プロフィール (Profile)

角川 隆明 (Tsunokawa Takaaki )

氏名 (Name) 角川 隆明 (Tsunokawa Takaaki )
職名 (Job title) 講 師 (Senior Assistant Professor )
連絡先(TEL) 0994-46-4987
連絡先(FAX) 0994-46-4987
連絡先(E-Mail) このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
個人ウェブサイト (URL)  
学歴 (Education) 筑波大学体育専門学群 2009年3月卒業
筑波大学大学院人間総合科学研究科博士前期課程 2011年3月修了
学位 (Degree) 博士(体育科学)筑波大学 2015年5月

職歴 (Academic & Professional Experience)

2014年5月 筑波大学体育系 特任助教
2016年3月 鹿屋体育大学 講師

専門分野 (Research Areas)

  • 水泳

主な研究内容 (Main research contents)

  • スポーツを科学する
    現在行っている研究内容をわかりやすく説明しています。
    平成28年度版 (PDF)
  • RENKEI (連携)
    企業等の皆様と連携協力 (共同研究や受託研究等)可能な事項を掲載しています。
    最新年度版 (PDF)
  • 水泳のバイオメカニクス、水泳中の抵抗力測定

研究キーワード (Research Interests)

  • 流体力
  • 圧力
  • 推進力
  • 抵抗力

所属学会 (Association Memberships)

  • 日本体育学会 会員
  • 日本水泳・水中運動学会 会員
  • 日本バイオメカニクス学会 会員
  • 日本コーチング学会 会員
  • 日本機械学会 会員

資格 (Qualification)

  • 日本体育協会公認水泳上級コーチ

競技歴 (Achievement as a competitor)

  • 全国中学校体育大会水泳競技大会  優勝(2000年)
  • 全国高等学校体育大会水泳競技大会 3位 (2004年)
  • 日本選手権水泳競技大会      5位 (2007年)
  • 日本学生選手権水泳競技大会    3位 (2008年)

受賞歴 (Award)

  • 日本水泳水中運動学会2010年次大会 ヤマハ最優秀論文発表賞(2010年)
  • 12th International Symposium on Biomechanics and Medicine in Swimming Archimedes Award (2014年)
  • 第29回筑波大学河本体育科学研究奨励賞(2015年)
  • 2016年日本水泳・水中運動学会年次大会 奨励賞(2016年)
  • 2017年日本水泳・水中運動学会年次大会 奨励賞(2017年)

実技指導歴 (Achievements as a coach)

  • 筑波大学 水泳部 競泳コーチ(2008年10月~2016年2月)

論文等 (Published Papers)

2018年
  1. 角川隆明,萬久博敏,荻田太.水中モーションキャプチャと圧力分布計測を用いたクロール中に発揮される推進力の分析.鹿屋体育大学学術研究紀要, 55, pp113-121, 2018.
  2. Tsunokawa, T., Tsuno, T., Mankyu, H., Takagi, H., Ogita, F. The effect of paddles on pressure and force generation at the hand during front crawl, Human Movement Science. 57, 409-416, 2018.
  3. 角川隆明,萬久博敏,荻田太.クロールにおける泳速度の変化とストロークパラメーターの関係:圧力分布計測と水中モーションキャプチャを用いた分析.体育学研究,in press.
2017年
  1. 角川隆明, 津野天兵, 萬久博敏, 荻田太, 高木英樹. 水中モーションキャプチャと圧力分布計測を用いた手部に働く流体力の分析. 鹿屋体育大学学術研究紀要55, pp17-25, 2017.
  2. 角川隆明. エリートパラリンピック泳者のクロール泳中に働く牽引力の計測. スポーツパフォーマンス研究9, pp345-358, 2017.
  3. 仙石泰雄, 角川隆明, 小林啓介, 成田健造. 高強度トレーニングを柱とした競泳競技トレーニングプログラム. コーチング学研究30(suppl.), pp61-65, 2017.
2016年
  1. 角川隆明, 高木英樹. 圧力センサーを用いた泳動作の測定. バイオメカニクス研究19(4), pp218-224, 2016.
  2. 角川隆明. 水球選手の巻き足中に発揮される流体力の推定. 筑波大学体育系紀要39, pp57-60, 2016.
2015年
  1. Takaaki Tsunokawa, Motomu Nakashima, Hideki Takagi. Use of pressure distribution analysis to estimate fluid forces around a foot during breaststroke kicking. Sports Engineering 18, pp149-156, 2015. 
  2. 角川隆明,仙石泰雄,椿本昇三,高木英樹.平泳ぎキック動作中に働く非定常流体力と足部表面の圧力分布の関係.体育学研究,60(1),pp165-175, 2015.
2014年
  1. Takaaki Tsunokawa, Motomu Nakashima, Yasuo Sengoku, Shozo Tsubakimoto, Hideki Takagi. A new method to evaluate breaststroke kicking technique using a pressure distribution analysis. Proceeding of 12th International Symposium on Biomechanics and Medicine in Swimming, pp263-269, 2014. 
  2. Yasuo Sengoku, Takaaki Tsunokawa, Keisuke Kobayashi, Shozo Tsubakimoto. Comparison of the training load during high-intensity interval resisted training programmed by different exercise duration. Proceeding of 12th International Symposium on Biomechanics and Medicine in Swimming, pp328-332, 2014. 
  3. 角川隆明,仙石泰雄,椿本昇三,高木英樹.トレーニング進行に伴う圧力分布から推定した平泳ぎ中の足部流体力の変化.トレーニング科学25(4), pp311-318, 2014.
2012年
  1. 角川隆明,高木英樹,仙石泰雄,椿本昇三.平泳ぎ泳パフォーマンスと圧力分布から推定した足部流体力の関係.体育学研究57(2),pp515-525, 2012.
2011年
  1. 角川隆明,武田剛,椿本昇三.足部の圧力分布測定による平泳ぎ下肢動作の考察.水泳水中運動科学13(1),pp22-28,2011.

著書 (Books etc)

学会発表 (Presentation at an academic meeting)

2018年
  1. Tsunokawa, T., Narita, K., Mankyu, H., Ogita, F., Takagi, H.; Estimation of propulsive forces acting on a hand using pressure measurement and underwater motion capture during front crawl, 13th International Symposium on Biomechanics and Medicine in Swimming, 2018.9
  2. Moriyama, S., Mankyu, H., Tsunokawa, T., Kurono, T., Mizukoshi, H., Yoshida, Y., Ogita, F.;  Effects of swimming suits with different styles and materials on maximum propulsive power and intra-abdominal pressure during swimming, 13th International Symposium on Biomechanics and Medicine in Swimming, 2018.9
  3. 岩下幸平,角川隆明,荻田太,萬久博敏,金高宏文; 競泳の長距離種目におけるキック動作の違いと手部の推進力との関係, 九州体育・スポーツ学会第67回大会, 2018.9
2017年
  1. 角川隆明、萬久博敏、成田健造、高木英樹、荻田太; クロール泳における泳速度の変化と上肢動作で発揮される推進力との関係, 2017年日本水泳・水中運動学会年次大会, 2017.10(奨励賞)
  2. 鈴木天理、角川隆明、萬久博敏、前田明; 競泳リレーステップスタートの動作特徴とバックプレート位置の違いによるパフォーマンスへの影響, 2017年日本水泳・水中運動学会年次大会, 2017.10
2016年
  1. 新田城二,萬久博敏,角川隆明,田口信教,金高宏文,藤井康成,赤嶺卓哉; 中高年の腰痛・肩関節症例の身体・体力機能に及ぼす水中運動の影響 -過去10年間の教室成績から-,九州・山口スポーツ医・科学研究会,2016.12
  2. 角川隆明、萬久博敏、荻田太; 泳動作中の手部のキネマティクスと圧力分布の関係, スポーツ工学・ヒューマンダイナミクス2016,2016.11
  3. 角川隆明、岸本太一、桜井誠一; Assisted Towing Methodを用いたエリート障がい者競泳選手の泳動作中に働く抵抗力の測定, 2016年日本水泳・水中運動学会年次大会,2016.10(奨励賞)
  4. Kawai, E., Tsunokawa, T., Tsubakimoto, S., Takagi, H.; A study of fluid force acting on a foot during eggbeater kicks of water polo players, 24th International Conference on Biomechanics in Sports,2016.7
2014年
  1. Takaaki Tsunokawa, Motomu Nakashima, Yasuo Sengoku, Shozo Tsubakimoto, Hideki Takagi. A new method to evaluate breaststroke kicking technique using a pressure distribution analysis. 12th International Symposium on Biomechanics and Medicine in Swimming, Australia, 2014.
2013年
  1. Takaaki Tsunokawa, Motomu Nakashima, Yasuo Sengoku, Shozo Tsubakimoto, Hideki Takagi. Estimation of the fluid forces around a foot by a pressure distribution analysis during breaststroke kicking. 18th annual congress of the European College of Sport Science , Spain, 2013.

その他社会活動 (Social Contribution)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて