プロフィール (Profile)

和田 智仁 (Wada Tomohito)

氏名 (Name) 和田 智仁 (Wada Tomohito)
職名 (Job title) 准教授 (Associate Professor)
連絡先(TEL) 0994-46-4941
連絡先(FAX) 0994-46-4157
連絡先(E-Mail) このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
個人ウェブサイト (URL)  
学歴 (Education) 九州工業大学 情報工学部 知能情報工学科 1995年3月卒業
九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報科学専攻 2000年3月修了
学位 (Degree) 修士(情報工学) (九州工業大学 1997年3月)
博士(情報工学) (九州工業大学 2000年3月)

職歴 (Academic & Professional Experience)

1999年10月 鹿屋体育大学スポーツ情報センター 助手
2007年10月 鹿屋体育大学スポーツ情報センター 准教授

専門分野 (Research Areas)

  • 計算機科学 (Computer Science)
  • 分散システム (Distributed System)
  • マルチメディアデータベース (Multimedia Database)

主な研究内容 (Main research contents)

  • スポーツを科学する
    現在行っている研究内容をわかりやすく説明しています。
    平成26年度版 (PDF)
    平成25年度版 (PDF)
    平成24年度版 (PDF)
  • RENKEI (連携)
    企業等の皆様と連携協力 (共同研究や受託研究等)可能な事項を掲載しています。
    最新年度版 (PDF)
  • デジタルコンテンツの利用に関する研究
    多視点映像や高速度映像を含むビデオ情報のアーカイブ構築と,メタデータを利用した映像の新しい利用方法に関して,特にスポーツに関する映像を中心に研究を行っている。
  • 運動解析に基づく人物同定に関する研究
    モーションキャプチャ装置などを用いた人体動作の三次元的解析による人物同定および行動認識の可能性について研究している。
  • 情報システム運用に関する研究
    セキュアかつ利用者に優しいキャンパス情報システム,および e-learning システムについて,実際のシステム設計・構築・運用といった作業を通じた実践的な研究を行っている。

研究キーワード (Research Interests)

  • マルチメディアデータベース
  • デジタルアーカイブ
  • メタデータ
  • 動作分析
  • ネットワーク
  • 分散システム
  • e-learning

所属学会 (Association Memberships)

  • 情報処理学会

資格 (Qualification)

競技歴 (Achievement as a competitor)

受賞歴 (Award)

  • 情報処理学会九州支部奨励賞 1997年5月

実技指導歴 (Achievements as a coach)

論文等 (Published Papers)

2017年
  1. James Lee, David Rowlands, Nicholas Jackson, Raymond Leadbetter, Tomohito Wada, Daniel A. James; An Architectural Based Framework for the Distributed Collection, Algorithms,10(1):1-14,2017.2
2016年
  1. 蔭山雅洋, 鈴木智晴, 藤井雅文, 中本浩揮, 和田智仁, 前田明; 野球投手におけるマウンドと平地からの投球のバイオメカニクス的比較:投球速度および投球動作中の下肢および体幹の動作に着目して, 体育学研究,61(2):517-535,2016.12
  2. Shepherd, J.B.; Wada, T.; Rowlands, D.; James, D.A.; A Novel AHRS Inertial Sensor-Based Algorithm for Wheelchair Propulsion Performance Analysis, Algorithms,9(5):1-10,2016.8
  3. 津野天兵,井上智博,萬久博敏,和田智仁, 大学水泳部における映像・分析サポートの実践, スポーツパフォーマンス研究8:216-228,2016.5
2015年
  1. Hiroo Takahashi, Shunsuke Murakami, Tetsu Kitamura, Tomohito Wada, Akira Maeda; The Relationships between the Normative Performance Profiles and the Winning of Sets in Women's Singles Matches of Professional. Tennis International Journal of Sport and Health Science. 13:35-42. 2015.8
  2. 蔭山雅洋,鈴木智晴,杉山敬,和田智仁,前田明;大学野球投手における下肢関節の力学的仕事量と投球速度との関係,体育学研究,60(1):87-102,2015.6
2013年
  1. 和田智仁,下園幸一,升屋正人;自転車競技大会のインターネットライブ中継,大学情報システム環境研究,16:51-61,2013.6
2011年
  1. Kentaro Oda, Toyohiro Hayashi, Shinobu Izumi, Tomohito Wada, Shuichi Enokida;Cloud Drive: A Computing Architecture for a Scalable Driving Safety Management System.Modern Transport Telematics: Communications in Computer and Information Science.239:78-85.2011.10
  2. Toyohiro Hayashi, Kentaro Oda, Tomohito Wada, Shuichi Enokida;Safety Driving Assessment Based on Video Image Sequence Analysis.Modern Transport Telematics: Communications in Computer and Information Science.239:28-38.2011.10
  3. 東恩納玲代,涌井佐和子,永山寛,浜岡隆文,齊藤和人,吉田剛一朗,前田明,図子浩二,井上尚武,和田智仁,隅野美砂輝,吉武裕;農村的地域に在住する外出頻度の低い高齢者の身体的特性、生活習慣および社会的特性-男女別による検討-,生涯スポーツ学研究,8(1):13-22,2011.6
  4. 長島未央子,黒川剛,和田智仁,荻原康幸,山本正嘉;e-Learningシステムと携帯電話を用いたアスリートの新しいコンディショニング管理手法の提案-K大学自転車競技部の事例を通して-,e-Learningシステムと携帯電話を用いたアスリートの新しいコンディショニング管理手法の提案-K大学自転車競技部の事例を通して-,3:1-10,2011.2
2010年
  1. 和田智仁,北村尚浩,荻原康幸,萩裕美子;実践的スポーツ指導者教育プログラムの構築-ICTを活用した実習支援-,研究論文集-教育系・文系の九州地区国立大学間連携論文集-,4(1):1-9,2010.4
  2. 萩裕美子,北村尚浩,和田智仁,荻原康幸;体育系学部におけるICTを活用したインターンシッププログラムの開発,東海大学紀要体育学部,(39):55-61,2010.3
2009年
  1. Hiroo Takahashi, Tomohito Wada, Akira Maeda, Mitsuo Kodama, Hidetsugu Nishizono;An analysis of time factors in elite male tennis players using the computerised scorebook for tennis.International Journal of Performance Analysis in Sport,9(3):314-319,2009.12
  2. Hiroo Takahashi, Tomohito Wada, Akira Maeda, Mitsuo Kodama, Hidetsugu Nishizono;The consistency of time duration of shots in tennis against same opponents.Current trends in Performance Analysis.164-167.2009.10
  3. 和田智仁,北村尚浩,荻原康幸,萩裕美子;実践的スポーツ指導者教育プログラムの構築-ICTを活用した実習支援-,鹿屋体育大学学術研究紀要,(39):22-29,2009.9
  4. 北村尚浩,和田智仁,荻原康幸,萩裕美子;体育系学部におけるe-LearningとICT活用-鹿屋体育大学での取り組み-,体育の科学,59(4):289-294,2009.4
2008年
  1. 恒吉玲代,永山寛,涌井佐和子,浜岡隆文,齋藤和人,前田明,図子浩二,井上尚武,和田智仁,隅野美砂輝,荻田太,吉武裕;地域在宅高齢者における「閉じこもり」と身体活動状況および体力,体力科学,57(4):443-442,2008.8
2007年
  1. 和田智仁,北村尚浩,萩裕美子;情報処理科目におけるITを活用した学習支援の試み,鹿屋体育大学学術研究紀要,35,47-45,2007
2006年
  1. Hiroo Takahashi,Tomohito Wada,Akira Maeda,Mitsuo Kodama,Hidetsugu Nishizono,Hiroshi Kurata;The relationship between court surface and tactics in tennis using the computerized scorebook for tennis,International Journal of Performance Analysis in Sport,6 (2) ,15-25,2006
  2. Hiroo Takahashi,Tomohito Wada,Akira Maeda,Mitsuo Kodama,Hidetsugu Nishizono,Hiroshi Kurata;An investigation of the change of tactics at Wimbledon using a computerized scorebook for tennis,Proc.of 4th World Congress of Science and Racket Sports,1-7,2006
  3. Shuichi Enokida,Ryo Shimomoto,Tomohito Wada,Toshiaki Ejima;A Predictive Model for Gait Recognition,Proc.of 2006 Biometrics Symposium,6,2006
2005年
  1. Agus Santoso Lie,Ryo Shimomoto,Syouhei Sakaguchi,Toshiyuki Ishimura,Shuichi Enokida,Tomohito Wada and Toshiaki Ejima;Gait Recognition Using Spectral Features of Foot Motion,Proc.of the 5th Int'l Conference on Audio- and Video-based Person Authentication,767-776,2005
  2. Agus Santoso Lie,Shuichi Enokida,Tomohito Wada and Toshiaki Ejima;Magnitude and Phase Spectra of Foot Motion for Gait Recognition,Proc.of the 11th Int'l Conference on Computer Analysis of Images and Patterns,390-397,2005
2004年
  1. Agus Santoso Lie, Ryo Shimomoto,Syouhei Sakaguchi,Toshiyuki Ishimura,Shuichi Enokida, Tomohito Wada and Toshiaki Ejima;Gait Recognition Based on Foot Motion Spectral Analysis,第9回パターン計測シンポジウム,21-28,2004

著書 (Books etc)

2016年
  1. 布施泉,和田智仁,他7名; 情報倫理デジタルビデオ小品集6, 一般社団法人 大学ICT推進協議会,2016.12

学会発表 (Presentation at an academic meeting)

2017年
  1. Tomohiro Kai, Yohei Takai, Tomohito Wada, Hiroaki Kanehisa, Tetsuo Fukunaga; Propulsive acceleration and velocity of 1 vs. 1 in soccer with relation to wins and losses, 5th NSCA International Conference,2017.1
2016年
  1. M.McCarthy, D.James, J.Lee, T.Wada, D.Rowlands; Effect of Machine Learning Techniques Upon Wearable Devices, スポーツ工学・ヒューマンダイナミクス2016,2016.11
  2. Tomohito Wada, Jonathan Shepherd, David Rowlands, Daniel James; AHRSを用いたスポーツ用車椅子の移動計測, スポーツ工学・ヒューマンダイナミクス2016,2016.11
  3. Tomohito Wada, Raymond I. Leadbetter, David D. Rowlands, Daniel A. James; DEVELOPING AN AHRS TOOL FOR A WEARABLE SENSOR TO OBTAIN ATTITUDE AND HEADING INFORMATION, JOURNAL OF FITNESS RESEARCH Vol.5 ASTN-Q Conference,2016.8
  4. David D. Rowlands, Tomohito Wada, Jim Lee, Daniel A. James; QUANTIFYING CONSISTENCY OF TECHNIQUE IN SWIMMING, JOURNAL OF FITNESS RESEARCH Vol.5 ASTN-Q Conference,2016.8
2015年
  1. 蔭山雅洋,鈴木智晴,藤井雅文,中本浩揮,和田智仁,前田明,野球投手におけるマウンドと平地からの投球のバイオメカニクス的比較,第28回日本トレーニング科学会大会, 2015.11
  2. 和田智仁;スポーツ指導におけるICTの活用,体育・スポーツ科学研究会,2015.9
  3. 和田智仁,高橋仁大,中村勇;体育系単科大学におけるタブレット必携化,第40回教育システム情報学会全国大会,2015.9
  4. 和田智仁,高橋仁大;屋外競技場におけるICT環境の整備,日本体育学会第66回大会,2015.8
  5. 蔭山雅洋,鈴木智晴,藤井雅文,中本浩揮,和田智仁,前田明;野球投手におけるマウンドの有無が投球動作中の下肢の力学的仕事量に及ぼす影響,日本体育学会第66回大会,2015.8
  6. Oki, Y.; Visentini-Scarzanella, M.; Wada, T.; Furukawa, R.; Sagawa, R.; Kawasaki, H; Entire shape scan system with multiple pro-cams using texture information and accurate silhouette creating technique. Machine Vision Applications (MVA), 2015 14th IAPR International Conference. 2015.5
2014年
  1. T. Wada, Y. Tanaka, H. Takahashi ; VIDEO FEEDBACK AND VIDEO SHARING SYSTEM FOR UNIVERSITY PE CLASS. 8th International Technology, Education and Development Conference. 2014.3
  2. Y. Tanaka, C. Kakoi, T. Wada, H. Takahashi ; PRACTICE OF PHYSICAL EDUCATION CLASSES UTILIZING VIDEO. th International Technology, Education and Development Conference. 2014.3
2013年
  1. 和田智仁,田中裕己,高橋仁大;大学体育実技のためのタブレット動画共有システムの構築,大学ICT推進協議会年次大会,2013.12
  2. 和田智仁,田中裕己,高橋仁大;タブレット・スマートフォンを活用した映像フィードバックシステムの構築,日本体育学会第64回大会,2013.8
  3. Tomohito Wada, Ryota Ueda ; Effect of introducing tablet computers into university physical education. 9th International Symposium on Computer Science in Sport. 2013.6
  4. Yuki Tanaka, Tomohito Wada, Hiroo Takahashi ; Approach for the pragmatical coach ability improvement of the sports. 9th International Symposium on Computer Science in Sport. 2013.6
  5. Hiroo Takahashi, Shunsuke Murakami, Tetsu Kitamura, Tomohito Wada, Akira Maeda, Hidetsugu Nishizono ; An application of normative performance profiles for match evaluation in tennis. 9th International Symposium on Computer Science in Sport. 2013.6
  6. 沖佳憲,森永寛紀,清田祥太,Yohan Thibault,赤木康宏,川崎洋,古川亮,佐川立昌,和田智仁;複数台のプロジェクタとカメラを用いた運動選手の全周計測システムの開発,第16回画像の認識・理解シンポジウム,2013.6
  7. 和田智仁,升屋正人,下園幸一;自転車競技大会のインターネットライブ中継,第21回国立大学情報システム研究会,2013.3
2012年
  1. 和田智仁,田中裕己,高橋仁大;コーチング力の養成を目指したスポーツ実技実習科目における映像とeラーニングの活用,教育システム情報学会研究会,2012.11
  2. 和田智仁,中村夏美,榮樂洋光;ウォータースポーツの実施を支援するライブカメラシステムの構築と運用,日本体育学会第63回大会,2012.8
  3. 田中裕己,和田智仁,坂中美郷,濱田幸二,高橋仁大;大学体育実技授業におけるeラーニングシステムを用いた予習および復習が学生へ及ぼす効果,九州体育・スポーツ学会第61回大会,2012.8
  4. 岩本峰明,蔭山雅洋,外智紀,和田智仁,中本浩揮,森司朗,前田明;野球選手の守備時における視覚探索方略と打球コース予測に関する研究,日本体育学会第63回大会,2012.8
  5. 金ボラン,和田智仁,前田明;異なるレベルのバドミントン選手における視覚探索の特徴に関する研究,日本体育学会第63回大会,2012.8
  6. 山崎大嗣,長谷川博史,水谷未来,青木竜,塩川勝行,和田智仁,前田明;サッカーのディフェンス選手における視覚探索パターンの特徴,日本体育学会第63回大会,2012.8
  7. 亀田麻依,北哲也,和田智仁,前田明;バスケットボールのディフェンス選手におけるカットイン反応時間からみた視覚探索の特徴,日本体育学会第63回大会予稿集,2012.8
  8. Tomohito Wada, Hiroo Takahashi ; QUANTITATIVE ANALYSIS OF COMPUTER LITERACY CLASS. 6th International Technology, Education and Development Conference. 2012.3
  9. Hiroo Takahashi, Masahiko Ishihara, Takahiro Morishige, Yuki Tanaka, Tomohito Wada ; THE APPLICATION OF E-LEARNING IN A COLLEGIATE SPORTS CLASS TO DEVELOP THE "DIAGNOSIS SKILL" IN TENNIS. 6th International Technology, Education and Development Conference. 2012.3
  10. Y.Tanaka, T. Wada, M. Sakanaka, K. Hamada, H. Takahashi ; USEFULNESS OF THE MULTIMEDIA FEEDBACK OF THE PHYSICAL EDUCATION USING E-LEARNING. 6th International Technology, Education and Development Conference. 2012.3
2011年
  1. Takashi Yamanoue, Robert J. Fouser, Tomohito Wada, et.al. Information and communication technology infrastructure and management for collaboration with regional universities and colleges. the 39th ACM annual conference on SIGUCCS. 2011.10
  2. 蔭山雅洋,和田智仁,前田明;野球投手における投球数の増加が投球速度と投球動作に及ぼす影響,日本体育学会第62回大会,2011.9
  3. 前田明,蔭山雅洋,和田智仁,山田理恵;なぎなたにおける壁を用いたトレーニングが八相スネ打突動作に及ぼす効果,日本体育学会第62回大会,2011.9
  4. 金ボラン,柿手祝彦,和田智仁,前田明;ソフトテニス前衛選手のボレーにおける視覚探索と打球コース・球種予測に関する研究,日本体育学会第62回大会,2011.9
  5. 岩本峰明,蔭山雅洋,和田智仁,前田明;異なる重量のボールを用いた投球トレーニングが投球動作に及ぼす即自的効果,日本体育学会第62回大会,2011.9
  6. 本嶋良恵,和田智仁,前田明;運動中における注視点の動きの特徴,日本体育学会第62回大会,2011.9
  7. 和田智仁,高橋仁大;競技サポート・コーチングのための映像技術情報サイト構築の試み,日本体育学会第62回大会,2011.9
  8. 高橋仁大,石原雅彦,森重貴裕,和田智仁;スポーツの「診断力」を育成するための授業展開-映像を活用した実技授業について-,日本体育学会第62回大会,2011.9
  9. 東恩納玲代,涌井佐和子,吉田剛一郎,前田明,和田智仁,隅野美砂輝,宮地元彦,吉武裕;女性高齢者における体力の縦断的変化-鹿児島県S郡O町での介護予防事業における事例-,日本体育学会第62回大会,2011.9
  10. 本嶋良恵,和田智仁,前田明;運動中における注視点の特徴~点灯位置と視覚探索時間に着目して~,第18回スポーツビジョン研究集会プログラム,2011.8
2010年
  1. 和田智仁;授業ビデオを用いた情報リテラシ科目の量的分析,平成22年度情報教育研究集会,2010.12
  2. 寺田将春,和田智仁,末永勝征,鈴木雄清,山之上卓,竹之下朗,別府優篤,湯川浩司,ロドリゲス・ホルメス;大学連携事業でのICT活用教育の試み,2010九州PCカンファレンス in 長崎大学,2010.11
  3. Tomohito Wada, Kosuke Tagawa ; A Survey of Utilization of Digital Technologies in. Asian Conference on Computer Science in Sports. 2010.9
  4. 寺田将春,和田智仁,末永勝征,鈴木雄清,山之上卓,竹之下朗,別府優篤,湯川浩司,ロドリゲス・ホルメス;鹿児島大学における大学連携事業でのICT活用教育の試み,教育システム情報学会研究報告,2010.9
  5. 和田智仁,竹之下朗,寺田将春,別府優篤,湯川浩司,ロドリゲス・ホルメス,鈴木雄清,日高正康,山之上卓;Moodleを用いた大学連携教育の試み-鹿児島県戦略的大学連携推進事業におけるMoodleの活用-,教育システム情報学会第35回全国大会,2010.8
  6. 竹下俊一,金高宏文,前田博子,和田智仁,隅野美沙輝,山﨑利夫;学生のスポーツマネジメント能力養成のためのプログラムづくり-サークル活動のための会計勉強会,平成20年度重点プロジェクト事業報告(教育研究等プロジェクト支援事業),2010.3
2009年
  1. 和田智仁;電子メールと携帯メールとの連携サービスの構築,平成21年度情報教育研究集会,2009.11
  2. 荻原康幸,和田智仁,北村尚浩,萩裕美子;インターン活動を支援するeラーニングプログラムの開発,教育システム情報学会全国大会,2009.9
  3. Tomohito Wada, Takahiro Kitamura, Yasuyuki Ogihara ; Practical Use of ICT for Sports Internships: e-Learning. 7th International Symposium on Computer Science in Sport. 2009.9
  4. Hiroo Takahashi, Tomohito Wada, Akira Maeda, Mitsu ; Performance analysis of female professional tennis. 7th International Symposium on Computer Science in Sport. 2009.9
  5. 和田智仁;実践的なスポーツ指導能力を育むためのe-Learningプログラム~体育系学部における教育実践~,e-Learning WORLD 2009,2009.8
  6. Tomohito Wada, Takahiro Kitamura, Yasuyuki Ogihara ; Supporting the Internship of Physical Education St. 13th International Association for Sport Information World Congress. 2009.3
  7. Takahiro Kitamura, Tomohito Wada, Yasuyuki Ogihara ; E-Learning Content for Physical Education and Sport. 13th International Association for Sport Information World Congress. 2009.3
2008年
  1. 荻原康幸,和田智仁;コンテンツの提示方法の違いがユーザビリティに与える影響,日本教育工学会研究会,2008.12
  2. 荻原康幸,和田智仁,北村尚浩,萩裕美子;ポータブルデバイスを用いた実習支援の取り組み,日本教育工学会第24回全国大会,2008.10
  3. 和田智仁,荻原康幸;高精細ビデオ会議システムによる連携大学院向け遠隔教育環境の構築,日本教育工学会第24回全国大会,2008.10
  4. 和田智仁,荻原康幸,北村尚浩,萩裕美子;ICTを活用したインターンシップ支援の試み,平成20年度電気関係学会九州支部連合大会,2008.9
  5. 高橋仁大,和田智仁,前田明,児玉光雄,西薗秀嗣;テニスにおけるショットのTime durationを用いたゲーム分析-ゲームの取得・非取得の比較-,日本体育学会第59回大会,2008.9
  6. 萩裕美子,北村尚浩,和田智仁;体育系学部のインターンシップにおけるICTの活用,日本体育学会第59回大会,2008.9
  7. 荻原康幸,和田智仁,北村尚浩,萩裕美子;スポーツ関連施設におけるインターン活動を支援するeラーニングプログラムの開発,教育システム情報学会第33回全国大会,2008.9
  8. 和田智仁,荻原康幸,北村尚浩,萩裕美子;グループウェアを用いたオンライン実習日誌の試行,教育システム情報学会第33回全国大会,2008.9
  9. Hiroo Takahashi, Tomohito Wada, Akira Maeda, Mitsu ; The consistency of time duration of shots in tenni. World Congress of Performance Analysis of Sport. 2008.9
  10. Hiroo Takahashi, Tomohito Wada, Akira Maeda, Mitsu ; The effect of court surfaces in an individual ten. 50th ICHPER-SD Anniversary World Congress. 2008.5
2007年
  1. 和田智仁;「実践的スポーツ指導者教育プログラム」について, e-Learning WORLD 2007 -Expo " Conference-,2007
  2. 和田智仁,荻原康幸;高精細映像を用いた講義の記録とコンテンツ制作,教育システム情報学会第32回全国大会,98-99,2007
  3. 荻原康幸,和田智仁,北村尚浩,萩裕美子;インターンシップ支援を核にしたe-Learningプログラムの開発,教育システム情報学会第32回全国大会,364-369,2007
  4. Hiroo Takahashi,Tomohito Wada,Akira Maeda,Mitsuo Kodama,Hidetsugu Nishizono;An analysis of the time duration of ground strokes in Grand slam men's singles tennis using the computerised scorebook for tennis,Sixth International Conference on Sport,Leisure and Ergonomics,2007
  5. 和田智仁;カラー複合機を用いた印刷サービスおよびスキャン機能の提供,平成19年度教育研究集会,2007
  6. 荻原 康幸,和田 智仁,北村 尚浩,春田 尚子,萩 裕美子;ビデオ映像を主としたeラーニング向けコンテンツの制作,平成19年度教育研究集会,2007
  7. Takahashi H.,Wada T.,Maeda A.,Kodama M.,Nishizono H.;An analysis of the time duration of shots in Grand Slam men's singles tennis using the computerized scorebook for tennis,Asia-Pacific Conference on Exercise and Sports Science 2007,2007
2006年
  1. 和田智仁;ユーザ認証ネットワークの運用と再構築,情報教育研究集会,139-142,2006
  2. 高橋仁大,和田智仁,前田明,児玉光雄,西薗秀嗣,倉田博;テニスの電子スコアブックの開発-時間測定の精度について-,第18回テニス学会,2006
2005年
  1. 和田智仁;情報リテラシ教育における講義ビデオの記録と公開,平成17年度情報処理教育研究集会,139-142,2005
  2. 坂口翔平,榎田修一,和田智仁,江島俊朗;パーティクルフィルタを用いた人物の両足部追跡,第6回計測自動制御学会 (SICE) システムインテグレーション部門講演会,2005
  3. 千足耕一,中村夏実,和田智仁;ウォータースポーツ文献情報データベースの構築に関する研究,日本野外教育学会第八回大会,2005
  4. 高橋仁大,和田智仁,前田明,児玉光雄,西薗秀嗣,倉田博;年代別のテニスのプレー内容の変化に関する研究,第17回テニス学会プログラム,2005
  5. 下本亮,榎田修一,和田智仁,江島俊朗;経時変化に頑健な人物歩容認識,第6回計測自動制御学会 (SICE) システムインテグレーション部門講演会,2005
2004年
  1. 和田智仁;ユーザー認証機能付き情報コンセントの構築と運用,電気関係学会九州支部連合大会,541,2004

その他社会活動 (Social Contribution)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて