プロフィール (Profile)

前田 博子 (Maeda Hiroko)

氏名 (Name) 前田 博子 (Maeda Hiroko)
職名 (Job title) 教授 (Professor)
連絡先(TEL)  
連絡先(FAX)  
連絡先(E-Mail) このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
個人ウェブサイト (URL)  
学歴 (Education) 神戸大学 理学部 地球科学科 1981年3月卒業
神戸大学大学院 教育学研究科 修士課程 保健体育専攻 1987年3月修了
神戸大学大学院 人間発達環境学研究科 博士後期課程 人間発達専攻科 2016年3月修了
学位 (Degree) 教育学修士(神戸大学 1987年3月)
学術博士 (神戸大学 2016年3月)

職歴 (Academic & Professional Experience)

1989年 4月
姫路学院女子短期大学 専任講師
1993年 4月 鹿屋体育大学体育学部 講師
1999年 1月 鹿屋体育大学体育学部 助教授
2016年 4月 鹿屋体育大学体育学部 教授

専門分野 (Research Areas)

  • スポーツ社会学 (Sports Sociology)

主な研究内容 (Main research contents)

  • スポーツを科学する
    現在行っている研究内容をわかりやすく説明しています。
    平成29年度版 (PDF)
    平成23年度版 (PDF)
    平成22年度版 (PDF)
  • RENKEI (連携)
    企業等の皆様と連携協力 (共同研究や受託研究等)可能な事項を掲載しています。
    最新年度版 (PDF)
  • 「スポーツボランティアのプログラムに関する研究、スポーツ環境に関する研究」
    スポーツにおけるボランティアは、地域のスポーツ活動の組織運営や指導、スポーツイベントの運営などで知られている。特に、現在注目を集めているコミュニティスポーツクラブにおいても、専任スタッフを必要とされながら財源の目処が立っていないことから、ボランティアが不可欠であろう。そこで、コミュニティスポーツクラブが普及している英国を対象として、特に若者を対象としたボランティア政策やプログラムについて研究を行っている。同時に、日本のスポーツボランティアについて、歴史的経緯や教育の面から研究を行い、問題点を指摘してきた。今後、日本の若者の現状を踏まえた、適切なスポーツボランティアプログラム開発を研究テーマとしている。この他、ユーススポーツ環境や女性のスポーツ環境を諸外国との比較から明らかにすることもテーマである。

研究キーワード (Research Interests)

  • スポーツ
  • ボランティア
  • スポーツクラブ
  • ユーススポーツ
  • ジェンダー
  • フットボール

所属学会 (Association Memberships)

  • (一社)日本体育学会会員(理事)
  • 兵庫体育・スポーツ科学学会会員
  • 日本スポーツ社会学会会員(理事)
  • 九州体育・スポーツ学会会員(理事)
  • 日本生涯スポーツ学会会員(理事)
  • 九州レジャー・レクリエーション学会会員(理事)
  • 日本レジャー・レクリエーション学会会員
  • 日本スポーツとジェンダー学会会員(理事)
  • 日本フットボール学会会員
  • 日本NPO学会会員
  • 日本キャリア教育学会会員
  • 日本スポーツ産業学会会員

資格 (Qualification)

  • 日本サッカー協会公認リーダー (1983年)

競技歴 (Achievement as a competitor)

  • 全日本女子サッカー選手権大会 [ (第2回~第8回) 出場 ] (1981年~1987年)
  • 第1回全日本女子サッカー選抜大会 [ 出場 ] (1986年)

受賞歴 (Award)

実技指導歴 (Achievements as a coach)

  • 【豊中市立第七中学校サッカー部監督 (1983年4月~1984年3月)】
  • 【大阪・堺 YMCA 青少年活動サッカー指導スタッフ (1987年4月~1988年3月)】
  • 【姫路学院女子短期大学サッカー部監督 (1988年4月~1993年3月)】
    第1回全日本大学女子サッカー選手権大会 [ 出場 ] (1992年)

論文等 (Published Papers)

2016年
  1. 前田博子・山口泰雄;スポーツ政策から見た地域スポーツ指導者の課題,神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要,9:2,2016.3
  2. 前田博子・山口泰雄・竹下俊一;サッカークラブ指導者の職業化の実態と展望,キャリア教育研究,34(2):41-52,2016.3
2015年
  1. 前田博子・山口泰雄・竹下俊一;スポーツクラブの学生ボランティアが期待するリーダーシップ行動-SL理論モデルを用いた事例研究,スポーツ産業学研究,25(2):217-229,2015.9
2013年
  1. 山﨑利夫,前田博子,隅野美砂輝,竹下俊一;中学校,高等学校における運動部活動の加入状況に関する研究,九州体育・スポーツ学研究,28(1):33-44,2013.12
  2. 山﨑利夫,前田博子,竹下俊一,隅野美砂輝;過疎化・高齢化の著しい自治体における集落の人口構成と生活の実態および将来人口の予測に関する研究,鹿屋体育大学学術研究紀要,47:1-12,2013.11
  3. 山﨑利夫,前田博子,竹下俊一,隅野美砂輝,鶴成悦久;スポーツ地理情報デジタルアーカイブの構築,スポーツ産業学研究,23(2):213-226,2013.9
2011年
  1. 前田博子;体育大学生のレディネスの違いによるリーダーシップ行動の評価に関する研究-SL理論に基づく関係性の検討-,神戸大学大学院人間発達環境学研究科 研究紀要,4(2):49-56,2011.3
2005年
  1. 前田博子;ボランティア活動における若者への期待と陥穽,日本ボランティア協会,2005
  2. 前田博子;サッカーと地域貢献,朝日新聞,文化欄,2005

著書 (Books etc)

2011年
  1. 前田博子,岸本肇他;「からだと心」の発達と教育・体育・スポーツ,東京未来大学,共著,2011.7
2009年
  1. 竹下俊一,金高宏文,前田博子,和田智仁,隅野美砂輝,山﨑利夫,戸郄圭一郎;サークル活動のための会計テキスト,鹿屋体育大学,共著,2009.3
2007年
  1. 2007,前田博子 (田口貞義,竹下俊一他編著) ,スポーツの百科事典,丸善株式会社

学会発表 (Presentation at an academic meeting)

2016年
  1. 前田博子・山粼貴裕;Jリーグ昇格におけるクラブへの行政の関わり方の経緯-長野県の2クラブを事例として-,第13回日本フットボール学会,2016.3
  2. 竹下俊一・前田博子・隅野美砂輝・福島成美;地域におけるゴルフ場間の協調と競争-ゲーム理論を用いた考察-,日本体育・スポーツ経営学会第39回大会,2016.3
2012年
  1. 市川和希,中村勇,竹下俊一,前田博子;中学校での武道授業に関する研究,九州体育・スポーツ学会第61回大会,2012.9
  2. 前田博子,竹下俊一;大学生の社会性に関わる能力と部活動の経験に関する研究-K体育大学陸上部を事例として-,日本体育学会第63回大会,2012.8
2011年
  1. 山﨑利夫,竹下俊一,前田博子,隅野美砂輝,鶴成悦久;スポーツ地理情報デジタルアーカイブの構築と利用法,日本スポーツマネジメント学会第4回大会,2011.12
  2. 戴晨,竹下俊一,前田博子;中国における日系スポーツメーカーの市場環境に関する研究,第62回日本体育学会,2011.9
  3. 竹下俊一,西村靖香,池田昇示,前田博子,川島一明;外資系ゴルフ場の日本市場に与える効果-株式会社アコーディア・ゴルフ,日本ゴルフ学会大24回大会,2011.9
  4. 前田博子,山口泰雄;ボランティアが求めるリーダーシップ行動に関する研究-学生ボランティアのレディネスに着目して-,第62回日本体育学会,2011.9
  5. 竹下俊一,ジョン・ヒョンドン,前田博子,隅野美砂輝;日本と韓国のスポーツ政策に関する研究-国際競技力向上政策について-,九州体育・スポーツ学会第60回大会,2011.8
  6. Takuya Shiozawa, Hiroko Maeda ; Research on Coaching Behavior of Football Club.7th World Congress on Science & Football.2011.5
  7. Hiroko Maeda, Takuya Shiozawa ; Fair Play Consciousness of Japanese Youth Football Players.7th World Congress on Science & Football.2011.5
  8. 前田博子;学生ボランティアが求めるリーダーシップ行動に関する研究-レディネスに着目して-,九州レジャー・レクリエーション学会,2011.2
2010年
  1. 塩沢拓也,前田博子;サッカークラブの指導者の指導行動に関する研究,第8回日本フットボール学会,2010.12
  2. 范翔,竹下俊一,西園秀嗣,吉武裕,山﨑利夫,前田博子;健康づくりプログラムの経済評価に関する研究-鹿児島県O町の施策を事例として-,第61回日本体育学会,2010.9
  3. 前田博子;スポーツクラブに所属する大学生のレディネスと求められるリーダーシップ,日本スポーツ社会学会第19回大会,2010.3
  4. 岡崎秀哉,前田博子;体育大学生のスポーツ参加意識と将来のスポーツ参加動向に関する研究,九州レジャーレクリエーション学会,2010.3
  5. 塩沢拓也,前田博子;地域スポーツクラブの指導者の指導能力に関する研究,日本フットボール学会第7回大会,2010.3
2009年
  1. 范翔,竹下俊一,山﨑利夫,前田博子,隅野美砂輝;健康プロジェクトの経済評価に関する研究,九州体育・スポーツ学会第58回大会,2009.9
  2. 兪東寿,志村正子,川西正志,竹下俊一,前田博子;中国サッカー選手育成システムの動向と課題,日本体育学会第60回大会,2009.8
2008年
  1. 兪東寿,竹下俊一,前田博子,宮田和信;サッカー選手育成システムについての国際比較研究~中国を中心として~,九州体育学会,2008.9
  2. 前田博子,竹下俊一,山口泰雄;スポーツボランティアのレディネスに関する研究,日本体育学会,2008.9
  3. Hiroko Maeda ; Issues Regarding the Incorporation of Community Sp.International Sociology of Sport Association 5th World Congress . 2008.7
2007年
  1. Hiroko MAEDA;Ticketing in 2002 and 2006 FIFA World Cup,?th World Congress on Science and Football,2007
  2. 前田博子;"非営利地域スポーツクラブのボランティア・マネジメントにおけるリーダーシップ理論の有効性~その研究動向と課題~",日本スポーツ社会学会,2007
  3. 前田博子;リーダーシップ論のクラブマネジメントへの適応可能性,日本生涯スポーツ学会,2007
2007年
  1. 隅野美砂輝;サッカークラブの経営資源に関する研究-JFL及び地域リーグに所属するクラブを対象として-,日本体育・スポーツ経営学会第30回学会大会,2007
2006年
  1. 前田博子;2002FIFAワールドカップのチケッティングに関する研究,日本フットボール学会3rd Congress,2006
  2. 前田博子;スペクテイタースポーツの公共性,第15回日本スポーツ社会学会,2006
  3. 前田博子;中国プロサッカーリーグ設立によるユース選手の教育環境の変化,第26回日本スポーツ教育学会大会,2006
  4. 前田博子,小畠悠大;Jリーグ参入へのクラブ、サッカー協会、行政の意識と役割の構図,日本フットボール学会 4th Congress,2006
2005年
  1. 前田博子;イギリスのボランティア政策におけるユースクラブの役割,日本スポーツ社会学会,2005
  2. 前田博子;中国プロサッカーリーグ設立後におけるユース選手の環境に関する研究,日本フットボール協会,2005

その他社会活動 (Social Contribution)

  • 九州サッカー協会審判員会 (委員)
  • 鹿児島県サッカー協会 (評議員)
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて