プロフィール (Profile)

Murakami Shunsuke

氏名 (Name) 村上 俊祐 (Murakami Shunsuke)
職名 (Job title) 助教 (Assistant Professor)
連絡先(TEL) 0994-46-4983
連絡先(FAX) 0994-46-4983
連絡先(E-Mail) このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
個人ウェブサイト (URL)  
学歴 (Education)

鹿屋体育大学 体育・スポーツ課程 2006年3月卒業
鹿屋体育大学大学院 体育学研究科 修士課程 2014年3月修了
鹿屋体育大学大学院 体育学研究科 博士後期課程 2018年3月修了

学位 (Degree)

修士[体育学](鹿屋体育大学 2014年3月)
博士[体育学](鹿屋体育大学 2018年3月)

職歴 (Academic & Professional Experience)

2006年 4月
青年海外協力隊(テニス)
2008年 5月 Macy Tennis Team(タイ・バンコク)
2015年 2月 鹿屋体育大学 プロジェクト研究員(国際スポーツアカデミー)
2017年 4月 鹿屋体育大学 特任助教(国際スポーツアカデミー)
2018年 9月 鹿屋体育大学 スポーツ・武道実践科学系 助教

専門分野 (Research Areas)

  • コーチング学(テニス)

主な研究内容 (Main research contents)

  • スポーツを科学する
    現在行っている研究内容をわかりやすく説明しています。
    平成30年度版 (PDF)
  • テニスのパフォーマンスを評価することを研究テーマとしている。特に、打球の速度や回転数といった打球データに焦点をあてることで、選手の特徴や技術的課題、予測・判断の能力や戦術の成否などを評価できる可能性がある。技術指導や選手へのフィードバックに役立つ評価手法の確立を目指す。

研究キーワード (Research Interests)

  • テニス
  • コーチング
  • ゲーム分析
  • 測定評価

所属学会 (Association Memberships)

  • 日本体育学会
  • 日本テニス学会
  • 日本コーチング学会
  • 日本スポーツパフォーマンス学会

資格 (Qualification)

  • 上級テニスコーチ (公財)日本スポーツ協会 公認スポーツ指導者

競技歴 (Achievement as a competitor)

  • 全日本大学対抗テニス王座決定試合[ベスト8](2004)

受賞歴 (Award)

  • 第30回日本テニス学会研究奨励賞 2018年6月

実技指導歴 (Achievements as a coach)

  • 【鹿屋体育大学テニス部コーチ(2012年4月~現在)】
    全日本大学対抗テニス王座決定試合[ベスト8](2013~2017)
    全日本テニス選手権[2回戦進出](2017)

論文等 (Published Papers)

2018年
  1. 村上俊祐, 北村哲, 髙橋仁大; テニス選手のゲーム状況における打球評価の可能性―大学生テニス選手のフォアハンドストロークの速度と回転数を基に―, スポーツパフォーマンス研究, 10:83-100, 2018.5
  2. 村上俊祐, 北村哲, 前田明,髙橋仁大; テニスのフォアハンドストロークにおけるボールの速度と回転数に基づく評価法の検討, テニスの科学, 26:13-19, 2018.3
2017年
  1. 北村哲, 髙橋仁大, 佐藤周平, 松本健太郎, 村上俊祐, 前田明, 西薗秀嗣; 打球場面に着目した男子トップテニス選手のグラウンドストロークにおける攻撃パフォーマンスの検討, テニスの科学, 25:73-90, 2017.3
2016年
  1. 村上俊祐, 髙橋仁大, 村松憲, 佐藤文平, 佐藤雅幸, 小屋菜穂子, 北村哲, 前田明; ボール挙動測定器を用いたテニスのサービスのボール速度とボール回転数の解析の可能性, スポーツパフォーマンス研究, 8:361-374, 2016.10
2015年
  1. 髙橋仁大, 村上俊祐, 北村哲; ネットプレーを導入したことにより競技力を向上した大学女子テニス選手の一事例, スポーツパフォーマンス研究, 7:238-246, 2015.8
  2. Hiroo Takahashi, Shunsuke Murakami, Tetsu Kitamura, Tomohito Wada and Akira Maeda; The relationships between the normative performance profiles and the winning of sets in women’s singles matches of professional tennis, International Journal of Sport and Health Science, 13:35-42, 2015.5
  3. 北村哲, 髙橋仁大, 佐藤周平, 松本健太郎, 村上俊祐, 前田明, 西薗秀嗣; テニスの攻撃場面におけるグランドストローク動作の評価尺度の作成, テニスの科学, 23:9-18, 2015.3
2014年
  1. 村上俊祐, 北村哲, 髙橋仁大, 西薗秀嗣, 前田明; テニスのフォアハンドストロークにおけるワイパースイング動作習得を目指したトレーニングの効果, スポーツパフォーマンス研究, 6:276-288, 2014.12

著書 (Books etc)

2017年
  1. Shunsuke Murakami, Hiroo Takahashi and Akira Maeda; The relationship between ball spin rates and ball speed on ground strokes in collegiate male tennis players, Science and Racket Sports Ⅴ, 共著, 2017.11

学会発表 (Presentation at an academic meeting)

2017年
  1. Murakami, Ryogo Kashiwagi, Shuhei Okamura and Hiroo Takahashi; Comparison of forehand strokes in collegiate male tennis players between on game situation and on experimental situation -The evaluation based on the relationship between ball speed and ball spin rates-, The 2nd Asia-Pacific Conference on Performance Analysis of Sport, 2017.10
  2. Ryogo Kashiwagi, Shunsuke Murakami, Shuhei Okamura and Hiroo Takahashi; Ball speed and ball spin of ground strokes in an actual tennis matches, The 2nd Asia-Pacific Conference on Performance Analysis of Sport, 2017.10
  3. Shuhei Okamura, Shunsuke Murakami, Ryogo Kashiwagi and Hiroo Takahashi; Relationship between racket swing and ball movement in tennis forehand strokes, The 2nd Asia-Pacific Conference on Performance Analysis of Sport, 2017.10
  4. Hiroo Takahashi, Shunsuke Murakami, Ryogo Kashiwagi and Shuhei Okamura; Analyzing ball speed and ball spin of tennis serve with Trackman tennis radar, The 2nd Asia-Pacific Conference on Performance Analysis of Sport, 2017.10
2016年
  1. Shunsuke Murakami, Tetsu Kitamura and Hiroo Takahashi; Ball speed and spin rates of tennis strokes on junior tennis players, The 2nd Asia-Pacific Conference on Coaching Science, 2016.11
  2. Hiroo Takahashi, Shunsuke Murakami and Tadashi Muramatsu; The relationships between ball speed and ball spin of men’s professional tennis matches, The 2nd Asia-Pacific Conference on Coaching Science, 2016.11
  3. 村上俊祐, 北村哲, 有村純太郎, 髙橋仁大; ジュニアテニス選手のサービスおよびグラウンドストロークにおける速度と回転数-K県国体・競技力向上対策事業における測定結果-, 第28回テニス学会, 2016.6
2015年
  1. 村上俊祐, 北村哲, 髙橋仁大; 大学テニス選手のサービスおよびフォアハンドストロークの速度と回転数-ボール挙動測定器による測定結果-, 第27回テニス学会, 2015.12
  2. 栫ちか子, 松元隆秀, 村上俊祐, 髙橋仁大, 佐藤豊; 体育系大学のダンス授業におけるICTを活用したアクティブ・ラーニング型授業の検討, 日本体育学会第66回大会, 2015.8
  3. Shunsuke Murakami, Hiroo Takahashi and Akira Maeda; The relationship between ball spin rates and ball speed on ground strokes in collegiate male tennis players, 14th ITTF Sports Science Congress and 5th World Racket Sports Congress, 2015.4
  4. 村上俊祐, 北村哲, 髙橋仁大, 前田明; 大学テニス選手のグラウンドストロークにおけるボールの回転数の分布―打球コースの違いによる比較, 日本コーチング学会第26回大会, 2015.3
2014年
  1. 村上俊祐, 北村哲, 髙橋仁大; 大学テニス選手のグラウンドストロークラリーにおけるボールの回転量に関する研究, 第26回テニス学会, 2014.12
  2. 髙橋仁大, 村上俊祐, 北村哲; テニスにおけるショット時間とエラーとの関係-世界女子トップ選手と学生選手の比較から-,第26回テニス学会, 2014.12
  3. 髙橋仁大, 村上俊祐; ボールに回転をかけることを意識づけたサービスの導入法の提案, 第26回テニス学会, 2014.12
  4. 栫ちか子, 松元隆秀, 村上俊祐, 髙橋仁大; 現代的なリズムのダンスの学習におけるタブレット端末活用の効果―体育専攻大学生を対象とした実践事例―, 九州体育・スポーツ学会第63回大会, 2014.9
  5. Hiroo Takahashi, Shunsuke Murakami, Tetsu Kitamura and Tomohito Wada; An analysis of errors and inter-shot time of ground strokes in tennis, World Congress of Performance Analysis of Sport X, 2014.9
  6. Shunsuke Murakami, Tetsu Kitamura, Hiroo Takahashi, Hidetsugu Nishizono and Akira Maeda; The effects of tennis training on the acquisition of forehand ground strokes ball spin, 1st Asia-Pacific Conference on Coaching Science, 2014.7
  7. Tetsu Kitamura, Hiroo Takahashi and Shunsuke Murakami; An evaluate tennis player’s offensive ability by offensive phase incidence, 1st Asia-Pacific Conference on Coaching Science, 2014.7
  8. Hiroo Takahashi, Shunsuke Murakami and Tetsu Kitamura; The relationship between actual performance and objective feedback with computerized scorebook for tennis, 1st Asia-Pacific Conference on Coaching Science, 2014.7
  9. Yuki Tanaka, Shunsuke Murakami, Chikako Kakoi, Tomohito Wada and Hiroo Takahashi; PRACTICE OF PHYSICAL EDUCATION CLASSES UTILIZING VIDEO, 8th International Technology, Education and Development Conference, 2014.3
  10. Hiroo Takahashi, Yuki Tanaka, Shunsuke Murakami, Junichi Kitagawa, Kensuke Murata, Misato Sakanaka, Koji Hamada and Tomohito Wada; COACHING SKILLS TRAINING FOR PHYSICAL EDUCATION UNIVERSITY STUDENTS WITH E-LEARNING, 8th International Technology, Education and Development Conference, 2014.3
2013年
  1. 村上俊祐, 北村哲, 髙橋仁大; フォアハンドストロークにおけるワイパースイング動作習得を目指したトレーニングの効果, 第25回テニス学会, 2013.12
  2. 髙橋仁大, 宮地弘太郎, 細木祐子, 村上俊祐, 北村哲, 道上静香; テニスにおけるゲーム・映像分析サポートの実践事例−第27回ユニバーシアード競技大会(2013/カザン)に向けての活動から−,第25回テニス学会, 2013.12
  3. Shunsuke Murakami, Tetsu Kitamura, Hiroo Takahashi and Hidetsugu Nishizono; The effects of tennis practice on the acquisition of groundstroke ball spin, 9th International Symposium On Computer Science in Sports, 2013.6
  4. Hiroo Takahashi, Shunsuke Murakami, Tetsu Kitamura, Tomohito Wada, Akira Maeda and Hidetsugu Nishizono; An application of normative performance profiles for match evaluation in tennis, 9th International Symposium On Computer Science in Sports, 2013.6
2012年
  1. 村上俊祐, 北村哲, 髙橋仁大, 西薗秀嗣; グラウンドストロークにおけるワイパースイング動作習得を目指したトレーニングの効果, 第24回テニス学会, 2012.12
  2. 髙橋仁大, 村上俊祐, 北村哲; テニスにおけるグラウンドストロークのショット時間の重要性:ポイント取得との関連について, 第24回テニス学会, 2012.12

その他社会活動 (Social Contribution)

  • NIFSスポーツクラブ テニスサークル「テニス教室」講師(2012~現在)
  • 日本テニス協会 モデルケーストレセン構築事業 スタッフ(2012~2015)
  • 日本テニス協会強化本部 情報戦略サポートチーム スタッフ(2012~現在)
  • 鹿児島県テニス協会 鹿児島国体・競技力向上対策事業 スタッフ(2017~現在)
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて