鹿屋体育大学での「教員免許状更新講習」開設一覧

鹿屋体育大学で、平成30年度に開設する更新講習は次のとおりです。

申し込み方法

更新講習の申込みは、教員免許状更新講習管理システム(Webシステム)から行います。申込みに先立ち、Webシステムにおいて受講者登録(ID・パスワードの取得)が必要となります。

お申込みの前にお読みください。
受講者登録(UserID)の取得方法説明 (PDF)

教員免許状更新講習管理システム Kuas By Hsmt
教員免許状更新講習管理システム

申請受付は平成30年4月18日(水)6時から開始します。

更新講習手続きの流れ

※4月18日(水)までは受講科目の予約はできませんが、受講者登録は行えます。

  1. 上記管理システムから受講者登録を行い、UserIDとパスワードを取得します。
    ※昨年度のIDを取得した方は昨年度のIDが使用できます。
  2. システムへログインし、受講科目の予約を行います。
  3. 事前アンケートの登録を行います。
  4. 管理システムから「受講申込書」を印刷し、必要事項の記載及び学校長又は教育事務所長の証明を受けてください。
    なお、登録の都合上受講申込書が複数枚にわたる場合は、1枚のみ証明を受けてもらい、残りの書類は証明を受けずに同封いただければ結構です。
  5. 管理システムから「振込依頼書」を印刷し、受講料を振り込んでください。
    なお、登録の都合上振込依頼書が複数枚にわたる場合は、システムから出力した振込依頼書は使用せず、金融機関の振込用紙にて合計の金額を一括して振り込みいただければ結構です。
  6. 受講申込書を以下の住所へ送付してください。
    (送付先住所)
    〒891-2393 鹿児島県鹿屋市白水町1 鹿屋体育大学 教務課教育支援係 行き
  7. 送付いただいた書類を確認の上不備等がなければ、メールにて受理した旨の通知をいたします。
  8. 開講が正式に決定したら開講通知のメールをいたします。
    ※申込者数によっては不開講になる場合もあります。
  9. 管理システムから「受講票」を印刷し、写真等を添付の上、講習当日ご持参願います。
    ※受付にて確認をいたしますので、お手数ですが必ず準備願います。
  10. 講習の最後で認定試験があります。
    なお、事後アンケートは、本学では講習の最後で筆記にて行い、その場で回収させていただきますのでご協力願います。
    ※講習日程等については、シラバスにて確認願います。
    なお、まだシラバスが登録されていない科目は順次登録しますのでご了承願います。
  11. 成績の確認
    成績公開は講習科目毎に行いますが、公開の都度メールにて通知しますので管理システムにおいて成績を確認願います。
  12. 修了(履修)証明書の送付
    例年本学での教員免許状更新講習終了後に送付しています。平成30年度は11月末頃に送付予定です。
  • 以前に取得したID・パスワードは、そのまま利用できます。
    また、県内の一大学で取得したID・パスワードは、県内のどの大学でも使用できます。
  • 書類の送付は、受講の登録・申請をした翌日から1週間以内に行ってください。(消印有効)
  • やむを得ない事情により受講をキャンセルする場合は、受講料の全部(又は一部)を返還します。(詳細については、下記をご覧ください。)
  • 受講者が少数の場合は、当該講座は開講いたしませんのでご了承ください。(不開講となった場合は、当該講座の受講料を返還いたします。)
  • 申込み締切日が過ぎた講座でも、定員に余裕がある場合など、受け付けることもあります。申込み希望者は下記問い合わせ先まで連絡してください。

受講料の返還について

受講申込み後に、天災や大学等の都合により開講しない場合、または受講者の都合により受講をキャンセルされる場合の受講料返還については、以下のとおり取り扱います。

返還額

事由等受講料の返還額
1 台風等の自然現象、担当講師の急病、その他大学の事情等により講座を開講できない場合 全額
(決定期日を問わない。)
2 1の事情による開設日の変更により受講辞退した場合 全額
(決定期日を問わない。)
3 公共交通機関の運休等により受講できなかった場合(開設日以後3日以内に申し出た場合に限る。) 全額
(ただし、開設日以後4日を超えて申し出た場合は返還しない。)
4 勤務校等の業務、その他受講者の事情により受講できない場合で開設日の14日前までにキャンセルを申し出た場合 受講料から事務手数料1,000円を差し引いた額
5 勤務校等の業務、その他受講者の事情により受講できない場合で、開設日の前日までにキャンセルを申し出た場合(ただし、4に該当する場合を除く。) 50%
(ただし、受講料以外で徴収した教材費等は全て返還する。)
6 1~5以外の場合 返還しない

振込手数料

  1. (上記の事由の1~3の場合)本学が負担
  2. (上記の事由の4及び5の場合)返還額の中から受講者が負担

返還請求の方法

受講料の返還を請求する場合は、事前に本学担当者へメールで申し出たのち、速やかに次の書類を学長へ提出してください。

  1. 受講キャンセル届
  2. 返還金振込請求書
  3. 公共交通機関の運休等を証明できるもの(様式任意。1.3に該当する場合のみ。)

修了認定試験について

成績評価及び修了認定に関しては、次のとおり取り扱います。

講座ごとに行う試験に基づき、下表のとおり評価します。

評語点数評価の定義
90点~100点 当該講座の内容をほぼ完全に理解し、教授できる。
80点~89点 当該講習の内容を十分に理解し、教授できる。
70点~79点 当該講習の内容をある程度理解し、教授できる。
60点~69点 当該講習の内容を最低限は理解し、教授できる。
59点以下 当該講習の内容を理解できていない。
未受講(欠席)  
  1. 前号により「S」、「A」、「B」及び「C」の評価は合格として修了認定します。「D」及び「K」の評価は不合格とし、修了認定しません。
  2. 試験で「D」等の不合格の評価を受けた者に対する再試験は行いません。
  3. 試験問題及び答案はすべて回収します。
  4. 成績は、教員免許更新講習管理システムにおいて受講者本人に通知するとともに、合格者全員に学長が免許状更新講習修了(又は履修)証明書を交付します。

交通アクセス等

鹿屋体育大学までの交通アクセスは…
本Webサイト内「アクセス」(http://www.nifs-k.ac.jp/access.html)
駐車場は・・・
構内の空いている駐車場をご利用いただけます。

その他

障がい等を有する受講者で、受講上特別な配慮を希望する方は、受講申し込みに先立ち下記問い合わせ先にご相談ください。

教員免許更新制とは…?

平成19年6月の改正教育職員免許法の成立により、平成21年4月1日から教員免許更新制が導入されることになりました。

基本的なポイントは次の4つです。

  1. その時々で教員として必要な資質能力が保持されるよう、定期的に最新の知識技能を身に付けること。
  2. 平成21年4月1日以降に授与された教員免許状に10年間の有効期間が付されること。
  3. 有効期間終了前の2年間で30時間以上の教員免許状更新講習の受講・修了が必要となること。
  4. 平成21年3月31日以前に免許状を取得した者にも本制度の基本的な枠組みを適用すること。

本制度に関する詳細は、文部科学省のWebサイトをご覧ください。

関連リンク

お問い合わせ先及び書類送付先

教員免許状更新講習に関するお問い合わせ及び書類送付は下記にお願いします。

鹿屋体育大学 教務課 教員免許状更新講習担当
【住所】〒891-2393 鹿児島県鹿屋市白水町1番地
【電話】0994-46-48650994-46-4865
【FAX】0994-46-2515
【E-mail】このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
※土・日曜日、祝日、年末年始は除く