入学式の様子(全体)

令和3年4月5日、水野講堂において令和3年度鹿屋体育大学入学式を挙行しました。

本年度は、体育学部182名(スポーツ総合課程130名、武道課程52名)、同第3年次編入学19名(スポーツ総合課程19名)、大学院体育学研究科29名(体育学専攻修士課程18名、同博士後期課程7名、スポーツ国際開発学共同専攻修士課程2名、大学体育スポーツ高度化共同専攻後期3年の課程のみの博士課程2名)の計230名が入学。新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、規模を縮小し、マスク着用や検温、消毒など対策を徹底して行われました。

式では、松下雅雄学長が「大学における学びは、ただ知識を習得するだけでなく、自分の考え方を創るところです。これからの社会においては、知識を手に入れるだけでなく、自分の考えを持つこと、人の意見をしっかりと聞けること、そして、自分の考えを伝えられることが必要になります。加えて、リーダーには、専門的知識と能力だけでなく、教養とマナーのある行動力が求められます。そのためにも教員や友人との対話・交流を大事にしてください」と告辞を述べました。

続いて、体育学部武道課程に入学した宮城昭奈さんが「先生方のご指導を仰ぎながら、先輩や同期の学生と切磋琢磨し、豊かな人格の形成をめざします。私たち入学生一同は、学則及び関係規則を遵守するとともに、本学創設の理念にのっとり、品位を保ち、実践的な体育指導者等を目指して、学業及び競技力の向上に励むことをここに誓います」と入学者を代表して宣誓しました。

また、在学生を代表して、体育会会長安次嶺心さん(武道課程3年)が「今日から始まる大学生活は皆さんに自由と無限の可能性を与えてくれます。失敗を恐れずに自由を楽しんで新しいことに挑戦してください。皆さんには未来への期待を大きく抱き、自らの手で理想のキャンパスライフを実現させてほしいと思います。そして鹿屋体育大学で培った経験を生かして変化の時代をともに生き抜いていきましょう」と歓迎の言葉を述べました。

学長告辞全文(PDF)

(左)入学生宣誓を行った宮城さん(中央)松下学長(右)歓迎の辞を述べた安次嶺さん(左)入学生宣誓を行った宮城さん(中央)松下学長(右)歓迎の辞を述べた安次嶺さん

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて