プロフィール (Profile)

Numao Shigeharu

氏名 (Name) 沼尾 成晴 (Numao Shigeharu)
職名 (Job title) 准教授(Associate Professor)
連絡先(TEL) 0994-46-4946
連絡先(FAX)  
連絡先(E-Mail) このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
個人ウェブサイト (URL)  
学歴 (Education)

栃木県立鹿沼高等学校 1998年3月卒業
茨城大学教育学部 2002年3月卒業
筑波大学大学院博士課程人間総合科学研究科スポーツ医学専攻 2007年3月修了

学位 (Degree) 博士(スポーツ医学)

職歴 (Academic & Professional Experience)

2007年 4月
早稲田大学スポーツ科学学術院 助手
2010年 4月 早稲田大学スポーツ科学学術院 助教
2012年 4月 京都薬科大学薬学部 講師
2019年 2月 鹿屋体育大学 スポーツ生命科学系 准教授

専門分野 (Research Areas)

  • 運動生理学
  • 運動処方学
  • 運動代謝学

主な研究内容 (Main research contents)

  • 運動中のエネルギー代謝の研究
  • 肥満者および生活習慣病に対する効果的な運動処方の開発
  • 高脂肪食に対する運動効果の検証

研究キーワード (Research Interests)

  • 糖代謝
  • 脂質代謝
  • 運動処方
  • 生活習慣病

所属学会 (Association Memberships)

  • 日本体力医学会(評議員)
  • 日本体育学会
  • 日本生理人類学会
  • 日本肥満学会(評議員)
  • アメリカスポーツ医学会
  • 日本教育医学会
  • 日本臨床栄養学会
  • 日本健康支援学会
  • 日本心臓リハビリテーション学会
  • 日本臨床スポーツ医学会

資格 (Qualification)

  • 中学校・高等学校教諭一種免許(保健体育)

競技歴 (Achievement as a competitor)

受賞歴 (Award)

  • 第64回日本体力医学会研究奨励賞 2009年9月
  • 第22回日本体力医学会学会賞 2009年9月
  • 第65回日本体力医学会 大塚スポーツ医・科学賞 奨励賞 2010年9月
  • 第52回日本臨床生理学会総会大会優秀賞 2014年
  • 第19回日本健康支援学会年次学術大会優秀賞 ポスター部門 2018年3月

実技指導歴 (Achievements as a coach)

論文等 (Published Papers)

2019年
  1. Kimura Y, Kato T, Miyata H, Sasaki I, Minamino-Muta E, Nagasawa Y, Numao S, Nagano T, Higuchi T, Inoko M. Factors associated with increased levels of brain natriuretic peptide and cardiac troponin I during the peripartum period. PLos One, 14(2), e0211982, 2019.
2017年
  1. 沼尾成晴,河野寛,遠藤直哉,山田優香,高橋将記,小西真幸,坂本静男.日本人の食前血中遊離脂肪酸は食後糖代謝と関連する.京薬論集 23, 23-36, 2017.
2016年
  1. Numao S. A single bout of exercise and postprandial hyperglycemia caused by high-fat diet. The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine. 5(2): 181-185, 2016.
  2. Numao S, Kawano H, Endo N, Yamada Y, Takahashi M, Konishi M, Sakamoto S. Short-term high-fat diet alters postprandial glucose metabolism and circulating vascular cell adhesion molecule-1 in healthy males. Applied Physiology, Nutrition, and Metabolism, 41(8), 895-902, 2016.
2015年
  1. Kim HK, Konishi M, Takahashi M, Tabata H, Endo N, Numao S, Lee SK, Kim YH, Suzuki K, Sakamoto S. Effects of acute endurance exercise performed in the morning and evening on inflammatory cytokine and metabolic hormone responses. PLos One, 10(9), e0137567, 2015.
  2. 岡田好,加藤貴雄,広瀬紗也子,長澤吉則,沼尾成晴,猪子森明.経皮的冠動脈形成術後のフォローアップの負荷心筋血流イメージング検査.日本冠疾患学会雑誌,21(1), 20-27, 2015.
2014年
  1. Endo N, Konishi M, Kim HK, Takahashi M, Nishimaki M, Numao S, Sakamoto S. The difference of the influence between acute swimming and running on cardiac fatigue in young male. 日本臨床生理学会誌,44(2), 77-89, 2014.
  2. 金鉉基,高橋将記,小西真幸,田端宏樹,遠藤直哉,沼尾成晴,鈴木克彦,坂本静男.運動実施時間帯の違いが一過性持久性運動時における代謝関連指標ならびにホルモン応答に及ぼす影響.日本臨床スポーツ医学会雑誌,22(3), 497-505, 2014.
  3. 辰巳由香理,小笹寧子,斎藤由佳,森島史佳,梅田陽子,吉田路子,鮑炳元,沼尾成晴,長澤吉則,浜崎博,木村剛.高齢心疾患患者におけるチェア・エクササイズの安全性と効果の検討.心臓リハビリテーション,19 (1): 95-99, 2014.
2013年
  1. Numao S, Kawano H, Endo N, Yamada Y, Konishi M, Takahashi M, Sakamoto S. Effects of a single bout of aerobic exercise on short-term low-carbohydrate/high-fat intake-induced postprandial glucose metabolism during an oral glucose tolerance test. Metabolism, 62 (10): 1406-1415, 2013.
  2. Konishi M, Takahashi M, Endo N, Numao S, Takagi S, Miyashita M, Midorikawa T, Suzuki K, Sakamoto S. Effects of one night of sleep deprivation on maximal fat oxidation during graded exercise. The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 2(1):121-126, 2013.
  3. Kawano H, Mineta M, Asaka M, Miyashita M, Numao S, Gando Y, Ando T, Sakamoto S, Higuchi M. Effects of different modes of exercise on appetite and appetite-regulating hormones. Appetite 66: 26-33, 2013.
  4. Konishi M, Takahashi M, Endo N, Numao S, Takagi S, Miyashita M, Midorikawa T, Suzuki K, Sakamoto S. Effects of sleep deprivation on autonomic and endocrine functions throughout the day and on exercise tolerance in the evening. Journal of Sports Sciences, 31(3):248-255, 2013.
2012年
  1. Numao S. The effects of exercise on adipokines - Focus on circulating adiponectin level in human studies-. The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine. 1(3): 531-535, 2012.
  2. Numao S, Sasai H, Nomata Y, Matsuo T, Eto M, Tsujimoto T, Tanaka K. Effects of exercise training on circulating retinol-binding protein 4 and cardiovascular diseases risk factors in obese men. Obesity facts, 5(6): 845-855, 2012.
  3. Numao S, Kawano H, Endo N, Yamada Y, Konishi M, Takahashi M, Sakamoto S. Short-term low carbohydrate/high fat diet intake increases postprandial blood glucose and glucagon-like peptide 1 levels during an oral glucose tolerance test in healthy men. European Journal of Clinical Nutrition, 66(8): 926-931, 2012.
  4. Kawano H, Ando T, Gando Y, Mineta M, Motegi F, Numao S, Miyashita M, Sakamoto S, Higuchi M. Appetite after rope skipping may differ between males and females. Obesity Research & Clinical Practice, 6(2): e121-e127, 2012.
2011年
  1. 小西真幸,高橋将記,遠藤直哉,沼尾成晴,高木俊,宮下政司,緑川泰史,鈴木克彦,坂本静男.断眠の交感神経副腎髄質およびHPA系に及ぼす影響−唾液中ストレス指標による検討−.日本臨床生理学会雑誌,41: 129-135, 2011.
  2. 沼尾成晴,加藤雄士,鈴木正成.食後の腕屈伸運動による筋肉血液量変動パターンが食後血糖上昇に及ぼす影響:特定保健用食品茶飲料との比較.日本臨床栄養学会誌, 33(3, 4) 112-119, 2011.
  3. Numao S, Katayama Y, Hayashi Y, Matsuo T, Tanaka K. Influence of acute aerobic exercise on adiponectin oligomers concentrations in middle-aged abdominally obese men. Metabolism, 60 (2):186-194, 2011.
2010年
  1. Kato Y, Numao S, Miyauchi R, Suzuki M. Effect of intermittent blood volume fluctuation of light resistance exercise after ingestion of high-protein snacks on plasma braced-chain amino concentrations in young adults. Journal of Nutritional Science Vitaminology. 56(4): 255-259, 2010.
  2. 沼尾成晴,鈴木正成.特定保健用食品の問題点—食後血糖値上昇を抑制する茶飲料の日常生活条件下での効果検討とダンベル体操との効果比較—,日本臨床栄養学会誌31(4): 136-143, 2010.
  3. Sasai H, Matsuo T, Numao S, Sakai T, Mochizuki M, Kuroda K, Okamoto M, Tanaka K. ‘Aotake’: A modified stepping exercise as a useful means of improving lower-extremity functional fitness in older adults. Geriatrics and Gerontology International. 10(3): 244-255, 2010.
2009年
  1. Ohkawara K, Nakata Y, Numao S, Sasai H, Katayama Y, Matsuo T, Okura T, Tanaka K. Response of coronary heart disease risk factors to changes in body fat during-induced weight resuction in Japanese obese men: A pilot study. Annals of Nutrition and Metabolism 56(1): 1-8, 2009.
  2. Matsuo T, Kim MK, Murotake Y, Numao S, Kim MJ, Ohkubo H, Tanaka K. Indirect lifestyle intervention through wives improves metabolic syndrome components in men. International Journal of Obesity. 34(1):136-145, 2009.
  3. Numao S, Hayashi Y, Katayama Y, Matsuo T, Tanaka K. Gender differences in substrate oxidation during aerobic exercise in obese men and postmenopausal obese women. Metabolism 58(9), 1312-1319, 2009.
  4. Kato Y, Sawada A, Numao S, Miyauchi R, Imaizumi K, Sakamoto S, Suzuki M. Effect of light resistance exercise after ingestion of a high-protein snack on plasma branched-chain amino acid concentration in young adult females. Journal of Nutritional Science Vitaminology 55(2), 106-111, 2009.
2008年
  1. 片山靖富,笹井浩行,沼尾成晴,新村由恵,大河原一憲,中田由夫,田中喜代次.運動介入期間中の日常生活における身体活動量の変化が活力年齢および体力年齢に及ぼす影響.体力科学57(4), 463-474, 2008.
  2. Numao S, Suzuki M, Matsuo T, Nomata Y, Nakata Y, Tanaka K. Effects of acute aerobic exercise on high-molecular weight adiponectin. Medicine and Sciences in Sports and Exercise. 40(7): 1271-1276, 2008.
  3. 林容市,岡野亮太,平林正晴,片山靖富,沼尾成晴,松尾知明,中田由夫,田中喜代次.個人の性格特性と減量後の体重維持に関連したセルフエフィカシーとの関係.体力科学57 (2) , 197-206, 2008.
  4. 林容市, 荒井弘和, 沼尾成晴, 中垣内真樹, 田中喜代次. 運動時間の非設定が有酸素性運動時に自己選択される強度レベルに及ぼす影響. 体育学研究. 53(1): 99-109, 2008.
  5. 笹井浩行, 片山靖富, 沼尾成晴, 中田由夫, 田中喜代次. 中年肥満男性における運動実践が内臓脂肪に及ぼす影響: 食事改善との比較. 体力科学.57(1): 89-100, 2008.

著書 (Books etc)

2015年
  1. Numao S. Role of physical exercise on postprandial blood glucose responses to low-carbohydrate/high-fat diet intake. In: Kanosue K, Oshima S, Cao ZB, Oka K. Physical Activity, Exercise, Sedentary Behavior, and Health, Springer Japan, Tokyo, pp 151-164, 2015.
2013年
  1. 沼尾成晴,松尾知明(分担執筆).17章安静時・運動時のエネルギー代謝の測定と評価.4.その他の健康関連指標の測定と評価.健康づくり・介護予防のための体力測定評価法(第2版).田中喜代次,木塚朝博,大藏倫博(編).金芳堂,京都:158-165, 2013.
  2. 沼尾成晴.10章 体脂肪分布の測定と評価.2.形態・体組成の測定と評価.健康づくり・介護予防のための体力測定評価法(第2版).田中喜代次,木塚朝博,大藏倫博(編).金芳堂,京都:88-93, 2013.
2011年
  1. 田中喜代次,大河原一憲,沼尾成晴,片山靖富,江藤幹.メタボリックシンドロームの肥満者に対する運動療法.日本臨床 (0047-1852), 69巻増刊1 メタボリックシンドローム: 538-543, 2011.
  2. 沼尾成晴.肥満改善・予防のための運動・身体活動.教養としてのスポーツ科学【改訂版】アクティヴ・ライフの創出をめざして.早稲田大学スポーツ科学学術院(編).大修館書店,東京:54,2011.

学会発表 (Presentation at an academic meeting)

2019年
  1. 野勢朋史,沼尾成晴,長澤吉則.体脂肪量の異なる標準体重肥満若年者における歩幅および歩行速度の比較.第33回日本体力医学会近畿地方会(滋賀),2019.2.
  2. 枝川侑季奈,沼尾成晴,長澤吉則.女子大学生における睡眠時間と体脂肪の関係.第33回日本体力医学会近畿地方会(滋賀),2019.2.
2018年
  1. 池田俊哉,沼尾成晴,長澤吉則,松浦義昌.中高齢者の動的平衡能力と転倒リスクとの関係-4種類の動的平衡能力測定法による検討-.日本体育測定評価学会第17回大会(愛知),2018.3.
  2. 進藤聡人,長澤吉則,沼尾成晴.等尺性及び等張性課題による下肢筋力発揮調整能評価変数の試行間信頼性.日本体育測定評価学会第17回大会(愛知),2018.3.
  3. 長久雄樹,長澤吉則,沼尾成晴,松浦義昌.中高齢者の重心軌跡測定による静的平衡能力と転倒リスクとの関係.日本体育測定評価学会第17回大会(愛知),2018.3.
  4. 長澤吉則,出村慎一,沼尾成晴,進藤聡人,青木宏樹.上肢と下肢の筋力発揮調整能の関係.日本体育測定評価学会第17回大会(愛知),2018.3.
  5. 蓬莱真美,沼尾成晴,長澤吉則.臨床非経験の大学生による筋硬度計の試行間信頼性の検討.日本体育測定評価学会第17回大会(愛知),2018.3.
  6. 沼尾成晴,長澤吉則,五郎丸直美,田巻俊一.慢性期心疾患患者におけるアディポカイン,マイオカインと動脈硬化性疾患因子との関連.第19回日本健康支援学会年次学術集会 (京都),2018.3.
  7. 谷口真彦,長澤吉則,沼尾成晴.高齢者の日常生活におけるビタミンB12摂取量と認知機能および精神的健康との関係.日本薬学会第138年会 (石川),2018.3.
2016年
  1. 長澤吉則,沼尾成晴,杉本寛恵,下村雅昭,千葉真理子,五郎丸直美,田巻俊一.集団スポーツ療法に参加した心疾患維持期男性高齢者における身体機能の縦断的変化.第22回日本心臓リハビリテーション学会学術集会.東京,2016.7.16-17.
  2. 竹田真唯子,沼尾成晴,長澤吉則.維持期心疾患高齢患者における顕在性不安と運動教室参加率の関係.日本心臓リハビリテーション学会 第1回近畿地方会,京都,2016.2.27.
  3. 白井杏奈,沼尾成晴,長澤吉則.運動教室参加高齢患者における身体活動量および座位時間がADLに及ぼす影響.日本心臓リハビリテーション学会 第1回近畿地方会,京都,2016.2.27.
2015年
  1. 遠藤直哉,小西真幸,金鉉基,西牧未央,沼尾成晴,坂本静男.水泳とランニングにおける一過性長時間運動が脂質代謝に及ぼす影響.第26回日本臨床スポーツ医学会学術集会,兵庫,2015.11.7-8.
  2. 奥村万寿美,西村玲奈,沼尾成晴,長澤吉則,福井富穂.時間選好率・危険回避度を用いた栄養食事指導に関する研究.第37回日本臨床栄養学会総会/第36回日本臨床栄養協会総会 第13回大連合大会,東京,2015.10.2-3.
  3. 長澤吉則,三好美似菜,沼尾成晴.スポーツ教室参加者におけるソフトバランスバーを用いた動的平衡性の信頼性.第34回日本臨床運動療法学会,宮城,2015.9.5-6.
  4. 長澤吉則,浅見紘子,出村慎一,杉本寛恵,沼尾成晴.静止立位姿勢時の足位置の違いによる足圧中心動揺の信頼性.第16回日・韓健康教育シンポジウム 兼 第63回日本教育医学会大会,兵庫,2015.8.22-23.
  5. 浅見紘子,沼尾成晴,長澤吉則.静止立位姿勢時の筋肉率の左右差と足圧中心動揺の関係.第16回日・韓健康教育シンポジウム 兼 第63回日本教育医学会大会,兵庫,2015.8.22-23.
  6. 三好美似菜,沼尾成晴,長澤吉則.高齢者のソフトバランスバーを用いた動的平衡能力と転倒リスクの関係.第16回日・韓健康教育シンポジウム 兼 第63回日本教育医学会大会,兵庫,2015.8.22-23.
2014年
  1. 沼尾成晴,坂本静男.脂質割合の異なる食事の短期間摂取が食後糖代謝に及ぼす影響.第35回日本肥満学会,宮崎,2014.10.24-25.
  2. 遠藤直哉,小西真幸,金鉉基,高橋将記,西牧未央,沼尾成晴,坂本静男.水泳とランニングの漸増負荷運動中における運動強度による脂質酸化量の比較.第25回日本臨床スポーツ医学会学術集会,東京,2014.11.8-9.
  3. 髙橋佑介,羽田龍彦,長澤吉則,沼尾成晴.心不全患者の再入院回数に影響を及ぼす要因の検討.第20回日本心臓リハビリテーション学会学術集会,京都,2014.7.19-20.
  4. 長澤吉則,沼尾成晴,杉本寛恵,千葉真理子,下村雅昭.維持期心疾患高齢患者における身体機能および転倒リスクに及ぼす転倒恐怖感の影響およびその性差.第20回日本心臓リハビリテーション学会学術集会,京都,2014.7.19-20.
  5. 杉本寛恵,長澤吉則,沼尾成晴,下村雅昭,千葉真理子.1年間の集団スポーツリハビリ教室に参加した心疾患維持期高齢者の身体機能の変化.第20回日本心臓リハビリテーション学会学術集会,京都,2014.7.19-20.
2013年
  1. 岡田好,加藤貴雄,木次紗也子,長澤吉則,沼尾成晴,猪子森明.経皮的冠動脈形成術後のフォローアップの負荷心筋血流シンチの有用性.第27回日本冠疾患学会学術集会,和歌山,2013.12.13-14.
  2. 沼尾成晴,河野寛,遠藤直哉,山田優香,小西真幸,高橋将記,坂本静男.高脂肪食摂取中の一過性中強度有酸素性運動が食後糖代謝およびアディポカインに及ぼす影響.第68回日本体力医学会大会,東京,2013.9.21-23.
  3. 薮内絵里加,沼尾成晴,下村雅昭,千葉真理子,杉本寛恵,長澤吉則.高齢者におけるステップ動作評価法の検討と転倒リスクとの関連.第32回臨床運動療法研究会,愛知,2013.9.7.
  4. 薮内愛弓,沼尾成晴,下村雅昭,千葉真理子,杉本寛恵,長澤吉則.維持期リハビリテーション参加高齢者における動脈硬化指数と運動時ダブルプロダクトの関係.第32回臨床運動療法研究会,愛知,2013.9.7.
  5. Kim HK, Takahashi M, Numao S, Endo N, Konishi M, Suzuki K, Sakamoto S. The influence of morning and evening endurance exercise on metabolic responses and inflammatory cytokines in young men. 18th Annual Congress of the European College of Sports Sciences, Barcelona, Spain, June 26-29, 2013.
  6. 長澤吉則,沼尾成晴,杉本寛恵,下村雅昭,千葉真理子,中川久恵.維持期心臓リハビリ高齢女性患者における転倒恐怖感の有無が身体機能に及ぼす影響.第19回日本心臓リハビリテーション学会学術集会,宮城,2013.7.13-14.
  7. Kim HK, Takahashi M, Numao S, Endo N, Konishi M, Suzuki K, Sakamoto S. The Influence of acute endurance exercise in the morning and evening on metabolic responses in young men The 5th International Congress on Prediabetes and the Metabolic Syndrome, Vienna, Austria, April 18-20, 2013.
  8. 西澤未佳,羽田龍彦,遠藤友美恵,沼尾成晴,長澤吉則.急性心筋梗塞疾患におけるスタチン服用の有無およびステントの種類が再狭窄に及ぼす影響.第77回日本循環器学会学術集会,神奈川,2013.3.15-17.
  9. 遠藤友美恵,羽田龍彦,西澤未佳,沼尾成晴,長澤吉則.冠動脈CT検査および心筋シンチグラフィー検査がPCI治療選択に及ぼす影響.第77回日本循環器学会学術集会,神奈川,2013.3.15-17.
2012年
  1. Kawano H, Mineta M, Asaka M, Miyashita M, Numao S, Gando Y, Ando T, Sakamoto S, Higuchi M. The effects of weight bearing exercise on the associations between appetite and appetite-related gut hormones. 2012 APS Intersociety Meeting The Integrative Biology of Exercise 6, United stated of America, October 10 - 13, 2012.
  2. Konishi M, Takahashi M, Kim HK, Endo N, Numao S, Takagi S, Miyashita M, Midorikawa T, Suzuki K, Sakamoto S. Effects of sleep deprivation on autonomic and endocrine functions throughout the day and on exercise tolerance in the evening. 第67回日本体力医学会大会,岐阜,2012.9.14-16.
  3. 金鉉基,高橋将記,沼尾成晴,遠藤直哉,小西真幸,鈴木克彦,坂本静男. 運動実施時間帯の違いが一過性持久性運動時における代謝関連指標ならびにホルモン応答に及ぼす影響.第67回日本体力医学会大会,岐阜,2012.9.14-16.
  4. 小西真幸,高橋将記,遠藤直哉,沼尾成晴,高木俊,宮下政司,緑川泰史,鈴木克彦,坂本静男.断眠の糖質・脂質代謝および漸増運動中の最大脂質酸化量に及ぼす影響.第67回日本体力医学会大会,岐阜,2012.9.14-16.
  5. 森のどか,沼尾成晴,下村雅昭,千葉真理子,杉本寛恵,長澤吉則.維持期心臓リハビリテーション患者の日常身体活動量が健康関連QOLに及ぼす影響.第31回臨床運動療法研究会,兵庫,2012.9.1.
  6. 呉世昶,江藤幹,蘇リナ,辻本健彦,片山靖富,沼尾成晴,田中喜代次.運動実践による腹部脂肪の減少が冠危険因子に及ぼす影響.第60回日本教育医学会大会,茨城,2012.8.25-26.
  7. 下原佑佳利,沼尾成晴,下村雅昭,千葉真理子,杉本寛恵,長澤吉則.体幹装具着用が静止立位姿勢時の足底圧に及ぼす影響:女子学生を対象として.第60回日本教育医学会大会,茨城,2012.8.25-26.
  8. 杉本寛恵,下村雅昭,千葉真理子,沼尾成晴,長澤吉則.3年間包括的心臓リハビリテーション参加した維持期高齢者における身体機能の縦断的変化:ADL間差に着目して.第60回日本教育医学会大会,茨城,2012.8.25-26.
  9. Fukazawa T, Smyrnioudis L, Konishi M, Numao S, Sakamoto S. Gastronomy and Lifestyle Related Diseases: Introducing Mastic-Gum as Multifunctional Food into Japanese Society. The European Congress on Obesity, Lyon, France, May 9-12, 2012.
  10. Kawano H, Mineta M, Asaka M, Miyashita M, Gando Y, Ando T, Numao S, Sakamoto S, Higuchi M. Effects of different modes of exercise on appetite in young men. The 59th Annual Meeting of American College of Sports Medicine. San Francisco, United stated of America, May 29 - June 02, 2012.
  11. 沼尾成晴,河野寛,山田優香,小西真幸,坂本静男.高脂肪食により惹起される食後高血糖に及ぼすアディポカインの影響.第13回日本健康支援学会年次学術集会,茨城,2012.2.18-19.
  12. 林容市,沼尾成晴,坂井智明.他者からの体型評価に対する意識レベルと社会的スキルおよび形態への不満状況との関連.第13回日本健康支援学会年次学術集会,茨城,2012.2.18-19.
2011年
  1. 沼尾成晴, 坂本静男.短期間の高脂肪食摂取が食後糖代謝に及ぼす影響.第32回日本肥満学会,兵庫,2011.9.24-25.
  2. 沼尾成晴,河野寛,遠藤直哉,山田優香,小西真幸,高橋将記,坂本静男.高脂肪食摂取期間中の中強度有酸素性運動が食後糖代謝に及ぼす影響.第66回日本体力医学会大会,山口,2011. 9.16-18.
  3. 世昶,蘇リナ,辻本健彦,江藤幹,笹井浩行,片山靖富,沼尾成晴,野又康博,田中喜代次.減量介入方法の違いと減量効果の大きさ(2)-血液項目について.第30回臨床運動療法研究会,神奈川,2011.8.27.
  4. Hayashi Y, Numao S. Influences of the social skills and the trait shyness on the self-body images of a university students. 第14回日・韓健康教育シンポジウム 兼 第59回日本教育医学会大会.石川,2011.8.20-21.
  5. Konishi M, Takahashi M, Kim HK, Tabata H, Endo N, Numao S, Takagi S, Yamada Y, Miyashita M, Midorikawa T, Suzuki K, Sakamoto S. The effects of sleep deprivation on sympathoadrenal system and hypothalamic-pituitary-adrenocortical axis using salivary stress markers. Worldsleep2011, Kyoto, Japan, October 16-20, 2011.
  6. Katayama Y, Sasai H, Nagano Y, Eto M, Numao S, Tanaka K. Effects of weekly versus twice-weekly nutritional sessions on weight loss and adherence in obese women. 29th Annual Scientific Meeting of North American Association For The Study of Obesity, Orland, Floroda, October 1-5, 2011.
  7. Konishi M, Takahashi M, Kim H, Tabata H, Endo N, Numao S, Takagi S, Yamada Y, Miyashita M, Midorikawa T, Suzuki K, Sakamoto S. Effects of acute sleep deprivation on exercise tolerance and stress hormones during maximal exercise. The 16th annual congress of the European College of Sport Science. Liverpool, United Kingdom, July 6-9, 2011.
  8. Kawano H, Ando T, Gando Y, Mineta M, Numao S, Miyashita M, Sakamoto S, Higuchi M. Effect of acute rope skipping exercise on appetite in young men and women. 58th Annual Meeting of the American College of Sports Medicine, Denver, Colorado, United State of America, May 31- June 4, 2011.
2010年
  1. 沼尾成晴,笹井浩行,野又康博,松尾知明,江藤幹,辻本健彦,田中喜代次.有酸素性運動実践が肥満男性の血中レチノール結合タンパク質4濃度に及ぼす影響.第65回日本体力医学会大会,千葉,2010. 9.16-18.
  2. 江藤幹,笹井浩行,辻本健彦,蘇リナ,松尾知明,大久保寛之,沼尾成晴,片山靖富,野又康博,田中喜代次.身体活動が減量後の体重維持に及ぼす影響.第65回日本体力医学会大会,千葉,2010. 9.16-18.
2009年
  1. 松尾知明,金孟奎,沼尾成晴,金美芝,大久保寛之,田中喜代次.妻への生活習慣指導が夫の体重およびメタボリックシンドローム構成因子に及ぼす効果.第64回日本体力医学会大会,新潟,2009. 9.18-20.
  2. 沼尾成晴,鈴木正成,笹井浩行,野又康博,田中喜代次.肥満男性の有酸素性運動実践が血中アディポネクチン濃度に及ぼす影響—食事制限との比較—.第64回日本体力医学会大会,新潟,2009. 9.18-20.
  3. 加藤雄士,澤田篤史,沼尾成晴,宮内綾子,今泉和彦,坂本静男,鈴木正成.高タンパク質スナック摂取後のダンベル体操によるインターバル血流増大の筋肉増量・増強作用.第63回日本栄養・食糧学会大会,長崎,2009. 5. 20-22.
  4. 鈴木正成、沼尾成晴,石谷未奈美,金子真司,神家さおり,佐藤陽一,杉浦里佳,二宮佐知子,山下高範.特定保健用食品:科学的エビデンスと生活科学的エビデンスの乖離.第63回日本栄養・食糧学会大会,長崎,2009.5. 20-22.
  5. Suzuki M, Kato Y, Sawada A, Numao S. Blood-flow fluctuation during light-resistance exercise may enhance the effectiveness of high-protein snack on the increase of muscle mass and strength. Experimental Biology, FASEB, New Orleans, United stated of America, April 18 - 22, 2009.
  6. Shimura Y, Okada H, Sakai T, Hayashi Y, Ohkawara K, Numao S, Katayama Y, Tanaka K. Toe clearance variablity during walking in older Japanese stroke patient. The 54th Annual Meeting of American College of Sports Medicine. Seattle, United stated of America, May 27 - 30, 2009.
2008年
  1. Numao S, Suzuki M, Matsuo T, Katayama Y, Nakata Y, Ohkawara K, Okura T, Tanaka K. Association between abdominal fat and metabolic syndrome components in premenopausal and postmenopausal obese women. 7th World Congress on Aging and Physical Activity, Tsukuba, Japan. July 26-29, 2008.
  2. Shimura Y, Sakai T, Hayashi Y, Okada H, Ohkawara K, Numao S, Katayama Y, Tanaka K. Gait characteristics in Japanese stroke patients during walking on a known tripping floor surfaces. 7th World Congress on Aging and Physical Activity, Tsukuba, Japan. July 26-29, 2008.
  3. Sakai T, Hayashi Y, Nakata Y, Yabushita N, Ohkawara K, Fujimura M, Numao S, Katayama Y, Shimura Y, Tanaka K. Effects of the exercise combined with trekking and walking in middle-aged and older adults. 7th World Congress on Aging and Physical Activity, Tsukuba, Japan. July 26-29, 2008.
  4. Ohkawara K, Nakata Y, Sasai H, Katayama Y, Numao S, Matsuo T, Okura T, Tanaka K. Different fluctuations between coronary heart disease risk factors and regional body fat during moderate weight loss. 7th World Congress on Aging and Physical Activity, Tsukuba, Japan. July 26-29, 2008.
  5. Tanaka K, Nakata Y, Sakai T, Hayashi Y, Yabushita N, Shimura Y, Ohkawara K, Katayama Y, Numao S, Matsuo T, Okura T. Effects of diet and exercise training on vital age and metabolic syndrome of obese women in response to weight reduction: The SMART Study. 7th World Congress on Aging and Physical Activity, Tsukuba, Japan. July 26-29, 2008.

その他社会活動 (Social Contribution)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて