令和4年9月16日17日に開催された同学会において、本学の迫田和之助教(スポーツ人文・応用社会科学系)が連合大会講演奨励賞を受賞しました。この賞は電子・情報・通信の分野で活躍が期待される電子情報通信学会九州支部主催の当講演会で優秀な論文を発表した学生や若手研究者に授与されるもので、今大会では334件の論文発表があり、迫田先生はじめ7件が選ばれました。

迫田先生の題目は「大規模MIMOにおけるBP復号の誤り推定値の挙動:分類とその比率」です。次世代無線通信(次世代の携帯電話の通信など)で提案されている復号(受信信号から送られてきた信号を推定する過程)に注目し、その復号が誤る際の振る舞いを詳細に調べました。復号が誤るというのは、送られてきた信号と復号結果が異なり、正しく通信が行えなかったことを指します。その結果、特定の誤りが多く存在することが明らかになりました。その誤りを消すための次の研究ステップにつながる重要な研究結果と考えられての受賞となりました。

迫田先生は「膨大な量の復号の振る舞いを観察し、その特徴を捉え分類することに苦心しましたが、受賞できて報われました。この研究をさらに発展させ、これまでよりも少しでも高速で高品質な無線通信の実現に寄与できれば良いなと考えています」と話し、今後ますますの活躍が期待されます。

文言補足

MIMO(Multiple Input Multiple Output)

複数のアンテナを使ってデータを送受信する技術

BP(Belief Propagation)復号

繰り返し計算を用いた復号方法の一種で、繰り返し計算をする毎に少しずつ正しい復号結果に近づくことを期待する手法

令和5年2月2日(木)、NHK総合「あしたが変わるトリセツショー」に本学の情報が取り上げられました。

           記

(放送番組) NHK総合「あしたが変わるトリセツショー」

(放送日時) 令和5年2月2日(木)19時57分~

(内  容) 「幸せを呼ぶ正しい爪のケア!肌荒れ&ストレス&運動改善SP」の回。爪がピッチングパフォーマンスに及ぼす影響について放送され、本学スポーツパフォーマンス研究センターで「株式会社tsumeplus」さまとの取り組みの一部、野球部投手のピッチングの様子が取り上げられました。

 参考 //https://www.nhk.jp/p/torisetsu-show/ts/J6MX7VP885/episode/te/W4WXXX9R2M/

「未来を共に観に行こう」をテーマに、1月29日(日)13時から、鹿屋体育大学主体育室で「Basketball Futures Match 2023」鹿屋体育大学対日本経済大学の試合が行われました。この試合はスポーツ庁及びUNIVASの委託事業“感動する大学スポーツ総合支援事業における大学スポーツ・ムーブメント創出に関する調査研究”として企画され、九州No.1女子バスケットボール部の日本経済大学へ鹿屋体育大学が臨む一戦の観戦を通じ、「みる」スポーツとしての大学スポーツのさらなるムーブメント創出モデルとなることを期待して開催されました。当日は鹿屋市内外の391名と、鹿屋市PR特命係長かのやカンパチロウが会場に駆け付けました。観客席には地元花岡地区「花岡おこし会」の高齢者のみなさんの姿もありました。

試合は圧倒的な強さを誇る強豪校の日本経済大学に対し、本学女子バスケットボール部の選手たちも負けてはおらず、点数差が開いたと思いきや次々にシュートを決めて同点に追いつくなど、ホームゲームならではのハラハラドキドキの熱戦が繰り広げられました。最後は5分間の延長試合に持ち込み、87対83で日本経済大学の勝利で試合を終了しました。「仲間と、家族と、地域とともに踏み出す第一歩を見逃すな!!」のキャッチコピーの通り、観客は先着300名に無料配布された鹿屋カラーのブルーTシャツを着て、Blue Windsのロゴ入りスティックバルーンを手に、大学と地元住民が一体となって会場に熱い声援を送り続け、大学スポーツを「みる」、観戦の機会を楽しんでいました。

試合終了後、MVPに日本経済大学3年のジョル・セイナブ・ライさん、敢闘賞に本学スポーツ総合課程3年の松本みずきさんが選ばれ、2名にはBasketball Futures Match 2023実行委員会から豪華なリュックサックが贈られました。ハーフタイムショーでは抽選で選ばれたみなさんがフリースロー大会に挑戦し、株式会社オンザコートより賞品が贈られました。また、試合後の監督インタビューでは、日本経済大学の案浦知仁監督から、「鹿屋体育大学とともにインカレ上位を目指したい」という力強い言葉がありました。

イベント終了後、実行委員長を務めた棟田雅也本学スポーツ人文・応用社会科学系助教は「“未来を共に観に行こう”のコンセプト通り、コロナの収束が見えない中391名のみなさまに大学に集まっていただき、鹿屋全体の力が結集して爆発したような印象を持ち、『鹿屋』という地域のポテンシャルの高さに驚いております。観戦してくださった方々に喜んでいただき、2023年のいいスタートが切れました。鹿屋市にある大学として、今後も大学と鹿屋市民が一体となって、未来の『鹿屋』を共に創り上げ、その景色を一緒に見ることができたらと思います」とコメントしました。また同副委員長で女子バスケットボール部監督の前村かおりスポーツ・武道実践科学系助教は会場での締めの挨拶のあと、「無事に終わってホッとしております。こんなにも楽しんでもらえるとは思っていなかったので、やってよかったと思いました。試合の中身に関しては、観客のみなさまの力強い応援のお陰で、このままの流れで負けで終わるのかなと思っていたところに、“ホーム”としての力を発揮することができました。勝利にはあと一歩届きませんでしたが、ホームをつくっていくのはこれからなので、女子バスケットボール部を応援してくださる方が増えるよう頑張りたいと思います」と、次のステージに向けての抱負を話しました。

今回のイベントを企画・運営したBasketball Futures Match 2023実行委員会のメンバーには、学生スタッフ7名が名を連ね、総合司会を女子バスケットボール部の広報担当、恒松美玲さん(スポーツ総合課程3年)、UNIVAS LIVE配信は実況を蜂須賀友助さん(同3年)、解説を前半が女子バスケットボール部の溝井恵花さん(同3年)、後半を住田香菜子さん(同2年)が務めるなど、学生の活躍も印象に残るイベントとなりました。UNIVAS LIVE配信の瞬間視聴回数は989回を数え、会場の来場者数と合わせると総数1380名の方に「みる」機会を創出したこととなります。

左)かのやカンパチロウも応援に駆け付けました
右)地元花岡地区の「花岡おこし会」の高齢者のみなさん(会場右上)も団体で応援、391名が体育館に集いました

左)試合は最後まで熱戦が繰り広げられました
右)UNIVAS LIVEで同時実況、解説も配信

左)MVPに選ばれた日本経済大学のジョル・セイナブ・ライさんと敢闘賞に選ばれた松本みずきさんに受賞の喜びや将来の夢についてインタビューする恒松美玲さん
右)試合終了後に記念撮影

令和5年1月26日、27日にスポーツリフレッシュセミナー(鹿児島県教育委員会・鹿屋体育大学主催)が開催されました。このセミナーは中学校、義務教育学校、高等学校、特別支援学校の保健体育担当教員及び運動活動指導者、並びに競技団体の競技力向上担当指導者を対象に、体育・スポーツ及び健康に関する専門的研究や最新のトレーニング法の研修を実施し、競技力向上を担う指導者としての資質向上を図ることを目的に、毎年開催しています。今年度は18名が参加しました。

本セミナーは5つの講義・実技指導について本学教員が講師を務め、むすびにグループ討議等を行う構成の2日間です。1日目の実技指導では、講義で学んだスピード・パワーに関するトレーニングを体験する時間が設けられました。長い棒を手のひらに乗せ、前に傾けながら倒さないようにダッシュする遊び等、生徒が楽しく遊べる動きを取り入れながら、速く走るためにはどのようなトレーニングを、何を意識しながら行う必要があるのかを学ぶ時間となりました。

2日目は、これまでの講義を踏まえて現場でどのような課題があるかを討論するグループワークが実施され、参加者は活発に議論を交わしていました。最後の意見交換では、現場の課題に対して4名の講師がそれぞれの観点から見解を話すなど、大変有意義なセミナーとなりました。

実技指導の様子


グループワークの様子

令和4年12月25日に、鹿屋東中学校男子バスケ部1,2年生を対象に、“ACL損傷予防教室”を行いました。

ACL損傷はバスケットボールなどのジャンプ着地や切り返しの多いスポーツに発生しやすい、その後の競技生命にも影響を及ぼす可能性のある大きな怪我です。中学生の頃から発症が増えることが報告されており、できるだけ早くから予防することが重要と考えられていますが、そもそもACL損傷を知識として知らなければ予防方法もわかるはずがありません。

そこで今回は、

  1. ACL損傷について知ってもらうこと
  2. 自分の体を知ってもらうこと
  3. 予防方法を知ってもらうこと

の3つの目的で、講義およびメディカルチェックを行いました。

当日は非常に寒い天候にも関わらず、25名の生徒に参加していただきました。メディカルチェックとしては可動域測定、筋力測定などの標準的な評価に加え、フォースプレートとビデオを用いた着地姿勢評価という新しい取り組みも行いました。講義としては、廣津匡隆准教授(スポーツ生命科学系)がACL損傷の病態、原因などを説明し、藤田英二教授(同系)がトレーニング方法などの実技指導を行いました。

成長期には膝の痛みを発症することが多く、参加者の中にも現在膝の痛みに悩まされている生徒もいました。そのような生徒には後日、評価結果を記したフィードバックシートにより、アドバイスを行うこともできました。

これをきっかけに、少しでも傷害予防に興味を持って、予防トレーニングを行なってくれることを願います。

今後も膝の痛みで悩むアスリートが1人でも減ることを目標に、このような取り組みをできるだけ多くの生徒や指導者に対して行っていきたいと思っていますので、ご興味のある中学校・高校関係者の方は、お気軽に以下連絡先にご連絡ください。

連絡先

廣津 匡隆(スポーツ生命科学系:准教授)
〒891-2393 鹿児島県鹿屋市白水町1番地
【E-mail】mhirotsu※nifs-k.ac.jp
メールアドレスは「※」を「@」に変換してください
※土・日曜日、祝日、年末年始は除く

ギャラリー

令和5年1月15日に開催された皇后盃第41回全国女子駅伝大会において、本学OGの中島紗弥さん(令和4年卒業:35期生)が大阪府として優勝、西田美咲さん(平成26年卒業:27期生)が鹿児島県として7位入賞を果たしました!

また、開会式おいて西田さんが選手宣誓を行い、昨年のサッカーW杯を取り上げ「ブラボー!といってもらえる走りで、郷土の皆さんに喜んでもらえるよう、チーム一丸となってタスキを繋ぎきることを誓います」と締めくくり、会場を盛り上げました。

その他、本大会には鹿児島県のコーチとして本学教員の松村勲准教授(スポーツ・武道実践科学系)が帯同しておりました。さらに、本学卒業生が福岡県(山口栄一さん)、愛知県(松田三笠さん、浅岡斉さん)、長崎県(釜元佳友さん、碓井さくらさん)及び香川県(三谷昌輝さん)にもスタッフとして帯同しており、選手以外としても本学関係者が活躍する大会となりました。

これからも、在学生のみならず本学卒業生を含めた陸上競技部の応援をよろしくお願いいたします。

概要

大会名

皇后盃第41回全国女子駅伝大会

日時

令和5年1月15日(日)

場所

京都府(スタート・フィニッシュ:たけびしスタジアム京都)

結果

優勝 中島紗弥さん(大阪2区)
7位 西田美咲さん(鹿児島9区)


大会について詳しく見る(外部サイト)

公益財団法人鹿児島県国際交流協会では、国際協力・国際理解を進める事業のひとつとして、JICA 海外協力隊員と留学生が特別講師として小中学校での講話を行う「協力隊OBと留学生が先生事業」を実施しています。本学はその事業への協力を行っており、年に1回近隣の中学校に特別講師として留学生を派遣しています。

事業について詳しく確認する(外部サイト)

令和4年12月2日、肝付町立国見中学校において「協力隊OBと留学生が先生~見える・学べる・世界の国々~」と題した国際理解の授業が行われ、本学留学生の満 園さん(スポーツ総合課程:1年)が留学生として登壇しました。
流暢な日本語で母国の生まれ故郷や教育の特徴、ゲーム等の娯楽について解説し、生徒からは「中国には部活動がほとんど無いことにびっくりした」
「勉学が第一であり、学生としてスポーツをする人が少ないと初めて知った」
など日本とは異なる文化に触れて驚きの声が上がる一方、好きな漫画のキャラクターが同じだと話す生徒もおり、相違点と共通点を理解する有意義な異文化コミュニケーションとなったようです。

この体験を終えて、満さんは

今回の授業では、みなさんが真剣に話を聞き、私と積極的に交流をしてくれました。生徒たちはとても親切で、授業が終わってから私に質問をしたり、一緒に写真を撮ったりしました。肝付町の生徒たちと交流することができ、中国の文化を紹介することもできましたし、肝付町の人たちと友達になれたので、今後このような活働に参加したいと思います。
また、今回私は先生として生徒たちに授業をすることで、授業の方法について学びました。どのような伝え方をすると学生たちに興味を持ってもらえるのか、理解してもらえるのかを学ぶことができました。

と振り返りました。今後の満さんの更なる活躍が期待されます!

資料をもとに母国について説明する満さん

資料をもとに母国について説明する満さん


みなさんの集合写真

みなさんの集合写真

スポーツパフォーマンス研究センターでの測定の様子

令和4年12月19日から28日にかけて、プロ野球北海道日本ハムファイターズの吉田輝星選手およびトレーナー2名が鹿屋市との連携による「スポーツ合宿まちづくり推進事業」で鹿屋市を訪れ、本学の施設でトレーニングや動作測定などを行いました。

測定を実施した2日間は、本学スポーツパフォーマンス研究センター(以下、SPセンター)にて、ハイスピードカメラやRapsodo、モーションキャプチャシステムを用いて投球フォームの動作測定や球質の測定を行いました。これらの機器を使って測定することにより、自身の投球の感覚を数値化できるため、現在のパフォーマンス状態を確認することが可能です。吉田選手はボールを投げると、ハイスピードカメラで撮影した投球フォームなどをトレーナーやSPセンターの教員とともに映像で確認し、細かい動作の確認作業を1球1球繰り返し行っていました。測定を担当したSPセンターの鈴木智晴特任助教は「吉田選手は、自分の身体を本当の意味で『熟知』しています。自分の身体の専門家で、トレーナーからのアドバイスを基に自分がどういう感覚で動けばどのような動作になるのか、すぐに体現できていました。ここに吉田選手の凄みを感じました」と、測定を通して感じた吉田選手の研ぎ澄まされた身体感覚についてコメントしました。

また、合宿の期間中、吉田選手はトレーナーらとともに金久博昭学長を表敬訪問しました。金久学長が本学での合宿の手ごたえについて質問すると、吉田選手は開口一番「とにかく野球に集中できています」と述べ、本学の施設や設備を利用して効果的にトレーニングができていることを報告しました。話題はスポーツ選手のメンタルの向き合い方にも及び、学生と同年代である吉田選手がプロ野球の世界でどのように日々の試合や自分の状態と向き合い、一流のパフォーマンスを発揮しているのかなどについて話しました。そのほか、本学が今後も様々な競技のアスリートを受け入れ、施設等を利用していただくために今後どのようにすればより良くなると思うかについて金久学長が尋ねると、吉田選手やトレーナーが実際に使ってみての感想や選手・トレーナー目線で欲しい設備・環境についてなどの貴重な意見交換も行われました。

測定の様子

(写真左から)平川理事・副学長、金久学長、吉田選手、和田トレーナー、佐々木トレーナー、前田理事・副学長

このたび、鹿屋体育大学のNIFS学生広報スタッフ4名が、公共交通機関を利用した道のりを案内する「鹿児島中央駅から大学へ」、「鹿児島空港から大学へ」の2種類のアクセス紹介動画を制作し、YouTubeへupしました。

今回の企画は、受験生を含め、本学を初めて訪れる方に向けて、大学までのアクセスを分かりやすく案内出来ればというスタッフの優しい思いから発案されたものです。

これまでのNIFS学生広報スタッフの活動も含め、ぜひご覧ください。

【NIFS学生広報スタッフ企画】鹿屋体育大学までアクセス紹介!鹿児島中央駅編

【NIFS学生広報スタッフ企画】鹿屋体育大学までアクセス紹介!鹿児島空港編

【大学公式HP「NIFS学生広報スタッフの活動」

https://www.nifs-k.ac.jp/outline/summary/pr/kouhou-staff/

令和5年1月12日、本学競技力向上委員会は、競技力向上に必要な資金獲得のためのセミナーを、現在九州産業大学の准教授で約3年前まで本学に在籍していた萩原悟一氏を講師にお招きし「競技力向上に必要な資金はいかに集められるか?」と題して開催しました。
このセミナーは、競技力向上のためにどんな資金獲得の方法があるか検討を始めた同委員会が、これからの時代は学生や各課外活動が自らの活動の継続を、より豊かで魅力的に繰り広げるための自助努力策の一つとして、取り入れていける資金調達方法を学べればと一味違った視点で計画したもので、会場とオンラインでのハイブリッド開催で約40名が参加しました。

セミナーは、本学が資金を獲得する方法として、立地条件や地域性を活かした本学だからこそ可能となる自治体や農産業分野との連携や、アスリートである本学学生のための仕組みづくりなど、体育・スポーツの枠にこだわらないアイデア満載で、本学に5年余り在籍された萩原氏ならではの内容となりました。そのためセミナー後に設けられた質疑応答においては、投資先に本学へ資金を提供してもらうための工夫、国立大学法人として実現できる範囲の可能性など、多数の手があがりました。

最後に「資金やご支援をいただくには様々な方法があることは知っていても、実現にはどうやったらいいのか悩むところを具体的に教えていただけた、とても有意義な内容でした。これからも継続してご支援・アドバイスをいただきたい」と同委員会の濱田幸二委員長がお礼を述べると、萩原氏は「いつでもお声掛けください。喜んで参ります!」と笑顔で力強く答え、会場やオンライン参加者から盛大な拍手が贈られました。今回のセミナーは、同委員会が計画した趣旨・目的が十分に達成できた有意義なセミナーとなりました。

(左から)身振り手振りを加えながら話される萩原先生(右)質疑応答の会場の様子

(左から)身振り手振りを加えながら話される萩原先生(右)質疑応答の会場の様子

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて