プロフィール (Profile)

吉武 康栄 (Yoshitake Yasuhide)

氏名 (Name) 吉武 康栄 (Yoshitake Yasuhide)
職名 (Job title) 准教授 (Associate Professor)
連絡先(TEL)  
連絡先(FAX)  
連絡先(E-Mail) このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
個人ウェブサイト (URL) http://people.nifs-k.ac.jp/mpl/
学歴 (Education) 大阪市立大学 工学部 応用化学科 1994年3月卒業
京都大学大学院 人間・環境学研究科 修士課程 1996年3月修了
京都大学大学院 人間・環境学研究科 博士後期課程 1999年3月修了
学位 (Degree) 博士 [ 人間・環境学 ] (京都大学大学院人間・環境学研究科 1999年3月)

職歴 (Academic & Professional Experience)

1999年 4月 早稲田大学人間科学部 助手
2001年 4月 日本学術振興会特別研究員 (PD)
2002年 4月 大分県立看護科学大学人間科学講座 助教
2008年11月 鹿屋体育大学スポーツパフォーマンス系 講師
2011年10月 鹿屋体育大学生命科学系 准教授

専門分野 (Research Areas)

  • 応用生理学
  • 神経・筋生理学
  • 電気生理学
  • バイオメカニクス

主な研究内容 (Main research contents)

  • ヒトの力を精確に調節する生体機能の機序の解明およびその評価法の解明
  • 電気刺激誘発筋収縮における効率的な筋力出力法の開発
  • スポーツパフォーマンス向上、筋疲労軽減を目的としたスポーツウェアの開発
  • 筋機能および認知機能の改善を目的としたトレーニング法の開発

研究キーワード (Research Interests)

  • 生体信号処理(筋電図・筋音図・脳波・心電図)
  • 神経・筋制御
  • 筋疲労
  • 筋形状

所属学会 (Association Memberships)

  • 日本体力医学会,日本体育学会
  • American College of Sports Medicine
  • Scoiety of Neuroscience

資格 (Qualification)

競技歴 (Achievement as a competitor)

受賞歴 (Award)

実技指導歴 (Achievements as a coach)

論文等 (Published Papers)

2010年以降
  1. Yoshitake Y, Takai Y, Kanehisa H, Shinohara M. Muscle shear modulus measured with ultrasound shear-wave elastography across a wide range of contraction intensity. Muscle Nerve . 2013. Accepted.
  2. Yoshitake Y, Shinohara M. Oscillations in motor unit discharge are reflected in the low-frequency component of rectified surface EMG and the rate of change in force. Exp Brain Res. 2013 Sep 4. Accepted
  3. Maeo S, Yoshitake Y, Takai Y, Fukunaga T, Kanehisa H. Effect of short-term maximal voluntary co-contraction training on neuromuscular function. Int J Sports Med. 2013 Jul 18. Acceepted.
  4. Yoshitake Y, Shinohara M. Low-frequency component of rectified EMG is temporally correlated with force and instantaneous rate of force fluctuations during steady contractions. Muscle Nerve. 47(4):577-584, 2013.
  5. Kouzaki M, Kimura T, Yoshitake Y, Hayashi T, Moritani T. Subthreshold electrical stimulation reduces motor unit discharge variability and decreases the force fluctuations of plantar flexion. Neurosci Lett. 513(2):146-150, 2012.
  6. Yoshitake Y, Takai Y, Kitamura T, Kawanishi M, Kanehisa H. Body mass-based exercise in middle-aged and older women. Int J Sports Med. 32(12):924-928, 2011.
  7. Nakamoto H, Yoshitake Y, Takai Y, Kanehisa H, Kitamura T, Kawanishi M, Mori S. Knee extensor strength is associated with Mini-Mental State Examination scores in elderly men. Eur J Appl Physiol. 112(5):1945-1953, 2012.
  8. Fujita E, Kanehisa H, Yoshitake Y, Fukunaga T, Nishizono H. Association between knee extensor strength and EMG activities during squat movement. Med Sci Sports Exerc. 43(12):2328-2234, 2011.
  9. Katayama K, Yoshitake Y, Watanabe K, Akima H, Ishida K. Muscle deoxygenation during sustained and intermittent isometric exercise in hypoxia. Med Sci Sports Exerc. 42(7):1269-1278, 2010.
  10. 吉武康栄,篠原 稔.筋音図の発生機序と運動制御分野での応用性について.システム制御情報学会誌54(8): 327-331. 2010.

著書 (Books etc)

2010年以降
  1. Yoshitake Y, Shinohara M. Chapter 7. Steady force control in multiple muscle systems. In: Advances in Neuromuscular Physiology of Motor Skills and Muscle Fatigue. Ed; Shinohara M. P127-138. Research Signpost. 2010.
  2. 吉武康栄. 第4章 運動と末梢神経 In: 運動生理学 最新知識 宮村実晴 編 p97-105真興交易医書出版部. 2010.

学会発表 (Presentation at an academic meeting)

 

その他社会活動 (Social Contribution)