プロフィール (Profile)

中本 浩揮 (Nakamoto Hiroki)

氏名 (Name) 中本 浩揮 (Nakamoto Hiroki)
職名 (Job title) 准教授 (Associate Professor)
連絡先(TEL) 0994-46-4975
連絡先(FAX)  
連絡先(E-Mail) このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
個人ウェブサイト (URL)  
学歴 (Education) 東京学芸大学 教育学部 保健体育専攻 2002年3月卒業
東京学芸大学大学院 修士課程教育学研究科 保健体育専攻 2004年3月修了
鹿屋体育大学大学院 博士後期課程体育学研究科 体育学専攻 2008年3月修了
学位 (Degree) 教育学修士 (東京学芸大学 2004年3月)
博士 (体育学)(鹿屋体育大学 2008年3月)

職歴 (Academic & Professional Experience)

2004年 4月
東京学芸大学教育学部教務補佐員
財団法人田中教育研究所非常勤研究員
2008年 4月 鹿屋体育大学体育学部 講師
2014年10月 鹿屋体育大学体育学部 准教授

専門分野 (Research Areas)

  • 熟達化 (Expertise)
  • 運動学習 (Motor Learning)
  • 知覚-運動制御 (Motor Control)

主な研究内容 (Main research contents)

  • スポーツを科学する
    現在行っている研究内容をわかりやすく説明しています。
    平成25年度版 (PDF)
    平成24年度版 (PDF)
    平成23年度版 (PDF)
  • RENKEI (連携)
    企業等の皆様と連携協力 (共同研究や受託研究等)可能な事項を掲載しています。
    最新年度版 (PDF)
  • スポーツの熟達化に関わる認知機能として知覚予測と反応抑制に着目し、この両者が競技者の巧みな運動制御や運動修正を引き出すまでの相互的な認知メカニズムを解明すること、また、熟達化を促す知覚・認知トレーニング法の開発に取り組んでいる。

研究キーワード (Research Interests)

  • 運動学習
  • 運動制御
  • 運動再プログラミング
  • 刺激-反応適合性効果
  • 事象関連電位
  • 熟達化
  • 心理的不応期
  • 知覚トレーニング
  • 知覚予測
  • 認知トレーニング
  • 反応抑制

所属学会 (Association Memberships)

  • 日本体育学会
  • 日本スポーツ心理学会
  • 北米スポーツ心理学会
  • 教育心理学会
  • 生理心理学会
  • North American Society for Psychology of Sport and Physical Activity資格

資格 (Qualification)

競技歴 (Achievement as a competitor)

受賞歴 (Award)

実技指導歴 (Achievements as a coach)

論文等 (Published Papers)

2017年
  1. S Ikudome, S Mori, S Unenaka, M Kawanishi, T Kitamura, H Nakamoto; Effect of Long-Term Body-Mass-Based Resistance Exercise on Cognitive Function in Elderly People, Journal of Applied Gerontology, 36, 1519-1533, 2017.12
  2. T Yanai, A Matsuo, A Maeda, H Nakamoto,M Mizutani, H Kanehisa, T Fukunaga; Reliability and validity of kinetic and kinematic parameters determined with force plates embedded under soil-filled baseball mound, Journal of Applied Biomechanics, 33(4): 305-310,2017.8
  3. 幾留沙智, 中本浩揮, 森司朗, 藤田勉; スポーツ版自己調整学習尺度の開発, スポーツ心理学研究,44(1):1-17,2017.3
2016年
  1. 蔭山雅洋, 鈴木智春, 藤井雅文, 中本浩揮, 和田智仁, 前田明; 野球投手におけるマウンドと平地からの投球のバイオメカニクス的比較:投球速度および投球動作中の下肢および体幹の動作に着目して, 体育学研究,61(2):517-535,2016.12
  2. E Fujita, D Koizumi, Y Kato, H Nakamoto, M Narita, ME Rogers, N Takeshima; Effects of Body-weight Squat Training on Muscular Size, Strength and Balance Ability in Physically Frail Older Adults, International Journal of Sport and Health Science,14:21-30,2016.9
  3. 小笠希将, 中本浩揮, 幾留沙智, 森司朗; プレッシャーが知覚および運動プランニングに及ぼす影響, 体育学研究,61(1):133-147,2016.6
2015年
  1. 小笠希将, 中本浩揮, 幾留沙智, 森司朗;プレッシャーが知覚および運動プランニングに及ぼす影響,体育学研究,印刷中
  2. S Ikudome, S Mori, S Unenaka, M Kawanishi, T Kitamura, H Nakamoto;Effect of Long-Term Body-Mass-Based Resistance Exercise on Cognitive Function in Elderly People. Journal of Applied Gerontology. 印刷中
  3. E Fujita, D Koizumi, Y Kato, H Nakamoto, M Narita, ME Rogers, N Takeshima;Effects of Body-weight Squat Training on Muscular Size, Strength and Balance Ability in Physically Frail Older Adults. International Journal of Sport and Health Science. 印刷中 
  4. 中本浩揮;スポーツの熟達に伴う視覚システムの発達―動きを「みる」の熟達―,臨床スポーツ医学,2015.12
  5. 中本浩揮,外;「先を見る」ための視覚システムと実践的な取り組み,バイオメカニクス研究,2015.12
  6. 森司朗・中本浩揮・幾留沙智・畝中智志・布野泰志・竹内竜也・小笠希将,投射速度が捕球行動に及ぼす影響と重力認知との関連について,鹿屋体育大学学術研究紀要,51:1-9,2015.12
  7. 畝中智志・中本浩揮・幾留沙智・森司朗;バスケットボールのフェイント動作予測に対する同時模倣学習効果の検討,九州体育・スポーツ学研究,29(2):33-41,2015.11
  8. 水崎佑毅, 前川尚也, 中本浩揮, 幾留沙智,小笠希将, 竹内竜也, 宮崎俊輔, 森司朗;標的情報を遮蔽するタイミングが野球投手の制球の正確性に及ぼす影響,スポーツパフォーマンス研究,7:255-266,2015.9
  9. M Sasada, H Nakamoto, S Ikudome, S Unenaka, and S Mori;Color perception is impaired in baseball batters while performing an interceptive action. Attention, Perception, and Psychophysics. 77:2074-2081. 2015.8
  10. 太田洋一, 中本浩揮;バットグリップ位置の変化が野球の打撃タイミングと床反力および筋活動に与える影響,体育学研究,60:527-537,2015.8
  11. 泊弘侑・幾留沙智・森司朗・鈴木智晴・蔭山雅洋・藤井雅文・前田明・中本浩揮;野球投手における踏込み脚上下動作時間が打者のタイミングコントロールに与える影響,スポーツパフォーマンス研究,7:228-237,2015.8
  12. S Ikudome, H Nakamoto, K Yotani, S Unenaka, S Mori;Rapid adjustment of brief interceptive action without visual feedback. Brain and Cognition. 97:51-58. 2015.5
  13. H Nakamoto, S Mori, S Ikudome, S Unenaka, K Imanaka;Effects of sport expertise on representational momentum during timing control. Attention, Perception, and Psychophysics. 77:961-971. 2015.4
  14. Y Ohta, H Nakamoto, Y Ishii, S Ikudome, K Takahashi, N Shima;Muscle activation characteristics of the front leg during baseball swings with timing correction for sudden velocity decrease. PLoS ONE. 10(4). 2015.4
  15. 吉田伊津美, 森司朗, 筒井清次郎, 鈴木康弘, 中本浩揮; 保育者によって観察された基礎的運動パターンと幼児の運動能力との関係, 発育発達研究, 68, 1-9
  16. 徳田修司、森司朗、中本浩揮、幾留沙智、山下協子、布野泰志、山﨑利夫、金高宏文、山田理恵、和田智仁、竹島伸生、前田明、井福裕俊、小澤雄二、齋藤和也、坂本将基、石走知子、飯干明、松下雅雄; 連合および共同専攻の形態をとる大学院に関する調査 -東京学芸大学大学院連合教育学研究科および 愛知教育大学大学院・静岡大学大学院教育学研究科共同教科開発学専攻について-, 鹿屋体育大学学術研究紀要, 50: 51-63
  17. 森克己、ダニエル・ラインド、ミシア・ガーヴィス、マイク・カラン、中本浩揮、デイビット・エルメス、濱田幸二、坂中美郷、中村勇、山田理恵; 我が国におけるスポーツ指導者による子どもに対する虐待及び体罰の現状と子ども保護制度の必要性, 鹿屋体育大学学術研究紀要, 50: 17-24
2014年
  1. 藤井紀之,中本浩揮,幾留沙智,畝中智志,森司朗; サッカー選手のサーヴェイ的視点と心的回転能力との関係, スポーツ心理学研究, 41(2):93-103, 2014.10
  2. 畝中智志・中本浩揮・幾留沙智・森司朗; 予測スキルに対する運動シミュレーションの役割, スポーツ心理学研究, 41(2):105-114, 2014
  3. K Yotani, H Nakamoto, S Ikudome, A Yuki; Muscle contraction and relaxation-response time in response to on or off status of visual stimulus.Journal of Physiological Anthropology. 33:1-23. 2014
  4. 山田理恵, 松村勲, 隅野美砂輝, 松尾彰文, 金高宏文, 森規昭, 塩川勝行, 中本浩揮, 森克己, 和田智仁, 田口信教, 北川淳一, 瓜田吉久, 吉田剛一郎, 國宗久資; 2013年鹿屋体育大学発オリンピック・ムーブメント―古代オリンピア競技祭復元と現代スポーツ再考―, 鹿屋体育大学学術研究紀要, 49:27-38, 2014
  5. 徳田修司, 森司朗, 中本浩揮, 幾留沙智, 山下協子, 布野泰志, 山﨑利夫, 山田理恵, 和田智仁, 竹島伸生, 前田明, 井福裕俊, 小澤雄二, 齋藤和也, 坂本将基, 石走知子, 飯干明, 松下雅雄; 体育学・スポーツ科学連携大学院教育プログラムに関する意識調査-九州地区内の大学教員および大学院生への調査結果より-, 鹿屋体育大学学術研究紀要, 49:13-20, 2014
  6. Y Ohta, Y Ishii, S Ikudome, H Nakamoto; Warm-up with weighted bat and adjustment of upper limb muscle activity in bat swinging under movement corrections, Perceptual & Motor Skills, 118, 96-113.
2013年
  1. S Mori, H Nakamoto, H Mizuochi, S Ikudome, C Gabbard; Influence of Affordances in the Home Environment on Motor Development of Young Children in Japan, Child Development Research, 2013(898406), 1-5.
  2. K Yotani, H Tamaki, H Nakamoto, A Yuki, H Kirimoto, K Kitada, F Ogita, S Mori; Visuo-motor related time analysis using electroencephalograms, World Journal of Neuroscience, 3, 142-146.
  3. H Nakamoto, S Ikudome, K Yotani, A Maruyama, S Mori; Fast-ball sports experts depend on an inhibitory strategy to reprogram their movement timing, Experimental Brain Research,228(2), 193-203.
  4. S Ikudome, H Nakamoto, S Mori; Visuo-motor process of movement correction in interceptive action, NeuroReport, 24(16), 879-883.
  5. S Ikudome, H Nakamoto, S Mori; Effect of practice with within-trial and inter-trial velocity changes on movement correction under various novel target velocities, International Journal of Sport and Health Science, 11, 39-48.
  6. 藤田勉,中本浩揮,幾留沙智; スポーツにおける目標志向性と競技意欲の構造の関係, 鹿児島大学教育学部研究紀要教育科学編, 64, 77-84.
  7. 森司朗,中本浩揮,水落洋志,荒武祐二,幾留沙智,畝中智志,平川忠敏; 自閉症の対人関係改善のための運動介入の効果-ミラーニューロンの機能改善を通して-, スポーツパフォーマンス研究, 5, 64-76. 
  8. 濱出広大,中本浩揮,幾留沙智,森司朗; 視線行動を変容させるトレーニングがハードル走の歩幅の変動性に及ぼす効果,スポーツパフォーマンス研究, 5, 261-271.
  9. 水崎佑毅,中本浩揮,森司朗; QuietEyeトレーニング時の視覚遮蔽がフリースローの正確性に及ぼす影響,鹿屋体育大学学術研究紀要, 47, 21-28.
  10. 與谷謙吾・中本浩揮・柳楽晃・幸篤武・桐本光・北田耕司・荻田太・田巻弘之; 光刺激を用いた反応トレーニングが音刺激の反応時間へ及ぼす影響, 日本生理人類学会誌, 18 (4), 165-169
  11. 與谷謙吾, 中本浩揮, 柳楽晃, 荻田太; 光刺激を用いた反応トレーニング並びにその後の脱トレーニングに伴う視覚-運動関連時間の変化,九州体育・スポーツ学研究, 28, 27-32.
  12. 下川美佳, 竹中健太郎, 前阪茂樹, 中本浩揮, 幾留沙智, 森司朗; 世界大会に至るまでの心理状態の長期的変化とネガティブな心理状態からの回復過程の事例的研究, スポーツパフォーマンス研究, 5, 312 -333, 2013
2012年
  1. S Ikudome, H Nakamoto, H Kanehisa, S Mori; Influence of practice with within-trial and inter-trial changes of target velocity in improving movement correction, Perceptual & Motor Skills, 115:903–917
  2. H Nakamoto, Y Ishii, S Ikudome, Y Ohta; Kinesthetic aftereffects induced by a weighted tool on movement correction in baseball batting, Human Movement Science, 31:1529–1540
  3. H Nakamoto, S Mori; Experts in fast ball sport reduce anticipation timing cost by developing inhibitory control, Brain & Cognition 80: 23–32
  4. H Nakamoto, Y Yoshitake, Y Takai, H Kanehisa, T Kitamura, M Kawanishi, S Mori; Knee extensor strength is associated with Mini-Mental State Examination scores in elderly men, European Journal of Applied Physiology, 112:1945–1953
  5. 幾留沙智,中本浩揮,森司朗; 予期の不確定性が運動修正の学習に与える影響, 九州体育・スポーツ学研究, 27(1)
  6. 小笠希将,中本浩揮,幾留沙智,水落洋志,森司朗; あがり場面でのパフォーマンス低下を回避する学習方法の検討, 九州体育・スポーツ学研究, 27(1)
  7. 榮樂洋光,佐々木共之,布野泰志,東恩納玲代,中本浩揮,金高宏文; セーリング競技におけるオリンピック・セーラー育成のヒントを探る:「ボートスピード」に定評があった元オリンピック選手のインタビューから, スポーツパフォーマンス研究, 4, 26-43.
2011年
  1. 中本浩揮; スポーツ選手が心で「みる」世界~打球運動の場合~,トレーニング科学, 23(2), 113-120, 2011 
  2. 杉原隆,吉田伊津美,森司朗,中本浩揮,筒井清次郎,鈴木康弘,近藤充夫; 幼児の運動能力と基礎的運動パターンとの関係,体育の科学, 61 (6), 455-461, 2011
  3. 吉武康栄,中本浩揮,上英俊; 力発揮に対する力量感覚の加齢変化と筋力トレーニングによる効果の解明,第26回健康医科学研究助成論文集, 131-141 , 2011
2010年
  1. H. Nakamoto & S. Mori; The influence of sport-specific experiences during the psychological refractory period in the Go/Nogo double stimulation task, International Journal of Sport Psychology, 41, 243-254, 2010 
  2. 森司朗,杉原隆,吉田伊津美,筒井清次郎,鈴木康弘,中本浩揮,近藤充夫; 2008年の全国調査からみた幼児の運動能力,体育の科学, 60 (1), 56-66, 2010 
  3. 杉原隆,吉田伊津美,森司朗,筒井清次郎,鈴木康弘,中本浩揮,近藤充夫; 幼児の運動能力と運動指導ならびに性格との関係,体育の科学, 60 (5), 341-347, 2010 
  4. 水落洋志,森司朗,中本浩揮,西薗秀嗣; 加速・減速を伴う一致タイミング状況における予測的運動制御に関する研究~ベアリングアングルとの関連~,スポーツトレーニング科学, 11, 1-6, 2010 
  5. 五藤佳奈,森司朗,中本浩揮,西薗秀嗣; 光点表示による視覚情報の制限が体操競技者の技の認知に与える影響, トレーニング科学(採録決定済み)
2009年
  1. 中本浩揮, 畝中智志,荒武祐二,西薗秀嗣,森司朗; コーチは何を示範するべきか ~ミラーニューロンの活性から見た示範に必要な情報源~,スポーツトレーニング科学, 10, 17-24, 2009
  2. 幾留沙智, 森司朗, 中本浩揮, 荒武祐二; 学習者の内在的な要因が自己調整学習に与える影響, 鹿屋体育大学学術研究紀要, 39, 1-8, 2009
2008年
  1. H.Nakamoto & S.Mori;Effects of stimulus-response compatibility in mediating expert performance in baseball players,Brain Research,1189,179-188,2008
  2. 中本浩揮,森司朗;速度変化状況での一致タイミング課題における野球の熟達と運動修正との関係,体育学研究,53 (1) ,39-50,2008
  3. H.Nakamoto & S.Mori;Sport-specific decision-making in Go/Nogo reaction task:difference among nonathletes and baseball and basketball players,Perceptual and Motor Skills,106,163-170,2008
  4. 中本浩揮,森司朗,屋良朝栄;高校生における教師に対する信頼感と学校適応感の関係,九州地区国立大学間連携教育系・文系論文集,1 (1) ,1-13,2008
2007年
  1. 中本浩揮,片野田隆紀,森司朗,丸山敦夫;ビジュアルトレーニングによる視機能評価課題中の視覚探索パターンの変化,トレーニング科学,19 (3) ,247-253,2007
2006年
  1.  森司朗,中本浩揮,桐谷昌代;運動の重要度と親の運動へのかかわりが幼児の運動有能感の発達に与える影響,鹿屋体育大学学術研究紀要,34,31-39,2006
2005年
  1. 中本浩揮,杉原隆,及川研;知覚トレーニングが初級打者の予測とパフォーマンスに与える効果,体育学研究,50 (5) ,581-591,2005

著書 (Books etc)

2017年
  1. Ikegami, Nakamoto, Ganesh; Action-driven and prediction-driven contagions in human action. Massimiliano Cappuccio (Ed) Handbook of Embodied Cognition and Sport Psychology, MIT press, (印刷中)
2011年
  1. 杉原隆編;生涯発達スポーツ心理学 青年期の運動発達の特徴とスポーツの熟達化 (10章),福村出版,共著,2011.4

学会発表 (Presentation at an academic meeting)

2016年
  1. 山本健太・森司朗・幾留沙智・中本浩揮; 自己の身体位置の知覚と一致タイミング運動の関係, 日本スポーツ心理学会,2016.11
  2. 中本浩揮,池上剛,ガネッシュ・ゴウリンシャンカー; 異なる2つの運動伝染機構:action-driven & prediction-driven, モーターコントロール研究会,2016.9
  3. 蔭山雅洋, 鈴木智晴, 藤井雅文, 中本浩揮, 前田明; 野球選手のスイング特性に関する横断的研究, 日本体育学会,2016.8
  4. 前田明,荘厳哲哉,岡部佑允,北村佳子,藤井雅文,鈴木智晴,津野天兵,蔭山雅洋,水谷未来,中本浩揮; XSurgeTMの摂取が大学野球選手の走パフォーマンスに及ぼす効果, 日本スポーツパフォーマンス学会,2016.8
  5. 下川美佳,竹中健太郎,金高宏文,中本浩揮,前阪茂樹,前田明; 剣道の打突パフォーマンス評価に「踏み込み音」が及ぼす影響を探る -男子大学剣道競技者1名による実験的試技から-, 日本スポーツパフォーマンス学会,2016.8
  6. 鈴木智晴,杉浦綾,水谷未来,藤井雅文,津野天兵,蔭山雅洋,中本浩揮,前田明; 女子プロ野球選手におけるスイング動作の特徴-年間 5ホームラン打者プロジェクトの実現に向けて-, 日本スポーツパフォーマンス学会,2016.8
  7. 水谷未来,鈴木智晴,津野天兵,藤井雅文,蔭山雅洋,杉浦綾,辻内崇伸,中本浩揮,前田明; 女子プロ野球投手における投球動作の特徴, 日本スポーツパフォーマンス学会,2016.8
  8. 津野天兵,鈴木智晴,藤井雅文,杉浦綾,水谷未来,永原隆,中本浩揮,前田明; 女子プロ野球選手における塁間走パフォーマンスの特徴-男子大学野球選手との比較-, 日本スポーツパフォーマンス学会,2016.8
  9. 北村暢治・中本浩揮・幾留沙智・森司朗; ロジカルコミュニケーションの習得が子どものメタ認知の獲得に与える影響~ジュニアサッカー場面に着目して~, 日本体育学会,2016.8
  10. T Yanai1, A Matsuo, A Maeda, H Nakamoto, M Mizutani, H Kanehisa, T Fukunaga; Accuracy in determining kinetic parameters with force plates embedded under soil-filled baseball mound, International Conference of Biomechanics in Sport,2016.7
  11. T Tsuno, R Nagahara, M Mizutani, A Matsuo, H Nakamoto, A Maeda; RELATIONSHIP OF BASE-RUNNING PERFORMANCE WITH RUNNING DIRECTION AND ITS CHANGE, International Conference of Biomechanics in Sport,2016.7
  12. S. Mori, H. Nakamoto, S. Ikudome, & K. Ogasa.; Developmental relationship between the recognition of gravity and the effect of projection speed on catching, 北米スポーツ心理学会,2016.6
  13. K. Goto, H. Nakamoto, & S. Mori.; Relationship between recognition of gymnastic skills and the excitability of the primary motor cortex, 北米スポーツ心理学会,2016.6
  14. S. Ikudome, H. Nakamoto, & S. Mori.; Timing adjustment strategies in football kicking using body movement, 北米スポーツ心理学会,2016.6
  15. K. Ogasa, H. Nakamoto, & S. Mori.; The effects of pressure on target distance and size perception during a throwing task, 北米スポーツ心理学会,2016.6
  16. 黄煌・幾留沙智・中本浩揮・森司朗;内発的動機づけの程度が運動学習における自己選択の効果に与える影響,九州スポーツ心理学会第29回大会,2016.3
  17. 藤井雅文・幾留沙智・森司朗・前田明・中本浩揮;運営決定権の委譲と選手の自主性との関係,九州スポーツ心理学会第29回大会,2016.3
2015年
  1. 蔭山雅洋・鈴木智晴・藤井雅文・中本浩揮・和田智仁・前田明;野球投手におけるマウンドと平地からの投球のバイオメカニクス的比較,第28回日本トレーニング科学会大会,2015.11
  2. 幾留沙智・中本浩揮・北村暢治・畝中智志・宮崎俊輔・森司朗;捕捉行為におけるタイミング一致方略の検討-身体移動を伴うスキルを対象として-,日本スポーツ心理学会第42回大会,2015.11
  3. 糸藤駿・森司朗・中本浩揮・幾留沙智・田中雅人;音楽のテンポが運動および認知パフォーマンスに与える影響,日本スポーツ心理学会第42回大会,2015.11
  4. 水崎佑毅・中本浩揮・幾留沙智・畝中智志・竹内竜也・小笠希将・森司朗;照準運動の精度を向上させるQuiet Eyeが運動準備処理に及ぼす影響,日本スポーツ心理学会第42回大会,2015.11
  5. 中本浩揮;スポーツ選手の心の眼とその熟達,日本臨床スポーツ医学会,2015.11
  6. 中本浩揮;スポーツにおける知覚能力の診断・処方システムの構築を目指して,第28回日本トレーニング科学会大会,2015.11
  7. 中本浩揮・幾留沙智・森司朗・藤田勉;エリクソンの熟達理論からみた邦訳版自己調整学習尺度の有用性,日本体育学会第66回大会,2015.8
  8. 幾留沙智・中本浩揮・森司朗・布野泰志・藤田勉;邦訳版自己調整学習尺度の作成の試み-熟練度による比較を通した妥当性の検証-,日本体育学会第66回大会,2015.8
  9. 中村泰児・中本浩揮・幾留沙智・森司朗;体育授業における社会的メタ認知と動機づけ因果連鎖の検討,日本体育学会第66回大会,2015.8
  10. 小笠希将・中本浩揮・幾留沙智・森司朗;プレッシャーが時間知覚および反応時間に及ぼす影響,日本体育学会第66回大会,2015.8
  11. 宮崎俊輔・中本浩揮・幾留沙智・森司朗;模倣運動がワーキングメモリに及ぼす影響,日本体育学会第66回大会,2015.8
  12. 北村暢治・中本浩揮・幾留沙智・森司朗;子どもの立ちなおり力へ与える指導者からの褒め言葉の効果,日本体育学会第66回大会,2015.8
  13. 蔭山雅洋・鈴木智晴・藤井雅文・中本浩揮・和田智仁・前田明;野球投手におけるマウンドの有無が投球動作中の下肢の力学的仕事量に及ぼす影響,日本体育学会第66回大会,2015.8
  14. 鈴木智晴・蔭山雅洋・藤井雅文・中本浩揮・前田明;野球捕手のステップの違いが二塁送球時の投球速度に及ぼす影響,日本体育学会第66回大会,2015.8
  15. H. Nakamoto, S. Ikudome, S. Unenaka, T. Funo, S. Mori; Additional illustory kinethetic sensation reduces anticipation accuracy in skilled basketball players. 2015 NASPSPA conference. 2015.6
  16. S. Ikudome, H. Nakamoto, S. Mori; Role of the supplementary motor area in rapid adjustment of brief interceptive action using predicted information. 2015 NASPSPA conference. 2015.6
  17. Y. Mizusaki, H. Nakamoto, Y Ishii, S Ikudome, S Unenaka, T Funo, T Takeuchi, K Ogasa, S. Mori; The quiet eye training in the aiming motor skill: influence on movement preparation. 2015 ECSS conference. 2015.6
2014年
  1. E Fujita, N Takeshima, H Nakamoto, M Narita, Y Kato, D Koizumi, ME Rogers; Effect of Bodyweight Squat Exercise in Frail Older Adults, 61th ACSM Annual Meeting, Orlando, Florida, 2014.
  2. 中本浩揮・泊弘侑・幾留沙智・鈴木 智晴・蔭山雅洋・藤井雅文・前田明・森司朗:投手の下肢動作時間の操作が打者のタイミング予測に与える影響,第2回野球科学研究会,2014.11
  3. 蔭山雅洋・鈴木 智晴・藤井雅文・中本浩揮・前田明:野球投手におけるマウンドの有無が投球動作中の地面反力に及ぼす影響,第2回野球科学研究会,2014.11
  4. 藤井雅文・蔭山雅洋・鈴木 智晴・中本浩揮・前田明:学野球外野手における投球速度を高めるための教示および股割トレーニングの即時的効果,第2回野球科学研究会,2014.11
  5. 鈴木智晴・蔭山雅洋・藤井雅文・中本 浩揮・前田明:直球を見るトレーニングが打者の一致タイミング能力に及ぼす影響,第2回野球科学研究会,2014.11
  6. 中本浩揮; スポーツにおけるみるの熟達, スポーツ視覚研究会第6回大会, 2014, 8
  7. 竹内竜也・中本浩揮・幾留沙智・森司朗; 投擲競技における運動伝染の原因と対処法に関して,日本体育学会第65回大会, 2014, 8
  8. 津田龍一・木島章文・中本浩揮・山本裕二; 一致タイミング標的の接近速度に応じた視線動作と反応動作のパタン分類, 日本体育学会第65回大会, 2014, 8
  9. 小笠希将・中本浩揮・幾留沙智・森司朗; プレッシャーが大きさの知覚および運動制御に及ぼす影響, 日本体育学会第65回大会, 2014, 8
  10. 森司朗・中本浩揮・幾留沙智・竹内竜也・小笠希将; 投射速度が捕球行動に及ぼす影響と重力認知との関連について, 日本体育学会第65回大会, 2014, 8
  11. 森克己・山田理恵・中本浩揮; スポーツにおける子どもの福祉に関する現状と課題-オリンピック・ムーブメント及び法人類学的観点から-, 日本体育学会第65回大会, 2014, 8
  12. 鈴木智晴・蔭山雅洋・本嶋良恵・中本 浩揮・前田明:直球を見るトレーニングが野打撃の正確性に及ぼす影響~140km/hと150km/hを比較して~,第21回スポーツビジョン研究会,2014.8
  13. H Nakamoto, S Ikudome, K Yotani, S Unenaka, S Mori; The influence of different response types on movement correction during a coincidence timing task, 2014 NASPSPA Conference, 2014, 6
  14. S Mori, H Nakamoto, S Ikudome, S Unenaka; The relationship between physical awkwardness and motor development in young children. 2014 NASPSPA conference. 2014, 6. 
  15. K Goto, H Nakamoto, S Mori; Influence of ifferences in gymnastic skills on the accuracy of the perception of gymnastic movements presented with limited visual information. 2014 NASPSPA conference. 2014, 6. 
  16. S Unenaka, H Nakamoto, S Ikudome, S Mori; Influence of concurrent imitative motor execution during action observation on accuracy in anticipating outcomes of basketball free throws. 2014 NASPSPA conference. 2014, 6. 
  17. S Ikudome, H Nakamoto, S Unenaka, S Mori; Role of predicted information in rapid adjustment of brief interceptive action. 2014 NASPSPA conference. 2014, 6.
2013年
  1. 中本浩揮,幾留沙智,畝中智志,川西正志,森司朗;自重負荷筋力トレーニングが認知機能に及ぼす影響,九州スポーツ心理学会第26回大会,2013.3
  2. 水崎佑毅,中本浩揮,森司朗;Quiet Eyeトレーニング時の視覚遮蔽がフリースローの正確性に及ぼす影響,九州スポーツ心理学会第26回大会,2013.3
  3. K Yotani, H Tamaki, H Nakamoto, A Yuki, H Kirimoto,H Takahashi , K Kitada, F Ogita ; Effect of relaxation response time based on different tonic levels. European College of Sport Science. 2013.6
  4. 森克己,中本浩揮,山田理恵;イギリスと日本のスポーツ指導における体罰に関する法人類学的考察,日本体育学会第64回大会,2013.8
  5. 太田洋一,中本浩揮,石井泰光,幾留沙智,郄橋恭平,島典広;野球選手の標的速度変化に対するタイミング制御能力について,日本体育学会第64回大会,2013.8
  6. 布野泰志,森司朗,中本浩揮;ヨット体験が及ぼす子どもの心理・行動変容~ヨット指導者へのインタビューから~,日本体育学会第64回大会,2013.8
  7. 森司朗,中本浩揮,幾留沙智,畝中智志,布野泰志,水崎佑毅,竹内竜也;重力認知が捕球方略に及ぼす影響に関する発達的検討,日本体育学会第64回大会,2013.8
  8. 畝中智志,中本浩揮,幾留沙智,森司朗;予測技能の熟達に対する運動シミュレーションの役割,日本スポーツ心理学会第40回大会,2013.11
  9. 幾留沙智,中本浩揮,畝中智志,森司朗;ターゲット速度の試行間変化に対する運動修正メカニズムの検討-内部フィードバックループの貢献-,日本スポーツ心理学会第40回大会,2013.11
  10. 高井洋平,高橋拓巳,中本浩揮,金久博昭;ドロップジャンプにおける動作遂行時の予測の有無が筋活動様式に与える影響,日本体育学会第64回大会,2013.8
2012年
  1. H. Nakamoto, S. Ikudome, M. Ishihara, K. Imanaka, S. Mori; Expert batters' anticipation of the future location of fast-moving objects, 2012 NASPSPA Conference, 2012, 6
  2. S. Mori, H. Nakamoto, S. Tsutsui, S. Ikudome; The relationship between fundamental motor pattern and motor ability in young chilidren, 2012 NASPSPA Conference, 2012, 6
  3. S. Ikudome, H. Nakamoto, S. Mori; The contribution of internal forward model on online correction during interceptive action, 2012 NASPSPA Conference, 2012, 6
  4. K. Yotani, H. Tamaki, H. Nakamoto, K. Shibano, A. Yuki, H. Kirimoto, K. Kitada, F. Ogita, S. Mori; Reaction time analysis in visual response using electromyography and electroencephalography. 17th Annual ECSS-Congress, 2012, 7
  5. 外智紀・森司朗・中本浩揮・水落洋志; 自己調整学習の視点から見た中学生の運動部活動における練習ノートの分析研究,九州スポーツ心理学会第25回記念大会, 2012, 3
  6. 吉田伊津美,杉原隆,森司朗,筒井清次郎,鈴木康弘,中本浩揮; 保育者による幼児の基礎的運動パターンの評価と運動能力との関係,日本発育発達学会第10回記念大会, 2012, 3
  7. 中本浩揮; 身体でみる~指導言語に潜む運動感覚情報の意味~(シンポジウム)関矢寛史・松尾知之・山崎朱音・中本浩揮; 動きをみる-学習や指導に活かす観察の視点-, 日本体育学会第63回大会, 2012, 8
  8. 竹内竜也・中本浩揮・森司朗; スポーツにおける負の連鎖と非意図的な動作模倣の関係,日本体育学会第63回大会, 2012, 8
  9. 岩本峰明・蔭山雅洋・外智紀・和田智仁・中本浩揮・森司朗・前田明; 野球選手の守備時における視覚探索方略と野球コース予測に関する研究, 日本体育学会第63回大会, 2012, 8
  10. 森克己・山田理恵・中本浩揮; 子どものアスリートの人権保障の現状とチャイルド・プロテクションの必要性, 日本体育学会第63回大会, 2012, 8
  11. 中本浩揮・幾留紗智・畝中智志・水崎佑毅・竹内竜也・布野泰志・森司朗; 他者の行為観察に基づく予測技能の熟達と運動感覚シミュレーション, 日本スポーツ心理学会第39回大会, 2012, 11
  12. 畝中智志・中本浩揮・幾留紗智・水崎佑毅・竹内竜也・布野泰志・森司朗; 運動観察時の同時模倣がフリースローの結果予測の精度に及ぼす影響, 日本スポーツ心理学会第39回大会, 2012, 11
  13. 藤田勉・村瀬浩二・中本浩揮・幾留沙智; 潜在指標と顕在指標を用いたスポーツへの情熱と関連要因の関係, 日本スポーツ心理学会第39回大会, 2012, 11
  14. K. Mori, K. Hamada, M. Sakanaka, R Yamada, H. Nakamoto, I Nakamura, D Elmes; The present condition of the protection of the human rights of child athletes and necessity for child protection system in sports in Japan-based on the results of a child protection questionnaire administered to the students of the NIFS in Kanoya, ICSEMIS, 2012,6
  15. 與谷謙吾, 田巻弘之, 中本浩揮, 桐本光, 幸篤武, 高橋英明, 北田耕司, 荻田太; 筋電図および脳波を用いた単純反応課題における中枢処理の検討. 第67回日本体力医学会大会, 198, 2012. (9月開催)
2011年
  1. 中本浩揮,石井康光,太田洋一,高橋恭平,幾留沙智; 重いバットでの素振りが打撃時のタイミング制御に及ぼす影響, 日本体育学会第62回大会, 2011, 9
  2. 中本浩揮,吉武康栄,高井洋平,前大純朗,金久博昭,福永哲夫; レジスタンスエクササイズが認知機能に与える一過性の効果, 第66回日本体力医学会大会, 2011, 9
  3. 石井康光,中本浩揮,幾留沙智,太田洋一,高橋恭平; 骨盤の回転動作および体幹の捻転動作がバッティングのタイミング調整に及ぼす影響, 日本体育学会第62回大会, 2011, 9
  4. 幾留沙智,森司朗,中本浩揮; 環境変化に対する柔軟な運動調整を可能にする学習方略の検討, 日本体育学会第62回大会, 2011, 9
  5. 幾留沙智,森司朗,中本浩揮; 運動修正の獲得に関わる試行内および試行間変化についての検討, 日本スポーツ心理学会第38回大会, 2011, 10
2010年
  1. 吉田伊津美,森司朗,鈴木康弘,中本浩揮; 幼児の運動能力と園庭の広さとの関係,日本保育学会第63回大会, 2010, 5 
  2. 鈴木康弘,森司朗,吉田伊津美,中本浩揮; 幼児の運動能力と家庭での生活経験との関係, 日本保育学会第63回大会, 2010, 5 
  3. H. Nakamoto & S. Mori; The role of multisensory information in estimating the landing time of a flying ball, 2010 NASPSPA Conference, 2010, 6 
  4. S. Mori, H. Nakamoto, & H. Mizuochi; The developmental difference between children and adults with regard to the movement timing correction to an unexpected change in falling velocity, 2010 NASPSPA Conference, 2010, 6 
  5. 肥後秀樹,森司朗,中本浩揮,水落洋志; 運動場面における防衛的悲観主義尺度の検討 -成功・失敗時における帰属傾向及び目標志向性・特性不安との関連-, 九州体育・スポーツ学会第59回大会, 2010, 8 
  6. 太田洋一,中本浩揮,石井泰光,幾留沙智; 重いバットで素振りを行った後の重さ錯覚が野球打撃動作の上肢筋活動に与える影響, 日本体育学会第61回大会, 2010, 9 
  7. 水落洋志,森司朗,中本浩揮; 加速・減速を伴う一致タイミング状況における運動制御に関する発達的研究, 日本体育学会第61回大会, 2010, 9 
  8. 森司朗,杉原隆,吉田伊津美,筒井清次郎,鈴木康弘,中本浩揮; 幼児の運動能力と動作パターンの関連について, 日本体育学会第61回大会, 2010, 9 
  9. 五藤佳奈,森司朗,中本浩揮; 体操競技におけるCenter of momentの探索と熟達差の影響について, 日本体育学会第61回大会, 2010, 9
2009年
  1. H. Nakamoto & S. Mori; Difference in the anticipatory skills andperception-action matching processes between elite and near-elite kendoathletes, ISSP 12TH WORLD CONGRESS, 2009, 6
  2. S. Mori & H. Nakamoto; The motor developmental of bimanual coordinationon simple rhythmic tapping task in children and adult, ISSP 12TH WORLDCONGRESS, 2009, 6
  3. S. Mori & H. Nakamoto; Influence of attention allocation to thedevelopmental difference in motor skill acqusition during a simple rhythmictapping task, 2009 NASPSPA Conference, 2009, 6
  4. 中本浩揮,森司朗,荒武祐二; 速度変化を伴う一致タイミング課題における予期と抑制がタイミング修正に及ぼす影響, 日本体育学会第60回大会, 2009, 8
  5. 森 司朗,吉田伊津美,筒井清次郎,鈴木康弘,中本浩揮; 2008 年の全国調査から見た幼児の運動能力, 日本体育学会第60回大会, 2009, 8
  6. 吉田伊津美,森 司朗,筒井清次郎,鈴木康弘,中本浩揮; 「両足連続跳び越し」における動作エラーの実態と性差, 日本体育学会第60回大会, 2009, 8
  7. 荒武祐二,森司朗,中本浩揮,筒井清次郎; 動作の複雑性が文脈干渉効果に及ぼす影響-作業記憶の負荷との関連-, 日本体育学会第60回大会, 2009, 8
  8. 幾留沙智,森司朗,中本浩揮; 異なる学習方法が運動の切り替え事態における適応動作の構築に与える影響, 日本体育学会第60回大会, 2009, 8
  9. 五藤佳奈,森司朗,中本浩揮,樫塚正一; Point-light における遮蔽条件の差異が運動の認知に与える影響, 日本体育学会第60回大会, 2009, 8
  10. 中本浩揮,森司朗,荒武祐二; 右下前頭回への経頭蓋磁気刺激が速度変化を伴う一致タイミング課題におけるタイミング修正率に与える影響, 日本スポーツ心理学会第36回大会, 2009,11 
  11. 荒武祐二,森司朗,中本浩揮,筒井清次郎; 行動プランの複雑性と練習スケジュールとの相互作用が運動技能の長期的保持に与える影響-前頭前野の脳血流量との関連-, 日本スポーツ心理学会第36回大会, 2009,11 
  12. 水落洋志,森司朗,中本浩揮; 幼児期の鬼ごっこ遊びにおける鬼の追従パターンと追従時間及び走能力との関連, 日本スポーツ心理学会第36回大会, 2009,11 
  13. 幾留沙智,森司朗,中本浩揮; 環境変化に対する動作間切り替えの獲得を可能にする学習方法の比較, 日本スポーツ心理学会第36回大会, 2009,11 
  14. 畝中智志,森司朗,中本浩揮; 左利きシュート観察時におけるミラーニューロン活性と主観的違和感, 日本スポーツ心理学会第36回大会, 2009,11
2008年
  1. 中本浩揮,堀田亮,小林洋平,煙山千尋;より良い研究活動のために今すべきことー学生研究者の立場からー,九州スポーツ心理学会第21回大会,2008
  2. 中本浩揮,森司朗,荒武祐二;一致タイミング課題における遮蔽位置の違いがパフォーマンスと学習に与える影響,九州スポーツ心理学会第21回大会,2008
  3. H.Nakamoto & S.Mori;Athletic practice can reduce the Psychological Refractory Period in athletes,50th ICHPER・SD Aniversary World Congress,2008
  4. Y.Aratake,S.Mori,H.Nakamoto;Effect of self-monitoring and practice schedules on motror learning,50th ICHPER・SD Aniversary World Congress,2008
  5. 荒武祐二,中本浩揮,森司朗,筒井清次郎;文脈干渉効果に影響するセルフモニタリグの効果ー脳の血液量から見た情報処理の負荷と学習効果の関連ー,第18回運動学習研究会,2008
  6. S.Mori,H.Nakamoto,M.Iteya;The difference between baseball players and non-baseball players with movement correction to unexpected velocity change in junior high school students,2008 NASPASPA conference,2008
  7. H.Nakamoto;From laboratory to practical field application:Identifying the expert perceptual-cognitive skills and developing effective learning methods.日本スポーツ心理学会第35回大会,2008
  8. 荒武祐二,森司朗,中本浩揮,筒井清次郎;練習スケジュールと動作の複雑性による交互作用が局所脳血流量の変化に与える影響,日本スポーツ心理学会第35回大会,2008
  9. 幾留沙智,森司朗,中本浩揮;学習者の持つ内在的な要因が自己調整学習に及ぼす影響,日本スポーツ心理学会第35回大会,2008
  10. 五藤佳奈,森司朗,中本浩揮,樫塚正一;運動の認知における情報量の制限が運動の認知に与える影響 -Point-Lights Displayを用いて-,日本スポーツ心理学会第35回大会,2008
  11. 飯塚智之,松尾正男,今井正幸,中本浩揮,西薗秀嗣;新型腰部コルセットが脊柱の安定性に及ぼす効果,第17回日本柔道整復接骨医学会学術大会,2008
2007年
  1. 中本浩揮,片野田隆紀,森司朗,丸山敦夫;ビジュアルトレーニングによる視機能評価課題中の視覚探索方略の変化,九州スポーツ心理学会第20回大会,2007
  2. H.Nakamoto & S.Mori;Inhibitory process in baseball players,2007 NASPASPA Conference,2007
  3. 中本浩揮;子どもの抑制機能の発達と運動遊び,九州・体育スポーツ学会第56回大会,2007
  4. 中本浩揮,森司朗;速度変化状況での一致タイミング課題における運動修正と野球の熟達との関係,日本体育学会第58回大会,2007
  5. 中本浩揮,森司朗,荒武祐二;減速に対する一致タイミングパフォーマンスと抑制との関連,日本スポーツ心理学会第34回大会,2007
  6. 荒武祐二,森司朗,中本浩揮;練習スケジュールに影響するセルフモニタリングの効果,日本スポーツ心理学会第34回大会,2007
2006年
  1. 中本浩揮,森司朗;Go/Nogo反応課題における野球選手の刺激-反応適合性効果,日本スポーツ心理学会第33回大会,2006
  2. 五藤佳奈,森司朗,中本浩揮,西園秀嗣;Point-Light Displaysによる運動の認知,日本スポーツ心理学会第33回大会,2006
2005年
  1. 中本浩揮,森司朗;Go/Nogo連続刺激課題における野球打者の視覚情報処理様式,日本体育学会第56回大会,2005
  2. 中本浩揮,森司朗;野球選手の視覚情報処理様式に関する研究-Go/Nogo反応時間と連続反応時間の視点から-,日本スポーツ心理学会第32回大会,2005

その他社会活動 (Social Contribution)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて