プロフィール (Profile)

吉田 剛一郎 (Yoshida Goichiro)

氏名 (Name) 吉田 剛一郎 (Yoshida Goichiro)
職名 (Job title) 准教授 (Associate Professor)
連絡先(TEL) 0994-46-4935
連絡先(FAX) 0994-46-4935 
連絡先(E-Mail) yoshida※nifs-k.ac.jp
メールアドレスは「※」を「@」に変換してください
個人ウェブサイト (URL)  
学歴 (Education) 鹿屋体育大学 体育学部 武道課程 1992年3月卒業
鹿屋体育大学大学院 体育学研究科 修士課程体育学専攻 1994年3月修了
鹿児島大学大学院 医学研究科 博士課程生理系専攻 2006年3月修了
学位 (Degree) 修士 [ 体育学 ] (鹿屋体育大学 1994年3月)
博士 [ 医学 ]  (鹿児島大学  2006年3月)

職歴 (Academic & Professional Experience)

1995年 4月 鹿屋体育大学体育学部 助手
2007年 4月 鹿屋体育大学体育学部 助教
2008年 9月 鹿屋体育大学体育学部 准教授

専門分野 (Research Areas)

  • 運動生化学 (Biochemistry of Exercise)

主な研究内容 (Main research contents)

  • スポーツを科学する
    現在行っている研究内容をわかりやすく説明しています。
    平成30年度版 (PDF)
    平成29年度版 (PDF)
    平成28年度版 (PDF)
    平成27年度版 (PDF)
    平成26年度版 (PDF)
  • エネルギー代謝:持続的な運動を遂行するためにとくに必要となる脂肪からのエネルギー産生について、そのコファクターであるカルニチンの末梢および中枢におけるはたらきを検討している。
  • 疲労:スポーツにおける疲労の回避と回復法について、身体的および精神的な側面より検討している。

研究キーワード (Research Interests)

  • エネルギー代謝
  • 疲労
  • カルニチン
  • ドーピング

所属学会 (Association Memberships)

  • 日本生化学会
  • 日本ビタミン学会
  • 日本実験動物学会
  • 日本体力医学会
  • 日本体育学会
  • 日本運動生理学会
  • 日本武道学会
  • 九州体育・スポーツ学会

資格 (Qualification)

競技歴 (Achievement as a competitor)

受賞歴 (Award)

実技指導歴 (Achievements as a coach)

論文等 (Published Papers)

~2018年
  1. Monma T., Ando A., Asanuma T., Yoshitake Y., Yoshida G., Miyazawa T., Ebine N., Takeda S., Omi N., Satoh M., Tokuyama K., Takeda F.: Sleep disorder risk factors among student athletes. Sleep Med., 44: 76-81, 2018.
  2. Senpuku H., Miyazaki H., Yoshihara A., Yoneda S., Narisawa N., Kawarai T., Nakagawa N., Miyachi M., Tada A., Yoshida G., Shimada M., Ohashi M., Nishimuta M., Kimura Y., Yoshitake Y.: CD56(dim)CD16(high) and CD56(bright)CD16(-) cell percentages associated with maximum knee extensor strength and incidence of death in elderly, Springerplus, 5: 244, 2016.
  3. Sakoguchi T., Horiuchi M., Asakawa A., Ushikai M., Yoshida G., Fujimiya M., Kato I., Nakazato M., Takeuchi T., Saheki T., Inui A.: Failure of the feeding response to fasting in carnitine-deficient juvenile visceral steatosis (JVS) mice: involvement of defective acyl-ghrelin secretion and enhanced corticotropin-releasing factor signaling in the hypothalamus. Biochim. Biophys. Acta, 1792(11): 1087-1093, 2009.
  4. 吉田剛一郎,堀内正久,小林圭子,佐伯武頼:カルニチンの代謝および中枢神経系への作用-カルニチン欠損マウスを用いて-,ビタミン,81(12): 601-610, 2007.
  5. Yoshida G., Li M.X., Horiuchi M., Nakagawa S., Sakata M., Kuchiiwa S., Kuchiiwa T., Jalil M.A., Begum L., Lu Y.B., Iijima M., Hanada T., Nakazato M., Huang Z.L., Eguchi N., Kobayashi K., Saheki T.: Fasting-induced reduction in locomotor activity and reduced response of orexin neurons in carnitine-deficient mice, Neurosci. Res., 55(1): 78-86, 2006.
  6. Li M.X., Yoshida G., Horiuchi M., Kobayashi K., Saheki T.: Prolonged effect of single carnitine administration on fasted carnitine-deficient JVS mice regarding their locomotor activity and energy expenditure, Biochim. Biophys. Acta, 1761(10): 1191-1199, 2006.
  7. Li M.X., Kobayashi K., Horiuchi M., Jalil M.A., Yoshida G., Saheki T.: Hyperammonemia in carnitine-deficient adult JVS mice caused by starvation, Metab. Brain Dis., 17(4): 359-366, 2002.
  8. Yoshida G., Horiuchi M., Kobayashi K., Jalil M.A., Iijima M., Hagihara S., Nagao N., Saheki T.: The signaling pathway of cardiotrophin-1 is not activated in hypertrophied ventricles of carnitine-deficient juvenile visceral steatosis (JVS) mice, In Vivo, 14(3): 401-405, 2000.
  9. Higashi M., Kobayashi K., Iijima M., Wakana S., Horiuchi M., Yasuda T., Yoshida G., Kanmura Y., Saheki T.: Genomic organization and mapping of mouse CDV (carnitine deficiency-associated gene expressed in ventricle)-1 and its related CDV-1R gene, Mamm. Genome, 11(12): 1053-1057, 2000.

著書 (Books etc)

 

学会発表 (Presentation at an academic meeting)

 

その他社会活動 (Social Contribution)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて