以下の日時において、鹿屋体育大学公式Webサイトを利用することができません。恐れ入りますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

日時

令和5年2月8日(水)18時から9日(木)9時まで

理由

システムメンテナンスのため

お問い合わせ先

広報・企画室 広報係
〒891-2393 鹿児島県鹿屋市白水町1番地
【電話】0994-46-4826/0994-46-4819
【E-mail】kouhou※nifs-k.ac.jp
メールアドレスは「※」を「@」に変換してください
※土・日曜日、祝日、年末年始は除く

令和4年度鹿屋体育大学卒業証書・学位記授与式については、新型コロナウイルス感染症対策を講じたうえで、下記のとおり挙行いたします。

日時

令和5年3月24日(金) 10:30~11:10(予定)

式場

鹿屋体育大学水野講堂(鹿屋市白水町1番地)

その他

  1. 式場への入場は卒業生、修了生及び学内関係者のみに限定します。
    • 保護者等ご家族のご入場はご遠慮願います。
  2. 当日は式典実施後に、学長表彰式(11:15~11:40)を行う予定です。
  3. 式典の様子については、インターネット中継を行う予定です。

インターネット中継URL

準備中

出席する学生の皆様へのお願い

  1. 本学が依頼している体調管理や行動記録を引き続き実施してください。
  2. のどの痛み・発熱等の風邪の症状がある場合は出席を自粛してください。
  3. 式場入口で検温を実施します。その際37.5℃以上の発熱のある場合は入場できません。
  4. 式場内ではマスクを着用し、指定された席に着席してください。
  5. 式場内及び周辺での飲食は、控えてください。

 このたび、鹿屋体育大学男女共同参画推進室では、男女共同参画シンポジウム「鹿屋発!ジェンダー平等を考える―ダイバーシティ&インクルージョンの視点から―」を開催することとなりました。
 このシンポジウムは、大学と地域との連携により、ダイバーシティ・インクルージョンの視点から、ジェンダー平等や男女共同参画の意義と課題を検討することを目的としています。
 つきましては、参加者を募集しますので参加を希望される方は、2月13日(月)までに申込フォームまたはFAXによりお申し込みください。

 皆様のご参加をお待ちしております。

【日 時】 令和5年2月19日(日)10:00~12:00

【場 所】 鹿屋体育大学大学院棟3階 大講義室(オンラインでの参加も可)

【対 象】 本学教職員・学生、高校生以上で、鹿屋市内に在住・在勤・在学の方

【定 員】 30名(定員に達し次第、受付を締め切ります。)

【参加費】 無料

【プログラム】 
  10:00~10:10 開会、挨拶、アンケート調査に関する説明
  10:10~11:00 第Ⅰ部 基調講演
           講師:乾 栄里子 氏(徳島新聞社記者)
              小川 麻希 氏(南日本新聞社記者)
              森  克己 氏(鹿屋市男女共同参画審議会会長、鹿屋体育大学教授)
  11:00~11:10 休憩
  11:10~11:40 第Ⅱ部 ディスカッション
           登壇者:第Ⅰ部の講師3名
           コーディネーター:山田 理恵 氏(鹿屋体育大学男女共同参画推進室長、教授)
           コメンテーター :田中 しおり 氏(鹿屋市男女共同参画室長)
  11:40~    総括、講評、閉会、アンケート回答

【申込方法】オンライン、FAXのいずれかでお申し込みください。
 ・オンライン申込 こちらの「参加申込フォーム」より、お申込みください。
 ・FAX申込   こちらの「参加申込書」に必要事項を記入のうえ、FAXでお送りください。 

【申込締切】令和5年2月13日(月)

【その他】

 *本イベントは、鹿屋体育大学の新型コロナウイルス感染症対策に基づき行われます。
  参加者の皆様には「検温」「マスク着用」「手指の消毒」等へのご協力をお願いします。

 *新型コロナウイルス感染症拡大状況によっては、オンライン方式のみの開催、もしくは
  中止になる場合があります。

 *イベント参加の皆様へ、アンケート調査を実施する予定です。
  (高校生の場合、保護者の方の同意が必要となりますので、別途ご連絡いたします。)

【問合せ先】鹿屋体育大学男女共同参画推進室
      [TEL] 0994-46-4811 [E-mail] soumu-h※nifs-k.ac.jp
      メールアドレスは「※」を「@」に変換してください

職員募集について掲載しました。

詳細はこちら

学生各位

                          学  長

 本日1月25日(水)の授業は、原則、通常どおり開講します。

 ただし、一部の授業科目は授業担当教員の判断により、

遠隔授業や休講となる可能性がありますので、

WebClassの授業のコースや教員からのメール、

スポーツ情報センターの「2022年後期 授業へのアクセス情報リスト

を確認するようにしてください。

 非常に寒い日が続きますので、体調に気を付けてください。

事務職員採用選考(独自採用)について情報更新いたしました。

詳細はこちら(事務職員採用選考(独自採用)ページ)

鹿屋体育大学(鹿児島県鹿屋市)では、高校生のための先進的科学技術体験プロジェクト「2022年度スポーツサイエンスキャンプin鹿屋体育大学:スポーツ科学の最前線~From Gene to Gold~」を開催します。
全国の高校生の皆さん、奮って応募してください!研究施設の見学や研究者による講義、体験実験なども行います。
※新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては、直前まで開催を中止する場合がございます。

【日 程】2023年3月25日(土)~27日(月)
【会 場】鹿屋体育大学 バイオメカニクス実験室、スポーツパフォーマンス研究センターほか
【締 切】2023年1月18日(水)
【定 員】16名(8名未満の場合は開催しません)

参加申込方法など、詳細は以下を参照ください。

実施要項(PDF)
募集ポスター(PDF)
参加申込書(PDF)
参加申込書(Word)

プログラムについての詳細、令和元年度に開催した際の記録はこちらのページに掲載しています!

本学が保有する個人情報を加工して作成した匿名加工情報を用いた事業について、提案の募集を公示しました。

詳細については、特設ページをご確認ください。

>特設ページで内容を確認する

令和5年1月1日付で、本学に『スポーツイノベーション推進機構』が設置され、機構長に前田明理事・副学長が就任しました。設置目的は、「研究・プロジェクトで得られた知見に基づいて、体育・スポーツ分野における運動実践の指導モデルを構築し、その成果を広く社会に還元するとともに、高度で良質な実践的指導者を育成するために本学の研究資源を統合し、先端的な研究の推進を図ること」です。仕事始めの1月4日、金久博昭学長、前田明機構長、各部門長・室長が実験研究棟2階に集い、看板掛けを行いました。

本機構の組織として新たに設置されたのは、身体運動の制御、メカニクスの解明(基礎・応用研究)等を行う「スポーツサイエンス部門」、オーダーメイド型のトレーニング処方の確立(実践研究推進)等を図る「スポーツパフォーマンス・コーチング部門」、身体運動の制御、健康寿命延伸(スクエアステップ・健康体操)等を目指す「ヘルス・スポーツプロモーション部門」の3つの部門と、この部門を支援し、研究を推進させるため、関連団体や企業との連携・外部資金獲得等を企画する「リサーチアドミニストレーション室」、高度化教育の大学院教育の推進を図る「教育支援室」の2つの室です。

3つの部門では、部門を超えて横断的に研究を推進することとしており、例えば、アスリートのパフォーマンス向上(スポーツパフォーマンス研究)や子どもの体力向上、高齢者の健康増進について、デジタル技術・データサイエンス等を活用して研究を進めていく予定です。これらの取り組みを発展させていき、最終的には「科学的エビデンスに基づく実践指導者の育成」「スポーツ科学と実践を統合できる研究者の育成」「日本人の体力向上、健康寿命延伸に直接寄与」を目的に、社会的にも貢献していくことが狙いです。

看板設置後、前田明機構長は「いよいよ始まったな、という感じです。学内外の多くの皆様と協力してスポーツのイノベーションを推進し、アスリートのパフォーマンス向上や国民の健康増進に貢献していきたいと思います」と、就任にあたり抱負を述べました。

写真左から、金久博昭学長、前田明機構長、田巻弘之リサーチアドミニストレーション室長、中垣内真樹ヘルス・スポーツプロモーション部門長、髙橋仁大スポーツパフォーマンス・コーチング部門長、浜田幸史教育支援室長。お花はSPORTEC実行委員会様よりお贈りいただきました。

組織図
スポーツイノベーション推進機構の機構図。3つの部門と2つの室があり、機構長が組織のトップとなる。

教員公募の情報を更新しましたので、お知らせします。
こちらからご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて