プロフィール (Profile)

永原隆(Nagahara Ryu)

氏名 (Name) 永原 隆(Nagahara Ryu)
職名 (Job title) 助教 (Assistant Professor)
連絡先(TEL)  
連絡先(FAX)  
連絡先(E-Mail)  
個人ウェブサイト (URL)  
学歴 (Education)

鹿屋体育大学体育学部 2007年3月卒業

筑波大学大学院体育研究科 2009年3月修了

筑波大学大学院人間総合科学研究科3年制博士課程コーチング学専攻 2014年3月単位修得退学
学位 (Degree) 博士(コーチング学)(2015年3月)

職歴 (Academic & Professional Experience)

2011年4月~2013年3月 日本学術振興会特別研究員DC2
2014年4月~2015年7月 筑波大学スポーツR&Dコア 研究員
2015年8月~2019年3月 鹿屋体育大学 特任助教
2019年4月~ 鹿屋体育大学スポーツ・武道実践科学系 助教

専門分野 (Research Areas)

  • スポーツ科学(sports sciences)
  • スプリント走学(sprint running sciences)

主な研究内容 (Main research contents)

研究キーワード (Research Interests)

所属学会 (Association Memberships)

資格 (Qualification)

  • 第三級陸上特殊無線技士

競技歴 (Achievement as a competitor)

受賞歴 (Award)

実技指導歴 (Achievements as a coach)

  • 2009年~2011年 筑波大学陸上競技部 コーチアシスタント
  • 2009年~2011年 鹿島アントラーズFCジュニアユース ランニング・コーディネーションコーチ
  • 2017年~ 鹿屋体育大学陸上競技部 外部コーチ

論文等 (Published Papers)

2018年
  1. 宮西智久,柴山一仁,永原隆.野球走塁における一塁ベースへの走り抜け走とヘッドスライディング走のバイオメカニクス的研究.野球科学研究 2, 1-12,2018
  2. Edouard P, Nagahara R, Samozino P, Rossi J, Brughelli M, Mendiguchia J, Morin JB. Production de force horizontale en sprint et lésions musculaires des ischio-jambiers. Étude pilote prospective en football. Journal de Traumatologie du Sport 35(1):56, 2018
  3. Nagahara R, Mizutani M, Matsuo A, Kanehisa H, Fukunaga T. Association of sprint performance with ground reaction forces during acceleration and maximal speed phases in a single sprint. Journal of Applied Biomechanics 34: 104-110, 2018.
  4. Nagahara R, Takai Y, Kanehisa H, Fukunaga T. Vertical impulse as a determinant of combination of step length and frequency during sprinting. International Journal of Sports Medicine 39(4): 282-290, 2018.
  5. Nagahara R, Mizutani M, Matsuo A, Kanehisa H, Fukunaga T. Step-to-step spatiotemporal variables and ground reaction forces of intra-individual fastest sprinting in a single session. Journal of Sports Sciences 36(12): 1392-1401, 2018.
2017年
  1. 三浦康二,永原隆,渡辺圭佑,安藤柊之介.2016年世界U20選手権及び全日本実業団における競技者の前額面内下胴キネマティクス.日本陸上競技研究紀要 12,136-137, 2017
  2. 濱中良,永原隆,松尾彰文,小森大輔,加藤忠彦,近藤亮介,金高宏文.三段跳における助走歩数が跳躍パフォーマンスに及ぼす影響:単一事例による実験的検討.スポーツパフォーマンス研究 9, 512-527, 2017
  3. Miyanishi T, Endo S, Nagahara R. Comparison of crossover and jab step start techniques for base stealing in baseball. Sports Biomechanics 16(4), 552-566, 2017
  4. 山口大貴,金高宏文,黒川剛,小森大輔,永原隆,近藤亮介.自転車競技における股関節漕ぎペダリングドリルの導入が一定パワー発揮時の実施感やペダリング動作及び回転踏力に及ぼす影響.スポーツパフォーマンス研究 9, 157-170, 2017
  5. Nagahara R, Abe T. The influence of applied blood flow restriction cuffs on kinematics of submaximal sprinting. Journal of Functional Morphology and Kinesiology 2(4): 45, 2017.
  6. Nahagaha R, Zushi K. Development of maximal speed sprinting performance with changes in vertical, leg and joint stiffness. Journal of Sports Medicine and Physical Fitness 57: 1572-1578, 2017
  7. Nagahara R, Mizutani M, Matsuo A, Kanehisa H, Fukunaga T. Association of step width with accelerated sprinting performance and ground reaction force. International Journal of Sports Medicine 38: 534-540, 2017
  8. Nagahara R, Matsubayashi T, Matsuo A, Zushi K. Alteration of swing leg work and power during human accelerated sprinting. Biology Open 6, 633-641, 2017
  9. Nahagaha R, Botter A, Rejc E, Koido M, Shimizu T, Samozino P, Morin JB. Concurrent validity of GPS for deriving mechanical properties of sprint acceleration. International Journal of Sports Physiology and Performance 12, 129-132, 2017
2016年
  1. 三浦康二,永原隆,渡辺圭佑.2015年和歌山国体競歩種目における男女U19競技者の前額面内下胴キネマティクス.日本陸上競技研究紀要 11,83-86,2016
  2. Nahagaha R, Morin JB, Koido M. Impairment of sprint mechanical properties in an actual soccer match: A pilot study. International Journal of Sports Physiology and Performance 11, 893-898, 2016
2015年
  1. 永原隆.加速局面における局面の区分と疾走動作の変容.陸上競技研究102,2–9,2015
2014年
  1. 永原隆,図子浩二.全力疾走の加速局面における加速能力と身体部分長との間の関係.スプリント研究 23, 5-15, 2014
  2. Nagahara R, Matsubayashi T, Matsuo A, Zushi K. Kinematics of transition during human accelerated sprinting. Biology Open 3, 689-699, 2014.
  3. Nagahara R, Naito H, Miyashiro K, Morin JB, Zushi K. Traditional and ankle-specific vertical jumps as strength-power indicators for maximal sprint acceleration. Journal of Sports Medicine and Physical Fitness 54, 691-699, 2014.
  4. Nagahara R, Naito H, Morin JB, Zushi K. Association of acceleration with spatiotemporal variables in maximal sprinting. International Journal of Sports Medicine 35, 755-761, 2014.
2013年
  1. 加藤彰浩,永原隆,杉本和那美,木越清信.小学生の体育授業における短距離走の距離の検討―最大疾走速度到達距離および時間に着目して―.陸上競技研究 94,11-17,2013
  2. 永原隆,図子浩二.女子短距離選手を対象としたステップ変数による加速能力の評価.陸上競技研究 94,38-46,2013
  3. 永原隆,宮代賢治,図子浩二.女子短距離走選手を対象とした足底屈パワーテストと疾走能力の関係.スポーツパフォーマンス研究 5,279-294,2013
  4. Nagahara R, Zushi K. Determination of foot strike and toe-off event timing during maximal sprint using kinematic data. International Journal of Sport and Health Science 11, 96-100, 2013

著書 (Books etc)

学会発表 (Presentation at an academic meeting)

2018年
  1. Nagahara R. Sprint acceleration: Sections and determinants. UPSI Strength & Conditioning Conference 2018, Pre-conference Lecture, Malaysia (March 23, 2018)
2017年
  1. 若宮美咲,篠原康男,永原隆,松尾彰文,長野明紀.関西インカレトップレベルの110mハードル選手における1歩毎の加速減速特性の分析.日本陸上競技学会第16回大会,沖縄,2017年12月16-17
  2. 篠原康男,永原隆,松尾彰文,前田正登.クラウチングスタートとスタンディングスタートにおける加速様態の比較検討.日本陸上競技学会第16回大会,沖縄,2017年12月16-17
  3. 松尾彰文,永原隆,金子公宏,持田尚,串間敦郎,渡邉信晃,比留間浩介,礒繁雄.スプリントハードル走におけるインターバル間の地面力からみた男女差について.日本陸上競技学会第16回大会,沖縄,2017年12月16-17
  4. Edouard P, Nagahara R, Samozino P, Rossi J, Brughelli M, Mendiguchia J, Morin JB. Production de force horizontale en sprint et lésion musculaires des ischio-jambiers: étude pilote prospective en football. Congress of SFMES-SFTS 2017, Marseille, France, (September 21-23, 2017)
  5. 松尾彰文,広川龍太郎,馬場友也,永原隆,水谷未来,金久博昭,福永哲夫.コーチのアドバイスがスタートダッシュ技術に及ぼす影響.第3回スポーツパフォーマンス学会大会,東京,2017年7月25日
  6. Nagahara R, Mizutani M, Matsuo A, Fukunaga T. Ground reaction force across the first transition during sprint acceleration. International Society of Biomehcanics XXVIth Congress, Brisbane, Australia (July 23-27, 2017)
  7. Nagahara R. Wider step width is associated with higher sprinting speed and greater medial ground reaction force. International Research Forum on Biomechanics of Running-specific Prostheses, AIST Tokyo Waterfront ANNEX, Tokyo, Japan(Feb 22, 2017)
  8. 永原隆.小中学生における加速疾走能力の発達―PHV前の停滞に着目して―.発育発達学会月例研究会,東京,2017年1月
2016年
  1. 松尾彰文,永原隆,持田尚,串間敦郎,金子公宏.50mフォースプレートによる女子100mハードル走における地面反力.日本陸上競技学会第15回大会,岡山,2016年12月17-18
  2. 松尾彰文,永原隆,水谷未来,福永哲夫,佐藤真太郎,邑木隆二.50mフォースプレートによる女子スプリンターの50mスプリント走時の地面反力.日本スプリント学会第27回大会,埼玉,2016年12月3-4
  3. Nagahara R, Mizutani M, Matsuo A. Relationship of step width with sprinting performance and ground reaction forces. 4th International Congress on Sport Sciences Research and Technology Support, Porto, Portugal (Nov.8, 2016)
  4. 永原隆,松林武生,松尾彰文,図子浩二.加速疾走パフォーマンスとスイング脚の関節トルクパワーの関係.第29回日本トレーニング科学会大会,神奈川,2016年10月29-30
  5. 永原隆,水谷未来,松尾彰文.最大速度局面における胸部・骨盤の動作と疾走速度の関係.九州体育・スポーツ学会第65回大会,長崎,2016年9月16-18
  6. 松尾彰文,永原隆,水谷未来,金久博明,土江寛裕,広川龍太郎,礒繁雄,福永哲夫.新開発の50mフォースプレートによる日本のトップスプリンターのスタートダッシュにおける地面反力について.第24回日本バイオメカニクス学会大会,草津,2016年9月12-14
  7. 永原隆,原村未来,水谷未来,高井洋平,松尾彰文.小中学生の加速疾走における時空間変数と地面反力の変化.第24回日本バイオメカニクス学会大会,草津,2016年9月12-14
  8. 永原隆,水谷未来,松尾彰文.短期間における個人内の加速疾走パフォーマンス変動に影響する要因.日本体育学会67回大会,大阪,2016年8月25日
  9. 濱中良,永原隆,松尾彰文,小森大輔,加藤忠彦,近藤亮介,金高宏文.三段跳における助走歩数が跳躍パフォーマンスに及ぼす影響-50mフォースプレートを用いた一人の被験者による実験的試技より-.第2回スポーツパフォーマンス学会大会,東京,2016年8月3日
  10. 津野天兵,鈴木智晴,藤井雅文,杉浦綾,水谷未来,永原隆,中本浩揮,前田明.女子プロ野球選手における塁間走パフォーマンスの特徴-男子大学野球選手との比較-.第2回スポーツパフォーマンス学会大会,東京,2016年8月3日
  11. 永原隆,水谷未来,松尾彰文.加速疾走における歩隔と疾走パフォーマンスおよび地面反力の関係.第2回スポーツパフォーマンス学会大会,東京,2016年8月3日
  12. Nagahara R, Mizutani M, Matsuo A. Intra-individual difference in spatiotemporal variables during maximal sprinting. 21st annual Congress of the European College of Sport Science, Vienna, Austria (July 6-9, 2016)
  13. Matsuo A, Mizutani M, Nagahara R, Kanehisa H, Fukunaga T. Contribution of forward and vertical impulses during maximal 50m sprinting to the maximum running velocity in sprinters. XXXIV International Congress of Biomechanics in Sports, Tsukuba, Japan (July 18-22, 2016)
  14. Tsuno T, Nagahara R, Mizutani M, Matsuo A, Nakamoto H, Maeda A. Relationship of base-running performance with running direction and its change. XXXIV International Congress of Biomechanics in Sports, Tsukuba, Japan (July 18-22, 2016)
  15. Nagahara R, Mizutani M, Matsuo A. Ground reaction force of the first transition during accelerated sprinting: A pilot study. XXXIV International Congress of Biomechanics in Sports, Tsukuba, Japan (July 18-22, 2016)
2015年
  1. 宮西智久,遠藤壮,永原隆.クロスオーバーステップ法とジャブステップ法を用いた野球盗塁スタート動作の比較.日本野球科学研究会第3回大会,名古屋,2015年12月12日
  2. 永原隆,小井土正亮.サッカーの試合における疾走パフォーマンス低下の特徴と運動量の関係.第28回日本トレーニング科学会大会,鹿屋,2015年11月14日
2014年
  1. Nagahara R, Matsubayashi T, Matsuo A, Zushi K. Swing leg kinetics of human maximal accelerated sprinting. 19th annual Congress of the European College of Sport Science, Amsterdam, The Netherlands (July 2014)
  2. Nagahara R, Matsubayashi T, Matsuo A, Zushi K. Kinematics of thorax and pelvis during maximal accelerated sprinting. XXXII International Congress of Biomechanics in Sports, Johnson City, TN, US (July 2014)

その他社会活動 (Social Contribution)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて