Annual Meeting. 2013.5
  14. 髙井洋平,福永裕子,吉本隆哉,森寿仁,藤田英二,武岡佑磨,北村尚浩,川西正志,金久博昭,山本正嘉;小学生男子における8週間の自体重負荷スクワットトレーニングの効果,日本発育発達学会第11回大会,2013.3
  15. 勝亦陽一,設楽佳世,飯田悠佳子,鳥居俊,髙井洋平,平野裕一;野球競技で全国大会に出場した中学生投手における投球スピードおよび体格の特徴,日本発育発達学会第11回大会,2013.3
  16. 福永裕子,髙井洋平,藤田英二,吉本隆哉,森寿仁,金久博昭,山本正嘉;発育期の垂直跳び跳躍高に与える身体組成および力発揮能力の影響,日本発育発達学会第11回大会,2013.3
2012年
  1. Takai Y, Yoshitake Y, Maeo S, Kanehisa H, Shinohara M; Effect of joint angle on muscle stiffness assessed with ultrasound shear-wave elastography, XIXth Congress of the International Society of Electrophysiology & Kinesiology, Australia, 7/19-21, 2012 
  2. Fujita E, Yoshitake Y, Takai Y, Kanehisa H; Effect of body mass-based squat training on knee extensor strength in frail elderly, 59th ACSM Annual Meeting, San Francisco, California, 5/29-6/2, 2012
  3. Maeo S, Yoshitake Y, Takai Y, Fukunaga T, Kanehisa H; Effects of resistance training with maximal voluntary co-contraction on neuromuscular function, 59th ACSM Annual Meeting, San Francisco, California, 5/29-6/2, 2012
  4. 前大純朗,高橋拓巳,髙井洋平,吉武康栄,福永哲夫,金久博昭; 体幹部筋群の最大随意同時収縮中の筋活動水準, 日本体育学会第63回大会, 8/22-24, 2012
  5. 蔭山雅洋,岩本峰明,杉山敬,水谷未来,髙井洋平,隅野美砂輝,金久博昭,前田明; 投球速度の異なる大学野球選手の投球動作における地面反力の違い, 日本体育学会第63回大会, 8/22-24, 2012
  6. 吉本隆哉,髙井洋平,藤田英二,福永裕子,金久博昭,山本正嘉; 小・中学生男子の疾走速度に与える身体組成,下肢筋力および各種跳躍能力の影響, 日本体育学会第63回大会, 8/22-24, 2012
  7. 青木竜,髙井洋平,塩川勝行,吉武康栄,金久博昭; 大学サッカー選手の走方向事前指示有り条件と無し条件の方向転換走と全身反応時間との関係, 日本体育学会第63回大会, 8/22-24, 2012
2011年
  1. 髙井洋平,吉武康栄,前大純朗,篠原稔,福永哲夫,金久博昭; 超音波せん断波エラストグラフィー法による筋硬度の再現性と発揮筋力との関係, 第66回日本体力医学会大会, 山口, 9/16-18, 2011
  2. 藤田英二,吉武康栄,髙井洋平,西薗秀嗣,金久博昭; 低体力の高齢者における自重負荷エクササイズの筋活動水準とトレーニング効果, 第66回日本体力医学会大会, 山口, 9/16-18, 2011
  3. 中本浩輝,吉武康栄,髙井洋平,前大純朗,金久博昭,福永哲夫; レジスタンスエクササイズが認知機能に与える一過性の効果, 第66回日本体力医学会大会, 山口, 9/16-18, 2011
  4. 前大純朗,吉武康栄,髙井洋平,金久博昭; 拮抗する筋群の同時収縮によるトレーニングが最大随意収縮中の筋力および筋放電量に及ぼす影響, 第66回日本体力医学会大会, 山口, 9/16-18, 2011
  5. 前大純朗,吉武康栄,髙井洋平,金久博昭; 拮抗する筋群の随意同時収縮(VSC)によるトレーニングが筋厚および筋力に及ぼす影響-VSCによるトレーニングは,筋厚および筋力を増加させる-, 日本体育学会第62回大会, 鹿児島, 9/25-27, 2011
  6. 福永裕子,髙井洋平,吉本隆哉,藤田英二,西薗秀嗣,山本正嘉,金久博昭; 発育期女子における身体組成,関節トルクおよび走・跳能力に及ぼす成熟度の影響, 日本体育学会第62回大会, 鹿児島, 9/25-27, 2011
  7. 吉本隆哉,髙井洋平,藤田英二,福永裕子,西薗秀嗣,金高宏文,金久博昭,山本正嘉; 思春期男子の走・跳躍能力に及ぼす成熟度の影響, 日本体育学会第62回大会, 鹿児島, 9/25-27, 2011
  8. 原村未来,奥島大,福永裕子,松村勲,髙井洋平,山本正嘉,前田明; 実業団との比較からみた大学生女子長距離選手の体力特性, 第24回日本トレーニング科学会大会, 東京, 11/5-6, 2011
  9. 蔭山雅洋,岩本峰明,髙井洋平,山本正嘉,前田明; 大学野球投手の体幹捻転機能および動作が投球速度に与える影響, 第24回日本トレーニング科学会大会, 東京, 11/5-6, 2011
  10. 隅野美砂輝, 小原爽子, 横山有理,瀬田豊文, 前田明, 長島未央子, 髙井洋平, 山﨑利夫; 産官学連携によるプロスポーツ選手自主トレーニングの受入れ事業:鹿屋市観光協会、鹿屋市、鹿屋体育大学の事例, 日本スポーツマネジメント学会第4回大会, 東京, 12/10-11, 2011
  11. 山﨑利夫, 隅野美砂輝, 髙井洋平, 前田明, 長島未央子; 産官学連携によるプロスポーツ選手自主トレーニングの受け入れについて, 九州体育・スポーツ学会第60回大会, 沖縄, 8/28, 2011
2010年
  1. 髙井洋平, 小峰秀彦, 赤澤暢彦, 前田清司, 吉澤睦子, 横井孝志; メンタルストレス時の腎臓血流応答は持久的運動習慣によって減弱する, 第65回日本体力医学会大会, 千葉, 9/16-18, 2010
  2. 髙井洋平,澤井史穂、金久博昭,川上泰雄,福永哲夫; 日常生活動作時の筋活動水準と随意最大筋力との関係, 日本体育学会第61回大会, 愛知, 9/8-10, 2010
  3. 赤澤暢彦, 菅原順, 小峰秀彦, 髙井洋平, 田名辺陽子, 大原國章, 横井孝志; フェイシャルマッサージが心身機能に与える影響, 第65回日本体力医学会大会, 千葉, 9/16-18, 2010
  4. 沢井史穂, 磯和勅子, 髙井洋平, 平山邦明; 長期間定期的な運動習慣を有する中高年女性の身体組成および身体機能特性, 日本体育学会第61回大会, 愛知, 9/8-10, 2010
  5. 赤木亮太, 太田めぐみ, 髙井洋平、金久博昭, 川上泰雄, 福永哲夫; 肘関節屈曲筋群および伸展筋群の筋体積-関節トルク関係は年齢と性の影響を受けない, 日本体育学会第61回大会, 愛知, 9/8-10, 2010
2009年
  1. 髙井洋平, 小峰秀彦, 赤澤暢彦, 前田清司, 吉澤睦子, 横井孝志. 持久的運動習慣が一過性メンタルストレス時の上腕動脈血流応答に与える影響. 第64回日本体力医学会大会, 2009.
  2. 赤澤暢彦, 小峰秀彦, 髙井洋平, 前田清司, 吉澤睦子, 横井孝志. レジスタンス運動トレーニングが頸動脈伸展性と動脈血圧反射感受性に与える影響. 第64回日本体力医学会大会, 2009.
  3. 桂田勝, 若原卓, 髙井洋平, 福谷充輝, 金久博昭, 川上泰雄, 矢内利政. 日常生活動作における身体加速度と下肢の筋活動水準の関係. 第64回日本体力医学会大会, 2009.
2008年
  1. Takai Y, Ohta M, Akagi R, Kanehisa H, Kawakami Y, Fukunaga T. The relationship between the functions of knee extensors muscles and the score of sit-to-stand in the middle-aged and older individuals. 7th World Congress on Aging and Physical Activity, 2008
  2. Akagi R, Takai Y, Ohta M, Kawakami Y, Fukunaga T. Relationships between muscle volume of elbow flexors and elbow flexion joint torque in young, middle-aged and elderly individuals. 13th annual Congress of the European College of Sport Science, 2008.
  3. Asaka M., Usui C, Kaneko K., Ohta M., Takai Y., Fukunaga T. and Higuchi M. Elderly Oarsmen Have Larger Major Psoas Muscle Mass. American College of Sports Medicine 55th Annual Meeting, 2008.
  4. 赤木亮太, 加藤えみか, 髙井洋平, 太田めぐみ, 金久博昭, 若原卓, 川上泰雄, 福永哲夫. 幅広い年齢層の男女に適用可能な肘屈筋群の筋体積推定式の作成. 第59回大会日本体育学会, 2008.
  5. 太田めぐみ, 緑川泰史, 髙井洋平, 増尾善久, 坂本静男, 川上泰雄, 福永哲夫. 生体電気インピーダンス法を用いたセグメント別骨格筋量推定の可能性. 第59回大会日本体育学会, 2008.
  6. 増尾善久, 太田めぐみ, 髙井洋平, 川上泰雄, 福永哲夫, 佐藤等. BI法による中高齢者の大腿部筋体積推定の精度に及ぼす電極配置の影響. 第63回日本体力医学会大会, 2008
2007年
  1. Takai Y, Sawai S, Shimada M, Kanehisa H, Kawakami Y, Fukunaga F. Lower-limb muscular activities during physical tasks of daily living are higher in the elderly compared with the young. 12th Annual congress of the European college of sports science, 2007.
  2. Katsumata Y, Takai Y, Kawakami Y, Fukunaga T. Determination of the psoas major muscle thickness by B-mode ultrasonography. American society of Biomechanics 2007 annual conference, 2007.
  3. Fukuda M, Takai Y, Kawakami Y, Fukunaga T. Presentation of target torque level enhances maximal voluntary torque. American society of Biomechanics 2007 annual conference, 2007.
  4. 赤木亮太,髙井洋平,福田誠,金久博昭,太田めぐみ,川上泰雄,福永哲夫. 中高齢者における関節トルクおよび筋力と筋断面積指標との関係. 第58回日本体育学会大会, 2007.
  5. 冨田真司,増尾善久,髙井洋平,太田めぐみ,川上泰雄,福永哲夫. 生体電気インピーダンス法(BI法)による下肢骨格筋量における測定姿勢の検討. 第62回日本体力医学会大会, 2007.
  6. 福井俊太郎,髙井洋平,川上泰雄,福永哲夫. 同一挙上重量における両側性と一側性の肘関節屈曲伸展動作中の筋活動. 第20回日本トレーニング科学会大会, 2007.
2006年
  1. Takai Y, Sugisaki N, Kanehisa H, Kawakami Y, Fukunaga T. Feasibility of resistance training employing daily physical actions for improvement of muscle strength. 5th World Congress of Biomechanics, 2006.
  2. 髙井洋平,金久博昭,川上泰雄,福永哲夫. 日常生活動作を利用したトレーニング動作の有用性. 第61回日本体力医学会大会, 2006.
2005年
  1. 平瀬正典,福永哲夫,髙井洋平,高田祐輔,杉崎範英,境健吾. 高齢者の生き生きとした身体を獲得するための踊りの活用研究‐筋電図法を用いた阿波踊りと沖縄エイサーの筋活動量計測とその応用. 第5回日本抗加齢医学会総会, 2005.
  2. 沢井志穂,髙井洋平,吉岡多美子,三枝清美,福永哲夫. 基本的介護動作における身体各部の筋活動水準の評価. 第60回日本体力医学会大会, 2005
2004年
  1. 髙井洋平,杉崎範英,竹下香寿美,川上泰雄,福永哲夫. 自重によるシットアップ及びスクワット動作における筋活動水準. 第17回トレーニング科学研究会, 2004.
  2. 勝亦陽一,東香寿美,髙井洋平,赤木亮太,川上泰雄,福永哲夫. 6週間の等尺性筋力発揮トレーニングに伴うトルクと筋電図の変化. 第17回トレーニング科学研究会, 2004.
  3. 東香寿美,勝亦陽一,髙井洋平,赤木亮太,川上泰雄,福永哲夫. 6週間の等尺性筋力発揮トレーニングに伴う肘屈曲トルク及び上腕屈筋群筋厚の変化. 第17回トレーニング科学研究会, 2004.

その他社会活動 (Social Contribution)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて