プロフィール (Profile)

Tamaki Hiroyuki

氏名 (Name) 田巻 弘之 (Tamaki Hiroyuki)
職名 (Job title) 教授 (Professor)
連絡先(TEL)  
連絡先(FAX)  
連絡先(E-Mail) tamaki※nifs-k.ac.jp
メールアドレスは「※」を「@」に変換してください
個人ウェブサイト (URL)  
学歴 (Education) 鹿屋体育大学体育学部体育・スポーツ課程 1991年3月卒業
鹿屋体育大学大学院体育学研究科スポーツ科学コース 1993年3月修了
学位 (Degree) 博士(医学)(鹿児島大学 2001年7月)

職歴 (Academic & Professional Experience)

1993年 4月 鹿屋体育大学体育学部 助手
1994年 2月 鹿児島大学医学部整形外科学教室及び第二解剖学教室 研究員
1997年10月 カリフォルニア大学ロサンゼルス校生理科学部 研究員
2002年 7月 鹿屋体育大学体育学部 准教授
2010年 4月 新潟医療福祉大学医療技術学部 教授
2019年 4月 鹿屋体育大学スポーツ生命科学系 教授

専門分野 (Research Areas)

  • 運動生理学(Exercise Physiology)

主な研究内容 (Main research contents)

  • スポーツを科学する
    現在行っている研究内容をわかりやすく説明しています。
    平成30年度版 (PDF)
  • 加齢や不動によって骨や骨格筋がどのように萎縮するのか、どのような運動・トレーニングで防止できるのか等について組織・細胞を顕微鏡などで調べて仕組みを解明しようとしている。

研究キーワード (Research Interests)

  • 骨粗鬆症
  • 筋萎縮
  • 物理療法

所属学会 (Association Memberships)

  • 日本体力医学会
  • 日本体育学会
  • 日本運動生理学会
  • 日本生理学会
  • 日本解剖学会
  • 日本骨代謝学会
  • 日本基礎理学療法学会
  • European Collage of Sport Science
  • American Society for Bone and Mineral Research
  • International Bone and Mineral Society
  • Society for Neuroscience

資格 (Qualification)

  • 中学校教諭専修免許状
  • 高等学校教諭専修免許状

競技歴 (Achievement as a competitor)

受賞歴 (Award)

実技指導歴 (Achievements as a coach)

論文等 (Published Papers)

2017年
  1. Tamaki H, Yotani K, Ogita F, Hayao K, Nakagawa K, Sugawara K, Kirimoto H, Onishi H, Kasuga N, Yamamoto N, Electrical stimulation of denervated rat skeletal muscle ameliorates bone fragility and muscle loss in early-stage disuse musculoskeletal atrophy. Calcif Tissue Int, 100(4), 420-430, 2017
2016年
  1. Tamaki H, Yotani K, Ogita F,Kirimoto H, Onishi H, Kasuga N, Bone loss due to disuse and electrical muscle stimulation. J Phys Fitness Sports Med, 5(4), 267-273, 2016
2015年
  1. Tamaki H, Yotani K, Ogita F, Takahashi H, Kirimoto H, Onishi H, Yamamoto N, Effect of electrical stimulation-induced muscle force and streptomycin treatment on muscle and trabecular bone mass in early-stage disuse musculoskeletal atrophy. J Musculoskelet Neuronal Interact, 15(3), 270-278, 2015
2014年
  1. Tamaki H, Tomori K, Yotani K, Ogita F, Sugawara, K, Kirimoto H, Onishi H, Yamamoto N, Kasuga N, Electrical stimulation of denervated rat skeletal muscle retards trabecular bone loss in early stages of disuse musculoskeletal atrophy. J Musculoskelet Neuronal Interact, 14(2), 220-228, 2014
2013年
  1. Tamaki H, Yotani K, Ogita F, Takahashi H, Kirimoto H, Onishi H, Yamamoto N, Changes over time in structural plasticity of trabecular bone in rat tibiae immobilized by reversible sciatic denervation. J Musculoskelet Neuronal Interact, 13(3), 251-258, 2013
2012年
  1. 田巻弘之, 運動刺激による骨組織の形成と吸収. 日本運動生理学雑誌, 19(2), 53-57, 2012
2011年
  1. Tamaki H, Kirimoto H, Yotani K, Takekura H, Frequent alternate muscle activity of plantar flexor synergists and muscle endurance during low-level static contractions as a function of ankle position. J Physiol Sci, 61, 411-419, 2011

著書 (Books etc)

2014年
  1. 田巻弘之;骨の形成と吸収, 宮村実晴編, ニュー運動生理学(Ⅰ), 真興交易医書出版部, 2014, 279-288
2013年
  1. 田巻弘之;運動生理学(筋骨格系,神経系),健康スポーツ学概論. 杏林書院,2013,64-73
2010年
  1. 田巻弘之;運動と骨格.骨の形成と吸収, 宮村実晴編, 運動生理学のニューエビデンス, 真興交易医書出版部, 2010, 154-161
2007年
  1. 田巻弘之;ジェロントロジースポーツの身体運動学~高齢者の筋-神経機能とトレーニング, 長ヶ原誠編, ジェロントロジースポーツ, 2007, 60-77
2006年
  1. 春日規克,田巻弘之;運動生理学の基礎と発展, 春日規克・竹倉宏明編, フリースペース, 2006, 209-232

学会発表 (Presentation at an academic meeting)

 

その他社会活動 (Social Contribution)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて