プロフィール (Profile)

與谷 謙吾 (Yotani Kengo)

氏名 (Name) 與谷 謙吾 (Yotani Kengo)
職名 (Job title) 准教授 (Associate Professor)
連絡先(TEL)  
連絡先(FAX)  
連絡先(E-Mail)  
個人ウェブサイト (URL)  
学歴 (Education) 鹿屋体育大学 体育学部 武道課程 2006年3月卒業
鹿屋体育大学大学院 体育学研究科 修士課程 2008年3月修了
鹿屋体育大学大学院 体育学研究科 博士後期課程 2011年3月単位取得退学
学位 (Degree) 博士 [体育学] (鹿屋体育大学 2011年8月)

職歴 (Academic & Professional Experience)

2008年 4月 鹿屋市立鹿屋看護専門学校 非常勤講師「解剖生理学」(現在)
2009年 4月 鹿児島医療福祉専門学校理学療法学科 非常勤講師「生理学」(2013年3月迄)
2010年 4月 鹿屋体育大学体育学部 助教 (2011年3月迄)
2011年 4月 鹿屋体育大学体育学部「組織再編による配置換」助教 (2014年3月迄)
2014年 4月

鹿屋体育大学体育学部 講師

2019年10月

鹿屋体育大学スポーツ生命科学系 准教授

専門分野 (Research Areas)

  • 運動生理学(Exercise Physiology)
  • バイオメカニクス(Biomechanics)

主な研究内容 (Main research contents)

  • スポーツを科学する
    現在行っている研究内容をわかりやすく説明しています。
    平成30年度版 (PDF)
    平成28年度版 (PDF)
    平成27年度版 (PDF)
    平成26年度版 (PDF)
    平成25年度版 (PDF)
  • RENKEI (連携)
    企業等の皆様と連携協力 (共同研究や受託研究等)可能な事項を掲載しています。
    最新年度版 (PDF)
  • 「経頭蓋磁気刺激を用いたスポーツ競技選手の反応パフォーマンスの推定並びに皮質トレーニングの試み」
    1/1000秒を競うスポーツや武道競技種目においては、いかに反応を早くするかが競技テクニックと並んで重要なパフォーマンスの一要因となる。そこで、既に高度にトレーニングされた競技選手の更なる反応パフォーマンス能の推定とその向上トレーニングの効果検証を目的に取り組んでいる。

研究キーワード (Research Interests)

  • 筋電図
  • 反応時間
  • 剣道

所属学会 (Association Memberships)

  • 日本体力医学会 会員(2005年~現在)
  • 日本生理人類学会 会員(2006年~現在)
  • 日本運動生理学会 会員(2006年~現在)
  • European College of Sport Science 会員(2008年~現在)
  • 日本臨床神経生理学会 会員(2010年~現在)
  • 日本体育学会 会員(2011年~現在)

資格 (Qualification)

  • 中学校教諭専修免許: 第一種免許 保健体育(第29号)
  • 高等学校教諭専修免許: 第一種免許 保健体育(第29号)

競技歴 (Achievement as a competitor)

受賞歴 (Award)

  • 第64回日本体力医学会大会 研究奨励賞受賞(2009年)
  • 第25回日本トレーニング科学会大会 研究賞大賞(2012年)

実技指導歴 (Achievements as a coach)

論文等 (Published Papers)

2015年
  1. Ohta Y., Yotani K; Force summation and twitch potentiation capacity in human ankle plantar- and dorsi-flexor muscles. Journal of Musculoskeletal Research. 17:1-10. 2015.
  2. Tamaki H., Yotani K., Ogita F., Sugawara K., Kirimoto H., Onishi H., Kasuga N., Yamamoto N; Effect of electrical stimulation-induced muscle force and streptomycin treatment on muscle and trabecular bone mass in early-stage disuse musculoskeletal atrophy. J Musculoskelet Neuronal Interact. 15:270-278. 2015.
  3. Ikudome S., Nakamoto H., Yotani K., Unenaka S., Mori S; Potential of rapid adjustment of brief interceptive action using predicted information. Brain and Cognition. 97:51-58. 2015.
  4. 下川美佳, 與谷謙吾, 竹中健太郎, 前阪茂樹; 剣道およびなぎなた競技者における左右の脚伸展パワーの特性. 鹿屋体育大学学術研究紀要, 50, 25-29, 2015.
2013年
  1. Nakamoto H., Ikudome S., Yotani K., Maruyama A., Mori S.: Fast-ball sports experts
    depend on an inhibitory strategy to reprogram their movement timing. Ex. Brain Res., 228, 193-203, 2013.
  2. Yotani K., Tamaki H., Kirimoto H., Yuki A., Kitada K., Maesaka S., Ogita F.: Response
    time and muscle activation patterns of the upper limbs during different strikes in kendo. Arch. Budo, 9, 101-107, 2013. 
  3. Tamaki H., Yotani K., Ogita F., Takahashi H., Onishi H., Yamamoto N.: Changes over time in structural plasticity of trabecular bone in rat tibiae immobilized by reversible sciatic denervation. J. Musculoskelet. Neuronal. Interact. 13, 251-258, 2013.
  4. Yotani K., Tamaki H., Nakamoto H., Yuki A., Kirimoto H., Kitada K., Ogita F., Mori S.: Visuo-motor related time analysis using electroencephalograms. World Journal of Neuroscience, 3, 142-146, 2013.
  5. Ikudome S., Nakamoto H., Yotani K., Kanehisa H., Mori S.: Visuo-motor process in movement correction: Role of internal feedback loop. NeuroReport, 24, 879-883, 2013.
  6. 與谷謙吾, 中本浩揮, 柳楽晃, 荻田太: 光刺激を用いた反応トレーニング並びにその後の脱トレーニングに伴う視覚-運動関連時間の変化. 九州体育・スポーツ学研究, 28, 27-32, 2013.
  7. 與谷謙吾, 中本浩揮, 柳楽晃, 幸篤武, 桐本光, 北田耕司, 荻田太, 田巻弘之: 咀嚼動作を用いた光刺激に対する反応トレーニングが音刺激の反応時間へ及ぼす影響. 日本生理人類学会誌, 18, 165-169, 2013.
2012年
  1. 幸篤武, 與谷謙吾, 石道峰典, 田巻弘之, 春日規克: ジャンプトレーニング並びに持久走トレーニングによるラット下肢骨及び骨格筋の発達変化とその関連性. 日本運動生理学雑誌, 19, 65-73, 2012.
2011年
  1. Tamaki H., Kirimoto H., Yotani K., Takekura H.; Ankle positional dependence of frequent alternate muscle activity in plantar flexor synergists and muscle endurance during low-level static contractions. J. Physiol. Sci., 61, 411-419, 2011.
  2. Yotani K., Tamaki H., Yuki A., Kirimoto H., Kitada K., Ogita F., Takekura H.; Response training shortens visuo-motor related time in athletes. Int. J. Sports Med., 32, 586-590, 2011.
  3. 幸篤武, 永田昌義, 野口公輔, 與谷謙吾, 石道峰典, 春日規克; 筋損傷を伴う走トレーニングが骨格筋の形態的、機能的特性に及ぼす影響, 愛知教育大学研究報告, 60, 47-52, 2011.
2010年
  1. Yuki A., Yotani K., Tamaki H., Kasuga N., Takekura H.; Upregulation of osteogenic factors induced by high-impact jumping suppresses adipogenesis in marrow but not adipogenic transcription factors in rat tibiae. Eur J Appl Physiol., 109, 641-650, 2010.
  2. 赤嶺卓哉, 田巻弘之, 與谷謙吾, 坂下一平, 高田大, 添嶋裕嗣, 吉田剛一郎, 福永哲夫, 藤井康成, 小倉雅, 東郷泰久, 前田昌隆: 中高年女性の身体組成・骨密度に対する体幹・下肢健康(貯筋)運動の効果について. 九州・山口スポーツ医・科学研究会誌, 22, 24-29, 2010.
  3. Tamaki H., Yotani K., Yuki A., Kirimoto H., Sugawara K., Onishi H.; Magnetic field strength properties in bone marrow during pulsed electromagnetic stimulation under 810 different conditions. J. Biomedical Science and Engineering, 3, 1156-1160, 2010.
2008年
  1. 田巻弘之, 與谷謙吾, 幸篤武, 竹倉宏明;坐骨神経の凍結麻痺により一過性に不活動としたラット脛骨骨梁構造の変化, 体力科学, 57, 2, 189-195, 2008.
  2. Yotani K., Tamaki H., Sakashita I., Yuki A., Kitada K., Kirimoto H., Ogita F., Takekura H.; Reaction time and muscle activity patterns in the upper limbs for kendo strikes using an electromyography, Int. Health Phys. Edu. Recreate Sport Dance Proceedings, 50, 578-584, 2008.
  3. Sakashita I., Yotani K., Kitada K., Kirimoto H., Tamaki H., Ogita F., Takekura H.; Electromyographic analysis of the upper limb muscles during the baseball batting, Int. Health Phys. Edu. Recreate Sport Dance Proceedings, 50, 585-589. 2008.
2007年
  1. 與谷謙吾, 今泉英徳, 桐本光, 北田耕司, 田巻弘之, 荻田太, 竹倉宏明; 竹刀を用いた光刺激に対する引き技の筋電図反応時間及び打撃動作時間の分析, 日本生理人類学会誌, 12, 3, 139-146, 2007.
  2. 與谷謙吾, 田巻弘之, 荻田太, 竹倉宏明, 桐本光, 北田耕司; 剣道の引き面及び引き小手動作における上肢の反応時間と筋活動様式, 鹿屋体育大学学術研究紀要, 36, 33-40, 2007.
2006年
  1. 田巻弘之, 北田耕司, 桐本光, 與谷謙吾, 荻田太, 竹倉宏明, 芝山秀太郎; 筋活動様式の違いが筋疲労と翌日の静的仕事に及ぼす影響, 日本生理人類学会誌, 11, 4, 151-156, 2006.

著書 (Books etc)

 

学会発表 (Presentation at an academic meeting)

2015年
  1. 田巻弘之, 與谷謙吾, 荻田太, 中川弘毅, 桐本光, 大西秀明, 山本智章, 春日規克;高齢期における不動性骨萎縮に対する電気刺激誘発性筋収縮の効果,日本基礎理学療法学会第20回学術大会,2015.
  2. 早尾啓志, 田巻弘之, 中川弘毅, 與谷謙吾, 荻田太, 山本智章, 大西秀明;伸張性収縮による筋線維膜透過性の増大に対するstreptomycin投与の効果,日本基礎理学療法学会第20回学術大会,2015.
  3. 松永拓朗, 田巻弘之, 中川弘毅, 早尾啓志, 與谷謙吾, 荻田太, 山本智章, 大西秀明;不動初期の電気刺激誘発性筋収縮が脛骨骨幹部の力学的特性に及ぼす影響,日本基礎理学療法学会第20回学術大会,2015.
  4. 中川弘毅, 田巻弘之, 早尾啓志, 與谷謙吾, 荻田太, 山本智章, 大西秀明;伸張性筋収縮及びstreptomycin投与の脛骨骨量並びに三次元骨梁構造に及ぼす影響,日本基礎理学療法学会第20回学術大会,2015.
  5. 中川弘毅, 田巻弘之, 大西秀明, 早尾啓志, 與谷謙吾, 荻田太, 山本智章;低頻度電気刺激誘発性筋収縮は不動初期の筋毛細血管数の減少を防止する,第15回新潟医療福祉学会学術集会,2015.10
  6. 田巻弘之, 與谷謙吾, 荻田太, 中川弘毅, 桐本光, 大西秀明, 春日規克;下肢不動ラットにおける脛骨骨幹部の力学的特徴と筋電気刺激の効果,第70回日本体力医学会大会,2015.
  7. 荻田太, 與谷謙吾, 斎藤和人, 田巻弘之;低圧環境下における短期間運動トレーニングの間欠的反復実施が心血管応答および動脈スティフネスに及ぼす影響,第70回日本体力医学会大会,2015.
  8. 與谷謙吾, 中本浩揮, 幸篤武, 田巻弘之, 荻田太, 前阪茂樹, 石川昌紀;競技経験、並びに性差における視覚-運動関連時間の検討,第70回日本体力医学会大会,2015.
  9. 荻田太, 與谷謙吾, 田口信教;簡便な定量法における水泳運動時推進効率の妥当性 -従来式直接定量法との比較より-,日本体育学会第66回大会,2015.
  10. 荻田太, 與谷謙吾, 柳楽晃, 田巻弘之;低圧低酸素環境下における短期間運動トレーニングの間欠的反復実施が血圧と動脈スティフネスに及ぼす影響,第23回日本運動生理学会大会,2015.
  11. Ogita F., Yotani K., Taguchi N., Tamaki H; The relationship between changes in brachial-ankle pulse wave velocity and blood pressure after short-term hypobaric hypoxic training. 20th Annual Congress of the European College of Sport Science. 2015.
2013年
  1. 田巻弘之,友利幸之介,與谷謙吾,高橋英明,菅原和広,桐本光,大西秀明,荻田太,春日規克;電気刺激強度依存性の筋収縮張力がdenervationによる脛骨骨量低下の軽減に及ぼす効果,第48回日本理学療法学術大会,2013.
  2. 高橋英明,田巻弘之,與谷謙吾,菅原和広,桐本光,大西秀明,春日規克,江玉睦明,大西秀明,影山幾男,熊木克治,河上敬介,古賀良生,渡辺博史,梨本智史;腓腹筋内側頭の効果的・選択的ストレッチング方法の考案,第48回日本理学療法学術大会,2013.
  3. Tamaki H., Tomori K., Yotani K., Ogita F., Takahashi H., Kirimoto H., Onishi H., Yamamoto N., Kasuga N ; Electrical stimulation of denervated rat skeletal muscle slows trabecular bone loss in early stages of disuse atrophy. 2th Annual Meeting of International Bone & Mineral Society. 2013.
  4. Kirimoto H., Tamaki H., Onishi H., Suzuki M., Matsumoto T., Yotani K ; Differential sensori-motor modulations on the load compliance during maintaining constant finger force or position. 18th Annual Congress European College of Sport Science. 2013.
  5. Ogita F., Kurobe K., Huang Z., Nagira A., Nishiwaki M., Yotani K., Tanaka T., Tamaki H ; Effects of exercise type performed under hypobaric hypoxic conditions on blood pressure and vascular adaptations. 18th Annual Congress European College of Sport Science. 2013.
  6. Yotani K., Tamaki H., Nakamoto H., Yuki A., Kirimoto H., Takahashi H., Kitada K., Ogita F ; Effect of relaxation response time based on different tonic levels. 18th Annual Congress European College of Sport Science. 2013.
  7. 荻田太,與谷謙吾,黒部一道,西脇雅人,田巻弘之;低圧低酸素環境下における短期間運動トレーニングの間欠的反復実施が耐糖能に及ぼす影響,第21回日本運動生理学会大会,2013.
  8. 荻田太,與谷謙吾,田中孝夫,田口信教,柳楽晃,黒部一道,西脇雅人,田巻弘之;低圧環境下における競泳スプリントトレーニングが力学的指標およびストローク指標に及ぼす影響,第64回日本体育学会大会,2013.
  9. 北田耕司,岩竹淳,小森康加,與谷謙吾,田巻弘之;野球の投球速度に影響する体力・運動能力要素の検討: 投球速度とバットスイング速度の関係,第64回日本体育学会大会,2013.
  10. 田巻弘之,友利幸之介,與谷謙吾,高橋英明,菅原和広,桐本光,大西秀明,荻田太,山本智章,春日規克;除神経後の電気刺激誘発性筋収縮張力が脛骨骨梁構造維持に及ぼす影響,第68回日本体力医学会大会,2013.
  11. 荻田太,與谷謙吾,柳楽晃,山中大祐,黒部一道,西脇雅人,田巻弘之;低圧環境下における短期間運動トレーニングの間欠的反復実施が耐糖能、血中脂質、体脂肪に与える影響,第68回日本体力医学会大会,2013.
  12. 柳楽晃,與谷謙吾,山中大祐,田巻弘之,荻田太;同一酸素分圧で異なる気圧環境下における運動が若齢ラットのインスリン感受性に及ぼす影響,第68回日本体力医学会大会,2013.
2012年
  1. 田巻弘之,與谷謙吾,幸篤武,菅原和弘,椿淳裕,桐本光,大西秀明,荻田太,山本智章,春日規克;ラット坐骨神経の一過性のdenervation及びreinnervationによる骨格筋及び脛骨骨梁構造の経時的変化,第2回日本基礎理学療法学会学術大会,2012.
  2. Yotani K., Tamaki H., Nakamoto H., Shibano K., Yuki A., Kirimoto H., Kitada K., Ogita F., Mori S; eaction time analysis in visual response using electromyography and electroencephalography. 17th Annual Congress European College of Sport Science. 2012.
  3. 北田耕司,岩竹淳,小森康加,與谷謙吾,田巻弘之;投球動作の指導方法の違いが球速に与える影響-下半身中心の指導と上半身中心の指導の違いについて,第63回日本体育学会大会,2012.
  4. 柳楽晃,黒部一道,黄忠,芝野広一,山中大祐,西脇雅人,齊藤和人,與谷謙吾,荻田太;低圧環境下における自由泳が高齢2型糖尿病モデルラットのインスリン抵抗性に及ぼす影響,第67回日本体力医学会大会,2012.
  5. 高橋英明,與谷謙吾,荻田太,菅原和弘,桐本光,大西秀明,田巻弘之;自然発症糖尿病ラットにおける脛骨骨梁構造の特徴,第67回日本体力医学会大会,2012.
  6. 與谷謙吾,田巻弘之,中本浩揮,桐本光,幸篤武,高橋英明,北田耕司,荻田太;筋電図および脳波を用いた単純反応課題における中枢処理の検討,第67回日本体力医学会大会,2012.
  7. 田巻弘之,友利幸之介,與谷謙吾,高橋英明,桐本光,大西秀明,荻田太;電気刺激による筋収縮張力が除神経後の骨萎縮防止に及ぼす影響,第67回日本体力医学会大会,2012.
  8. 荻田太,柳楽晃,芝野広一,山中大祐,黒部一道,黄忠,西脇雅人,與谷謙吾,田巻弘之;低圧環境下で行う運動のタイプが心血管応答および動脈スティフネスに及ぼす影響,第67回日本体力医学会大会,2012.
  9. 山中大祐,柳楽晃,芝野広一,黒部一道,黄忠,西脇雅人,田中孝夫,田口信教,與谷謙吾,荻田太;Push-off スプリントトレーニングがエネルギー供給能力、およびスプリント泳成績に及ぼす影響,第25回トレーニング科学会大会,2012.
2011年
  1. 荻田太,黒部一道,黄忠,柳楽晃,森寿仁,與谷謙吾,田巻弘之; 低圧環境下での運動トレーニングにともなう心血管応答および動脈スティフネスの経時的変化. 第66回日本体力医学会大会, 2011.
  2. 北田耕司, 岩竹淳, 小森康加, 與谷謙吾, 田巻弘之; 動作制限法による投球速度に影響する動作の検討, 第62回日本体育学会大会予稿集, 2011.
  3. 與谷謙吾, 田巻弘之, 幸篤武, 北田耕司, 荻田太; 反応トレーニングに伴う視覚-運動関連時間の変化が上肢筋電図反応時間に与える影響. 第62回日本体育学会大会予稿集, 2011.
  4. 與谷謙吾, 田巻弘之, 幸篤武, 桐本光, 北田耕司, 荻田太; 光刺激に対するスポーツ競技者及び非競技者の反応時間分析. 第66回日本体力医学会大会, 2011.
  5. 幸篤武, 與谷謙吾, 石道峰典, 西沢富江, 田巻弘之, 春日規克; 加齢に伴う骨髄脂肪細胞の分布様式並びに形態の変化. 第66回日本体力医学会大会, 2011.
  6. 荻田太, 柳楽晃, 西脇雅人, 田口信教, 田中孝夫, 與谷謙吾, 田巻弘之; 低圧環境下における水泳スプリントトレーニングがエネルギー供給能力および最大推進パワーに与える効果. 第62回日本体育学会大会予稿集, 2011.
  7. 田巻弘之, 幸篤武, 與谷謙吾, 友利幸之介, 菅原和広, 鈴木誠, 桐本光, 大西秀明, 大山峰生; 高血圧自然発症ラットの骨形態並びに骨形成関連遺伝子発現に対するパルス磁場刺激の影響. 第11回新潟医療福祉学会抄録, 2011.
  8. Yotani K., Tamaki H., Kirimoto H., Yuki A., Kitada K., Ogita F., Takekura H.; Effect of reaction time in visual response training. 16th Annual Congress European College of Sport Science, 2011.
  9. Tamaki H., Yuki A., Tomori K., Yotani K., Kirimoto H., Onishi H., Yamamoto N., Kasuga N.; Effects of pulsed electromagnetic field stimulation on transient gene expression related to bone formation in old rats. 33th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, 2011.
  10. 荻田太, 與谷謙吾, 黒部一道, 西脇雅人, 田巻弘之; 低圧環境下での運動トレーニングにともなう血圧および動脈スティフネスの経時的変化. 第19回日本運動生理学会大会抄録, 2011.
  11. 田巻弘之, 桐本 光, 幸 篤武, 與谷謙吾, 荻田 太; 老齢期ラットに対する運動刺激が脛骨骨梁構造に及ぼす影響. 第19回日本運動生理学会大会抄録, 2011.
2010年
  1. 赤嶺卓哉, 田巻弘之, 與谷謙吾, 坂下一平, 高田大, 添嶋裕嗣, 吉田剛一郎, 福永哲夫, 藤井康成, 小倉雅, 東郷泰久, 前田昌隆; 中高年女性の身体組成・骨密度に対する体幹・下肢健康(貯筋)運動の効果について, 第18回鹿児島スポーツ医学研究会抄録集, 2010.
  2. Yotani K., Tamaki H., Yuki A., Kirimoto H., Kitada K., Ogita F., Takekura H.; Identification of visual-motor related time and the effect of response-training using transcranial magnetic stimulation, 15th Annual Congress European College of Sport Science, 2010.
  3. Tamaki H., Yotani K., Yuki A., Nishizawa T., Tomori K., Kirimoto H., Onishi H., Ogita F., Takekura H.; Effects of pulsed electromagnetic field stimulation on gene expression related to bone formation in spontaneously hypertensive rats, 32th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, 2010.
  4. 桐本光, 田巻弘之, 大西秀明, 管原和広, 椿淳裕, 地神裕史, 與谷謙吾; 運動連合野に対する経頭蓋直流電流刺激による同側一次運動野興奮性の可塑的変化, 第18回日本運動生理学会大会抄録, 2010.
  5. 田巻弘之, 桐本光, 管原和広, 地神裕史, 椿淳裕, 大西秀明, 與谷謙吾, 幸篤武, 荻田太; 経頭蓋磁気刺激装置を用いた単一パルス刺激時の骨内磁場強度の分布, 第18回日本運動生理学会大会抄録, 2010.
  6. 與谷謙吾, 田巻弘之, 幸篤武, 北田耕司, 桐本光, 荻田太, 竹倉宏明; 反応トレーニングに対する視覚-運動関連時間並びに単純反応時間への効果, 第65回日本体力医学会大会, 2010.
  7. 田巻弘之, 幸篤武, 與谷謙吾, 桐本光, 菅原和弘, 地神裕史, 椿淳裕, 大山峰生, 大西秀明, 北田耕司,荻田太, 春日規克, 竹倉宏明; パルス磁気刺激時の骨内磁場強度分布とラット下肢骨への反復刺激の影響, 第65回日本体力医学会大会, 2010.
  8. 桐本光, 田巻弘之, 大西秀明, 大山峰生, 椿淳裕, 菅原和広, 地神裕史, 與谷謙吾; 運動連合野への経頭蓋直流電流刺激による一次運動野及び体性感覚野の興奮性の可塑的変化, 第65回日本体力医学会大会, 2010.
  9. 北田耕司, 岩竹淳, 小森康加, 與谷謙吾, 桐本光, 田巻弘之; 野球の投球動作に関する体力・運動能力要素の検討, 第65回日本体力医学会大会, 2010.
  10. 荻田太, 黒部一道, 黄忠, 西脇雅人, 與谷謙吾, 田巻弘之; 異なる低圧環境下における短期間のトレーニングが血圧および動脈スティフネスに与える影響, 第65回日本体力医学会大会, 2010.
  11. 幸篤武, 與谷謙吾, 石道峰典, 春日規克, 田巻弘之, 竹倉宏明; 運動による骨及び骨髄脂肪の変化に対する加齢の影響, 65回日本体力医学会大会, 2010.
2009年
  1. 與谷謙吾, 坂下一平, 行方功史, 河原一仁, 幸篤武, 北田耕司, 桐本光, 田巻弘之, 荻田太, 竹倉宏明; 経頭蓋磁気刺激装置を用いた視覚-運動関連時間の同定と反応トレーニングの効果, 第64回日本体力医学会大会, 2009.
  2. 田巻弘之, 與谷謙吾, 河原一仁, 行方功史, 坂下一平, 北田耕司, 桐本光, 荻田太, 竹倉宏明; 疲労誘発性生理的振戦に伴う下腿三頭筋群化放電及びその前後の血圧並びに心拍数の変動, 第64回日本体力医学会大会, 2009.
  3. 桐本光, 大山峰生, 大西秀明, 田巻弘之, 與谷謙吾, 坂下一平, 北田耕司; 運動前野、一次運動野に対する経頭蓋直流電流陰極刺激が指標追跡描円課題の精度に及ぼす影響, 第64回日本体力医学会大会, 2009.
  4. 幸篤武, 與谷謙吾, 秋元良太, 田巻弘之, 竹倉宏明; ラット骨髄脂肪細胞の生後発育に伴う分布様式の変化, 第64回日本体力医学会大会, 2009.
  5. 河原一仁, 與谷謙吾, 坂下一平, 行方功史, 幸篤武, 北田耕司, 桐本光, 田巻弘之, 荻田太, 竹倉宏明; 下腿三頭筋における電気機械的遅延と足関節底屈動作の時間分析, 第64回日本体力医学会大会, 2009.
  6. 行方功史, 與谷謙吾, 河原一仁, 坂下一平, 田巻弘之, 荻田太, 竹倉宏明; ボール位置の差異によるトーキック時の下肢筋放電活動及び動作時間の検討, 第64回日本体力医学会大会, 2009.
  7. 坂下一平, 與谷謙吾, 河原一仁, 行方功史, 幸篤武, 北田耕司, 桐本光, 田巻弘之, 荻田太, 竹倉宏明; 下腿三頭筋の予備緊張が足関節底屈反応動作における時間的要素に及ぼす影響, 第64回日本体力医学会大会, 2009.
  8. 赤嶺卓哉, 田巻弘之, 與谷謙吾, 坂下一平, 高田大, 添嶋裕嗣, 吉田剛一郎, 福永哲夫; 中高年女性の身体組成・骨密度に及ぼす体幹・下肢健康(貯筋)運動の影響, 第22回九州・山口スポーツ医・科学研究会 抄録集, 2009.
  9. Yotani K., Tamaki H., Sakashita I., Yuki A., Kirimoto H., Kitada K., Ogita F., Takekura H.; Reaction time analysis for kendo strikes in response to light signals using electromyography and a transcranial magnetic stimulator, 14th Annual Congress European College of Sport Science, 2009.
  10. Yuki A., Yotani K., Akimoto R., Tamaki H., Takekura H.; Jump training indirectly promotes  marrow fat volume reduction by promoting osteoblast differentiation of marrow stromal cells, 14th Annual Congress European College of Sport Science, 2009.
  11. Tamaki H., Yotani K., Yuki A., Kirimoto H., Tomori K., Nishizawa T., Ogita F., Takekura H.; Alterations in trabecular bone architecture and muscle atrophy following sciatic neurectomy in rat tibiae, 31th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, 2009.
2008年
  1. 與谷謙吾, 坂下一平, 橋本ちさと, 幸篤武, 田巻弘之, 荻田太, 竹倉宏明, 桐本光, 北田耕司; 筋電図反応時間及びMEP潜時を用いた剣道打突動作の検討, 第63回日本体力医学会大会, 2008.
  2. 田巻弘之, 與谷謙吾, 坂下一平, 橋本ちさと, 荻田太, 竹倉宏明, 北田耕司, 桐本光; 疲労誘発性生理的振戦に伴う下腿三頭筋群化放電及びその前後のコヒーレンス変化, 第63回日本体力医学会大会, 2008.
  3. 桐本光, 大山峰生, 大西秀明, 北田耕司, 坂下一平, 與谷謙吾, 田巻弘之; 静的筋収縮時における負荷形式の違いが脊髄前角細胞及び一次運動野の興奮性に及ぼす影響:肢位制御と筋力制御, 第63回日本体力医学会大会, 2008.
  4. 坂下一平, 橋本ちさと, 與谷謙吾, 田巻弘之, 荻田太, 竹倉宏明, 桐本光, 北田耕司; 野球の打撃動作における上肢筋の筋放電活動調節様式, 第63回日本体力医学会大会, 2008.
  5. 北田耕司, 岩竹淳, 田巻弘之, 與谷謙吾, 桐本光; スクワットのバリスティック動作における体重負荷の影響, 第63回日本体力医学会大会, 2008.
  6. 橋本ちさと, 與谷謙吾, 坂下一平, 幸篤武, 田巻弘之, 荻田太, 竹倉宏明, 北田耕司, 桐本光; 生活習慣病自然発症ラットにおける骨組織構造の解析, 第63回日本体力医学会大会, 2008.
  7. 幸篤武, 與谷謙吾, 橋本ちさと, 秋元良太, 林亜矢, 春日規克, 友利幸之介, 田巻弘之, 竹倉宏明; 伸張性収縮に伴う力学的ストレスが脛骨の骨髄間質細胞の分化動態に及ぼす影響, 第63回日本体力医学会大会, 2008.
  8. Yotani K., Tamaki H., Sakashita I., Yuki A., Kitada K., Kirimoto H., Ogita F., Takekura H.; Reaction time and muscle activity patterns in the upper limbs for kendo strikes using an electromyography, 50th ICHPER-SD Anniversary World Congress 2008.
  9. Sakashita I., Tamaki H., Yotani K., Kitada K., Kirimoto H., Ogita F., Takekura H.; Electromyographic analysis of the upper limbs muscles during the baseball bating, 50th ICHPER-SD Anniversary World Congress 2008.
  10. Yotani K., Tamaki H., Ogita F., Takekura H., Kirimoto H., Kitada K., Yuki A.; EMG reaction time and muscle activity patterns in the upper limbs for kendo strikes, 13th Annual Congress European College of Sport Science, 2008.
  11. Yuki A.., Yotani K.., Tamaki H., Takekura H.; Effects of eccentric exercise training on osteogenesis and adipogenesis in rat proximal tibae, 13th Annual Congress European College of Sport Science, 2008.
  12. Tamaki H., Yotani K., Yuki A., Sakashita I., Kitada K., Kirimoto H., Ogita F., Takekura H.; Alteration of trabecular bone architecture following sciatic denervation and subsequent reinnervation in rat proximal tibiae, 30th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, 2008.
2007年
  1. 與谷謙吾, 田巻弘之, 荻田太, 竹倉宏明, 桐本光, 北田耕司; 剣道の引き技動作における反応時間と上肢筋活動パターン, 第62回日本体力医学会大会, 2007.
  2. 田巻弘之, 與谷謙吾, 荻田太, 竹倉宏明, 北田耕司, 桐本光, 幸篤武; 坐骨神経凍結麻痺法を用いた一過性の下肢不活動によるラット脛骨骨梁の構造的可塑性, 第62回日本体力医学会大会, 2007.
  3. 北田耕司, 岩竹淳, 田巻弘之, 與谷謙吾, 桐本光, 藤本敏彦; レジスタンストレーニングにおける条件の違いが呼吸循環系応答と血中成分に及ぼす影響, 第62回日本体力医学会大会, 2007.
  4. 桐本光, 大山峰生, 北田耕司, 與谷謙吾, 田巻弘之; 下腿三頭筋の協働筋制御様式に関する相互相関分析, 第62回日本体力医学会大会, 2007.
  5. Tamaki H., Yotani K., Ogita F., Takekura H.; Alterations of trabecular bone architecture and muscle atrophy after sciatic neurectomy in rat proximal tibiae, 12th Annual Congress European College of Sport Science, 2007.
2006年
  1. 與谷謙吾, 荻田太, 田巻弘之, 竹倉宏明, 桐本光; 剣道の引き技動作における上肢の筋放電活動の特徴, 第61回日本体力医学会大会, 2006.
  2. 田巻弘之, 與谷謙吾, 荻田太, 竹倉宏明, 北田耕司, 桐本光; 筋内埋入微小ワイヤー電極の力学的組織学的検討, 第61回日本体力医学会大会, 2006.
  3. 桐本光, 後藤純信,北田耕司, 與谷謙吾, 田巻弘之; 静的筋収縮時の負荷形式による運動持続時間の違い, 第61回日本体力医学会大会, 2006.
  4. Tamaki H., Yotani K., Ogita F., Takekura H.; Plasticity of trabecular bone architecture following denervation and subsequent reinnervation in rat proximal tibiae, 11th Annual Congress European College of Sport Science, 2006.
2005年
  1. 與谷謙吾, 今泉英徳, 我妻玲, 前坂茂樹, 荻田太, 田巻弘之, 桐本光, 北田耕司; 剣道の引き面及び引き小手動作における上肢の筋活動様式; 第60回日本体力医学会大会, 2005.
  2. 今泉英徳, 與谷謙吾, 我妻玲, 前阪茂樹, 荻田太, 田巻弘之, 桐本光, 北田耕司; 光刺激に対する剣道の引き技動作の反応時間及び打突動作時間の分析, 第60回日本体力医学会大会, 2005.
  3. 桐本光, 矢倉千明, 北田耕司, 與谷謙吾, 今泉英徳, 田巻弘之; 運動負荷形式の違いが活動交代出現に及ぼす影響, 第60回日本体力医学会大会, 2005.

その他社会活動 (Social Contribution)

  • 【社会活動】
    (財)日本科学技術振興財団スプリングサイエンスキャンプ:TA, 2007年3月
    (財)日本科学技術振興財団ひらめき・ときめきサイエンス:TA, 2007年11月
    (財)日本科学技術振興財団サイエンスパートナーシッププログラム:TA, 2008年1月
    (財)日本科学技術振興財団スプリングサイエンスキャンプ:TA, 2008年3月
    (財)日本科学技術振興財団スプリングサイエンスキャンプ:TA, 2009年3月
    (財)日本科学技術振興財団スプリングサイエンスキャンプ:TA, 2010年3月
    (財)日本科学技術振興財団スプリングサイエンスキャンプ, 2011年3月
  • 【競争的資金獲得】
    (財)笹川科学研究助成金, 2007年
    (財)笹川科学研究助成金 海外発表促進助成金, 2011年
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて