プロフィール (Profile)

濱田 初幸 (Hamada Hatsuyuki)

氏名 (Name) 濱田 初幸 (Hamada Hatsuyuki)
職名 (Job title) 教授 (Professor)
連絡先(TEL) 0994-46-4952
連絡先(FAX) 0994-46-4952
連絡先(E-Mail) このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
個人ウェブサイト (URL)  
学歴 (Education) 松山商科大学 経営学部 1978年3月卒業
日本体育大学 体育学部 1987年3月卒業
学位 (Degree)  

職歴 (Academic & Professional Experience)

1978年 4月 愛媛県警察官
1987年 4月 愛光中学・高等学校 教諭
2002年 4月 鹿屋体育大学体育学部 助教授
2015年10月 鹿屋体育大学体育学部 教授

専門分野 (Research Areas)

  • 柔道論 (Science of Judo)

主な研究内容 (Main research contents)

  • スポーツを科学する
    現在行っている研究内容をわかりやすく説明しています。
    平成29年度版 (PDF)
    平成28年度版 (PDF)
    平成27年度版 (PDF)
    平成26年度版 (PDF)
    平成24年度版 (PDF)
  • RENKEI (連携)
    企業等の皆様と連携協力 (共同研究や受託研究等)可能な事項を掲載しています。
    最新年度版(PDF)
  • 柔道を「わかりやすく」、「楽しく」且つ「安全」に実践する指導方法をマニュアル化し構築する。
    バイオメカニクス的見地から「技げ」の動作解析及び世界選手権等の国際レベルの競技分析を行い、競技力向上を図り、世界水準の選手育成のための指導方法をも構築する。
    生理学的見地から「骨強度」に関する研究や、植物細胞を利用したスポーツ飲料に含まれている代謝研究を行う。

研究キーワード (Research Interests)

  • Judo Coaching
  • Improvement
  • Analysis of bone dynamics
  • Analysis of sport beverage

所属学会 (Association Memberships)

  • 日本武道学会
  • 日本体育学会
  • 日本バイオメカニクス学会
  • 日本運動生理学会

資格 (Qualification)

  • 国際柔道連盟オリンピックソリダリティーエキスパート講道館8段
  • 特許取得 特許第4051450号 発明の名称 前回り受身補助機能付き上衣 平成19年12月14日

競技歴 (Achievement as a competitor)

  • 全日本学生柔道体重別選手権大会 (1977年優勝)
  • 日仏ソ三国対抗国際親善柔道大会 (1977年優秀賞)
  • フランス国際柔道大会 (1978年3位)
  • 嘉納治五郎杯国際柔道大会 (1978年3位、1982年3位)
  • キューバ国際柔道大会 (1979年優勝)
  • 講道館杯日本柔道体重別選手権大会 (1979、1983年優勝)
  • ソ連国際柔道大会 (1979年準優勝、1981年3位)
  • 全日本選抜柔道体重別選手権大会 (1981年優勝)
  • アジア柔道選手権大会 (1981年優勝)
  • 環太平洋柔道選手権大会 (1983年優勝)
  • 全国高段者柔道大会 (6段の部) (1990年技術優秀賞)
  • 全国高段者柔道大会 (7段の部) (2008年技術優秀賞) 他

受賞歴 (Award)

  • 愛媛新聞スポーツ賞 1977年
  • 愛媛県スポーツ優秀賞 1980年
  • 愛媛県スポーツ優秀指導者賞 1996年
  • 文部大臣スポーツ功労賞 1996年
  • テレビ愛媛賞22 2002年他

実技指導歴 (Achievements as a coach)

  • 国際交流基金文化使節団員として中華人民共和国にて柔道指導 1984年4月
  • 中南米4ヵ国にて柔道指導 1990年11月(アメリカ,ドミニカ共和国,エクアドル,ペルー)
  • 世界柔道選手権日本代表コーチ(女子48kg級 田村亮子担当他) 1993年,1995年
  • アトランタオリンピック全日本柔道連盟派遣日本代表コーチ(女子48kg級 田村亮子担当他) 1996年
  • オリンピックソリダリティー・テクニカルコース・エキスパートとしてベトナム社会主義共和国にて柔道指導 2003年

論文等 (Published Papers)

2016年
  1. Hiroki Hamada, Shouta Okada, Kei Shimoda, Hatsuyuki Hamada and Noriyoshi Masuoka; Synthesis of Ester-linked Docetaxel-glycoside Conjugate and Its Application to Drug Delivery System using Immunoliposome Targeted with Trastuzumab Natural Product Communications, Natural Product Communications,11(11):1635-1636,2016.11
  2. Hiroki Hamada, Shouta Okada, Daisuke Uesugi, Hatsuyuki Hamada and Kei Shimoda; Optical Resolution of (RS)-Denopamine to (R)-Denopamine β-D-Glucoside by Glucosyltransferase from Phytolacca americana Expressed in Recombinant Escherichia coli, Natural Product Communications,11(8):1121-1122,2016.8
  3. Yuya Fujitakaa, Kei Shimodab, Naoji Kubotab, Minami Arakia, Tatsuya Onishia, Noriyuki Nakayamaa, Kohji Ishiharaa, Masato Tanigawac, Hatsuyuki Hamadad and Hiroki Hamada; Glycosylation and Methylation of Quercetin and Myricetin by Cultured Cells of Phytolacca america, Natural Product Communications,12(4):475-640,印刷中
  4. 濱田初幸,トゥールーズ・ジャン・ジョレス大学でのシンポジウムを終えて, 鹿屋体育大学学術研究紀要, 52,69-72,2016,3,鹿屋体育大学.
2015年
  1. 濱田初幸,天皇陛下誕生日祝賀会における「柔道の形」演武及び実技指導―インドネシアからの報告-,鹿屋体育大学学術研究紀要,51:71-77,2015.12
  2. 濱田初幸,YvesCADOT,フランスの指導者資格制度を考える,武道学研究,48(2):89-112,2015.12
  3. 藤田英二,濱田初幸,中村勇,小山田和行,野口博之,松崎守利,安河内春彦;小学生柔道選手における身体組成指数の検討,武道学研究,48(1):11-16,2015.9
  4. 濱田初幸,水谷未来,前田明;初転君を用いた指導が柔道未熟練者の前回り受身に及ぼす即時的効果,スポーツパフォーマンス研究,7:247-245,2015.9
  5. Kei Shimoda,Naoji Kubota,Daisuke Uesugi,Hatsuyuki Hamada,Masato Tanigawa and Hiroki Hamada. Synthesis and pharmacological evaluation of glycosides of resveratrol, pterostilbene, and piceatannol. Annals of the New York Academy of Sciences. 1348:141-149. 2015.8
  6. Kei Shimoda, Naoji Kubota, Hatsuyuki Hamada, Hiroki Hamada; Synthesis of Resveratrol Glycosides by Plant Glucosyltransferase and Cyclodextrin Glucanotransferase and Their Neuroprotective Activity. Natural Product Communications. 10(6):995-996. 2015.6
  7. Hiroki Hamada,Hatuyuki Hamada and Kei Shimoda. Synthesis of ε-Viniferin Glycosides by Glucosyltransferase from Phytolacca americana and their Inhibitory Activity on Histamine Release from Rat Peritoneal Mast Cells. Natural Product Communications. 10(6):1017-1018. 2015.6
2014年
  1. 濱田初幸;誌作・柔道療法:仲野猛氏による指導実例,武道学研究,(46):194-196,2014.3
2013年
  1. 濱田初幸;フランス・マルセイユにおける海外武道実習-柔道専攻ゼミ学生を対象に-,鹿屋体育大学学術研究紀要,(47):39-44,2013.11
  2. Kei Shimoda, Naoji Kubota, Manabu Hamada, Masahiro Sugamoto, Kohji Ishihara, Hatsuyuki Hamada and Hiroki Hamada ; Glucosylation of taxifolin with cultured plant cells. Natural Product Communications. 8(7):903-904. 2013.9
  3. 藤田英二,濱田初幸,中村勇,小山田和行,野口博之,松崎守利,安河内春彦;後ろ受け身動作時における頸部屈筋群の筋活動様式と頸部に加わる加速度との関係,武道学研究,46(1):21-29,2013.9
  4. Kei Shimoda, Manabu Hamada, Hatsuyuki Hamada, Mai Takemoto and Hiroki Hamada ; Synthesis of resveratrol glycosides by cultured plant cells. Natural Product Communications.8(7):907-909. 2013.8
  5. Ryusuke Hosoda, Yoshiyuki Horio, Kei Shimoda, Manabu Hamada, Hatsuyuki Hamada and Hiroki Hamada ; Regioselective hydroxylation and glucosylation of flavanones with cultured plant cells of Eucalyptus perriniana. Natural Product Communications. 8(7):905-906. 2013.8
  6. Kei Shimoda, Manabu Hamada, Ken Suwada, Hatsuyuki Hamada and Hiroki Hamada ; Regioselective hydroxylation and glucosylation of α - and β - pinenes with cultured plant cells of Eucalyptus perriniana. Natural Product Communications. 8(7):847-849. 2013.8
2012年
  1. 濱田初幸;ヨーロッパ柔道連盟公認指導者資格制度・「The European Judo Coaching Awards Level 4 and 5」の指導を終えて,鹿屋体育大学学術研究紀要,(45):31-35,2012.11
  2. 濱田初幸;日本武道代表団の国際交流における普及活動の意義-2011ドイツ連邦共和国派遣柔道団の活動に着目して-,鹿屋体育大学学術研究紀要,(45):13-29,2012.11
  3. 藤田英二,濱田初幸,内村純博,中村勇,小山田和行,野口博之,松崎守利,安河内春彦;小学生柔道選手における背負投の打ち込み動作によるトレーニングが大腿四頭筋の最大筋力および筋厚に及ぼす効果,武道学研究,45(2):79-86,2012.8
  4. Kei Shimoda,Naoji Kubota,Hirotaka Hirano,Masahiro Matsumoto,Hatsuyuki Hamada and Hiroki Hamada;Formation of tetrahydrocurcumin by reduction of curcumin with cultured plant cells of Marchantia polymorpha,Natural Product Communication,7(4):529-530,2012.5
2011年
  1. 濱田初幸,前阪茂樹,川西正志,安藤太軌,北村尚浩;体育専攻学生が期待する中学校における武道必修化による教育効果:武道を専門とする学生に着目して, 鹿屋体育大学学術研究紀要,43,1-9,2011
  2. 藤田英二,濱田初幸,小山田和行,野口博之,松崎守利,安河内春彦;背負投の打ち込み動作が大腿四頭筋にもたらす筋活動水準, 武道学研究,44(2),83-91,2011
  3. Kei Shimoda, Naoji Kubota, Hatsuyuki Hamada and Hiroki Hamada;Synthesis of Gentiooligosaccharides of Genistein and Glycitein and Their Radical Scavenging and Anti-Allergic Activity, Molecules,16,1-8,2011
  4. Kei Shimoda, Hiroya Imai, Megumi Kitagawa, Hirotaka Hirano, Hatsuyuki Hamada, Hiroki Hamada;Bioremediation of Bisphenol A by Glycosylation with Immobilized Marine Microalga and Plant Cells, Advance in Chemical Engineering and Science,1,90-95,2011
  5. Kei Shimoda, Hatsuyuki Hamada and Hiroki Hamada;Synthesis of Xylooligosides of Daidzein and Their Anti-Oxidant and Anti-Allergic Activity, International Journal of Molecular Science,12,5616-5625,2011
  6. Kei Shimoda, Yushi Uchimura, Hiroya Imai, Megumi Kitagawa, Hirotaka Hirano, Hatsuyuki Hamada, Hiroki Hamada;Bioremediation of benzophenone by Glycosylation with Immobilized Marine Microalga and Plant Cells, Biochemistry Insights,4,35-40,2011
2010年
  1. 濱田初幸,水落洋志;柔道の受身に関する新規指導法―後ろ受身に着目して―, スポーツパフォーマンス研究, 2, 49-55, 2010
  2. H,KATURAGI, K,SHIMODA, N,NAKAJIMA, Hatsuyuki,HAMADA,Hiroki,HAMADA;Biotransformation of Cinnamic Acid, p-Coumaric Acid, Caffeic Acid, and Ferulic Acid by Plant Cell Cultures of Eucalyptus perriniana, Biosci. Biotechnol. Biochem, 74(9), 1920-1924, 2010
  3. 藤原修一,射手矢岬,コランチェリー,濱田初幸,尾形敬史;柔道における子どもと指導者および保護者の柔道観, 講道館柔道科学研究会紀要, 13, 135- 145,2011
  4. 濱田初幸,小山田和行,藤田英二;中学生から大学生における一流女子柔道選手の体力測定及び柔道のパフォーマンス評価, 鹿屋体育大学スポーツトレーニング科学,12(37),36-36,2011
  5. 濱田初幸,小山田和行,藤田英二;背負投の打ち込み動作が大腿四頭筋に与える負荷強度, 鹿屋体育大学スポーツトレーニング科学, 12(37),9-13,2011
  6. Kei Shimoda , Naoji Kubota , Koji Taniuchi , Daisuke Sato , Nobuyoshi Nakajima , Hatsuyuki Hamada , Hiroki Hamada;Biotransformation of naringin and naringenin by cultured Eucalyptus perriniana cells;Phytochemistry 71 (2010) 201–205
2009年
  1. Kei Shimoda, Hiromasa Ishimoto, Tomoyuki Kamiue, Tatsunari Kobayashi, Hatsuyuki Hamada, Hiroki Hamada;Glycosylation of sesamol by cultured plant cells, Phytochemistry,70, pp.207-210 (2009)
  2. Kei Shimoda, Hatsuyuki Hamada and Hiroki Hamada;Phytoremediation of Benzophenone and Bisphenol A by Glycosylation with  Immobilized Plant Cells Biochemistry Insights, 3, pp.19-25 (2009)
  3. Kei Shimoda, Naoji Kubota, , Hatsuyuki Hamada, Tatsunari Kobayashi, Hiroki Hamada, Siddiqi M. Shafi and Nobuyoshi Nakajimai;Productionof (2R,3S)-2-benzamidomethyl-3-hydroxybutanoates by Immobilized Plant Cells of Parthenocissus Tricuspidata Biochemistry Insights, 2, pp.1-3 (2009)
  4. 藤田英二,中村勇,濱田初幸,安河内春彦;小学生柔道選手における形態および体力測定と超音波を用いた骨年齢測定結果の検討,武道学研究第42巻第2号11-17,2009
  5. 平沢信康,濱田初幸,田嶋靖子,資料論文(翻訳);英国の大学における柔道の発展,鹿屋体育大学学術研究紀要,第39号,pp,53-61,2009
  6. 濱田初幸;本学における武道礼法指導についてー柔道の視点からー,身体儀礼文化フォーラム 体育大学における<修養的教養>の未来―武道礼法を中心にーpp,38-41,2009
  7. 濱田初幸;スポーツパフォーマンス研究,1,125-130,前回り受身指導用柔道衣「初転君」の効能に関する研究,2009年
  8. Hatsuyuki Hamada;Technik Lehr-und Technikserie: Praxis von der Sommerschule Ko-uchi, O-uchi & Tomoe-nage, Hintergründe, News & Trainingstipps JUDO Magazin, pp,44-46, 2009
2008年
  1. Hatsuyuki Hamada;Technik Lehr-und Technikserie:Praxis von der Sommerschule Morote-seoi-nage,Hintergründe,News & Trainingstipps JUDO Magazin,44-46,Dec 2008
  2. Kei Shimoda,Hatsuyuki Hamada,Hiroki Hamada;Chemo-enzyumatic synthesis of ester-linked taxol-oligosaccharide coniugates as potential prodrugs,Tetrahedron Letters,49,601-604,2008
  3. 吉村智之,濱田初幸,金高宏文;高校生期における女子柔道のトレーニングに関する研究,スポーツトレーニング科学,9,53-55,2008
  4. 宇都宮奈美,濱田初幸,;知的障害者における柔道療法,鹿屋体育大学学術研究紀要,37,31-44,2008
  5. 濱田初幸;村田直樹・客員教授を迎えてー濱田初幸ゼミナール研究会 報告―,鹿屋体育大学学術研究紀要,37,69-70,2008
  6. 宮崎誠二、中村豊、有賀誠司、佐藤宣践、橋本敏明、白瀬英春、山下泰裕、中西英敏、上水研一郎、恩田哲也、齊藤仁、山本洋祐、岡田弘隆、正木嘉美、南條充寿、木村昌彦、濱田初幸、猪木原孝二;傷害に対する物理療法の選択,柔道科学研究,13,13-18,2008
  7. Kei shimoda,Katsuhiko Mikuni,Kiyoshi Nakajima,Hatsuyuki Hamada,and Hiroki Hamada;Biological Degradation of Taxol by Action of Cultured Cells on 7-Acetyltaxol-2"-yl Glucoside,Chemistry Letters,37,362-363,2008
  8. Kei Shimoda,Sou Sakamoto,Nobuyoshi Nakajima,Hatsuyuki Hamada,and Hiroki Hamada; Synthesis of Unnatural Mono- and Oligosaccharides of Farnesol,Geraniol,and (S) -Perillyl Alcohol by Biocatalytic Glycosylations, Chemistry Letters,37,556-557,2008
  9. Soonil Kwon,Kei Shimoda,Hatsuyuki Hamada,Kohji Ishihara,Noriyoshi Masuoka, Hiroki Hamada; High production of β-thujaplicin glycosides by immobilized plant cells of Nicotiana tabacum, Acta Biologica Hungarica,59,347-355,2008
  10. Kei Shimoda,Noriaki Sato,Tatsunari Kobayashi,Hatsunari Hamada,Hiroki Hamada; Glycosylation of daidzein by the Eucalyptus cell cultures,Phytochemistry,69,2303-2306,2008
  11. Kei Shimoda,Tatsunari Kobayashi,Masaaki Agagi,Hatsuyuki Hamada,Hiroki Hamada: Synthesis of Oligosaccharides of Genisutein and Quercetin as Potential Anti-inflammatory Agents,Chemistry Letters,37,876-877,2008
  12. 浜田博喜、林 達成、益岡 典芳、宇都宮 奈美、濱田初幸;フィッシュコラーゲンPFAを使ったドリンクの⼈の肌への影響,岡山理科大学紀要,pp,15-20,44号,2008 
  13. 河鰭一彦,白川哉子,小谷恭子,濱田初幸,山内直人;超音波法を用いた女子大生の踵骨骨密度測定,関西学院スポーツ科学・健康科学研究第11号,pp,1-9,2008
  14. Kei Shimoda, Eriko Kimura, Hatsuyuki Hamada, Hiroki Hamada; Production of curcumin Oligosaccharides by Glycosylation with Parthenocissus tricuspidata;Japanese Journal of Plant Science, pp.43- 45,2,2,2008
2007年
  1. Kei Shimoda,Toshio Harada,Hatsuyuki Hamada,Nobuyoshi Nakajima,Hiroki Hamada; Biotransformation of raspberry ketone and zingerone by cultured cells of Phytolacca Americana,Phytochemistry,68,487-492,2007
  2. Kei Shimoda,Naoji Kubota,Nobuyoshi Nakajima,Hatsuyuki Hamada,Hiroki Hamada;High Production of (2S、3S) -3-hydroxy-2-methylbutanoate by immobilized plant cells of Marchantia Polymorpha,Acta Biologica Hungarica,58(1),219-223,2007
  3. Kei Shimoda,Yoko Kondo,Masaaki Akagi,Koichi Abe,Hatsuyuki Hamada,Hiroki Hamada;Synthesis of α-Tocopheryl Disaccharides as Potential Antiallergic Agents,Chemistry Letters,36,570-571,2007
  4. Kei Shimoda,Yoko Kondo,Masaaki Akagi,Koichi Abe,Hatsuyuki Hamada,Hiroko Hamada;
    Biotransformation of tocopherols by cutured cells of Eucalyptus perriniana,Phytochemistry,68,487-492,2007
  5. 高橋進,貝瀬輝夫,加曾利正美,野瀬清喜,三宅仁,江田香織,濱田初幸,高野千春;大学生の柔道授業選択行動要因に関する研究ースポーツ価値意識と柔道に対する態度並びに他の心理的諸側面との関連性についてー,講道館柔道科学研究会紀要,11,2007
  6. Kei Shimoda,Takafumi Hara,Hatsuyuki Hamada,Hiroki Hamada;Synthesis of curcumin β-maltooligosides through biological glycosylation with Strophanthus gratuscell culture and cyclodextrin glucanotransferase,
    Tetrahedron Letters,48,4029-4032,2007
  7. Kei Shimoda,Soonil Kwon,Akiko Utsuki,Shingo Ohiwa,Hisashi Katsuragi,Naoko Yonemoto,Hatsuyuki Hamada,Hiroki,Hamada;"Glycosylation of capsaicin and 8-nordihydorocapsaicin by culturedcells of Catharanthus roseus",Phytochemistry,68,1391-1396,2007
  8. Kei Shimoda,Yoko Kondo,Masaaki Akagi,Koichi Abe,Hatsuyuki Hamada,Hiroko Hamada;Glycosylation of tocopherols by cutured cells of Eucalyptus perriniana,Phytochemistry,68,2678-2683,2007
  9. Kei Shimoda,Noriaki Sato,Nobuyoshi Nakajima,Hatsuyuki Hamada,Kohji Ishihara and Hiroki Hamada; Glycosylation and Malonylation of Quercetim,Epicatechin,and Catechin by Cultured Plant Cells, Chemistry Letters,36(10),1292-1293,2007
  10. Kei Shimoda,Nobuyushi Nakajima,Hatsuyuki Hamada,Kohji Ishihara and Hiroki Hamada;Glucosylation of phenols and phenylalkyl alcohols using cultured plantcells,Biotechnology Journal,2,1294-1296,2007
  11. 濱田初幸;平成19年度第1回武道研究会報告 ドイツ柔道連盟クラブチームの本学における活動とドイツ事情,鹿屋体育大学学術研究紀要,36,163-172,2007
  12. 中村勇,濱田初幸;柔道の礼法と武道の国際化に関する考察,鹿屋体育大学学術研究紀要,36,7-16,2007
  13. 宇都宮奈美,下川美佳,中村勇,濱田初幸,前坂茂樹;武道の捉え方-主に柔道の視点から-,鹿屋体育大学学術研究紀要,36,119-131,2007
2006年
  1. Kei Shimoda,Naoji Kubota,Hatsuyuki Hamada and Hiroki Hamada;Diastereoselective reduction of β-keto carbonyl compounds by cultured plant cells,Tetrahedron Letters,47 (2006) ,1541-1544,2006
  2. Kei Shimoda, Yoko Kondo, Koichi Abe, Hatsuyuki Hamada, Hiroki Hamada; Formation of water-soluble vitamin derivatives from lipophilic vitamins by cultured plant cells,Tetrahedron Letters,47,2695-2698,2006
  3. 河鰭一彦,佐藤博信,濱田初幸,石橋弘人;新しい視点から開発された筋力トレーニング機器,関西学院大学スポーツ科学・健康科学研究,9,1-12,2006
  4. Yoko Kondo,Kei Shimoda, Junichi Takimura, Hatsuyuki Hamada,and Hiroki Hamada;Glycosylation of Vitamine E Homologue by cultured Plant cells,Chemistry Letters,35 (3) ,324-325,2006
  5. 濱田初幸;柔道大国・フランスの実態を探る,鹿屋体育大学学術研究紀要,34,49-62,2006
  6. Plant Biotechnology Regioselective hydoration、reduction、and glycosylation of diphenyl compounds by cultured plant cells of Eucalyptus perriniana,Plant Biotechnology,23,291-296,2006
  7. K.Shimoda,Yoko Kondo,Tomohisa Nishida,Hatsuyuki Hamada,Nobuyoshi Nakajima, Hiroki Hamada;Biotransformation of thymol、 carvacrol、 and eugenol by cultured cells of Eucalyptus perriniana,Phytochemistry,67,2256-2261,2006
  8. 高橋進,野瀬清喜,三宅仁,江田香織,濱田初幸,高野千春;大学生の柔道に対する態度と自己形成意識との関連性について-自尊感情、本来間、自己受容を中心にー,埼玉武道学研究,6,27-34,2006
2005年
  1. Yuji OZAWA,Katsutoshi OGO,Masashi OGASAWARA,Hatsuyuki HAMADA and Noboru MESAKI;Effect of Judo Practice on Changes in Urinary Substances and Blood Hormones,Adv.Exerc.Sports Physiol.,11 (2) ,77-82,2005
  2. 濱田初幸,河鰭一彦,重岡孝文,西薗秀嗣;ヒト尺骨の音響工学的手法による骨強度測定,鹿屋体育大学研究報告・スポーツトレーニング科学,6,49-53,2005

著書 (Books etc)

2013年
  1. 濱田初幸,鹿屋体育大学-濱田初幸ゼミ-第2回 海外武道実習報告書,株式会社新生印刷,2013.11
2012年
  1. 濱田初幸,平成23年度ドイツ連邦共和国派遣日本武道代表団について,(財)講道館,単著,2012.1
2011年
  1. 2011,平成23年度ドイツ連邦共和国派遣日本武道代表団について,柔道,講道館,83,2,83-93
  2. 2011,柔道を探る,鹿屋体育大学
  3. 2011,技術特集「崩し」を極める「一本」を奪うためのテクニック最終回 巴投げ・浮き技の「崩し」,(株)ベースボール・マガジン社
2010年
  1. 2010,技術特集「崩し」を極める「一本」を奪うためのテクニック第6回 小内刈り・小内巻き込みの「崩し」,(株)ベースボール・マガジン社
  2. 2010,技術特集「崩し」を極める「一本」を奪うためのテクニック第5回 出足払い・小外刈りの「崩し」,(株)ベースボール・マガジン社
  3. 2010,技術特集「崩し」を極める「一本」を奪うためのテクニック第4回 大内刈りの「崩し」,(株)ベースボール・マガジン社
  4. 2010,技術特集「崩し」を極める「一本」を奪うためのテクニック第3回 大外刈りの「崩し」,(株)ベースボール・マガジン社
  5. 2010,技術特集「崩し」を極める「一本」を奪うためのテクニック第2回 背負い投げ・体落とし「崩し」,(株)ベースボール・マガジン社
  6. 2010,技術特集「崩し」を極める「一本」を奪うためのテクニック第1回 内股・払い腰の「崩し」,(株)ベースボール・マガジン社
2009年
  1. 2009,濱田初幸,柔道衣「初転君」の発明について-前回り受身補助機能による特許取得-,雑誌柔道,講道館
  2. 2009,濱田初幸,講道館・初段(黒帯取得)を目指して柔道を学ぶ-鹿屋体育大学関連実践 柔道受講者へ
2008年
  1. 2008,濱田初幸,柔道,香港柔道セミナーに参加して,講道館
2006年
  1. 2006,濱田初幸,愛媛国際親善女子柔道大会観戦報告,柔道新聞
  2. 2006,濱田初幸,打ち込みの大切さ世界へ,南日本新聞
2005年
  1. 2005,濱田初幸,愛媛国際親善女子柔道大会参加各国紹介,大会プログラム
  2. 2005,濱田初幸,DVD,・STAGE NATIONAL UCHI KOMI,Federation Fran çe DE JUDO

学会発表 (Presentation at an academic meeting)

2016年
  1. 河鰭一彦,佐藤博信,田村篤敬,長井淳子,久保山和彦,濱田初幸; 柔道教授現場で用いる頭頚部筋力簡易測定の開発に関する基礎研究, 日本武道学会第49回大会,2016.9
  2. 久保山和彦,河鰭一彦,濱田初幸; 直信流柔道成立過程における史的研究:松江藩の給帳調査から, 日本武道学会第49回大会,2016.9
  3. 田村篤敬,濱田初幸,河鰭一彦; 柔道の後ろ受身動作における打ち手の効果, 日本武道学会第49回大会,2016.9
2015年
  1. Takahiro Kitamura,David Elmes,Masashi Kawanishi,Hatsuyuki Hamada,Shigeki Maesaka; What students have learned from budo: A qualitative evaluation of budo education. 7th ISSSS Conference. 2015.11
  2. 久保山和彦,濱田初幸,山本洋祐;明治16年の「撃剣柔術調査」について ? 柔術・当身技の調査に着目して,日本武道学会第48回大会,2015.9
  3. 濱田初幸,藤田英二,北村尚浩,前田明,久保山和彦,河鰭一彦,田村篤敬,高橋進;フランス人柔道修行者の柔道に対する意識構造について―柔道に対する態度に着目して―,日本武道学会第48回大会,2015.9
  4. 田村篤敬,濱田初幸,河鰭一彦,大倉貴史,小出隆夫;柔道の後ろ受身を模擬する頭頸部数値モデルの開発,日本武道学会第48回大会,2015.9
  5. 河鰭一彦,田村篤敬,佐藤博信,濱田初幸;柔道受け身時の頭頸部変位と頭部傷害基準との関係,日本武道学会第48回大会,2015.9
  6. 北村尚浩,濱田初幸,川西正志;中学校における武道教育の課題-質的分析によるアプローチ-,日本体育学会第66回大会,2015.8
2013年
  1. 藤田英二,濱田初幸,中村勇,小山田和行,野口博之,松崎守利,安河内春彦;骨年齢からみた小学生柔道選手における除脂肪体重量の性差,日本武道学会第46回大会 第1回国際武道会議,2013.9
  2. 光本健次,上水研一朗,今村貴幸,白瀬英春,中西英敏,井上康生,濱田初幸;柔道ルネッサンス活動の認識状況について(その3),日本武道学会第46回大会 第1回国際武道会議,2013.9
  3. 川鰭一彦,佐藤博信,田中力,中西英敏,濱田初幸;情報エントロピーからみた受身最終姿勢の分析,日本武道学会第46回大会 第1回国際武道会議,2013.9
  4. 濱田初幸,前田明,藤田英二,小山田和行,光本健次,川鰭一彦,高橋進;初転君を用いた指導が柔道未熟練者の前回り受身に及ぼす即時的効果,日本武道学会第46回大会 第1回国際武道会議,2013.9
2012年
  1. 濱田初幸,藤田英二,光本健次,河鰭一彦,高橋進,中野裕子,中山賢一;柔道指導者資格制度における日本と欧州柔道連盟の比較,日本武道学会,2012.9
  2. 北村尚浩,川西正志,濱田初幸,安藤太軌;武道必修化のための必要条件と教育効果 教員と体育専攻学生の比較,日本体育学会,2012.8
2011年
  1. 中学生にとっての武道の必修化とは:期待する学習効果に着目する,日本武道学会第44回大会,2011(共)
  2. 片脚4方向ジャンプテストが表す下肢の運動能力について,日本武道学会第44回大会,2011(共)
  3. 学習教材「初転君」が柔道初心者の前回り受身に及ぼす影響(その2)―フランス人柔道家を対象に―,日本武道学会第44回大会,2011(共)
  4. 柔道ルネッサンス活動の認識状況について(その2)―大学生柔道部員を対象にして―,日本武道学会第44回大会, 2011(共)
2010年
  1. 知的障害児における柔道療法の可能性を探る(その2)―保護者の視点から―,日本武道学会第43回大会,2010(共)
  2. 膝関節伸展筋群を対象としたトレーニングとしての打ち込み動作,日本武道学会第43回大会,2010(共)
  3. 学習教材「初転君」が、柔道初心者の前回り受身に及ぼす影響,日本武道学会第43回大会,2010(共)
  4. 柔道ルネッサンス活動の認識状況について(その1)-高校生柔道部員を対象にして-,日本武道学会第43回大会,2010(共)
2009年
  1. 濱田初幸,中村勇,光本健次,高橋進,河鰭一彦;知的障害児における柔道療法の可能性を探る-実践事例の調査から-日本武道学会第42回大会, 2009年
  2. 光本健次,今村貴幸,上水研一朗,白瀬英春,濱田初幸,鈴木貴士;少年柔道「小学生」の色帯に関する研究(その7)-わが国の少年柔道普及・発展に向けて-日本武道学会第42回大会, 2009年
  3. 濱田初幸;本学における武道礼法指導について,鹿屋体育大学 身体儀礼文化フォーラム2009年
2008年
  1. 濱田初幸,藤田英二,中村勇,光本健次,河鰭一彦;高校生期における女子柔道選手のトレーニングに関する一考察,日本武道学会第41回大会,2008
  2. 中村勇,濱田初幸,山田利彦;国際武道における礼の概念-柔道国際普及に関する考察-,日本武道学会第41回大会,2008
  3. 光本健二,山下泰裕,中西英敏,上水研一朗,今村貴幸,濱田初幸;柔道初心者の一考察-インターネットを活用した試み-,日本武道学会第41回大会,2008
2007年
  1. 濱田初幸,前阪茂樹,中村勇,河鰭一彦;ドイツ連邦共和国における柔道昇段審査方法を探る,第19回日本トレーニング科学会,2007
  2. 猪又秀和,光本健次,上水研一朗,中西英敏,濱田初幸,山田利彦;柔道段位に関する研究-イギリス柔道修行者を対象にして-,日本武道学会第40回大会,2007
  3. 濱田初幸,中村勇,上水研一朗,水落健太,溝口紀子,河鰭一彦;柔道家川石酒造之助に関する研究-フランスにおける柔道の伝播についての一考察-,日本武道学会第40回大会,2007
2006年
  1. 濱田初幸;欧州における柔道の現状,鹿屋体育大学研究会・伝統武道・スポーツ文化系学術講演会,2006
  2. 上水研一朗,佐藤宣践,光本健次,濱田初幸;柔道段位制度に関する研究-韓国柔道修行者を対象として-,日本武道学会第39回大会,2006
  3. 溝口紀子,佐藤宣践,光本健次,濱田初幸,飛塚雅俊;少年柔道における級位(色帯)に関する一考察(その5)-フランスの少年指導の実態について-,日本武道学会第39回大会,2006
  4. 濱田初幸,佐藤宣践,光本健次,上水研一朗,溝口紀子;柔道段位制度に関する研究-ドイツ連邦共和国柔道修行者を対象として-,日本武道学会第39回大会,2006

その他社会活動 (Social Contribution)

  • マッシリア柔道クラブ 名誉会長(平成30年~現在)
  • (財)全日本柔道連盟 教育普及委員会委員(平成11年~12年・平成18年~22年)
  • (財)全日本柔道連盟 ルネッサンス委員会第1委員会委員 (平成13年~19年)
  • (財)全日本柔道連盟 広報委員会委員 (平成12年~14年)
  • (財)全日本柔道連盟 強化コーチ (平成5年~8年)
  • (財)鹿児島県柔道会 強化委員 (平成15年~22年)
  • 国際柔道連盟 オリンピックソリダリティーエキスパート (平成9年~現在)
  • (財)愛媛県柔道協会 理事・強化委員会 委員長 (平成9年~14年)
  • (財)大亀スポーツ振興財団 理事 (平成12年~14年)
  • (財)松山市スポーツ審議会 委員 (平成7年~14年)
  • (財)松山市体育協会 理事 (平成11年~14年)
  • (財)松山市体育協会 競技力向上委員会 委員長 (平成11年~14年)
  • (財)愛媛県体育協会スポーツ医・科学委員会 委員 (平成14年~16年)
  • (財)日本中学校体育連盟研究大会・愛媛大会にてシンポジスト (平成13年1月)
  • 第23回国際研究集会「21世紀の日本武道の行方:過去:未来」のコメンテータ (平成15年11月19日~22日・国際日本文化研究センター)
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて