プロフィール (Profile)

Nakamura Natsumi

氏名 (Name) 中村 夏実 (Nakamura Natsumi)
職名 (Job title) 准教授 (Associate Professor)
連絡先(TEL)  
連絡先(FAX)  
連絡先(E-Mail)  
個人ウェブサイト (URL)  
学歴 (Education) 日本女子体育大学 体育学部 体育学科 1994年3月卒業
日本女子体育大学大学院 スポーツ科学科スポーツ医科学専修 1996年3月修了
学位 (Degree) 修士 (スポーツ科学) (日本女子体育大学 1996年3月)

職歴 (Academic & Professional Experience)

1996年 4月 日本女子体育大学体育学部 助手
2001年 4月 独立行政法人国立スポーツ科学センター 契約研究員
2004年 4月 鹿屋体育大学海洋スポーツセンター 助手
2008年 9月 鹿屋体育大学海洋スポーツセンター 講師
2014年 8月 鹿屋体育大学海洋スポーツセンター 准教授
2014年 9月 鹿屋体育大学海洋スポーツセンター長

専門分野 (Research Areas)

  • トレーニング科学 (Training Science)

主な研究内容 (Main research contents)

  • スポーツを科学する
    現在行っている研究内容をわかりやすく説明しています。
    平成28年度版 (PDF)
    平成25年度版 (PDF)
    平成24年度版 (PDF)
  • RENKEI (連携)
    企業等の皆様と連携協力 (共同研究や受託研究等)可能な事項を掲載しています。
    最新年度版 (PDF)
  • 水上競技種目におけるフィットネスレベルの向上とパフォーマンス評価に関する研究(Evaluation of fitness level and athletic performance in water-sports)

研究キーワード (Research Interests)

  • ボート競技
  • 水上スポーツ種目
  • トレーニングのモニタリング
  • 水上パフォーマンス評価

所属学会 (Association Memberships)

  • 日本体育学会
  • 日本体力医学会
  • 日本運動生理学会
  • トレーニング科学研究会
  • アメリカスポーツ医学会 (ACSM)

資格 (Qualification)

  • 中学および高等学校教諭一種免許 (保健体育)
  • 中学および高等学校教諭専修免許 (保健体育)
  • 日本体育協会公認指導者 (ボートコーチ)
  • 小型船舶操縦免許 (2級5トン)

競技歴 (Achievement as a competitor)

  • 第47回国民体育大会 (山形) 漕艇競技山梨県代表 (成年女子 舵手付フォア;第6位)
  • 第20回全日本学生競漕選手権大会 (女子シングルスカル;第3位)
  • 平成6年度全日本軽量級競漕選手権大会 (女子ダブルスカル;第7位)

受賞歴 (Award)

実技指導歴 (Achievements as a coach)

  • 日本女子体育大学漕艇同好会コーチ 1996年4月~2004年3月
  • 鹿屋体育大学漕艇部顧問 2004年9月~

論文等 (Published Papers)

2016年
  1. 田村充, 蔭山雅洋, 枦木翔, 中村夏実, 前田明;高校カヤックカヌー選手の脚伸展を伴う片手牽引トレーニングが50m 全力漕に及ぼす影響,スポーツパフォーマンス研究,8:65-85,2016.3
2015年
  1. 榮樂洋光,石井泰光,布野泰志,中村夏実,松下雅雄;セーリング競技レーザーラジアル級における2kgの重り付加が風上帆走の艇速に及ぼす影響,鹿屋体育大学学術研究紀要,50:1-7,2015.3
2014年
  1. 中村夏実;カヌースプリント競技における艇速度とストローク指標との関係,平成25年度鹿屋体育大学大学院博士論文,1-66,2014.3
2013年
  1. 中村夏実,石井泰光,本間洋樹,松下雅雄,山本正嘉;カヌースプリント日本選手権大会・男子カナディアンシングルレースにおける1ストローク推進距離とストローク頻度の特徴,コーチング学研究,27(1):69-80,2013.11
  2. 安田真之助,石井泰光,布野泰志,榮樂洋光,中村夏実,松下雅雄;セーリング競技におけるレーザーラジアル級のスネーキング帆走の有効性 国内一流シングルハンド選手による検証,スポーツパフォーマンス研究,5:189-201,2013.6
  3. 萩原正大,石井泰光,榮樂洋光,中村夏実,山本正嘉;日本人の一流RS:XおよびLaserクラス競技者における身体および体力特性,スポーツトレーニング研究,14:1-7,2013.3
  4. 布野泰志,石井泰光,榮樂洋光,萩原正大,宮野幹弘,中村夏実,松下雅雄;ウインドサーフィン国内トップ選手におけるタッキング動作の特性-動作の違いが艇速に及ぼす影響-,スポーツパフォーマンス研究,5:77-89,2013.1
2012年
  1. 布野泰志,石井泰光,榮樂洋光,中村夏実,松下雅雄;イギリス調査報告書 セーリング競技:470級におけるGPSデータ収集および風情報収集~ロンドン五輪へ向けてマルチサポート活動に参加して~,鹿屋体育大学研究紀要,45:9-12,2012.11
2010年
  1. 中村夏実、山本正嘉、荻田太、前田明、千足耕一;ローイングエルゴメータ漕における3次元の身体加速度の積分値,トレーニング科学22:125-132,2010
2009年
  1. 中村夏実、竹野欽昭;水上全力パドリングにおける艇速度と身体加速度の積分値~カヌーフラットウォーターレーシング・カヤック種目を対象として~,スポーツパフォーマンス研究, 1,14-21,2009
2007年
  1. 中村夏実;加速度計を用いた水上競技のパフォーマンス評価の可能性,バイオメカニクス研究 (日本バイオメカニクス学会依頼総説) ,11:113-123,2007
2006年
  1. 松下雅雄,中村夏実,藤原昌,千足耕一;ボート競技の全国大会における上位進出の要件,鹿屋体育大学学術研究紀要,34,63-68,2006
  2. Kubo J, Chishaki T, Nakamura N, Muramatsu T, Yamamoto Y, Ito M, Saitou H, Kukidome T.;Differences in fat-free mass and muscle thicknesses at various sites according to performance level among judo athletes.,J Strength Cond Res.,20 (3) ,654-657,2006

著書 (Books etc)

学会発表 (Presentation at an academic meeting)

2013年
  1. 佐々木健彦,中村夏実,榮樂洋光,松下雅雄;カヌースプリントパドルにおける調整方法の考案,第26回トレーニング科学会,2013.11
  2. 榮樂洋光,石井泰光,布野泰志,中村夏実,松下雅雄;レーザー級トップ選手におけるGPSを用いたタッキング技術の評価,日本体育学会第64回大会,2013.8
  3. 石井泰光,榮樂洋光,布野泰志,萩原正大,中村夏実,松下雅雄;セーリング競技におけるハイクアウトテストと体力テストとの関係,日本体育学会第64回大会,2013.8
2012年
  1. 中村夏実,佐々木健彦,本間洋樹,松下雅雄,山本正嘉;男子大学カヌースプリント選手における4年間の形態・体力変化と競技成績の関連性,第25回日本トレーニング科学会大会,2012.12
  2. 佐々木健彦,榮樂洋光,石井泰光,松下雅雄,中村夏実;大学カヌースプリント・カヤック競技選手における筋電図解析によるパドリング動作の評価,第25回日本トレーニング科学会大会,2012.12
  3. 中村夏実,佐々木健彦,本間洋樹,松下雅雄,山本正嘉;男子大学カヌースプリント選手における4年間の形態・体力変化と競技成績の関連性,第25回日本トレーニング科学会大会,2012.12
  4. 榮樂洋光,石井泰光,布野泰志,中村夏実,松下雅雄;セーリング競技におけるレーザーラジアル級国内トップ選手の風速別速度カーブ,日本体育学会第63回大会,2012.8
  5. 石井泰光,榮樂洋光,布野泰志,中村夏実,松下雅雄;セーリング競技における身体重量の増加がボートスピードにおよぼす影響,日本体育学会第63回大会,2012.8
  6. 和田智仁,中村夏実,榮樂洋光;ウォータースポーツの実施を支援するライブカメラシステムの構築と運用,日本体育学会第63回大会,2012.8
  7. 布野泰志,石井泰光,榮樂洋光,中村夏実,松下雅雄;ウィンドサーフィンにおけるタッキングの速度特性,日本体育学会第63回大会,2012.8
  8. 石井泰光,榮樂洋光,布野泰志,中村夏実,松下雅雄;セーリング競技における身体重量の増加がボートスピードにおよぼす影響,日本体育学会第63回大会,2012.8
  9. 榮樂洋光,石井泰光,布野泰志,中村夏実,松下雅雄;セーリング競技におけるレーザーラジアル級国内トップ選手の風速別速度カーブ,日本体育学会第63回大会,2012.8
  10. 布野泰志,石井泰光,榮樂洋光,中村夏実,松下雅雄;ウィンドサーフィンにおけるタッキングの速度特性,日本体育学会第63回大会,2012.8
2011年
  1. 中村夏実,松下雅雄;大学カヌースプリント・カナディアン選手におけるレース中のストローク頻度とストローク長,日本体育学会第62回大会,2011.9
  2. 榮樂洋光,石井泰光,中村夏実,松下雅雄;セーリング競技におけるフラットタックとロールタックの違いが速度変化に及ぼす影響,日本体育学会第62回大会,2011.9
2010年
  1. 一箭フェルナンドヒロシ,奥島大,中村夏実,山本正嘉;高校生期におけるボート選手のトレーニングが形態,筋力,有酸素性作業能力に及ぼす影響,第23回日本トレーニング科学会大会,2010.12
  2. 榮樂洋光,中村夏実;海洋スポーツにおける学生の指導力向上と地域貢献への取り組み-地域におけるセーリング大会を通して-,野外教育学会大会,2010.6
2009年
  1. 中村夏実,長島未央子,一箭ひろし,山本正嘉,齋藤正人;カヌースプリント選手に適した身体組成評価方法の検討,第64回日本体力医学会大会,2009.9
  2. 中村夏実;「ローイング種目の科学的アプローチ」-ボートカヌー競技における水上パフォーマンス評価の事例-,日本トレーニング科学会,第64回トレーニングカンファレンス,2009.1
2008年
  1. 中村夏実;ローイング種目の科学的アプローチ ~ボート・カヌー競技における水上パフォーマンス評価の事例~,第64回トレーニング科学会カンファレンス (鹿屋) ,2008
  2. 中村夏実,山本正嘉,荻田太,前田明;ボートの競技成績に対する漸増負荷最大努力時・OBLA時のパワー出力と3次元身体加速度の積分値 ,第21回トレーニング科学会大会 (埼玉) ,2008
2007年
  1. 中村夏実,藤原昌,山本正嘉,荻田太,前田明;加速度計を用いた水上ローイングにおける身体運動量定量化の試み,第62回日本体力医学会大会 (秋田) ,2007
  2. 中村夏実,藤原昌,山本正嘉,荻田太,前田明;負荷漸増ローイングエルゴメータ漕における身体運動量と生理学的パラメータとの関係,日本体育学会第58回大会 (神戸) ,2007
2006年
  1. 中村夏実,松下雅雄,岩竹 淳,山本正嘉;2000mローイングエルゴテスト評価における一考察,第61回日本体力医学会 (神戸) ,2006
  2. 岩竹 淳,図子浩二,山本正嘉,西薗秀嗣,中村夏実;伸張‐短縮サイクル運動の遂行能力と漕運動の経済性との関係,第61回日本体力医学会 (神戸) ,2006
2005年
  1. 中村夏実,竹野欽昭,藤原昌,松下雅雄,千足耕一;カヤック全力パドリング時の運動量と艇速度および酸素消費量との関係 (岡山) ,第60回日本体力医学会大会,2005
  2. 中村夏実,藤原昌,松下雅雄,千足耕一;カナディアンカヌー全力パドリング時の艇速度と運動量の関係,第56回日本体育学会大会 (つくば) ,2005
  3. 中村夏実,藤阪美由紀,山本正嘉,松下雅雄,千足耕一,竹野欽昭;ローイング運動中の身体運動量と酸素消費量の関係,第18回トレーニング科学研究会 (三重) ,2005
2004年
  1. 竹野欽昭,岩原文彦,中村夏実,太田暁美,飯田晴子;ヒト水泳時の運動量と酸素消費量の関係,第59回日本体力医学会大会 (埼玉) ,2004
  2. 千足耕一,中村夏実;高等学校ボート競技における障害の発生状況と選手・指導者の故障に対する意識,第59回日本体力医学会大会 (埼玉) ,2004
  3. 千足耕一,中村夏実,藤原昌;セーリング競技における第1マーク回航順位がフィニッシュ順位に及ぼす影響,第55回日本体育学会大会 (長野) ,2004
  4. 中村夏実,太田暁美,千足耕一;一流ボードセーリング選手のレース期における身体組成の維持・向上に関する事例報告,第59回日本体力医学会大会 (埼玉) ,2004
  5. 船渡和男,中村夏実;回流水槽を利用したカヌートレーニング中の力学的データのモニタリング,第55回日本体育学会大会 (長野) ,2004

その他社会活動 (Social Contribution)

  • 鹿児島県ボート協会理事会 一般会員 平成16年9月~
  • トレーニング科学会理事 (事務局会計担当) 平成19年12月~
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて