プロフィール (Profile)

藤井 康成 (Fujii Yasunari)

氏名 (Name) 藤井 康成 (Fujii Yasunari)
職名 (Job title) 教授 (Professor)
連絡先(TEL) 0994-46-4901
連絡先(FAX) 0994-46-4901
連絡先(E-Mail) このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
個人ウェブサイト (URL)  
学歴 (Education) 鹿児島大学 医学部 1986年卒
鹿児島大学大学院 医学研究科 整形外科学 1993年単位取得後退学
学位 (Degree) 博士(医学)(鹿児島大学 1996年2月)

職歴 (Academic & Professional Experience)

1986年 6月 鹿児島大学医学部附属病院整形外科研修医
1998年 1月 千葉大学医学部整形外科留学(スポーツ整形外科研修のため)
1999年 5月 鹿児島大学医学部附属病院整形外科 助手
2000年 3月 鹿屋体育大学保健管理センター 助教授
2006年 4月 鹿屋体育大学保健管理センター 教授
2006年 8月 鹿屋体育大学保健管理センター教授(兼)保健管理センター所長
2016年 4月 鹿屋体育大学体育学部教授(兼)保健管理センター所長

専門分野 (Research Areas)

  • スポーツ整形外科 (Orthpaedic Sports Medicine)

主な研究内容 (Main research contents)

  • スポーツを科学する
    現在行っている研究内容をわかりやすく説明しています。
    平成29年度版 (PDF)
    平成28年度版 (PDF)
    平成27年度版 (PDF)
    平成26年度版 (PDF)
    平成25年度版 (PDF)
  • RENKEI (連携)
    企業等の皆様と連携協力 (共同研究や受託研究等)可能な事項を掲載しています。
    最新年度版 (PDF)
  • スポーツ整形外科領域におけるメディカルチェックの有用性について
    スポーツ外傷・障害の治療や予防に対して、メディカルチェックの有用性が報告されている。我々は、特に下肢アライメントに着目し、近年、膝関節外傷や障害の原因として注目されている動的アライメント異常の一つであるknee-inの発症メカニズムを解明するため、足部や体幹、骨盤、股関節機能の新しい評価法を考案してきた。足部機能の評価法として、片足起立下での膝屈曲時の床面と踵骨軸間の角度を測定する動的Heel-Floor角を用いた。骨盤・股関節機能の評価法として、片足起立下での荷重側に対する遊脚側の骨盤の高さを評価する動的Trendelembergテストを用いた。いずれも、knee-inと深い関連性を示す結果となったが、今後、さらに両因子とknee-inとの関係を解明し、足部と骨盤・股関節機能の両因子が、膝の屈曲方向に与える影響を証明していきたい。

研究キーワード (Research Interests)

  • スポーツ外傷・障害
  • メディカルチェック
  • 動的Trendelembergテスト
  • 動的Heel-Floor角
  • 動的アライメント
  • Knee-in

所属学会 (Association Memberships)

  • 日本整形外科学会
  • 日本肩関節学会
  • 日本整形外科スポーツ評議員
  • 日本関節鏡学会評議員
  • 日本膝関節学会

資格 (Qualification)

  • 整形外科専門医,日本体育協会公認スポーツドクター

競技歴 (Achievement as a competitor)

受賞歴 (Award)

実技指導歴 (Achievements as a coach)

論文等 (Published Papers)

2014年
  1. 藤井康成,栫博則,泉俊彦;投球スポーツの肩障害と肘障害における体幹、肩甲骨機能の特徴,日本肘関節学会雑誌,21(1):95-95,2014.1
  2. 栫博則,藤井康成,泉俊彦他;保存療法にて経過観察中に骨嚢腫を併発した上腕骨小頭OCDの野球選手の1症例,日本肘関節学会雑誌,21(1):55-55,2014.1
2013年
  1. 藤井康成,泉俊彦,栫博則,永浜良太;肩甲上腕関節のバイオフィードバック,Bone Joint Nerve,3(4):623-630,2013.10
  2. 田中栄,菅谷啓之,池上博泰,藤井康成;肩関節疾患の最前線,Bone Joint Nerve,3(4):771-788,2013.10
  3. 栫博則,藤井康成;鏡視下腱板修復術の短期成績とMRI評価,肩関節,37(3):1129-1132,2013.10
  4. 藤井康成,泉俊彦,栫博則,永浜良太;投球スポーツの肩・肘障害における機能的問題点,臨床スポーツ医学,30(9):817-823,2013.9
  5. 海江田光祥,栫博則,藤井康成;中高齢発症の反復性肩関節前方脱臼に対する鏡視下手術の短期成績,肩関節,37(2):539-542,2013.9
  6. 赤嶺卓哉,吉田剛一郎,高田大,藤井康成他;大学生女性スポーツ選手における競技種目別の全身身体組成・骨密度についての研究,九州・山口医・科学研究会誌,25:59-62,2013.8
  7. 高田大,田口信教,藤井康成,赤嶺卓哉;腰痛症例の身体機能に与える水中運動の効果 全身・部位別体組成測定を中心に,九州・山口医・科学研究会誌,25:14-17,2013.8
  8. 藤井康成,泉俊彦,栫博則他;下肢運動連鎖を利用した腓骨筋トレーニングの有用性,日本整形外科スポーツ医学会雑誌,33(4):427-427,2013.8
  9. 海江田光祥,栫博則,藤井康成他;SLAP lesionにMGHLの起始部を含む関節包断裂を合併した1例,JOSKAS,38(4):282-282,2013.6
  10. 栫博則,城光寺豪,藤井康成他;鏡視下腱板断裂修復術後再断裂患者の治療成績に影響を与える因子の検討,JOSKAS,38(4):278-278,2013.6
  11. 栫博則,益田義幸,藤井康成他;SLAP lesionに関節包断裂を合併した1例,整形外科と災害外科,62:72-72,2013.5
  12. 藤井康成,泉俊彦,栫博則;肩関節変性疾患の画像診断,Orthopaedics,26(5):129-141,2013.5
  13. 藤井康成,赤嶺卓哉,永浜良太,栫博則,泉俊彦;骨盤の運動性と下肢運動連鎖,臨床スポーツ医学,30:247-254,2013.3
2012年
  1. 藤井康成,永浜良太,栫博則,泉俊彦;投球障害の病態と機能的問題点,臨床スポーツ医学,29:1189-1195,2012.12
  2. 東郷泰久,前田昌隆,泉 俊彦,中條正英,小倉 雅,藤井康成;人工股関節術後ステム周囲骨折に対する治療経験,Hip Joint,38:688-691,2012.8
  3. 赤嶺卓哉,吉田剛一郎,高田大,藤井康成,田口信教;腰痛症例の身体・体力機能に及ぼす水中運動の影響 全身身体組成・骨密度測定を含めて,九州・山口医・科学研究会誌,24:60-63,2012.8
  4. 藤井康成,泉 俊彦,小倉 雅,栫 博則;投球スポーツ選手における体幹の安定性の特徴 Trunk stabilityテストを用いて,日本整形外科スポーツ医学会雑誌,32:529-529,2012.8
  5. 藤井康成,泉 俊彦,小倉 雅,東郷泰久,栫 博則;投球障害肩における肩後方のタイトネスに対する最適なストレッチ法を求めて F-Kストレッチ法の有用性,肩関節,36:741-744,2012.8
  6. 藤井康成,栫 博則,泉 俊彦;スポーツ選手におけるSLAP損傷 診断と治療 SLAP損傷における機能的アプローチ internal impingementにおける肩甲骨機能の重要性,JOSKAS,37:383-383,2012.6
  7. 添嶋祐嗣,前田久美子,藤井康成,齋藤和人;大学生の主観的健康状態の変化: 入学時と半年後の比較,CAMPUS HEALTH,49:97-103,2012.5
  8. 藤井康成,泉俊彦;【運動連鎖から見た投球障害】 運動連鎖を取り入れた投球障害の対応 投球障害の治療・予防における投球フォームへのアプローチ,臨床スポーツ医学,29(1):77-85,2012.1
2011年
  1. 栫博則,藤井康成;人工骨頭挿入術後上腕骨骨幹部骨折に対しロッキングプレートとワイヤーを用いて骨接合を行った1例,肩関節,35(2):669-671,2011.11
  2. 栫博則,吉井理一郎,神囿純一,源幸,石堂康弘,藤井康成,小宮節郎;患者立脚肩関節評価法を用いた関節鏡視下腱板修復術の治療成績評価,整形外科と災害外科,60:52-52,2011.11
  3. 齋藤和人,添嶋祐嗣,藤井康成,前田久美子;小型臨床化学検査装置BBxの有用性について,CAMPUS HEALTH,48(3):64-64,2011.10
  4. 藤井康成,泉俊彦,小倉雅;仙腸関節の不具合からくるスポーツ障害の評価法 Pelvic Mobilityテスト,日本整形外科スポーツ医学会雑誌,31(4):389-389,2011.8
  5. 藤井康成,泉俊彦,小倉雅,東郷泰久,栫博則;腱板、肩甲骨機能および胸鎖関節のmobilityに対する胸郭ストレッチの重要性,肩関節,35(2):609-671,2011.8
  6. 栫博則,田中源幸,神囿純一,石堂康弘,井尻幸成,藤井康成,小宮節郎;高校野球選手の身体コンディションの縦断的評価,JOSKAS,36(4):82-82,2011.6
  7. 藤井康成,齊藤和人,赤嶺卓哉,田中孝夫,高田大,添嶋裕嗣,泉俊彦,前田昌隆,高野純,小倉雅;エリート水泳選手における骨盤の機能と障害との関係 Pelvic Mobilityテストを用いて,九州・山口スポーツ医・科研究会誌,23:152-157,2011.5
2010年
  1. 藤井康成,泉俊彦,永浜良太,栫博則;【アスリートの反復性肩関節脱臼】反復性肩関節脱臼の病態 バイオフィードバック,臨床スポーツ医学 雑誌社からの依頼原稿,27(12):1311-1317,2010.12
  2. 添嶋裕嗣,前田久美子,斎藤和人,藤井康成;大麻・違法薬物に関する体育大学生の意識,CAMPUS HEALTH,47(3):92-92,2010.10
  3. 藤井康成,斎藤和人,添島裕嗣,前田久美子;胸郭の柔軟性が、アスリートの肩甲骨の可動性に及ぼす影響 肩甲骨の運動性と胸郭の柔軟性との関係,CAMPUS HEALTH,47(3):110-110,2010.10
  4. 加賀谷善教,藤井康成;二次元画像で算出したKnee in distanceおよびHip out distanceの妥当性 片脚着地動作における三次元動作解析との比較から,肩関節,59(4):407-414,2010.8
  5. 藤井康成,泉俊彦,小倉雅,前田昌隆,栫博則;投球障害肩における肩甲骨機能の評価の重要性,日本整形外科スポーツ医学会雑誌,30(4):273-273,2010.8
  6. 赤嶺卓哉,田巻弘之,與谷謙吾,坂下一平,藤井康成,高田大,添嶋裕嗣,吉田剛一郎,福永哲夫;中高年女性の身体組成・骨密度に及ぼす体幹・下肢健康(貯筋)運動の影響,九州・山口スポーツ医・科研究会誌,22:24-29,2010.6
  7. 藤井康成,斎藤和人,赤嶺卓哉,小倉雅,永濱良太,中畑敏秀,切通洋介,福田秀文,泉俊彦;投球スポーツ選手に対する肩関節ストレッチングの有効性 Johansenストレッチ法の限界,九州・山口スポーツ医・科研究会誌,22:82-87,2010.6
  8. 藤井康成,小倉雅,東郷泰久,栫博則;投球スポーツにおける腱板、肩甲骨機能の低下と胸鎖関節のmobilityとの関係 胸鎖関節mobilityテストを用いて,肩関節,34(2):519-522,2010.6
  9. 栫博則,藤井康成;肩甲上神経に発生した神経鞘腫の一例,肩関節,34(2):565-567,2010.6
  10. 栫博則,神囿純一,寺原幹雄,土持兼之,石堂康弘,井尻幸成,藤井康成,小宮節郎;高校野球選手のコンディショニングの変化 入部直後とシーズンオフの比較,JOSKAS,35(4):395-395,2010.6
  11. 藤井康成,泉俊彦,前田昌隆,栫博則;投球障害肩の病態と治療 投球障害肩の予防 肩甲帯と胸郭、体幹機能の重要性,JOSKAS,35(4):174,2010.6
  12. 斎藤和人,藤井康成,前田久美子;若年スポーツマンにおけるWPW症候群,CAMPUS HEALTH,47(1):219-221,2010.2
2009年
  1. 赤嶺卓哉,高田大,吉田剛一郎,藤井康成;大学生ヨット部員におけるポジション別の骨密度についての研究.九州・山口医・科学研究誌.21:120-124. 2009.
  2. 藤井康成,栫博則;投球スポーツにおける腱板機能の低下と胸鎖関節のmobilityとの関係.肩関節.34(1):58.2009.
  3. 栫博則,藤井康成;肩甲骨上神経に発生した神経鞘腫の1例.肩関節34(1):103.2009.
  4. 加賀谷善教, 藤井康成, 西薗秀嗣;高校バスケットボール選手に対するメディカルチェックの性差 膝外反量とその要因に関する検討.日本臨床スポーツ医学会誌.17(2):353-361.2009.
  5. 赤嶺卓哉,田口信教,田中孝夫,高田大,藤井康成, 牧信哉,松野下幸弘,濱里雄次郎,馬場貴子;変形性股関節症例に対する水中運動療法の効果について.The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine.46(5):317.2009.
  6. 前田昌隆,小倉雅,東郷泰久,泉俊彦,尾辻正樹,藤井康成,小宮節郎;肘関節脱臼・骨折(Terrible triad)に対する治療経験.整形外科と災害外科.58:62.2009.
  7. 藤井康成;日米間における高校野球選手の肩関節機能の比較 肩関節可動域と腱板機能評価の結果から.日本整形外科スポーツ医学会雑誌.29(4):269.2009.
  8. 斎藤和人,藤井康成,前田久美子;若年スポーツマンにおけるWPW症候群.CAMPUS HEALTH.47(1):219-221.2009.
  9. 藤井康成,斎藤和人,赤嶺卓哉,加賀谷善教,菊元孝則,竹内祥大;日米間における高校野球選手の体幹、下肢機能の比較 メディカルチェックの結果から.九州・山口医・科学研究誌.21:1- 6.2009.
  10. 藤井康成,小倉雅,東郷泰久,栫博則;投球スポーツにおける腱板機能の評価 正拳テストの有用性.肩関節.33(2):523-526.2009.
  11. 加賀谷善教,藤井康成;高校女子バスケットボール選手の股関節外転筋・後足部機能とKnee inおよびhip outの関係について,体力科学,58(1):55-62,2009.2
  12. 藤井康成;投球スポーツにおける肩関節後方ストレッチの有用性,CAMPUS HEALTH,46:231-223,2009.2
2008年
  1. 藤井康成;コアを用いた骨盤および体幹の運動機能向上-スポーツパフォーマンスにおける、コアによる体幹の回旋運動や柔軟性 (しなり) の重要性-,コーチングクリニック,22 (2) ,46-50,2008
2007年
  1. 藤井康成,小倉雅,福島佳織;ハムストリングのタイトネス評価時に簡便に行える骨盤のmobilityの評価法,日本整形外科スポーツ医学会雑誌,26 (2) ,263-267,2007
  2. 齊藤和人,藤井康成,前田久美子,石井伸子;白血球数と若年スポーツマン冠危険因子の関係,CAMPUS HEALTH,44 (1) ,223-223,2007
  3. 藤井康成,小倉雅,福島佳織,川畑英之,栫博則;メディカルチェックによる日本とUSAスポーツ選手の比較 日米男子高校野球選手のアンケート調査の結果から,日本整形外科スポーツ医学会雑誌,27 (1) ,176,2007
  4. 加賀谷善教,藤井康成,金高宏文;成長期特有の足部機能障害と理学療法,理学療法,24 (5) ,702-710,2007
  5. 赤嶺卓哉,田口信教,田中孝夫,高田大,藤井康成,田口智教,柴田亜衣;中高年の肩関節症例に及ぼす水中運動の影響 上肢筋硬度 (柔軟度) 測定結果を含めて,九州・山口医・科学研究会誌,19,60-64,2007
  6. 藤井康成,高司譲,赤嶺卓哉,斉藤和人,小倉雅,東郷泰久,福島佳織,永浜良太,中畑敏秀,榎畑淳二;第二次成長期における骨盤のmobilityの特徴 pelvic mobilityテストを用いた検討,九州・山口医・科学研究会誌,19,46-51,2007
  7. 藤井康成,小倉雅,東郷泰久,福島佳織,栫博則;関節造影後Helical CTの冠状断・矢状断を用いた腱板断裂評価の有用性 断裂端のdelaminationの評価,肩関節,31 (3) ,539-542,2007
  8. 藤井康成,加賀谷善教,前田久美子,齊藤和人;日本とUSA間での投球スポーツ選手における障害歴の特徴 日米男子高校選手のアンケート調査の結果から,CAMPUS HEALTH,44 (3) ,80,2007
  9. 赤嶺卓哉,田口信教,田中孝夫,高田大,藤井康成,柴田亜衣,田口智教;関節リウマチ症例に対する水中運動療法の効果 上肢筋硬度測定結果を含めて,整形外科と災害外科,56suppl12,51,2007
  10. 藤井康成,加賀谷善教,榎畑淳二,永浜良太;部位別の障害予防 マルアライメント症候群の予防 骨盤のmobilityの新しい評価法の有用性,臨床スポーツ医学,24 (12) ,1301-1307,2007
2006年
  1. Fujii Y,Yoneda M,Wakitani S,Hayashida K;Histologic analysis of bony Bankart lesions in recurrent anterior instability of the shoulder,J Shoulder Elbow Surg,15 (2) ,218-223,2006
  2. 高司譲,藤井康成,斎藤和人,赤嶺卓哉,小倉雅,東郷泰久,福島佳織,福田秀文,永濱良太,長嶺智徳,川畑英之,栫博則,小宮節郎;エリート水泳選手におけるメディカルチェック,九州・山口スポーツ医・科学会誌,18,80-85,2006
  3. 楊雅てい,赤嶺卓哉,田口信教,田中孝夫,藤井康成,柴田亜衣;変形性膝関節症例に対する水中運動の効果 筋硬度 (柔軟度) 測定結果を含めて,九州・山口スポーツ医・科学会誌,18,66-71,2006
  4. 藤井康成,斎藤和人,赤嶺卓哉,高司譲,小倉雅,東郷泰久,福島佳織,福田秀文,永濱良太,長嶺智徳,川畑英之,栫博則,小宮節郎;投球スポーツにおける腱板機能の評価 外転90度位での求心性および遠心性外旋筋力評価の有用性,九州・山口スポーツ医・科学会誌,18,5-12,2006
  5. 藤井康成,東郷泰久,前田昌隆,福島佳織,栫博則,小倉雅;投球スポーツにおける体幹機能の特徴 年齢に伴う体幹のタイトネスの推移,肩関節,30 (2) ,345-348,2006
2005年
  1. 藤井康成,斎藤和人,赤嶺卓哉,小倉雅,東郷泰久,福島佳織,永濱良太,榎畑純二,幸良光栄;投球スポーツにおける腱板機能の評価-肘伸展テストを応用した新しい評価法について-,九州・山口スポーツ医・科学会誌,17,87-91,2005
  2. 幸良光栄,福田隆一,榎畑純二,小倉雅,東郷泰久,福島佳織,藤井康成;体幹の肢位変化が及ぼす肩関節外旋可動域に対する影響について~新しい体幹・肩関節機能評価法を用いた検討~,九州・山口スポーツ医・科学会誌,17,81-86,2005
  3. 藤井康成,東郷泰久,前田昌隆,福島佳織,栫博則,小倉雅;投球スポーツにおける体幹機能の特徴-Trunk rotation testの有用性-,肩関節,29 (3) ,663-666,2005
  4. 藤井康成,四角純哉,小倉雅;短期集中的な水泳トレーニングが肩関節に及ぼす影響 錦江湾横断遠泳に参加した児童のメディカルチェックの検討から,日本整形外科スポーツ医学会雑誌,25 (2) ,73-76,2005
2004年
  1. 藤井康成;はんど いん はんど てまひま堂通信 -スポーツと健康と-第2回,株式会社 てまひま堂,4,2004
  2. 藤井康成他;下肢アライメントの評価における動的Heel-Floor Angleの有用性,臨床スポーツ,21 (6) ,687-692,2004
  3. 福島佳織,藤井康成他;関節造影後Helical CTの冠状断・矢状断像を用いた腱板断裂評価の有用性,関節鏡,29 (3) ,41,2004
  4. 藤井康成;はんど いん はんど てまひま堂通信 -スポーツと健康と-第1回,株式会社 てまひま堂,3,2004
  5. 藤井康成;はんど いん はんど てまひま堂通信 -スポーツと健康と-第3回,株式会社 てまひま堂,5,2004
  6. 藤井康成;はんど いん はんど てまひま堂通信 -スポーツと健康と-第4回,株式会社 てまひま堂,6,2004
  7. 藤井康成他;短期集中水泳トレーニングのコンディショニングに及ぼす影響について、遠泳競技に参加した小学生高学年児童のメディカルチェックの結果から,九州・山口スポーツ医・科学会誌,16,75-83,2004
  8. 福永裕子,藤井康成他;動的下肢アライメントと体幹筋群との関連性について,九州・山口スポーツ医・科学会誌,16,40-45,2004
  9. 藤井康成他;反復性膝蓋骨脱臼に対する鏡視下内側膝蓋大腿靱帯縫合術の一症例,整形外科と災害外科,53 (2) ,475,2004
  10. 赤嶺卓哉,藤井康成他;本大学の腰痛症水中運動教室受講者における骨密度測定値と医療費支出額の推移について,九州・山口スポーツ医・科学会誌,16,35-39,2004
  11. 藤井康成他;短期集中的な水泳トレーニングが肩関節に及ぼす影響 錦江湾横断遠泳に参加した児童のメディカルチェックの検討から,日本整形外科スポーツ医学雑誌,24,175,2004
  12. 藤井康成;女子野球選手の肩関節特性 女子高校野球部選手のメディカルチェックの検討から (Medical checkup of woman players in the elite high-school baseball team) ,肩関節,28 (1) ,175,2004
  13. 藤井康成;投球スポーツにおける腱板機能の評価-肘伸展テストを応用した新しい評価法について-,第17回九州・山口スポーツ医・科学研究会抄録集,38,2004
  14. 藤井康成他;Knee-inのメカニズムの解明 動的Trendelenburg teseを用いた骨盤機能評価とKnee-inとの関連性,臨床スポーツ,27 (1) ,827-831,2004
  15. 藤井康成他;投球スポーツにおける体幹機能の特徴-Trunk Rotation Testの有用性-,肩関節,29 (1) ,68,2004

著書 (Books etc)

 
  1. 2014.鹿屋体育大学保健管理センター教職員 斉藤和人,藤井康成,小牧梨沙;平成25年度保健管理センター便り,鹿屋体育大学保健管理センター
  2. 2013.鹿屋体育大学保健管理センター教職員,斉藤和人,藤井康成,前田久美子;保健管理センター便り,鹿屋体育大学保健管理センター,共著
  3. 2012,藤井康成他2名,菅谷啓之編:肩と肘のスポーツ障害 診断と治療のテクニック,4上肢スポーツ障害に対するアプローチ,A.上肢のスポーツ障害に見られる機能的問題点,中外医学社
  4. 2011,藤井康成,山下敏彦編:スポーツと腰痛―メカニズム&マネジメント,chapter4-6仙腸関節の不具合からくる腰痛.金原出版
  5. 2011,藤井康成他2名,井樋栄二編:整形外科手術イラストレイテッド 位置性後方不安定症(習慣性後方亜脱臼)の手術 後方アプローチによる関節包縫縮術.中山書店
  6. 2010,藤井康成, 菅谷啓之編:実践反復性肩関節脱臼-鏡視下バンカート法のABC-,?反復性肩関節脱臼の基礎,2.反復脱のバイオフィードバック.金原出版
  7. 2008,藤井康成,井樋栄二編:やさしい肩の痛みの自己管理 第3章肩の痛みの自己管理.医薬ジャーナル社
  8. 2004,藤井康成,川西正志他,鹿屋市青少年スポーツ指導マニュアル-楽しくチャレンジいつまでも-,鹿屋市
  9. 2004,藤井康成,西薗秀嗣,スポーツ選手と指導者のための体力・運動能力測定法-トレーニング科学の活用テクニック-,大修館書店

学会発表 (Presentation at an academic meeting)

2014年
  1. 藤井康成他;投球スポーツの肩障害と肘障害における体幹、肩甲骨機能の特徴,第26回日本肘関節学会,2014.2
  2. 藤井康成他;スライダースローにより肩前方不安定症を生じ、鏡視下バンカート手術を行い完全復帰したエリートピッチャーの一症例,第22回関東肩を語る会,2014.1
2013年
  1. 大隅奈津子,藤井康成他;肩のこりや張り感に関するアンケート調査を用いた検討,第51回大学保健管理研究集会,2013.11
  2. 藤井康成;肩前方不安定症の病態評価におけるテーブルテスト(脱臼不安感の定量評価法)の有用性-relocationの有無によるテーブル角の変化の特徴-,第40回日本肩関節学会,2013.10
  3. 藤井康成;下肢運動連鎖を利用した腓骨筋トレーニングの有用性,第39回日本整形外科スポーツ医学会,2013.9
2012年
  1. 藤井康成,泉俊彦,栫博則,小倉雅,東郷泰久;テーブルテスト-肩前方不安定症における脱臼不安感の定量評価-,第39回日本肩関節学会,2012.10
  2. 藤井康成,泉俊彦,小倉雅,栫博則;投球スポーツ選手における体幹の安定性の特徴 Trunk stabilityテストを用いて,第38回日本整形外科スポーツ医学会,2012.9
  3. 藤井康成,栫博則,泉俊彦;スポーツ選手におけるSLAP損傷 診断と治療 SLAP損傷における機能的アプローチ internal impingementにおける肩甲骨機能の重要性,4th JOSKAS,2012.7
2011年
  1. 藤井康成,泉俊彦,栫博則;投球障害肩における肩後方のタイトネスに対する最適なストレッチ法を求めて,第38回日本肩関節学会,2011.10
  2. 藤井康成;仙腸関節の不具合からくるスポーツ障害の評価法 Pelvic Mobilityテスト,第37回日本整形外科スポーツ医学会,2011.9
  3. Yasunari Fujii ; The Punch Test - A New Method to Evaluate the Dynamic Function of the Scapula in Throwing Athletes -. 第7回アジア肩学会. 2011.6
  4. 藤井康成;重荷を持ち上げる作業の反復により、亜脱臼感?とともに肩関節痛を訴えた一症例,第19回関東肩を語る会,2011.1
2010年
  1. 藤井康成,斎藤和人,添島裕嗣,前田久美子;胸郭の柔軟性が、アスリートの肩甲骨の可動性に及ぼす影響 肩甲骨の運動性と胸郭の柔軟性との関係,第48回全国大学保健管理研究集会,2010.10
  2. 藤井康成,栫博則;投球スポーツにおける腱板機能低下と胸鎖関節のmobilityとの関係,第37回日本肩関節学会,2010.10
  3. 添嶋裕嗣,前田久美子,斎藤和人,藤井康成;大麻・違法薬物に関する体育大学生の意識,第47回全国大学保健管理研究集会,2010.10
  4. 栫博則,藤井康成;肩甲骨上神経に発生した神経鞘腫の1例,第37回日本肩関節学会,2010.10
  5. 藤井康成,泉俊彦,小倉雅,前田昌隆,栫博則;投球障害肩における肩甲骨機能の評価の重要性,第36回日本整形外科スポーツ医学学術集会,2010.9
2009年
  1. 藤井康成;投球スポーツ選手に対する肩関節ストレッチングの有効性-Johansenストレッチ法の限界-,第22回九州・山口医・科学研究会,2009.12
  2. 藤井康成;腱板断裂様の症状を呈した上腕骨大結節部骨挫傷?の1症例,2009年秋九州肩関節研究会,2009.11
  3. 藤井康成;投球スポーツにおける腱板機能の低下と胸鎖関節のmobilityとの関係,第36回日本肩関節学会,2009.10
  4. 藤井康成;投球スポーツ選手に対する肩関節ストレッチングの有効性 至適ストレッチ時間について,第47回全国大学保健管理研究集会.2009.9
  5. 藤井康成;日米間における高校野球選手の肩関節機能の比較 肩関節可動域と腱板機能評価の結果から,第35回日本整形外科スポーツ医学会,2009.9
2008年
  1. 藤井康成;日米間における高校野球選手の体幹、下肢機能の比較-メディカルチェックの結果から-,第21回九州・山口スポーツ医・科学研究会,2008.12
  2. 藤井康成;投球スポーツにおける腱板機能の評価-正拳テストの有用性-,第35回日本肩関節学会,2008.11
  3. 藤井康成;投球スポーツにおける肩関節後方ストレッチの有用性,第46回全国保健管理研究集会,2008.10
  4. Yasunari Fujii ; A New Internal Rotation Stretching Technique for t. ICHPER・SD世界学会,2008.5
2007年
  1. 藤井康成;The Influence of the Dysfunction of the Gluteal Muscles on the Dynamic Malalignment of Lower extremities -The Dynamic Trendenburg test,a new method for evaluating the function of the gluteal muscles-,ISAKOS CONGRESS FLORENCE,ITALY,2007
  2. 藤井康成;メディカルチェックによる日本とUSAスポーツ選手の比較-日米男子高校野球選手のアンケート調査の結果から-,Combined congress of JOSKAS 2007,2007
  3. 藤井康成;日本とUSA間での投球スポーツ選手における障害歴の特徴-日米男子高校選手のアンケート調査の結果から,全国大学保健管理集会,2007
  4. 藤井康成;投球スポーツにおける肩関節ストレッチングの有用性-modified Johansen stretch法を用いて-,九州・山口医・科学研究会,2007
2006年
  1. 藤井康成;アスリートにおける膝蓋骨周囲疼痛の特長 メディカルチェックの結果から,第1回JOSKAS (JAPAN ORTHOPAEDIC SURGERY OF KNEE、 ARTHROSCOPY AND SPORT) ,2006
  2. 藤井康成;関節造影後Helical CT の冠状断・矢状断を用いた腱板断裂評価の有用性-断裂端のdelaminationの評価-,第32回日本肩関節学会,2006
  3. 藤井康成;第二次成長期における骨盤のmobilityの特徴-pelvic mobility テストを用いた検討-,第回九州・山口医・科学研究会,2006
2005年
  1. 藤井康成;Knee-inの発生機序-骨盤周囲筋と足部の機能がKnee-inに与える影響について-,第78回日本整形外科学会総会,2005
  2. 藤井康成;Straight leg raising テストを用いた骨盤のmobilityの評価法,第31回日本整形外科スポーツ医学会,2005
  3. 藤井康成;投球スポーツにおける体幹機能の特徴-年齢に伴う体感のタイトネスの推移-,第32回日本肩関節学会,2005
  4. 藤井康成;投球スポーツにおける腱板機能の評価―外転90度位での求心性および遠心性外旋筋力評価の有用性―,第18回九州・山口医・科学研究会,2005
2004年
  1. 藤井康成他;短期集中的な水泳トレーニングが肩関節に及ぼす影響 錦江湾横断遠泳に参加した児童のメディカルチェックの検討から,第30回日本整形外科スポーツ医学会学術集会,2004
  2. 藤井康成他;投球スポーツにおける体幹機能の特徴-Trunk Rotation Testの有用性-,第31回日本肩関節学会,2004
  3. 藤井康成他;腱板断裂後に外転拘縮をきたした1症例,第36回九州肩関節症例検討会,2004
  4. 藤井康成他;投球スポーツにおける腱板機能の評価-肘伸展テストを応用した新しい評価法について-,第17回九州・山口医・科学研究会,2004

その他社会活動 (Social Contribution)

  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会評議員、日本整形外科スポーツ医学会評議員
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて